5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【映画化決定!】チーム青森〜トリノの奇跡〜

1 :1:2006/02/24(金) 00:24:39
トリノでの活躍を受けて、カーリング日本女子チームの軌跡を元に、シムソンズの続編
 「チーム青森(仮題)」が映画化されることが決定v!
な〜〜んてことになればなぁと思い・・・。
キャスティング、大まかなストーリーなどみんなで考え、ある程度まとまってきたら、
タノミコムにUPしたいと思います。
自分だったらこんな感じにしたい!実際にあったこんなエピソードも入れて欲しい!
なんてのも書き込んでください。てか、実現したら行くっしょ!?














2 :1:2006/02/24(金) 00:25:51
ストーリー ※役名は仮
「このままじゃ終われない・・・。」
ソルトレークシティー五輪終了後、亜矢はカーリングを続けるために、青森にいた。
2勝7敗・・・。力を出し切れず、無念の大会となってしまったソルトレーク。
「この借りはトリノで返す。」そう誓った亜矢は、以前のチームメイトでもある優美子らと
新チーム「チーム青森」を結成するが、困難の連続だった。
ライバルのチ−ム長野との激闘の末、ようやくトリノへの切符を掴んだチームはカナダにいた。
厳しい練習が続く中、チームメイトの一人が落ち込んでいた時、
「一人がダメになったらみんなダメになる!」―――普段はナヨナヨしている亜矢だが、
自分が悪者になっても構わない、このチームならトリノでもやれる・・・。
時には心を鬼にしてチームメイトを鼓舞した。
いつしか、チームにはどのチームにも負けない結束力が生まれていた。

そして迎えたトリノ五輪。予選前半、思ったように力を発揮出来ないチームが見たのは、
はるばる北海道から応援に駆けつけてきてくれた、亜矢の地元、常呂町の人々だった。
手にはメッセージで真っ黒になった国旗が揺られていた。
「頑張れ頑張れニッポン!」
「いいぞいいぞニッポン!」―――-。胸に熱いものを感じた。
涙をこらえている亜矢の後ろから、優美子が言った。「みんなのためにも頑張ろう!」
そして迎えた強豪カナダ戦――亜矢に迷いはなかった。ここからチーム青森の快進撃が始まる!

トリノで実際にあった女子カーリングチームの軌跡を実話に基づいて作成された感動スポコンドラマ!
仲間を信じる心、諦めない気持ち――爽やかな笑顔とともにお送りします!



3 :1:2006/02/24(金) 00:29:37
キャスト
亜矢(スキップ)・・・・・ミムラ(口あたりが・・?)
優美子(サード)・・・井上和香(似てない?)
マリア(セカンド)・・・・ベッキー(キャラ的に)
萌美(リード)・・・・・思い浮かばん・・
さくら(リザーブ)・・・・・考えて・・・
コーチ・・・・大杉 漣(雰囲気で)
※ みんなで適役を考えよう!
試合中の実況・解説
・・・刈谷さん(鉄板)
・・・小林宏、神(やるわきゃないか・・)
スタンドの応援団(エキストラ)・・・俺+賛同頂いた2ちゃんねらー

映画最後には、スイス戦後の実際の涙のインタビューを挿入。
その後、アポロ13のようにその後の彼女らの近況を報告。









4 :クーベルタン男爵さん:2006/02/24(金) 00:34:56
やるなら
・TBSの悪意ある放送
・2chの祭
・関係掲示板への誹謗中傷
・抗議メール
など、きちんと入れないと辻褄が合わなくなるぞ。

5 :クーベルタン男爵さん:2006/02/24(金) 06:39:34
>>3
大熊、チーム長野(友情出演)も出せよww

6 :クーベルタン男爵さん:2006/02/26(日) 00:53:00
TBSって何したん?

4 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)