5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

すさまじく弱い力士を語る Part2

1 :待った名無しさん:2006/10/08(日) 15:10:21
過去スレ(dat落ち)
【すさまじく弱い力士を語る】
http://sports9.2ch.net/test/read.cgi/sumou/1130444853/

昭和61年初土俵以来序の口と序二段の繰り返しの笠力。
平成4年初土俵で序の口定着の式乃川。
160キロで20代後半で序の口で負け越した晃司。
140キロ以上の体重で30前後まで三段目にあがれない大筑波に天龍山。
これは弱い!という力士を語る。
20年以上やって三段目になれなかった安芸旭や
200キロあったのに10年以上やって三段目にあがれなかった藤縄というのもいたな。

※懐かしの引退力士優先です、現役のすさまじく弱い力士については以下のスレをご利用ください。

【森川】【平井】後相撲【石井】【大広星】【岩永】
http://sports9.2ch.net/test/read.cgi/sumou/1147716551

ベテラン会2【琴冠佑安芸旭一ノ矢瀧ノ音栃天晃】
http://sports9.2ch.net/test/read.cgi/sumou/1111829490

2 :待った名無しさん:2006/10/08(日) 15:11:05
2げと
増健

3 :朝青龍大好き ◆vyJI1.6Xdw :2006/10/18(水) 13:07:29
柳川信行

4 :待った名無しさん:2006/10/18(水) 16:47:50
時津山・蒼樹山・旭豊…。

5 :待った名無しさん:2006/10/19(木) 14:14:55
肝腎なお方を忘れておる!

大徹!

6 :待った名無しさん:2006/10/22(日) 01:39:18
後相撲スレでも煽ってきたが、最速100敗の第3位(33勝)に載っている笹嵐の詳細キボンヌ。
どんな体系だったか、何時ごろ活躍したか、どういう相撲内容だったか…。
スマソ、有門や琴東山の情報は充実しているのに、この人の事はググっても何もわからない…。

>>5
たびたびクレクレで悪いが、大徹は新弟子の頃そんなに弱かったか?

7 :待った名無しさん:2006/10/27(金) 18:05:03
>>6
笹嵐(高砂部屋)は小錦が入門した頃序の口にいた力士で、
相撲は見たことがないが体は小さかったと思う。
当時まだ日本に慣れていない小錦をしきりにからかっていたのを覚えている。
確かに弱かったが、当時の力士の中では、佐野や四分一の方がもっと弱かった気がするが。

新弟子の頃弱かったにもかかわらず入幕を果たした力士としては、若の富士があげられる。

8 :待った名無しさん:2006/10/27(金) 21:08:18
佐野や四分一は100敗する前に廃業したからランク表に載っていない。

9 :待った名無しさん:2006/10/28(土) 23:34:09
森川との対戦成績
      04夏      05          06
大志龍  −−●−○○○●○○○○−−−  7−2(.778)
石  井  ●●−○○○●−−−−●●−●  3−6(.333)
大広星        ●●●−−−−●−○●○  2−5(.285)
岩  永              −−●○●−●○−  2−3(.400)

大志龍との対戦成績
      04夏      05          06
石  井  ○●−−○●−−−−−−●●−  2−4 (.333)
大広星        ●−−−−−−−−−−−  0−1 (.000)
岩  永              −−−−−●−−−  0−1 (.000)

石井との対戦成績
            04九05          06
大広星        ●−−−●○−●○−−−  2−3 (.400)
岩  永              −−○−−○−−○  3−0 (1.00)

大広星−岩永
                  05夏      06
                    ●○−−−−●●−  1−3 (.250)


10 :侍った玉無しさん :2006/11/03(金) 22:27:16
伝説の力士 〔三浦〕

立会いぶちかまし、張り手、投げをうち、土俵にたたきつける。
すると、腹が破裂し、内臓が飛び散る。
砂まみれの飛び散った内臓を、かき集め腹に詰め込む。
救急車で病院へ運ばれ、ホルマリン着けにされる。
ホルマリンにプカプカ浮いた状態で意識回復、
数年間の入院生活おくる。

11 :待った名無しさん:2006/11/04(土) 01:42:49
相手を土俵に叩き付けたのに自分の腹が破裂したの?

12 :待った名無しさん:2006/11/07(火) 17:00:28
前スレ落ちてたのか(´・ω・`)
貴重な情報が結構載ってたな

13 :待った名無しさん:2006/11/14(火) 23:42:49


14 :待った名無しさん:2006/11/17(金) 18:28:25
あげとこう

15 :待った名無しさん:2006/11/26(日) 20:47:17
人気のあった志免錦は覚えていますか。

16 :待った名無しさん:2006/11/26(日) 22:45:35
志免錦は整体士だそうでが、うまくやってるのかね?

17 :待った名無しさん:2006/11/26(日) 23:05:04
志免錦は糖尿で死んだんじゃなかったっけ

18 :待った名無しさん:2006/12/02(土) 04:02:45
九州場所見たけど…朝翔冴という力士もかなーり弱いのではないか?
土俵に上がるときのぎこちなさを見ても、力士には不向きな気弱で神経質な性格が伺える。
でも、そこが母性本能を刺激するのか、元・相撲ギャルのおばさんには「キミちゃ〜ん」なんて声援受けていたよ。

19 :待った名無しさん:2006/12/22(金) 09:33:50


20 :待った名無しさん:2007/01/03(水) 03:31:58
酒井一徳はどうしちゃったんだ。

21 :待った名無しさん:2007/01/03(水) 06:51:34
杉下最強。
5月初土俵から、7・9・11月皆勤して、ひとつの不戦勝はあるものの、
未だに自力勝ち星なし。全敗街道中。

22 :待った名無しさん:2007/01/03(水) 07:22:12
違うよ。
3月前相撲全敗で初土俵
5月序の口で全敗
7月も序の口で全敗
9月は不戦勝のみで1-6
11月序の口で再び全敗

23 :待った名無しさん:2007/01/04(木) 15:21:53
相撲自体が弱すぎなんだけど

24 :待った名無しさん:2007/01/06(土) 23:43:00
質問コーナーでスルーされたので転載します。

最強の序ノ口・志免錦について

@序二段で勝ち越したことはありますか?
A最高位が序二段110枚目だったそうですが、いつ更新したのでしょうか?
B当時の序二段110枚目は現在に換算するとどのくらいの地位の価値があったのでしょうか?
C5勝以上した場所はありますか?
D引退前最後に勝ち越したのはいつでしょうか?

25 :待った名無しさん:2007/01/07(日) 04:47:38
>>24
質問コーナーでスルーされた憂さ晴らしにマルチかいなw

とりあえず、@Cは何度かあったと思う。
当時(志免さんの全盛期)はそうでないと序二段の110枚目までは上がれなかったから。
Bは、今の70〜80枚目くらいの価値だったのでは?
昭和60年代から平成の1ケタ台までは序二段の枚数が150を超えていたらしいし。
あとは当時の雑誌がないから調べられんな。

26 :待った名無しさん:2007/01/07(日) 04:58:35
>>20
ヘルニア

27 :待った名無しさん:2007/01/07(日) 14:57:27
志免錦(当時は中井山)が初めて番付に載った場所(昭和54年夏)の成績は
3勝4敗だったが、これは3勝3敗から7番相撲で水戸錦に敗れてのものだった。
この水戸錦は初土俵からそれまで、0勝3敗(前相撲)、0勝7敗(以後序の口)、
1勝6敗、1勝6敗、0勝7敗とほとんど勝ち星がなかったか、どういうわけか
この場所は4勝3敗と勝ち越した。


28 :待った名無しさん:2007/01/07(日) 18:10:38
>>24
@不明。
A昭和63年春場所の名鑑に、最高位は序二段110枚目と書いてある。
それ以前は、資料が無いから不明。つまり、それ以前に記録したということ。
B昭和末期は、序二段は100枚ちょっとであった。
>>25が言ってるように序二段の枚数が大幅に増えたのは、
空前の相撲ブームとなった若貴時代以降の新弟子増加によるもの。
志免錦の110枚目というのは昭和50年代後半〜昭和末期に記録したはずなので、
おそらく今と大差ない価値だと思う。
C不明
D不明(糖尿病のため、平成に入ってからは弱くなる一方だった。引退間際は、視力をほぼ失っていた。)

俺も興味あるから、あとで調べてきますね。Dは手持ちの資料で判明すると思う。
ちなみに>>27が言っているように、志免錦は新弟子時に目立った弱さがあったわけではない。
前相撲は3勝2敗で2番出世を果たしているし、初めて番付についた場所は>>27のように3勝4敗。
前相撲で敗れた2敗というのは、琴大杉(後の琴富士)と近藤(後の東昌邦・相当な有望力士であったが幕下止まり)だった。
あと、>>27は54年夏じゃなくて55年夏ね。

29 :待った名無しさん:2007/01/08(月) 03:19:18
>>28
可能な範囲でお願いします。

こちらでも調べられる限り調べてみます。

30 :待った名無しさん:2007/01/08(月) 13:43:11
>>24
D少なくとも、平成6年・7年は6場所全て負け越している。
ソースは、「相撲」平成8年1月号のデータに、「志免錦は2年連続で6場所負け越し」とある。
平成8年も、5場所連続で負け越した後、九州場所で引退したので、
引退直前は最低17場所連続で負け越したことは確認できる。
最後に勝ち越したのは平成5年のどこかだろう。

31 :30:2007/01/08(月) 15:32:13
スマソ、曖昧な記憶辿って書いたら間違った。
記事が乗ったのは平成8年11月号で、志免錦が廃業したのは平成8年秋場所、「平成元年名古屋場所から21場所連続負け越し」とあるから、少なくともその前後の平成元年夏場所と平成5年初場所は勝ち越している筈。
平成5年は他に勝ち越した場所があるかどうかは要調査。
ただ、これで最後の連続負け越しは16〜21場所の範囲であると確証された。

32 :待った名無しさん:2007/01/09(火) 01:38:33
>>24

@ 2回ある(1986年名古屋 147枚目、1987年名古屋 160枚目)
A 1984年九州
B 難しい質問だが、当時は序二段が150-160枚くらいあったと思う
C ある(1985年春、1988年秋)
D 1993年九州、そのあと17場所連続負け越したまま廃業(引退)した。
  
ちなみにこれは後相撲スレから転載した。

33 :待った名無しさん:2007/01/10(水) 04:41:02
>>25>>27-32
dクス。
要するに、志免錦さんについて、以下のことが確認できますね。

・全盛期は19〜20歳だった頃。
・1984年秋は序の口のかなり上位で4勝を上げた。
・1986年秋は自己最高位に大接近した。
・1993年には少なくとも2回(初・九州)勝ち越している、これが最後の輝きだったのだろう。
・序二段では24場所中2場所しか勝ち越しておらず、いづれも4勝。
・30代になってから1回も勝ち越せなかった。

34 :待った名無しさん:2007/01/10(水) 23:08:08
謎なのは、前相撲は3勝2敗で2番出世であり、
初めて番付についた場所も3勝4敗と1点の負け越しであった力士が、
何故相撲史上に残る万年序ノ口力士になってしまったかということだな。

チャンコ番だから稽古はほとんどしていなかったというのをどこかのスレで読んだが、
20歳前後の頃から糖尿病等の不都合が発生していたのかな?

35 :待った名無しさん:2007/01/11(木) 01:04:01
>>34

>20歳前後の頃から糖尿病等の不都合が発生していたのかな?

多分、そうでしょう。そうでなければ、ここまで凋落しないはずです。

36 :27:2007/01/11(木) 11:38:00
>>28

55年夏の間違い。スマン

ちなみに、このときの注目は志免錦よりも水戸錦の方にあった。
すなわち、これまで5場所で2勝しかしていない力士が急に勝ち越したのである。
それも、7番相撲で相手を堂々と倒しての勝ち越しだったようで、
周囲の驚きは並々ならぬものがあったようである。

今の杉下が今場所勝ち越したようなものだったんだろう。

37 :待った名無しさん :2007/01/12(金) 23:41:16
>>27

32に書いてある、後相撲に志免錦のことを書いたものです。

私、弱い相撲取りにものすごく関心がありまして、序の口で全敗しちゃうような人とか、なかなか序二段に上がれない人の記録はかなり追っかけて調べていました。
ですから自信があるのですが、志免錦の最初の場所(55年夏 序の口31枚目)の成績は3勝4敗ではなく、2勝5敗です。

彼は翌場所18枚目になりましたが、彼より下の43枚目で3勝4敗の山谷が17枚目になっています。また33枚目で2勝5敗の川の村が19枚目ですから間違いありません。

38 :待った名無しさん:2007/01/13(土) 00:29:55
>>37
おお、同志がいたw
山口山とか豊津とか、応援してましたよ。
最近では琥珀山に萌えてました。

39 :27:2007/01/13(土) 09:03:17
>>37

水戸錦に7番相撲で負けたのは、確か中井山だと思ったが、
これは後の志免錦ではなかったのか? 
うろ覚えの勘違いで重ね重ねスマン。

>>38
昭和50年前後では、立若、又川、平松、浅野、高岸、桜井などもすさまじく
弱かったね.なお、それ以前は前相撲で負け残りの制度があったために、
中ノ村のように序の口に上がるのに1年以上もかかった力士がいたし、
序の口にも上がれずにやめていったすさまじく弱い力士もたくさんいただろう。

40 :27:2007/01/13(土) 09:29:33
>>38

豊津で思い出した。
確か彼は放駒部屋の力士で、本場所のみならず稽古場でさえ全く勝てないほど弱かったが、
序の口について確か3場所目で初白星をあげ、この場所を最後に廃業したと思う。
初白星の相手は力の湖(北の湖部屋)だと思ったが、この力士は序の口で勝ち越す程度の
力を持ったそれほど弱い力士ではなかったようであり、どのようにして勝ったのか興味が
ある。

41 :37 :2007/01/13(土) 11:14:25
>>39

中井山は確かに後の志免錦です。私は実際に取り組みなどは見てなくて星取表で確認しているだけなんで対戦相手まではわからないんです。

序の口だと同星で当てる相手がいなくなって違う星取でも当てることがありますから、あなたの勘違いではないかもしれませんね。

水戸錦は、お書きになったとおり最初の1年はめちゃ弱かったですね。ただ、そのあとは最低でも2勝、何場所かに1回は必ず勝ち越すようになっていったしそれなりに頑張った気がしますね。


42 :27:2007/01/13(土) 11:49:45
>>41

最初の1年くらいはめちゃ弱くても、その後頑張って勝てるようになった力士は珍しくないですね.
上にあげた又川(土佐光)や平松(瀬戸の海)なども廃業までに何度か勝ち越しているし、
高岸(立湖)にいたっては、初土俵以来42連敗(前相撲を含む)で脱出してからは、2勝、2勝、
2勝、2勝、3勝、4勝と確実に勝ち星を増やしていった。そして翌々場所では、初日から
4連勝で給金を直すという離れ業をやっている。特に4番相撲ではそれまで前相撲で全勝、序の口で
5勝2敗と日の出の勢いの後に関取になった中国出身の栃の華を破ってのものだった。
結局、序二段上位までしか上がれなかったが、それでも序二段で6勝1敗を2度記録した。


43 :37 :2007/01/13(土) 12:24:48
>>41

そうですね。私が記録を追って一番感動したのは昭和43年秋初土俵の尾関です。

当時は序の口で全敗すると前相撲に戻されたり、39に書かれたように序の口にあがれないこともあった時期でしたが、彼は2度も前相撲に逆戻りして番付に名前があった最初の4場所中3場所は全敗というめちゃ弱い相撲取りでした。
それが何度か改名した後、魁山と名乗っていた51年名古屋に何と三段目で優勝、幕下も27枚目を筆頭に通算で19場所もとどまっていました。

全敗を何回も経験する人は多くても、彼のように幕下まで昇進したり、全勝も経験したりとか、幕下以下の各段ですべて全敗を経験しているなんていうのは、これからは出てこないんじゃないでしょうか。

44 :27:2007/01/13(土) 12:57:32
私がある時期に急に強くなった力士として印象的なのは、昭和50年春初土俵の
小倉山である。彼は入門当初は全敗するほどではなかったものの、序の口について以来
8場所連続負け越すという弱い力士だった.ところが、初めて勝ち越してからは快進撃を
続け、その後2年くらいの間に序二段、三段目を通り越して幕下まであがってしまった。
しかし、快進撃はそこまでで、その後は三段目さらには序二段まで落ちて廃業した。



45 :待った名無しさん:2007/01/13(土) 18:52:23
オマイラ詳しすぎw

>>40
豊津が初白星をあげた際の雑誌を持ってるけど、
「立会いで自分から後ろに下がったら、相手が滑ってコケてくれた」
みたいなことが書いてあったよ。
花道でも、
「トヨツが勝った、トヨツが勝った」
と、みんなで大騒ぎになったってさ。

>>43
前もどこかで見ましたが、その人は凄いですね。
私は、現役力士の大志山(境川)に注目しています。
1年目は序ノ口でも激弱でしたが、
いまや三段目に定着すようとしていますし。

46 :待った名無しさん:2007/01/13(土) 19:54:51
ところで>>16-17はどっちが正しいんだ?
いくら調べても出てこないから気になった。
まぁ序二段力士の引退後なんて普通でてくるはずないか・・・。

47 :待った名無しさん:2007/01/13(土) 20:21:37
整体だよ。
ttp://www2s.biglobe.ne.jp/~wakamatu/takasago50.html

48 :27,40:2007/01/14(日) 09:16:19
>>45

豊津。なるほど納得。

ところで、平松(瀬戸の海)のときも、実は彼が31連敗する前に1勝しているのだが、
このときに中野に勝った相撲も似たようなものだったようですね。
これがなければ、平松は序の口以来43連敗となって、佐世保山、高岸の記録を抜いて
連敗最高記録となっていたのだが。

49 :27:2007/01/20(土) 09:48:04
史上最弱力士を決めたいと思うがどうか?

最弱の定義は色々ありうると思うが、
とりあえず序の口で3場所以上出場した力士の中で三段目以上に上がったことがなく、
かつ
@当初1年間の1場所あたりの平均勝ち星が場所数に満たない者
A前相撲、序の口で全敗を3回以上経験した者
B15場所以上連続して負け越した者
Cその他、序の口滞在期間がきわめて長いなど、
上の@〜Bに準じる実績を有していると見なせる者

という条件で、私の知る限りのエントリーしうる力士をあげてみると次のようになる。

中ノ村、立若、又川(土佐光)、平松(瀬戸の海)、浅野(琴ノ浦)、高岸(立湖)、
桜井、水戸錦、中井山(志免錦)、笹嵐、佐野、四分一、豊津、山口山、立村本、
有門、琴東山、佐藤、笠力、式の川、福春日、日爪(福の国)、森川、
前川(大広星)、杉下

このほかにも(特に昭和60年以降)まだまだいるだろうと思うので、
知っていたらあげてほしい。
なお、小久保(雪風)は初土俵以来18場所連続負越しを記録しているが、
全敗がないうえ3勝4敗が多く、すさまじく弱い力士には該当しないと判断した。

19 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)