5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

小野寺さんと林さんが一緒じゃないと駄目な人専用3

1 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 00:53:43 ID:C1TD4mOy
歩と弓枝はいつまでも一緒

小野寺さんと林さんがセットじゃないと駄目な人専用
http://sports9.2ch.net/test/read.cgi/wsports/1140971262/

小野寺さんと林さんが一緒じゃないと駄目な人専用2
http://sports9.2ch.net/test/read.cgi/wsports/1141621013/



2 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 00:57:45 ID:pfkkmXYe
2?

3 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 00:59:12 ID:YRebeMJW
妄想もそろそろ・・・

4 : ◆HOwkaSYVuQ :2006/03/14(火) 00:59:42 ID:tKbf2arz
妄想は永遠

5 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 01:15:20 ID:jMhKjKtE
永遠の青春アミーゴ

6 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 01:31:05 ID:2Ldckfjp
マリリン、萌え〜、さっちゃん
二人を引き留めてください。

7 :海辺にて:2006/03/14(火) 02:29:34 ID:7lf8F3cI
桟橋近くで車から降りたとき、歩は海の匂いに包まれたような気がした。
刺すように冷たい潮の匂い。秋のオホーツクの匂いだった。
歩は両手を挙げ背筋を反らすようにして、懐かしい匂いを胸一杯に吸い込む。

会場入りする前に海を見に行こうと言い出したのは誰だったのか。
歩はよく憶えていなかった。
朝食の席で行こうと決断したのは自分だったはずだけど、
どんな話から海に行くことになったのかは、どう頑張っても思い出せない。
緊張のせいで、朝食の味と一緒に記憶がどこかに行ってしまっていた。

桟橋を並んで歩き、中程で立ち止まって手すりに寄りかかりながら海を眺める。
数時間前朝日に赤く染まった海が、今は空高く上った太陽の光を浴びて黄金色に輝いていた。

桜子「きれーだねー」
麻里「ほんとだねー」

二人の声に釣られるように横を向くと、みんな表情が冷たい海風に少し強ばってはいたけれど、
それでもさっきのような緊張は消えてリラックスしているのが分かる。

弓枝「昔はよくこうやって、みんなで海に来たよね」

弓枝が日の光に目を細めながら呟いた。

歩 「そうそう。常呂で試合があるなんか、試合前とか試合が終わった後とかで
   よく見に来たよね」
萌絵「へぇ〜。そうだったの?」
弓枝「そうそう。試合に負けたときなんか悔しくて、よくここでいじけてたよね」
歩 「うんうん。冬だから流氷でカチコチになった海だから見ていても面白くないのに、
   とにかく悔しいことがあったら海! みたいな感じで来てたよね。
   青春してたな〜」

歩のおどけた調子に皆が笑っていると、ふいに桜子の表情が真顔に戻った。

桜子「……今日、勝てますよね?」

その言葉に皆が押し黙る。
日本選手権で長野に敗れてから、今日だけを目標に、トリノオリンピックだけを目指して
今日までやって来た。猛特訓に長期の海外合宿。いろんな人の助けでやれるだけのことは
やってきた。

が、やれるだけのことをやったのは歩たちだけではなかった。
今日のオリンピック代表決定戦も、どちらが勝つかは誰にも分からなかった。

8 :海辺にて 2:2006/03/14(火) 02:30:52 ID:7lf8F3cI
さっきまでのリラックスムードも消え、みんな俯き加減で押し黙っていた。
こんな時いつもならその明るさで落ち込んだ気持ちを一気に変えてくれる麻里や、
優しい笑顔で癒してくれる桜子も、今は緊張と不安で固くなっていた。

その時、歩は海のほうへ向き直ると、はるか遠くを見据え大きく息を吸い込んだ。

歩 「わたしたちがーーー、いちばん、つよいんだーーーーーーーーーーーーー!!!」

他の四人は最初、呆気にとられたように歩を見ていたが、やがて歩と同じように海に向かって叫び始めた。

弓枝「ぜーーっったいっーーーーー、かつぞーーーーーーーーーーーーーーー!!!」
麻里「ながのになんかーーーー、まけないぞーーーーーーーーーーーーーーー!!!」
桜子「オリンピックにーーーーーー、ぜったい、いくんだーーーーーーーーーーー!!!」
萌絵「メダルをぜったい、とるんだーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!」

四人「萌絵ちゃん、それは気が早すぎ」

思い切り叫んだおかげか、五人の顔から緊張の色は消え、すっきりと吹っ切れた顔になっていた。
自然と五人は輪を作り、中心で手を重ねた。

歩 「がんばろーー!!」
四人「おーーーーー!!」

そしていつものようにハイタッチを交わした。

麻里「あっ、見て! おじいちゃんがこっち向かって手を振ってるよ」

麻里の声に振りかえると、漁の途中だろうか、船の上で七十ぐらいの老人が
自分たちのほうに向かって笑顔で手を振っていた。

歩たちも老人に向かって大きく手を振る。

麻里「おじいーーちゃーーーん。勝ってくるからねーーー」
歩 「がんばるよーーー」

歩たちの声に応えるかのように、老人はますます大きく手を振っていた。



歩は車に戻ると、エンジンをかけヒーターを全開にする。
厚着をしていたけどやっぱりこの季節に海風に吹かれると身体が冷える。
歩は母が用意してくれたポットの紅茶を全員に回し、しばし暖を取った。

歩 「今日は、最初の試合で決めよう。負けてもいいなんて、絶対に思わないでおこう」
四人「おーーー!!」

身体が温まったところで、エンジンにもう一度活を入れサイドブレーキを外しギアをドライブに入れる。
そして歩は、はやる気持ちをぶつけるようにアクセルを思い切り踏み込んだ。

9 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 02:49:31 ID:BvbSMKaj
>>8
サイドストーリーktk( ^ω^)r
しかも事実と重ね合わせてる!

10 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 09:16:30 ID:YEPWmFYh
絵師様
もう少し続けて下さい

11 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 09:45:12 ID:zvuJCgE0
>>8
チーム青森の為なら、俺の新車のハイエース8ナンバー登録してリアシート全面改装して遠征用リラックスカーにしてもいい!
外装にカーリングのハウスやストーンをペイントしてもいい!費用は全額俺負担。
勿論、ドライバーは俺wwボランティアでやったる!

12 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 10:09:49 ID:jaK/Dgm4
二人のハグにはある種の傾向があるな。


超人・カーリング・チーム青森 氷上の微笑の五輪代表決定時では、

歩「ゆみえーーっ(TДT)ゆ゛・み゛・え゛ーーーーっ」

弓枝(よしよしと歩の背中をポンポンしてあやしてあげてる)


日本選手権優勝での2回目ハグでは、

歩(弓枝の肩に顔を埋め気味でしっかり抱き付き)

弓枝(歩の頭を何度もポンポンして良い子良い子)


保育学科卒は伊達じゃない。

13 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 10:31:59 ID:jxLK/bCD
俺もデリングと一緒にポンポンしていい子いい子して貰いたい・・・

14 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 10:56:08 ID:I//c2F8U
>>12
抱き合うと丁度、林の頭が小野寺の顔のあたりに来るのもまたいいんだよね

15 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 11:32:57 ID:4AZtHkGH
>>11
その車を売ってオノデリングと林の生活費と、マリリンのおやつ代にしてください
その方がみんなの為です

16 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 11:48:33 ID:jxLK/bCD
>>11 ホンダのエディックスで林さん運転、デリング助手席で俺が真ん中なら金出すよ。



17 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 12:16:06 ID:74yRYNxE
実況スレから拾ってきた。かわいい(*´Д`)
http://www.sponichi.co.jp/olympic/special/torinonews/200511torinonews/KFullFlash20051123022_p.html

18 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 12:20:48 ID:p74phwH7
>>17
やはり林さんが小野寺さんを抱きとめている感じだな
いい光景だ

19 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 12:30:38 ID:C1TD4mOy
トリノ行きが決まった瞬間は、
マリリンが一目散に小野寺さんに抱きつきに行ってるんだよね。
マリリンからすれば、このチームに誘ってくれた感謝、五輪へ導いてくれた感謝の
気持ちの現れなんだろう。

20 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 12:43:27 ID:eG4IlCKt
後ろのガラス越しに映画シムソンズの関係者も観戦。
負けてたら引いてただろうね

21 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 12:45:40 ID:0fTRsB2I
小野寺と林の調教小説どこに書いたらいいかな?

22 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 12:55:12 ID:FD8mnfFX
ここでオケー

23 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 12:58:14 ID:I//c2F8U
>>21
エロ小説をかこう!
http://pie.bbspink.com/test/read.cgi/erocomic/1022401661/

こっちのが無難だな
このスレはソフト百合って感じがする

24 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 13:02:19 ID:jxLK/bCD
>>23もしくは別に、調教系一緒じゃなきゃスレを立てるのは?

25 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 13:09:54 ID:cMa+ESN0
>>17
完全に2人の世界に入っているなぁ…
ポイントはオノデリングのストップウォッチかw

26 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 13:16:15 ID:WszeMclA
死ねっての糞がよー

27 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 13:47:40 ID:eG4IlCKt
前スレの隙間どうするよ

28 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 15:26:06 ID:TQFJNZ0b
>>10
忙しいんだよ。負担かけんな。

29 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 15:29:57 ID:eG4IlCKt
絵師様は夏の五輪に向け充電中w

30 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 15:31:35 ID:eG4IlCKt
きっとシンクロあたり絵師様の手にかかれば・・・ジュル

31 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 15:36:35 ID:uxt7sKma
夏コミに一方的に期待

32 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 15:46:44 ID:PXg8nCNp
岡崎主将今日テレビ出てて、
やっぱかっこよかった




で、ここでの出演はまだでつか?

33 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 15:47:33 ID:NwuqV1hE
>>32
出演済み

34 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 15:51:11 ID:PXg8nCNp
>>33
いや、前スレで新作投下するって言ってたからさ…

35 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 17:36:44 ID:7RbsE97v
1000 名前:雪と氷の名無しさん :2006/03/14(火) 17:32:25 ID:0fTRsB2I
1000なら小野寺と林は俺の性奴隷。

ちょwww


36 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 17:53:01 ID:74yRYNxE
じゃあお口直しに心温まる記事を貼っておくよ

ttp://www.toonippo.co.jp/tokushuu/torino/news2006/0210_1.html
一緒にレンタカーで温泉…。

37 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 17:55:22 ID:Qy4C7Au4
スポットライトが当たらない心地よい“日陰の時間”。2人は休日、レンタカーで県内の温泉を巡り、ゆっくりと流れる時を楽しんだ。

38 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 17:58:09 ID:Vq4aIZky
>>36
(;´Д`)ハァハァ

39 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 18:02:23 ID:C1TD4mOy
歩と弓枝、二人っきりで温泉行きまくったんだね。

40 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 18:03:09 ID:cG96MRUF
53 名前:雪と氷の名無しさん[sage] 投稿日:2006/03/14(火) 11:40:10 ID:L/OyZlP+
>>49
いや、いつもの白ジャージ。生じゃないから昨日の映像だと思う。
温泉リポートの前に小野寺に温泉について聞くみたいな感じ。

アナ「温泉にはよく行きますか?」
小野寺「はい。林さんとたまに、浅虫とか・・・」
アナ「青森の温泉はどうですか?」
小野寺「・・・・いいです」(いつもの抑揚の無い言い方で)
アナ「常呂町と比べてどうですか?」
小野寺「・・・・常呂には温泉がないので・・・」
アナ「これから弘前の温泉に行くんで、番組見てください」
小野寺「はぁ・・・・はい」
アナ「今度一緒に行きましょう」
小野寺「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

アナの馬鹿さかげんにうんざりでした。w

41 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 18:04:17 ID:I//c2F8U
まあ普通は女の子同士でもデカ目のタオルで身体隠したまま温泉入るから
普通ならね

42 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 18:17:08 ID:CrVy+5Uj
練習に遅れ、こそこそして行く瞬間にブラシを取ろうと思ったのですが1本もありません。
しょうがないのでストーンの取っ手を思いっきりひっつかみハウスの中にストーンを留めん! とアイスにダッシュしたのですが
段差でつまづきストーンをアイスに落とした瞬間にコーチに見つかりました。
慌ててブラシが無かったので…と言い訳したのですが
どう見てもスケ越です。本当にありがとうございました。


コピペの改変て難しいなorz

43 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 18:17:51 ID:TC3QRDfK
>>8
冬の北海道でサイドブレーキ使ったら凍結します・・・

44 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 18:31:37 ID:s2/pDOGj
俺以外の青森県民、今やってるABAニュース録画してくれ仕事中で録画できん

45 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 18:35:50 ID:s2/pDOGj
モエがかわいすぎて死にそうな件

46 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 18:50:25 ID:0fTRsB2I
もっと漏れの前スレの1000げとについて語ってくれよw

47 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 18:51:27 ID:58vlOqTU
>>46
氏ね

48 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 19:03:42 ID:gW6uAwhC
これか。
変な趣味だなあ。

1000 名前:雪と氷の名無しさん :2006/03/14(火) 17:32:25 ID:0fTRsB2I
1000なら大熊と修造は俺の性奴隷。

49 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 19:31:51 ID:eG4IlCKt
二人でレンタカーか、、、、

歩:「信号変ったら次の信号まで9.5!」
弓:「わかった!」
ブォ〜〜〜〜〜〜ン
歩:「イェース、イェース」


50 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 19:44:26 ID:y/mBWDtG
>>48 酒池肉林だな

51 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 20:03:00 ID:b2lrZtap
青森に来た当初の二人は、友達もいなかったから
一緒に県内を巡ったりしたんだって。

52 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 20:07:26 ID:x9Pqxjqc
おれが友達になったのに…
仙台だが

53 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 20:11:43 ID:qbg5b6SD
一緒に温泉、一緒にお風呂は一緒のお布団に続くキャラなの?

54 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 20:45:09 ID:QFHdxtlV
ベストフレンドってあゆみえみたいな友達なのかもな。
俺も気が合って一緒に遊んだり騒いだりって友達は居るけどな・・。
ベストブレンドとは言えない。

55 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 20:48:48 ID:QkcFSz5m
http://www.toonippo.co.jp/tokushuu/curling/grapf.html

56 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 20:50:25 ID:uxt7sKma
まあ、ベストフレンドって無理して作るものではなくて、
自然にそうなるものだ。

57 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 20:51:25 ID:P3vTXcd7
ベストフレンドと腐れ縁は紙一重、ってこともあるが・・・

58 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 20:51:54 ID:StzBck63
二人だけで二戸へ来ます

59 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 21:06:27 ID:znTtv7qp
歩「弓枝ちゃん、来週温泉行こうよぅ」
弓枝「またぁ?いいけど・・・好きだねえ」
歩「だってドライブも(運転してる弓枝ちゃんに手出すのが)楽しいし、温泉(に入った後の弓枝ちゃんが)気持ちいいし」
弓枝「・・・(なんか身の危険を感じる)」

60 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 21:21:34 ID:oJ5V5Y0o
〜結論〜

初夏の常呂。二人はちょっと早い夏休みを過ごしていた。
もう流氷ソーダがおいしく食べられる季節である。
二人は久しぶりに『しゃべりたい』に来ていた。

弓枝「久しぶりの常呂はどう?」
歩 「うん、ゆっくり出来た。じーちゃんもばーちゃんも元気で安心した」
弓枝「そう、良かった・・・」
いつもはいつまでも続く会話も今日は続かない。

二人は未だ現役続行か引退か決断できずにいた。
そしてもうこれ以上決断を先送りには出来なかった。もう次のシーズンの始まりが目の前に迫りつつあるのだ。
そう、今回はじーちゃん、ばーちゃんに会うためだけでなく、決断を下すための帰省だったのだ。
今日は結論を出すために二人は会っているのである。

弓枝「・・・・・・・・終わり」

沈黙を破って弓枝が言葉を発した。
ふいに言葉を放たれ、歩はその全てを聞き取ることは出来なかった。
唯一聞き取れた単語は「終わり」。
もちろんその一言で十分である。弓枝の結論が何であるかを知るには。
今まで自分に付いて来てくれた弓枝の苦労は人一倍分かっている。
これ以上自分の夢に付いて来てとは言えるわけもない。
溢れそうになる涙をこらえ、必死の笑顔を作って答えた。

歩 「弓枝、今まで私に付いて来てくれてありがとうね」



61 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 21:23:17 ID:rPh6XOoa
とりあえず五輪前のエピソードの一部。最近知った人は是非みてほしい
http://youtube.com/watch?v=YvxfJGvlNvA&search=curling

62 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 21:23:30 ID:oJ5V5Y0o
思いがけず弓枝は笑った。
歩 「何がおもしろいの?!」
弓枝「歩、相変わらず勘違いしてる。私は『今年の流氷ソーダはこれで終わり』って言ったの。
    だって、世界選手権終わるまで常呂には帰ってこれないでしょ」
歩 「弓枝!」
弓枝「あと4年頑張ろ。トリノでメダル取れなくて悔しかったんでしょ。今度はメダル取ってこよ」
歩 「弓枝!!」
歩は心の底では現役続行を望んでいたのである。もちろん弓枝と一緒に。
もう歩は溢れる涙を止められなかった。
弓枝「さ、早く流氷ソーダ食べて青森に帰ろ。みんな待ってるよ」
歩 「うん!」
歩は涙でちょっぴり塩気がついた流氷ソーダにかぶりついた。
弓枝「ちょ、それわたしのおっぱいwww」



63 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 21:32:45 ID:jxLK/bCD
>>62 泣いた。今日一回目。

64 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 21:36:28 ID:hDjA77hW
浅虫温泉大流行の悪寒…




漏れも逝きます。

65 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 21:37:57 ID:x9Pqxjqc
酸ヶ湯とかも行ったのかなー
あの二人で温泉リポートなんぞどうでしょう?

66 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 21:44:14 ID:WszeMclA
>>65
林さんのファンデーションが落ちまくるから駄目でしょ


67 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 21:53:50 ID:StzBck63
>>65
こ、混浴…

68 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 21:57:42 ID:widt0/zr
>>34
ごめん!書いてる途中で小野寺さんと林さんのキャラ設定がうまくいかなく
なってきて、ほぼ書き直しの最中です(って俺、夜勤中にナニやってんのか…)
前スレで書いた「みんなの嫌いな人」も今回は出なくなり…orz
明朝までには投下します…と、自分を追い込んでみるッ!…。

69 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 22:06:27 ID:x9Pqxjqc
林さんってそんなに化粧濃いかな?

70 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 22:15:27 ID:a5rhG0cX
ttp://www.toonippo.co.jp/tokushuu/curling/grapf/d04.html
濃いというより五人の中で唯一「きちんと」化粧が出来ている感があるのでそう見えるのかも?
この写真他のスレではスカーフが話題になっていますが、
漏れの脳内にはつい「充電中」の二文字が浮かんでしまった…orz

71 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 22:16:07 ID:gW6uAwhC
>>69
トリノの中盤で肌荒れしだしたらしくって、異常に濃いときあったよ。
最終日は薄かったけど。

72 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 22:17:29 ID:gW6uAwhC
>>70
化粧が下手なのはやっぱ若手でしょ。
みんなして1回は能面みたいなときあったね。

ま、大学はいりたてとか、就職してしばらくはしかたないんだけど。

73 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 22:22:52 ID:E68qAGAG
>>64
あ〜、俺もせっかく青森いったんだから
浅虫逝く日程作ればよかったな
来年観戦する機会あったら一週間くらい日程組むわ

74 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 22:25:18 ID:qbg5b6SD
温泉って5人で普通にコロナに行って入ってない?
安いし、露天や泡風呂や薬湯やミストサウナもあるし。
あがったら座敷でアイス食べたり、ラーメンや定食もあるし。
でも隣の回転寿司に行きそうだね(笑)がり食べ放題だし!
その後、ゲーセンでキャッチャーや太鼓の達人とかやってそう・・・
パチンコやスロットはやらないのかな?




もし行ってたら会ってる可能性あるのになー(´Д`)ハアハア

75 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 22:25:27 ID:eG4IlCKt
左から二番目の方は昇天されてますかぁ?

76 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 22:28:29 ID:x9Pqxjqc
>>71
なるほどそういうことか。
女性は生理周期と同期して肌荒れちゃう人いるみたいだしね。
大変だなー。でも荒れてても林さんカワイス

77 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 22:31:19 ID:KrKvZJnO
彼女たちの最近のオキニ温泉は、ゆ〜ぽっぽ温泉だがどうかしたか?

78 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 22:33:52 ID:E68qAGAG
   ∧ ∧
  (*‘ω‘ *)  ゆ〜ぽっぽ
   (   )
    v v
        ぼいんっ 
     川          
   ( (  ) ) 


79 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 22:34:47 ID:qbg5b6SD
えー!ゆ〜ぽっぽなの?
これからはそっちにする!

80 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 22:37:40 ID:E68qAGAG
>>77
うはwwwwwwww今度青森行ったら、ゆーぽっぽ逝くわ

81 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 22:38:24 ID:qbg5b6SD
所で、シャンプーやボディソープは一緒に使ってるのかな?お風呂道具も一緒?

82 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 22:41:43 ID:eG4IlCKt
洗いっこハァハァ

83 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 22:47:56 ID:PXg8nCNp
>>68
何かせかしちゃったかな?
楽しみにワクテカで待ってまつ

84 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 22:48:40 ID:pMYIY7jj
こうなるとあおもり健康ランドなんて逝く可能性が薄くなるね。
(´-`).。oO(日本選手権開催中に一度だけ泊まったぞ・・・)

85 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 22:51:26 ID:pzud18tO
>>70
志村ー!三文字!三文字!

86 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 22:53:00 ID:I//c2F8U
>>81
これは想像だけど

小野寺:
花王の牛乳石鹸(二つを一つにくっつけてある)
シャンプーはメリット(グリーンフローラルの香り)
リンスもメリット(〃)
MY風呂桶はケロリン(普及版の方)

林:
ヴィダルサスーンとかで統一してそう(香りは薔薇とか)
間違ってもタオルで石鹸をゴシゴシはしない
MY桶も持たず、シャンプー類はカゴに入れて持ち運ぶ

これ以外にもケア用品はあると思うけどデリングは林に借りているはず
か、もしくはスキを見て強奪しているか

87 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 22:53:17 ID:E68qAGAG
ゆ〜ぽっぽってスポーツ会館からも近いんだね。
まりりんの短大からも近い。
お仕事帰りにでも行ってるのかな?
今度から青森逝くときはレンタカー借りて逝こう。

88 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 22:57:04 ID:esuXEhfa
>>58
くわしく

89 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 23:00:11 ID:b2lrZtap
>>87
あそこは、場所がいいからいつも混んでにぎわってる

90 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 23:01:20 ID:qbg5b6SD
歩『弓っ〜今日はお背中ながしまするぅ〜』
弓『えっ〜いいよぉ〜・・自分でするからぁ〜』
歩『グスン・・ふぅえ〜ん・・・』
弓『あ〜ん・・もう・・ちょっと泣かないでぇ〜』
歩『ヒック、ヒック・・だってぇ〜・・弓ちゃんにはお世話になりっぱなしだし、歩もお返ししたいし・・・』
弓『・・・ごめんね・・でも、ちょっとだけでいいよ』
歩『・・ちょっとだけ?・・』
弓『・・歩に任せるよ・・(笑)』
歩『ヤター!ぐへへ〜っ・・・ではでは・・んしょっと・・ピトッ!・・』
弓『・・んっ!ちょっ!ちょっと待って!・・そこ・・・www』

91 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 23:05:19 ID:7RbsE97v
>>90 (*´Д`)ハァハァ

92 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 23:08:31 ID:E68qAGAG
>>89
なるほど!
いい事前情報聞いたけど
実際にいくと
うはwwwwwwキタコレwwwwwwオノデリングと弓枝姉さんのお気に入りのお湯かwwwwww
もしかして女湯で今入ってるかもwwwwwwぐへへwwwwwwwwwwwwwwwwwww


となりはしないか心配だ

93 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 23:15:07 ID:a1yDBQZ2
「はぁ…う」
歩は一糸まとわぬ全裸で、鴨居から垂れる縄に、両手首を高く吊られていた。
男はニヤニヤと笑いながら、歩のむき出しになった乳房に黒いバイブを当てると
スイッチを入れた。
ビィィィーーーン…
鈍い電動音が、和室に響く。
「あっ…うっ…いやぁ」
歩が羞恥に身をよじる。
男はニヤリと唇を歪ませて笑うと、振動するバイブを、乳房の頂点へとゆっくり移動させていく。
「やぁ…だめぇ…そこ、いや…」
オリンピックで、凛とした声で仲間たちに指示を与えた唇から、哀れに許しを請う声が漏れる。
「くくく…」
とうとう、振動するバイブの先端が、歩の桃色の乳首を捉えた。
自由の利かない歩の身体を、激しい感覚が貫いていく。
「あっ!…だめ…あっ、あっ…ひいっ…」



94 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 23:20:24 ID:Tk+5feHj
あれ、続きは?

95 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 23:21:02 ID:ze7rLqq8
「ばあ、おばあちゃんだよ。歩、小遣い1万円あげるよ。お母さんには内緒だよ」
ラッキー!! 1万円獲得
-----------------------------------------------------------------
たなぼたって知ってる?思いがけない物が空から降ってくることがあるんだって・・・・
「・・・おおーーっと!!!空からガリが降ってきたぞ〜〜〜」

歩はガリを手に入れた

96 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 23:22:54 ID:I//c2F8U
>>93
>>23に書いてくれよ
ここだと叩かれるしソフトレズと相まって集中して読めない
ここにはここの雰囲気があるからさ

あとストーリなんだが唐突杉
これじゃ盛り上がりも何もあったものじゃない
「前フリ八割、エロ二割」という言葉がある
前フリがねちこければねちこいほど、後半のエロが生きてくる

文章力はそこそこあると思う、情景も目に浮かんでくるし
俺的には好きな文体

あとこれは希望だがスカトロは嫌いだから止めてくれ
それと弓枝もからめてください、レズなしで

97 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 23:23:46 ID:ocHWheJf
藻前ら
二人が引退しないために定期的に募金を続けるってのはどうだ?
とりあえず月40マソくらい定期的に送れば考え直してくれそうだけど。
一人500円としても800人。

企業がスポンサーとするのではなく、漏れらが二人をのスポンサーになるんだ。
どう思う??

98 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 23:26:51 ID:XkQ1lEDf
つくだ温泉 ゆ〜ぽっぽ
ttp://www.doblog.com/weblog/myblog/31881/821314

99 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 23:28:09 ID:iKTB9oTt
>>96

93みたいな人間は雰囲気壊すことが楽しみというクズだから放置しましょや

100 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 23:31:06 ID:di4K1T5B
>>97
じゃあ、NPO創ったらどうでせう?
でも、40万じゃ若手3人がそつぎょうしたら
やってけないのでは



101 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 23:33:28 ID:qSq5PVCx
>>97
それは『貢ぐ』のと変わらんじゃないか。
過度の期待を背負わすわけだしな。
また青森のカンパ募集の時でもあれば
そのとき入れればいいんじゃ?

102 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 23:34:42 ID:a1yDBQZ2
>>99
よう、偽善者w

103 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 23:37:43 ID:eG4IlCKt
全然関係ない奴(女)がでてくる話しは萎えるよ
やっぱり弓枝さんたちメンバーたちとのカラミが一番いい!


104 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 23:47:54 ID:qbg5b6SD
一種の育成ゲームというか、おそらく投資した人には個人的にブログなどで近況報告や試合や練習などに自由参加など特典があれば集まりそうだけどね。
プレミア方式の方が価値高まるし、投資するにもきちんと審査したりすれば?ただのマネーゲームにあきた投資家現れるかも。
NPO取得して協会の支援なども受ければ、かなり運営上にもメリットあるかもね。
一般会員(月)1000円以上
プレミア会員(月)10000円1以上
ビップ会員(月)30000円以上
特典はランクによって・・・・

105 :雪と氷の名無しさん:2006/03/14(火) 23:58:18 ID:Tk+5feHj
>>104
http://sports9.2ch.net/test/read.cgi/wsports/1141729224/l50

においで。

106 :雪と氷の名無しさん:2006/03/15(水) 00:21:41 ID:0B/GPKD3
>>8
チーム青森の名で小野寺さん(?)がどこかのブログに書いた
「わたしたちがーーー、いちばん、つよいんだーーーーーーーーーーーーー!!!」
ネタのアドレス希望。

107 :雪と氷の名無しさん:2006/03/15(水) 00:22:52 ID:8qSfqihq
えーと、それは荒らせってこと?

108 :雪と氷の名無しさん:2006/03/15(水) 00:26:25 ID:SYvtcoRx
>>106
ブログもコピペこのスレにもあるから

109 :雪と氷の名無しさん:2006/03/15(水) 00:56:26 ID:pxFNGtLp
〜前回までのあらすじ〜
上を向いて歩こう


学長「〜〜〜、よってここに表彰いたします 平成18年3月 ……」
司会「なお副賞として目黒さん希望のテレビを後日お贈りいたします」
萌絵「ありがとうございます、春からは学業とカーリングの両立をがんばります」


そしてつぎの日曜日
萌絵.。o○(いままでテレビのない生活だったから遅れをとってたけど)
萌絵.。o○(これでわたしもさっちゃんと麻里の会話についていける)

でん「ちわ〜電器屋です、テレビの配達にまいりました」
萌絵「あ、お、おねがいします」
でん「えーとどこに置きましょうか」
萌絵「そ、そこ」
でん「この棚の上でいいんですね」
萌絵「はい、そこにドローしてください」
でん「ドロー? ここでいいんですね、じゃチャンネル設定はやっときましょうか」
萌絵「はい、わたしメカが弱くて、なにせ自然児なもんで」
でん「自然児? とりあえず設定しときますね」
萌絵「い、いや、おねがいします」
でん「NHKにABA、ATV、RABと、あとはNHKの教育でおしまいっと」
萌絵「BSはないんですか、カーリング見たいんですけど」
でん「それはまた別にアンテナ立てないとダメですね」
萌絵「そうですか、またなんか賞獲らないと…」
でん「そんじゃ終わりましたんで、箱はこっちで捨てときますね」
萌絵「はい、テイクアウトで」
でん「まいどありがとうございました」
萌絵「お世話さまでした」

萌絵「よし、これからは勉強とカーリングにあとは流行の勉強も両立するぞ」
TV (先手7六歩 後手3四歩 先手6六歩…)
萌絵「さすが歩さん、ここでも人気者だわ」



バンクーバーまで「あと1429日」

110 :雪と氷の名無しさん:2006/03/15(水) 01:04:13 ID:IFVdT/qs
>>109
ワラタw
前にどっかのスレで「NHK教育にたくさんの歩が」というレスがあって
テレビ点けたら将棋だったことを思い出した。

111 :雪と氷の名無しさん:2006/03/15(水) 01:06:47 ID:Foo94VqP
桜萌麻「いつもおっぱい揉まれていますけど、嫌じゃないんですか?」

弓枝「なぁにかえって免疫がつく」

112 :雪と氷の名無しさん:2006/03/15(水) 01:09:54 ID:I41BA1SN
歩 と 金

113 :雪と氷の名無しさん:2006/03/15(水) 01:15:15 ID:OpHLCqcF
>>109
カウントダウン北〜〜〜!
最近これを見ないと眠れなくなっている自分がいるw

で…
戦国大名歩様はまだかな〜

114 :雪と氷の名無しさん:2006/03/15(水) 01:15:47 ID:YXpTZeny
>>109
萌絵ちゃん萌えスwwwwwwwww
やっぱり日常会話でもカーリング用語が出ちゃうのかなw

115 :雪と氷の名無しさん:2006/03/15(水) 01:20:54 ID:K7atSp0d
>さすが歩さん、ここでも人気者だわ

おばあちゃんワロスwww

116 :雪と氷の名無しさん:2006/03/15(水) 01:25:59 ID:/UTBsITh
カウントダウンを見ないと眠れないのは俺もです
小ネタを活かすのがうますぎ

117 :雪と氷の名無しさん:2006/03/15(水) 01:27:29 ID:fgS4Xqoe
「約束」

祝勝パーティーも終わり、ホテルの部屋に戻ってきた二人。
日本選手権優勝という興奮。長く続いた疲労と緊張からの解放。安堵感。
そして今シーズン最後の闘いは、熱く静かに幕を閉じた。
少しアルコールも入り、二人は目が冴えて眠れずにいた。
歩「ねえ…」
弓枝「ん?」
歩「3日目にサ、常呂中の子達に負けちゃったじゃん。私あの時、思い出してたことがあるんだあ…」
弓枝「…うん、私も。4年前の、あの時のことだよね?オリンピックが終わって、帰国してすぐの日本選手権…」


時は遡り、2002年。
ソルトレイクオリンピックは、あっけなく終わった。完全なる不完全燃焼。
悪夢の2勝7敗。虚しさと悔しさだけを持って帰国した。
帰国してすぐに行われた日本選手権。気持ちの整理はまだついていなかった。
私達は、シムソンズとして、そしてオリンピックに出場した日本代表として、誇りをかけて闘っていた。
何かが欠けたままの私達の前に、思いがけないあるチームが立ちはだかった。
ここまで全戦全勝。
そのチームは 『空知こざくら』
この高校生チームが、大番狂わせを演じてみせた。
オリンピック日本代表に、なんと黒星をつけたのだ。

『空知こざくら』のメンバーだった目黒萌絵と寺田桜子。
彼女たちは、トリノオリンピックを共に闘い抜き、そして日本選手権優勝を勝ち得た最高の仲間だ。
4年前は思いもしなかった。
あの時負けた年下の選手達と、2度目のオリンピックに出場するなんて……。


118 :雪と氷の名無しさん:2006/03/15(水) 01:29:05 ID:fgS4Xqoe
『チーム常呂中』と『空知こざくら』
今二つのチームが重なってみえる。

歩「…常呂中の子達、きっとやってくれるよね。4年後も、その後も、ずーっとずっと……」
弓枝「うん。あの子達の目、見た?キラキラ輝いてた。カーリングが楽しくてしかたがない!っていう、あの目。」
突然、歩がベッドから起き上がる。弓枝を見つめるその目は、あの日のままだ。
カーリングが楽しくてしかたがなかった、がむしゃらに練習し続けた、常呂で過ごしたあの時の。
歩「ねえ、今度常呂中学校行ってみない?机の落書き残ってるかなーなんて。…私達の原点だからさ。」
弓枝「うん。行こう。」
歩「ゆみえ、また約束しよう。」
弓枝「約束?」
歩が右手の小指を立て、弓枝を見て微笑む。
…指切りげんまん。

真冬の小雪が舞い降る中、立ち止まって手袋を外し、中学生の私達は同じことをした。
『絶対に二人でオリンピック行こうね。約束だよ。指きった!』

私達はあの日と変わらない。けれど、あの日と違う約束をした。
もう泣かない。

119 :雪と氷の名無しさん:2006/03/15(水) 01:35:57 ID:d3WgsWp0
長文くそつまんね

120 :雪と氷の名無しさん:2006/03/15(水) 01:39:05 ID:KiRtkK3W
>>117
>>118
ふたりの代わりに泣いてもいいですか
。・゚・(ノД`)・゚・。

121 :占い師 1:2006/03/15(水) 01:39:22 ID:nm9lLPHd
細草 「 守備がスリップ?の小野寺さん?あんたね、あんなんじゃ駄目だね…メダル駄目だね。」
歩はため息をついて、硬く組んだ自分の両手に視線を落とした。
弓 「 歩…。」
歩が今どんな気持ちなのか、隣に座っている弓枝には痛いほどわかる…。

1週間前…
日本選手権も終わって過熱報道も一段落したところで、歩と弓枝はカーリング協会からある番組への
出演を打診されたのだった…。スポーツ番組なら文句など言わず出演する、しかし…
弓 「 もう、競技とは関係のないテレビには私達は出ませんッ!」
ハッキリ断れない歩の気持ちを代弁するように弓枝は気色ばんで言った。
協 「君たちの気持ちはわかるよ、以前も大変な目にあったのを我々も知っている。(注)
   ただ、カーリングの知名度を上げるという観点から言えば、男性ファンの獲得には成功したことだし、
   今度は主婦層にカーリングに興味をもってもらおうと、まぁ、協会としては考えているわけだよ…。」
協会の考える「主婦層への切り込み」は、現在絶大な人気を誇る女性占い師の番組への出演だった…。
最初は抵抗した歩と弓枝だったが、結局は協会側のいつもの言葉、「すべてはカーリングの普及のため」
の前には弱く、出演依頼を不承不承受けたのだった…。

麻 「 え〜あの番組に出るんですかーッ!いいなぁ私も占ってもらいた〜い!!」
桜 「 ちょ、ちょっとマリリン!」 慌てて桜子がマリリンのおなかを突っつく。
萌 「 空気嫁…。」
麻 「 あっ…。」
弓 「 やだ、もうみんな心配性なんだから〜大丈夫よ〜、心配ないない!」
あわてて言い繕う弓枝の横で、歩も無理な笑顔で言う。
歩 「 私達にいつ彼氏ができるか、占ってもらっちゃおうって弓枝と話してるンだから、ね〜…。」
麻萌桜 「 …。」

(注)以前、ふたりはトリノ五輪直後のバラエティーで屈辱的な扱いを受け、無知な熱血漢に練習方法を
   侮辱されたことがある。なお、番組はその後、謎の男女の乱入で収録が中断し放送も中止となった。
    (あくまでも妄想時空での出来事ですw)

梨田 「 ハイ、とゆーわけで始まりました!細草 きず子の『ズバリ幸せになるわよ!』のお時間です!」
下田 「 今夜はぁ〜、なんと、トリノ五輪美人選手特集ということで、この2人に来てもらっています!」
人気コンビのマカロニグラタンの二人が、歩と弓枝をスタジオのセットの中央に招き入れた。
おっかなビックリにチョコチョコとあるく歩の後を、用心棒のように寄りそう弓枝が続き、促されてソファに腰掛ける。
梨田 「 え〜、こちらカーリング娘こと小野寺さんと林さんとはね、ボクら前に1度、、あの〜放送されなかった
      番組でね、1度ご一緒してまして〜。」(笑)
下田 「 放送してないから誰にもわかんね〜よ!(笑)さぁ、それでは早速、幸せ鑑定人の細草センセイに
      登場願いましょう!細草センセイ!!」
プシューッ! スモークがたかれ、オールバックの女占い師が登場し「ジロリ」とふたりをひと睨みする。
弓 ( 歩…今度はちゃんと私が守ってあげるからね…。)


122 :占い師 2:2006/03/15(水) 01:40:42 ID:nm9lLPHd
まずはVTR。トリノでの活躍、日本選手権、そしてカーリングの基礎知識と、意外にも真面目な内容。
マカロニグラタンからは、カーリングをはじめて見る人の理解を深める為の質問がいくつかなされた。
意外そうな顔をするふたりに、マカロニグラタンの2人は爽やかに答える…。
梨田 「 いやぁ〜ボクらもね、カーリングのこと勉強しましたよぉ〜、またね、バキュンされたくないもん!」
下田 「 ばきゅんキタコレ(笑)ほとんどの人意味わかんね〜から(笑)でもマジ、カーリング奥深いっすよね。」
歩弓 「 ありがとうございます。」(この人たちは分かってくれたんだ…。わたし達は間違ってないんだね…。)
こうしてカーリングのことを理解してくれる人が着実に増えていることを実感すると、ふたりは本当に嬉しく
なる…。自分の不安は杞憂に終わりそうだ…、弓枝はホッとしていた。

だが、椅子にふんぞりかえっている占い師は、そんなふたりをつまらなそうに睨んでいる…。

そして、運命の鑑定タイム。歩の生年月日をあれこれいじった数をもとに細草が占う、ながれだ…。
細草 「 守備がスリップ?の小野寺さん?、あんたね、あんなんじゃ駄目だね…メダル駄目だね。」
歩はため息をついて、硬く組んだ自分の両手に視線を落とした。
弓 「 歩…。」
細草 「 本音で言ってイイ?女がね、大声を出してね、なんですか!プルプルプル(微細動)恥じ知らずです。
    ちょっとね、ちやほやされて、プルプルプル(微細動)つつしみとか恥じらいをね、忘れたら女は駄目!」
下田「 いやいや、ちょっとセンセイ?あれは…。」 
慌ててフォローしようとする下田を手で制し、弓枝が言う。
弓 「 あれは仲間に指示を出しているんです。単に大声を出しているんじゃありません。訂正してください。」
歩への侮辱は許せない。弓枝は感情的にならないよう怒りを押し殺しながら、しかし強く言い返した。
若い娘が大嫌いで、イケメンは大好きな女性占い師は、上半身を小刻みに震わせながら怒りを爆発させる。
細草にとって、若い娘が自分にひれ伏しこそすれ、口答えをするなんて全くありえないハナシだ。
細 「 プルプルプル(細微動)ナニ言うか!口答えするんじゃないよ、お前地獄へ落ちるわよ!」
歩 (弓枝ちゃんがわたしを助けるために闘ってくれている…わたしのために…弓枝ちゃん…)
歩も何か言い返そうと思うが言葉が出ない。頭に血がのぼるとかえって言葉が出なくなるのは昔からだ…。
弓 (歩…大丈夫よ…わたしは歩を守りたいの…)弓枝を見つめる歩にうなづき、歩の手をしっかり握る…。

弓 「 地獄におちるって言われても全然怖くありません…。地獄なら今までさんざん見たもの…。」
弓枝は、隣に立つ歩の鼓動を感じながら、きっぱりと言い放つ。
弓 「 私は歩となら…、歩と一緒なら地獄に落ちたって絶対に這い上がれるんだからッ!」
歩 「 ゆ、弓枝…。」 弓枝の言葉に、歩の瞳からは思わず涙が溢れ出す。


123 :占い師 3:2006/03/15(水) 01:43:03 ID:nm9lLPHd
細 「 な、な、な、なにを言うか、たかがオハジキ選手の小娘が、プルプルプルプル(超細微動)…。」
はげしく震えだす細草、だが、ふたりが手を握り合っているのに気づくと下卑た笑いを浮かべる。
細 (なんだいこいつら…、偉そうな事言いやがって、なんだかんだ言ってアレじゃないか、いやらしい。
   こうなったら、二度と立ち上がれないように叩き潰してやる。ここはカットしないで放送するよ!)
細草は唇の端を醜く歪め、大げさな身振りで、ふたりを指差した…
細 「 あきれたね、いやらしい!ほれ、ご覧なさい、このふたりは!! ンガング゙???????!!!」
細草の発言はしかし、最後までは発せられなかった…。誰かが細草の口を塞いだのだッ!
必死の形相の細草の背後には、いつのまにか黒エナメルのボンテージスーツと黒革のマスクを身に付け、
マリリンの胴回りほどの太腿を持ったマッチョな女性が、悠然と微笑みながら立っていたッ!
そして、後から細草の口に両手を当て、まるで駄々ッ子を黙らせるように発言を封じたのだッ!

梨田&下田 「 あなた様は、スケレディー!!いつぞやは失礼いたしましたッ!」
謎の女 「 ふふふ(微笑)。きょうは私ひとりだから、トモレディーって呼んでもらおうかな(微笑)。」
梨田&下田 「 いや、岡崎さん…それ正体そのままですって!!」
トモレディーは、怒りと驚愕とがまぜこぜになった表情の細草の両耳を引っ張った。
トモ 「 ふたりは一緒じゃないと駄目なの…あなたの占いでは永遠に理解できない輝きなのよ…(微笑)。」
トモレディーの指が一層激しく細草の耳を引っ張る。それにつれ、細草の頭も激しく細動していった。
細草の頭部 「 プルプルプルプルプルプルプルプルプルプルプルプルプルプル゚ルプルプルプルプルプルプル!」「バタンッ!」
スタッフが昏倒した細草を助け起こそうと大騒ぎをしている間に、黒衣の麗人の姿は消えていた。


124 :雪と氷の名無しさん:2006/03/15(水) 01:43:35 ID:qIPByy/p
>>119 まあまあ。
>>118 でもいつもの落ちがほしかった。

125 :占い師 4 長くてゴメン:2006/03/15(水) 01:44:05 ID:nm9lLPHd
弓 「 また収録中止に放送中止かぁ〜、出ろって言った協会に怒られちゃうね…。」
歩 「 弓枝ちゃん、助けてくれてありがとね…。…あのね、…あの時の言葉…嬉しかったしょや…。」
弓 「 (あせあせ)エヘン、つい夢中でなんか口走っちゃったのよ。ね、もう〜(あせあせ)。」
ふたりはテレビ局を出て、どこへ行くでもなく歩いていた…。ただふたりで歩いているだけで嬉しかった…。
朋 「 また番組ひとつデストロイしちゃったンだって〜?(微笑)怖いコ達だなぁ〜(微笑)。」
歩弓 「お、岡崎主将!あ?あれ?コスチュームが…。」
微笑む岡崎主将は、黒エナメルのボンテージスーツ姿で…あれ?。
朋 「 ふふふ(微笑)着替えるのがメンドくさかったンだも〜ん(微笑)。マスクは取ったわよ(微笑)。」
岡崎は、相変わらずのとびっきりの朋ちゃんスマイルで答える。
歩弓 「 取ってなかったら、わたし達も岡崎さんの名前呼べませんよ〜w」
朋 「そうね(微笑)ふふふ(微笑)。」

急に岡崎は、ちょっと真顔になって言った。
朋 「 私から見て、あなた達のマスコミ対応はちょっとまっすぐ過ぎ…、それがあなた達のいい常呂なのは
    間違い無いンだけど…(微笑)、まぁ、私もヘンなインタビューにはニコニコ嫌味言ったりもするけど(微笑)。
    でもほっとけないのよね(微笑)カーリング協会からあなた達の出演スケジュール聞き出して〜(微笑)。
    危なくなったら番組壊して…いいトレーニングになるわ(微笑)。」
歩弓 「 す、すみません…(ペコリ)。」
岡崎は朋ちゃんスマイルのまま、ふたりのほっぺを「ムニムニ」する。
朋 「 いいのよ…(微笑)。あなた達ふたりの笑顔を見ているのが私の幸せだから…。あなた達の幸せが
    私の幸せ…なんて〜ちょっと妄想はいってキモイかしら(微笑)。」
歩と弓枝はブンブンと頭を振る…。
歩弓 「 そんなことないです…わたし達のコトをそんなに想ってくれるなんて…感激…です…。」

朋 「 よしッ!きょうは飲みに付き合わない?お姉さんがおごってあげるわよ(微笑)。
    結構飲むンでしょ〜?(微笑) でも私に勝てるかなぁ〜(微笑)。」
歩 「 ぐへへ〜www、わたしも負けませんよ〜、ぐへへ〜www。」
弓枝は笑顔の歩を見て、心の中で岡崎に感謝していた。
弓 「(岡崎主将、ありがとうございます。やっぱりあなたは素敵な主将で、素敵なお姉さんです…。
    歩もわたしも、きょうは岡崎さんに悩みを聞いてもらいますね…。)
朋 「 ちょッ…もう〜オノデリングさんったら〜(微笑)、ね、林さんも、今夜は色々相談にのるからね(微笑)」
弓枝の心の声に気づいたのか、岡崎主将は歩にヘッドロックをしながら弓枝に微笑むのだった…。


126 :雪と氷の名無しさん:2006/03/15(水) 02:08:31 ID:WtRY1MHd
初の書き込みです。長文ですみませんが、どうかお手柔らかに…

ラストストーン

早朝。ブラシを持ち、青森市スポーツ会館のハウスの上に一人たたずむ歩。
歩「…信じられない数の人だったな…」
歩は日本選手権を思い出していた。
ゆっくりとリンクを歩き出す。アイスメーカーは今日も、
リンクを最高の状態にしてくれている。

歩は、日本選手権・決勝戦で流した自らの涙の意味を考えていた。
歩「もう、最後だって思ったってことかな…」
まるで自分の中の誰かと会話をかわすように、言葉を紡ぎ出す。
歩「いろいろ有ったけど、この4年、楽しかったな…」

ストーンのにぎりに手をかけ、ハックに足を置く。
いつものように一瞬目を閉じ、集中する。
遥か先のハウスを見つめ、静かにスタートをきり、ストーンを送り出す。
歩「(これが私の、ラストストーン…)」
歩の手から放たれたストーンは、ハウスのセンターにピタリと止まる。
ハウスへと移動していた歩は、ストーンを見て、寂しげに微笑む。

…その様子を、リンクの外から見守っていた一人の女性。
弓枝である。
弓枝「……」
今朝、隣にある歩の部屋を出ていく人影に、弓枝は気づき、追ってきたのである。

日本選手権・決勝戦を終えたあの日…
弓枝は、歩が引退を決心していることに気づいていた。
そして、「歩が選んだ道なら…」と、その選択を受け入ようと思っていた。

歩の一言を聞くまでは…

127 :雪と氷の名無しさん:2006/03/15(水) 02:10:34 ID:WtRY1MHd
歩「弓枝を、これ以上連れ回す訳には行かないしね」
ペプリングされたリンクに、歩の涙が一粒、こぼれ落ちる…
弓枝「!」
その一言を聞いた弓枝は、思わずリンクへと降り立った。
歩「! 弓枝…」
弓枝「…バカ! 歩のバカ!! 何考えてんのよ!
  そんな理由でカーリング辞めちゃうの?」

とたんに歩の目から大粒の涙が流れ出す。
歩「だって… 弓枝を巻き込んだのは私だもん。青森まで付いてきてくれた弓枝には
  本当に感謝してる。でも、だからこそ、これ以上、迷惑かけたくないの…」

弓枝「…私は! 私は歩に感謝してるの!」
歩「え…」
弓枝「ソルトレイクが終わっても、ずっと、ずっとシムソンズでカーリングを
   続けたいと思ってた。でも、私には、みんなにその気持ちを伝える勇気がなかったの!」
次第に、弓枝の声が震えていく
弓枝「シムソンズの解散が決まったとき、私は、居場所を無くした…
   歩は、自分のわがままに私が付き合ったって思ってるかもしれないけど、それは違うの!
   歩はあの時、「一緒に青森に行こう」と言ってくれたあの時、私に生きる場所を
   与えてくれたの!」
弓枝の言葉は、嗚咽へと変わっていった。
弓枝「今度は… 今度こそは、私に言わせて! 
   …私、フォルティウスの5人でバンクーバーに行きたい!
   今度こそメダルを取るの! そこには歩がいなきゃダメなの!
   フォルティウスのスキップは、私のパートナーは、歩じゃなきゃイヤなの!」
「手のかかる妹」のように泣きじゃくる弓枝。


128 :雪と氷の名無しさん:2006/03/15(水) 02:13:39 ID:WtRY1MHd
歩は、泣き笑いの顔で、弓枝の横へと滑っていく。
歩「へへ…「泣き虫サードの弓枝ちゃん」になっちゃったね」
弓枝「…歩の意地悪…」
歩「…そんなに言うなら、付き合ってあげてもいいよ、バンクーバー」
弓枝「な、何よ、偉そうに…」
歩「ん〜? なんだって?泣き虫サードの弓枝ちゃん?」
涙を浮かべたまま、おどける歩。

弓枝「…よろしくお願いします」
歩「こちらこそ、よろしくね弓枝…」
2人は、まるで初めて会った友達のように、握手を交わした。

桜子「あ〜、もう誰か来てるよ〜!」
麻里「え〜!誰だろ?」
萌絵「おはよ〜!」
桜子・麻里「あ、萌絵おはよ〜!」
入り口から、3人の元気な声が聞こえてくる。
顔を見合わせて微笑む歩と弓枝。

歩「とりあえず、あの3人にも伝えなきゃね!」
弓枝「これからまた4年、「アイスの上では」厳しく行くよって?」

握手した手をつないだまま、笑い合って控え室へと戻っていく2人。
ハウスのセンターに置かれたストーンが、その後ろ姿を見守っていた…


129 :雪と氷の名無しさん:2006/03/15(水) 02:40:07 ID:lNrwNeJI
日本選手権が終わって…

弓枝「ごめんね、みんな忙しいのに集まってもらっちゃって」
歩 「今日集まってもらったのはみんなに伝えなきゃいけないことがあるからです…」

萌絵、桜子、マリリンの三人は唇を噛み締め下を向いていた。歩の口から発せられること
は、いやでもわかっていたからだ。

歩 「今日伝えなきゃいけないことは、えっと…、…、あのね………」
弓枝「歩……」

弓枝は、歩みのほうを見たが目をあわすことはできず、すぐに下を向いた。

桜子「わかってます。二人はチームを抜けるんですよね…」

歩は下を向いたまま、少しだけ頷いた。

桜子「仕方ないですよ。もともと日本選手権までっていう約束だったんですから」
歩 「ホントにごめん…」
弓枝「ごめんね……」
桜子「そんな、謝らないでくださいよ。ねぇ?萌絵ちゃん、マリリン」

桜子が問い掛けても二人は下を向いたままだった…

―二人が立ち去った後

桜子「悲しいのはわかるけど、ダメだよ笑顔で送り出してあげなきゃ」
萌絵「うん、でも…」
麻里「桜子ちゃんは平気なの?もう5人で練習も試合もできないんだよ。笑顔なんて
   無理だよ」
桜子「私だって平気じゃないよ…、2人を超えるのが目標だったのに。もう二度と
   超えることはなくなっちゃったんだから。もっと一緒に練習してもっと強くなり
   たかった」

その時、めったなことでは泣かない萌絵が声を出して泣き始めた

桜子「萌絵ちゃん……」
萌絵「別れって淋しいね……」

萌絵の手にはオリンピック出場をきめたときの5人の写真が握られていた。そこには、萌絵の肩に手をかけピースをして微笑む歩がいた

―その時、歩と弓枝は

弓枝「ホントによかったの、解散で?」
歩 「だって、いつまでも続けるわけにいかないし、いつか解散しなきゃいけなかった…
   それがこのタイミングだったんだよ」
弓枝「じゃあなんでさっきから、写真握り締めて泣いてるの?本当は歩まだ…」

… …

歩の手には萌絵が握り締めていた写真と同じものがあった。


130 :雪と氷の名無しさん:2006/03/15(水) 02:41:16 ID:lNrwNeJI
―そして久々の練習の日

麻里「さて、3人しかいないけど、始めようか」
桜子「うん、久しぶりだけど、気合入れていこう♪」
萌絵「うん…」

萌絵はまだ元気がなかった。桜子とマリリンも元気はなかったが、いつも明るい二人が
悲しがっていたら萌絵が余計悲しむと思って、無理に笑顔をつくっていた。

そして、三人しかいないカーリング場で静かに練習が始まろうとした。その時、大きな声
がカーリング場に響いた

歩 「小野寺歩、27歳、まだまだ弱輩者ですが、フォルティウスの一員に加えていただ
   きたく、参りました!!よろしくお願いします!!」
弓枝「林弓枝、27歳、同じくチームに入れていただきたく参りました!!」

桜子「二人とも、どうしたんですか?」
歩 「へへっ、ほら私たち金メダル獲ってないから、一番金メダルに近そうなチームに入
りたくって。ぐへっ」
弓枝「下手くそだけど、ひとつよろしくお願いします」
麻里「ったくもーう、容赦なくいきますよ♪」

萌絵の顔には久しぶりの笑顔が戻った

歩 「萌絵ちゃん、ただいま。ごめんね。また、よろしく、フフッ♪」

そういと歩は萌絵におもいっきり跳びついた。「もうどこにも行かないよ」と歩は萌絵の
耳元でささやいた

弓枝「さっ、新チーム結成記念に写真撮ろう。はい並んで、並んで」
和宏「よければ僕が撮りましょうか?えっと、あっ、ここのボタンをバキュンすればいい
   んですね。じゃあ、いきますよ。ハイ、ハ・ウ・ス」

刈屋「一緒にいる時もいない時も、いつもカーリングとチームのことを考え、頑張ってきてそれがこのチームの礎になっているんでしょう。気がついたら多くの涙と笑顔が
   そこにはあったのでしょう。お互いがお互いを必要としている。一見、それは
   弱くも映るのですが、しかし、それが強さの一面も持ち合わせている、そういうこ
   とでしょうか?」
小林「いや、本当にいいチームですね。これからも楽しみです」

トリノの輝きを越えるものは、バンクーバーでしか生まれない

2007年世界女子カーリング選手権大会 2007年3月17日(土)開幕




131 :雪と氷の名無しさん:2006/03/15(水) 06:08:37 ID:iPW6LdlN
朝から感動・・もらい泣き・・・・(ノ_・。)・・・♪

132 :雪と氷の名無しさん:2006/03/15(水) 06:17:21 ID:YXpTZeny
GJ!徹夜お疲れ様ですw

133 :雪と氷の名無しさん:2006/03/15(水) 08:26:03 ID:34XWYe5v
>>121
岡崎主将が2ちゃんねらーだったとは・・・・感動しました!w
次回作も期待してます!

134 :雪と氷の名無しさん:2006/03/15(水) 08:29:50 ID:bKdGks90
今日、津軽線乗ってたら、前にカーラーが二人乗ってきた。

なんか一人がデカイ声で「歩は〜〜〜!!だから2ちゃんねるで萌えの対象にされるというのだ〜〜〜!!この〜〜〜!」
ともう片方の首を絞めました。
絞められた方は「ぐええぇーー!DS退散DS退散!!ウォーウォー!」と十字を切っていた。割と絞められているのに
うれしいらしく、顔がぐへへ笑いになっていった。ズボンの裾も片方だけ上がっていった。
油川でもう一人、仲間らしいぽっちゃりした奴が乗り込んできてその二人に声をかけた。
「お!泣き虫スキップさんと、鬼枝さん!奇遇ですね!」
俺はもう限界だと思った。
「おお!そういう君は****(聞き取れず。何かアメリカの女優ぽい名前)ではないか!これからも
チーム青森も・・青森を・・・ビシッ!!」
「チーム青森をビシッ!!!出た!青森ビシッ出た!得意技!青森ビシッ出た!青森ビシッ!これ!青森ビシッ出たよ〜〜!」
俺は限界だと思った。


135 : ◆TvMadoMocc :2006/03/15(水) 10:45:52 ID:QmovaK5X
>>134
 GJ!



( ゚∀゚) チーム青森も・・・

( ゚∀゚) ・・・青森を・・・

(;゚∀゚) ・・・・・・

(*゚∀゚)つ ビシッ!

      ペタッ

ttp://photo3.avi.jp/photo/5/303025/303025-1320060-0-4978909-pc.jpg


136 :雪と氷の名無しさん:2006/03/15(水) 12:08:59 ID:cIOKUtyA
>>134
最高です!!目の前で見たら俺も限界だw たぶん萌え死ぬww

137 :雪と氷の名無しさん:2006/03/15(水) 13:06:48 ID:XwKzXOZ4
歩「よしお昼だ、お弁当お弁当」
弓「午前中暇だったね」
歩「うん、あ、玉子焼きちょうだい」
弓「今日は上手く焼けたんだよ」
歩「アタシは大失敗」
弓「ああ、黒コゲだ。うん、でも味はいいよ」
歩「午後から小学校のカーリング教室だから忙しくなるね」
弓「リンゴ食べる?」
歩「食べる食べる」
弓「カーリング好きになってくれたらいいけどなあ、子供たち」
歩「きっと好きになるよ、アタシたちが教えるんだもん」
弓「お茶、おかわりする?」
歩「するする。お、ウィンナー旨そう」
弓「どうぞ、駅前のスーパーで安かったの」
歩「おいしい、でもユミエのお弁当がどんどん減っていく(笑」
弓「ホントだね、明日からお弁当箱大きくしようかな(笑」
歩「大きくしたらアタシの食べる量が増える(笑」
弓「困った人だね(笑」
歩「困ったもんだ(笑」

弓「さ、そろそろお昼終わりだよ」
歩「子供たち来てるね。あの中に未来の小野寺歩がいるかもよ」
弓「未来の林弓枝もいたりして。」
歩「きっとその子、苦労するよ(笑」
弓「それって笑えないなあ」


138 :雪と氷の名無しさん:2006/03/15(水) 13:31:25 ID:wlEKyWeC
>>137
全米が泣いたw

139 :雪と氷の名無しさん:2006/03/15(水) 13:43:56 ID:AUets7z4
>>137
めっちゃありそうw

140 :雪と氷の名無しさん:2006/03/15(水) 13:56:28 ID:LjXRkQ0y
>>137
ちょっwwwそれwww
まるっきりそのまんまやん!
さては、青森スポーツ会館に盗聴マイクを仕掛けて録音して(ry

141 :雪と氷の名無しさん:2006/03/15(水) 14:02:40 ID:qsa9LKir

官能小説に夢中になっている、萌絵将軍と ピザはおかず 桜子。そんな2人を横目に
麻里おっぱいのかみ は、天守閣目指し、上へと続く階段を ぼいんぼいん 時には、ぱいんぱいん 駆け上がる。

戦国大名 歩様 第11話 「粉ミルク殺法」

弓枝「いいですか、歩様。私が良いと言うまでは、絶対にこの部屋から出ないで下さいね。
    麻里おっぱいのかみ の手の者が、城内のどこに潜んでるいるか分かりませんから」
ふすま を閉じながら弓枝は部屋の中の人物に言う。
歩「うん、分かった。」
ここは弓枝の部屋。その中央、座布団に座り、弓枝を見上げ緊張感のない声で答える 歩様。 戦国大名 歩様。
弓枝「あと、部屋の中のモノ勝手にいじったりしないで下さいよ」
歩「うん。分かった。」
弓枝「では、歩様。この私が全てを終わらせて参ります。」
パタン
頭を下げ、ふすま を閉じる弓枝。
麻里おっぱいのかみ が、天守閣に迫っている以上 歩様 を天守閣に
そのままと言う訳にも行かない。そう判断した弓枝は取り敢えず 歩様 を、天守閣から遠ざけるため
自らの部屋に 歩様 を非難させた。
別に非難するならば、何も自分の部屋でなくとも、良かったのだが、
そこは 歩様 の強い希望もあり、避難する場所は弓枝の部屋となった。
踵を返し、天守閣に向かおうとする弓枝。
弓枝「あっ・・・そうだ」
何かを思い出し、再び ふすま を開ける、弓枝。
弓枝「歩様、言い忘れましたが、お腹が空きましたらソコの入れ物に、ワタパチが・・・」
そこまで言いかけた所で、弓枝の目に飛び込んできたのは、
弓枝が普段から使っている枕に、顔を埋ずめ、床を ごろごろ 転がっている 歩様 の姿。
弓枝「・・・・・・・・」
そっと、ふすまを閉じ、弓枝は見なかったことにする。
パンパン
軽く両の頬を叩き、気持ちを切り替える弓枝。
弓枝「・・・よしッ」
そう短く口にし、弓枝は天守閣に向け走り出す。

一方、その頃。
ぼいんぼいん 天守閣へ向け進んでいた 麻里おっぱいのかみ は、と言うと・・・。
途中で疲れてしまい、階段に腰掛け休んでいたら、そのままウトウト。
麻里「・・・・・まーりりん、まーりりん」
 いびき を、かいて夢の中。
その ほっぺ には、先程食べた、おにぎりのご飯粒が引っ付いていた・・・・・。

次回こそ 「粉ミルク殺法」

142 :雪と氷の名無しさん:2006/03/15(水) 14:10:04 ID:1Hlp55bz
おっぱいのかみ、寝るなw起きろw

143 :雪と氷の名無しさん:2006/03/15(水) 14:13:01 ID:McaFkDSB
小野寺と林がキスしてた
http://sports9.2ch.net/test/read.cgi/wsports/1142396248/

144 :雪と氷の名無しさん:2006/03/15(水) 14:27:32 ID:grdUUblV
>>137
すげーりあるだw

145 :雪と氷の名無しさん:2006/03/15(水) 14:34:17 ID:+PPF/3rV
歩と弓枝の事考えると、胸がキュンとなる。
俺がこの2人と付き合いたいとかじゃないんです。
歩と弓枝が仲良くしてる姿が見たいだけなんです。
キモイですか?

146 :雪と氷の名無しさん:2006/03/15(水) 14:49:52 ID:a2pcyA6N
>>145
おまいは俺か!

147 :雪と氷の名無しさん:2006/03/15(水) 15:16:09 ID:C1Po1d5c
ずっとおまいらを からかっていた漏れだが
連日のあまりのおまいらの純な妄想ぶりに情が湧いてきたw

148 :雪と氷の名無しさん:2006/03/15(水) 15:18:08 ID:jkGJ47co
しかも最初は変態ユリ系だったのに
最近だんだんピュア友情系に進化している感じだよね

149 :雪と氷の名無しさん:2006/03/15(水) 15:27:07 ID:LjXRkQ0y
ABAの独占インタビューで歩が、こう言ってた・・・

「わたし、友達少ないんで(^_^)、
 (ここでちょっと間が空く)
 林さんといっしょに(温泉へ)行っていました。」

。・゚・(ノД`)・゚・。

150 :雪と氷の名無しさん:2006/03/15(水) 15:37:57 ID:8taFGD25
なんでワタパチなんだよwwwww

151 :雪と氷の名無しさん:2006/03/15(水) 15:42:59 ID:y2OJSwzO
>>149
なんで、泣くの?
本気で泣いてるの?

ふつう、友達はたくさんいるもんなの?
だとしたら、おれは号泣することになるんだけど。。

152 :雪と氷の名無しさん:2006/03/15(水) 15:46:13 ID:Gdca7Ofv
「いつも同じパターンをしていること」に対する泣きならわかるけどな


153 :雪と氷の名無しさん:2006/03/15(水) 15:54:50 ID:wlEKyWeC
233 :名無しさん@そうだ選挙に行こう :2005/09/11(日) 22:20:49 ID:WQoNsbka
マイナーだけど、カーリング選手はカワイイ!人が多い。




154 :雪と氷の名無しさん:2006/03/15(水) 15:58:41 ID:U40TW/wI
>>150
ワタパチとはなんぞや?
検索してもいまいちわからん。

155 :雪と氷の名無しさん:2006/03/15(水) 16:00:13 ID:qpjzaMgt
>>154
わたあめにドンパッチが混ぜ込んであるお菓子だ
「わたパチ」が正式名称じゃないか?

156 :雪と氷の名無しさん:2006/03/15(水) 16:07:30 ID:U40TW/wI
>>155
さんくす!!
ドンパッチってまだ売ってたんだ・・・
なつかすい。

157 :雪と氷の名無しさん:2006/03/15(水) 16:09:12 ID:O0iZRFvo
>>151
テレビでそんなことカミングアウト(ぶっちゃけ)せんでも・・・ってところからくる涙かな?

158 :雪と氷の名無しさん:2006/03/15(水) 18:05:44 ID:wlEKyWeC
青森の公社で働き始めたのって04年4月からって東奥日報の記事にあるんだけど
ソルトレーク(02年2月)が終わってから丸2年どうしてたんだろ??

159 :雪と氷の名無しさん:2006/03/15(水) 18:16:02 ID:dPjHwY08
それ記事の間違いじゃ?
現に東奥の04年1月の記事に公社の職員と書いてあるし。
青森に来たのは2002年だよ。
1年間青森の人とチーム組んでたけど初心者だったから
2003年に萌絵と桜子を呼んでるわけだし
2004年からということはない。

160 :雪と氷の名無しさん:2006/03/15(水) 18:19:40 ID:dPjHwY08
>現に東奥の04年1月の記事に公社の職員と書いてあるし。
これは間違い。他の記事だった

161 :158:2006/03/15(水) 18:22:11 ID:wlEKyWeC
ほんとだ間違いだ。

>2003年2月7日。青森冬季アジア大会のカーリング会場・青森市スポーツ会館では、日本と韓国の決勝戦が行われていた。最終10エンドを終わって6対6の同点から、延長の末に日本が勝つと、会場は大きな歓声と拍手に包まれた――。
この光景を同会館の管理職員として見ていた。

この時点ですでに公社で働いてたんだね。
んで03年の4月から目黒、桜子が青森に進学してきたなら計算あう。

162 :158:2006/03/15(水) 18:57:13 ID:wlEKyWeC
>>159
記事見つけた。04年4月から臨時職員として働いたって書いてある。
どれが間違ってるんだろ。なんか気になっちゃうわー
http://www.toonippo.co.jp/tokushuu/torino/news2006/0210_1.html

163 :雪と氷の名無しさん:2006/03/15(水) 19:18:55 ID:FBDWJA09
前スレの番外編のつづき
延長戦に入っても両チームの力は拮抗していた。
しかし、チーム青森は先攻。
相手のラストストーンでナンバーワンを取られれば負けてしまう。
そしてチーム青森はラスト一投、小野寺に全てを託すことになった。

実況席
刈屋「さあ、最後のストーン!小野寺はどうするでしょうか?」
小林「え〜、この場面はですね。四年前のスコットランド戦と全く同じ様な場面ですね。」
刈屋「スウェーデンですね?」
小林「失礼しました、スウェーデンです。
あの試合は消極的にガードを置きにいって負けました。
今回は小野寺さんがどういう決断をするかですね。
これは小野寺さんのカーリング人生全てを賭けたショットになります。
小野寺頑張ってほしい!」


小野寺「弓枝、私もう決めてるよ。」
林「言わなくてもわかってるよ。私達は歩についていく。」
本橋「歩ちゃんなら出来るよ!」
目黒「歩さんなら絶対成功します!」
小野寺「ありがとう・・・私頑張るよ!」

運命のチーム青森ラストストーンが小野寺の手から放たれた。


小野寺(弱い!)

小野寺はすぐにそう思った。

小野寺「ハード!ハード!」

本橋と目黒は懸命にスイープした。


本橋(もう・・・無理だ)

その時だった。

寺田「麻里!萌絵ちゃん!頑張れ〜!」
寺田の大きな声が響いた。

本橋「さっちゃん!愛してるよ!」
本橋は懸命にスイープした。

目黒(麻里ったらこんなところでカミングアウトしちゃってw)
目黒も必死にスイープした。



チーム青森の全てを賭けたストーンはガードストーンをすり抜けた。


そしてスイスのストーンの前にフリーズしてチーム青森のストーンがナンバーワンになった。


つづく

164 :雪と氷の名無しさん:2006/03/15(水) 19:32:16 ID:HtKuFb9t
小野寺さんも林さんも
ふだん、会館で仕事しているときも
トレーニングウェアを着ているような希ガス
特に小野寺さんは私服を持っているのだろうか

165 :雪と氷の名無しさん:2006/03/15(水) 19:39:51 ID:C1Po1d5c
おまいら、やっぱり甘いよ。

どうしても見るべきなのは

チーム小野寺 Vs. チーム林 だろ。

166 :雪と氷の名無しさん:2006/03/15(水) 19:51:58 ID:+PPF/3rV
 歩 「ゆみえ〜温泉行こ!温泉!」
弓枝「あゆみがオッパイ触るからヤダ」
 歩 「ふぅぇえええええん!!!」
弓枝「もう、わかった、わかった。行こうね温泉」
歩 「グヘヘ〜」

167 :雪と氷の名無しさん:2006/03/15(水) 19:54:04 ID:VaclNqPa
>>126-128
。・゚・(ノД`)・゚・。そうなって欲しい…

168 :雪と氷の名無しさん:2006/03/15(水) 20:09:07 ID:yxipV8BH
>>163ついに続編キター!

169 :雪と氷の名無しさん:2006/03/15(水) 20:16:43 ID:mwjPFRBN
>>164
小野寺&林さんの職場のデスクがテレビで出たけど、小野寺さんの
デスク下にナイキのシューズがおいてあった。上司がこれは小野寺さんの
靴です。っていって出勤してきたら履き替えるそう。FBにあがってる。

察するに私服で登庁(役場勤務)してきてTVでおなじみのジャージに
着替えてカーリング指導&施設保守管理業務に務めるんだと思われ。

170 :雪と氷の名無しさん:2006/03/15(水) 20:21:05 ID:MCUQbLI2
オレのWBCネタが絡んでるやつ書いて欲しい??

171 :雪と氷の名無しさん:2006/03/15(水) 20:23:46 ID:UzDFi8lh
面倒なら書かなくてもいい

172 :雪と氷の名無しさん:2006/03/15(水) 20:25:57 ID:bHctMBpL
>>170
アメリカが八百長したあれか?

173 :雪と氷の名無しさん:2006/03/15(水) 20:31:55 ID:FkDoAvZm
>>170
陵辱モノで無ければどうぞ。

174 :雪と氷の名無しさん:2006/03/15(水) 20:32:00 ID:MCUQbLI2
まぁ、八百長絡ませますが??西岡絡んでますが??何か??

175 :雪と氷の名無しさん:2006/03/15(水) 20:47:12 ID:mGjPhp6s
また雰囲気読めない椰子か…
でも、誰からも相手にされない可哀相な人も
このスレで心洗われて下さい

176 :雪と氷の名無しさん:2006/03/15(水) 20:54:57 ID:MCUQbLI2
まぁ、オレはそこら辺のキモヲタとは違うケドね。

177 :雪と氷の名無しさん:2006/03/15(水) 21:07:03 ID:ISakDAd/
職場の上司は「オノデラ」
カーリングを教わってる高校生は「アユミちゃん」
地元の一般の人は何と読んでいるんだろう。

『シムソンズ』の「ガミさん」と同じく、「デラさん」だったりして。

178 :雪と氷の名無しさん:2006/03/15(水) 21:54:59 ID:FBDWJA09
>>163のつづき

実況席
小林「オッケ〜!」
刈屋「素晴らしいショットを見せました小野寺!この場面で出来る最高のショットをしました。」
小林「今のはウェイトが足りなかったんですけれども、よくスイープしました。
チーム全員の力でのスーパーショットです。」
刈屋「これでスイスはだいぶ厳しくなりましたか?」
小林「そうですね〜、厳しくはなりましたがなんと言ってもスイスのスキップはオットさんですから。
まだわかりません。」
小林氏は思い出していた。四年前のあの日、本橋の家での出来事を。

オット(この一投で全てが決まる。
金メダルを取れるか、取れないか。小林さんと会えるか、会えないか。)

オットが最後の一投を放った。ラインは完璧だった。スイープはいらない。


つづく

179 :雪と氷の名無しさん:2006/03/15(水) 22:00:16 ID:SYvtcoRx
・・・髪の毛オチか

180 :雪と氷の名無しさん:2006/03/15(水) 22:18:57 ID:FBDWJA09
>>178のつづき

実況席
刈屋「さあ、ラインはどうか?」
小林「来てますね〜。」


刈屋「あーっと!スイスのストーンが急に曲がってしまった。」
小林「髪の毛だ!髪の毛が落ちていたんです!」
刈屋「バンクーバーの勝利の女神はチーム青森を抱きしめました!
小林さん?どこに行くんですか?」

小林氏は刈屋氏の声には一切応えず、選手達の元へ走った。

本橋「あ!小林さんだ。小林さ〜ん!」
小野寺「勝ちましたよ〜!」


しかし、小林氏はチーム青森の元へ駆け寄ったのではなかった。

小林「オットさん!」小林氏はオットを抱き締めた。小林氏の目からは大粒の涙が溢れていた。

オット「小林さん?どうしてここに!」
小林「四年前聞いてしまったんですよ。本橋さんの家で、刈屋さんと一緒に。」


実況席
刈屋「小林さんあんなに大きい声で何言ってるんだ〜。
チーム青森の皆に聞かれたら・・・。」
本橋「もう遅いですよ〜。」
刈屋「あっ!マリリン!」
本橋「マリリ〜ンショーット!」
本橋は自分のお尻で刈屋氏にアタックした。
小林「嗚呼、これが本当のマリリンショット。」


つづく

181 :雪と氷の名無しさん:2006/03/15(水) 22:20:37 ID:FBDWJA09
>>179まさか読まれてしまうとはorz

182 :となりの常呂:2006/03/15(水) 22:32:14 ID:HNQDrBIg
第3回 暴露

日本選手権優勝を決めた夜
チーム青森の5人は熱狂のるつぼと化した会場から離れ、歩のアパートにてささやかな宴を催していた。

麻里「あいかわらず狭いアパートですねぇ」
歩「ほっとけw」
弓枝「このぐらいのキャパの方が盛り上がるんだけどね・・・フッ」
歩「(ズキン)」
桜子「珍しいですね弓枝先輩が酔っ払うなんて」
弓枝「別に酔ってなんかないわよぉ。この部屋にいるといろんなことを思い出しちゃうのよ。
   あんなことやこんなこと・・・ねぇ歩?」
歩「(ドキドキ)」
萌絵「何か2人とも変な感じだなぁ」
麻里「そういえば弓枝先輩。この前拾ったって言ってた猫はどうしたんですか?」
歩「!!!」
弓枝「あぁ・・・どこ行っちゃったんだろ。甘えん坊の猫だったから今でもこの近くにいたりして」
歩「も、もうその話はやめにして違う話にしよ。うん」
桜子「何か隠してますね?」
萌絵「怪しい・・・」
麻里「ふぁぁぁ。お腹いっぱいになったら眠くなってきちゃった。」
桜・萌「ちょwww」
麻里「その話はまた明日にしましょ。ちょっと横になりまーす」

横になったとたんグースカ寝息を立て始める麻里。
歩「そうだね明日にしよう明日に」
萌絵「そうは問屋が卸しませんよ。教えてくれるまでここを離れませんから」
歩「弓枝ー。どうしよう?」
弓枝「私は構わないけど」
歩「うーん分かったよ。正直に告白する。実は私・・・」

麻里「ハックショイ」
桜子「もーマリリンったら。お腹出して寝ちゃったりして。歩ちゃん。『布団』は押入れの中?」
歩「布団・・・ふとん・・・フトン・・・弓枝と一緒の布団・・・あんなことこんなこと・・・ニャハ」
弓枝「・・・バカ」
桜・萌「?!?!」
歩「ニャー!」

さっきまでいた歩の姿は消え、かわりに現れたのは何と『猫』だった・・・。

つづく

183 :実況:2006/03/15(水) 23:00:27 ID:FBDWJA09
>>180のつづき

刈屋氏が本橋にマリリンショットを決められている間に、小林氏とオットは会話を進めていた。

オット「話を聞いていたならなんで来たんですか!
私は金メダルを取れなかった!」
小林「金メダルだけが全てじゃありません!あなたは素晴らしい選手になれたら会いたいと言っていた。
充分にその資格はあります。」
オット「でも金メダルが欲しかった・・・。」
オットの目から涙が一粒こぼれた。
小林「オットさん、あなたは運が無かっただけです。
僕にはあなたが金メダル以上に輝いて見えますよ。」
オット「小林さ〜ん!」
オットはそれまで抑えていた感情を爆発させ、号泣した。



小野寺、林、目黒、寺田、戻ってきた本橋は日本から応援に来てくれた人達に手を振った。
小野寺「みんな〜、金メダルだよ〜!」
林「応援してくれてありがと〜!」
目黒「皆さんありがとうございます!」
寺田「萌絵ちゃんwこういう時も敬語なんだねw」
目黒「ははは〜www」
本橋「お腹すいた〜!ピザ食べた〜い。」
寺田「・・・」


つづく

184 :雪と氷の名無しさん:2006/03/15(水) 23:12:34 ID:qfIjnn02
>>165
そんなチームで試合したらどっちが勝っても仲間ほったらかしてスキップ同士でダキダキしっぱなしw

185 :雪と氷の名無しさん:2006/03/15(水) 23:37:17 ID:qsa9LKir

天守閣に向かっていたはずが、疲れて途中で眠ってしまい、「まーりりん、まーりりん」と奇怪な いびき を上げ
その上、若い女子にあるまじき行為 鼻ちょうちん まで、こさえてしまう 麻里おっぱいのかみ。
しかし、その 鼻ちょうちん が、みるみる大きくなり、やがては 麻里おっぱいのかみ の体を ふわり と、持ち上げ
風船のように、風に揺られて アッチにふわふわコッチにふわふわ 空中を緩やかに飛び回り
ライト兄弟以前に、人類初飛行と言う偉業を、鼻ちょうちん により成功させていたと言う事は、本人さえも知らない事実。

戦国大名 歩様 第12話 「炸裂!粉ミルク殺法」

ぱあーーーーーーーん。
どしんッ!
鼻ちょうちん が空中で破裂し、しり餅を付くような形で床に落ちる 翼をもがれたエンジェル 麻里おっぱいのかみ。
麻里「いったーーい・・・??な・・なに?えーと・・・・」
いまいち状況が掴めず混乱気味の 翼をもがれたエンジェル?麻里おっぱいのかみ。
しかし、天守閣に向かっている途中に眠ってしまったのを思い出し、再び階段を上に向かって駆け上がる。
ぼいんぼいんぼいん・・・・
5分後。
ぼい・・・ん、ぼ・・・・いん・・・ぼー・・・いん・・・
バテながらも、しばらく階段を上ってゆくと、階段が少し先に行った所で、終わっているのが見て取れる。
つまり、あそこが天守閣だ。そう思うと 麻里おっぱいのかみ の階段を登る足も自然と軽くなる。
ぼいんッぼいんッぼいんッ・・・・(リズミカルに)
ダンッ
最後の一段を登り終え、勢いよく天守閣に足を踏み入れる 麻里おっぱいのかみ。
麻里「歩ちゃーん!!出て来ーいッ、私といざ尋常に勝ぉーーーーー負!!」
ザッ

186 :雪と氷の名無しさん:2006/03/15(水) 23:38:36 ID:qsa9LKir
麻里おっぱいのかみ の前に一人の人物が現れる。
険しい顔をした、歩様の側近中の側近、弓枝だ。
その手には、麻里おっぱいのかみ と同様の素材で作られた(織り込みチラシ)長い棒が1本。
織り込みチラシを3本を差し込んだりして、繋ぎ合わせ1本の長い槍に見立てたモノだ。
弓枝はソレを豪快に、頭上で振り回し 麻里おっぱいのかみ 向け振り下ろし、鋭く叫ぶ。
弓枝「麻里おっぱいのかみ本橋ッ!!貴様などに歩様は、会わせんッ、このままおとなしく帰るなら良しッ!
    帰らぬと申すなら、この私がッ、たたっ斬ってくれる!!」
ふぁさぁ〜
いきなり、弓枝に向かって、粉ミルクをぶちまける 麻里おっぱいのかみ。
麻里「うるさーい!エラソーに言うなぁー!!」
ふぁさぁ、ふぁさぁ、ふぁさぁ〜。
さらにぶちまける、麻里おっぱいのかみ。
不意を突かれ、粉ミルクに激しく咳き込む弓枝。
弓枝「ゴホッ・・・ゴホッゴホッ・・・ひ・・卑怯だぞッ・・麻里おっぱ・・・おぱ・・ゲホゲホッ」
咳き込む弓枝に利き腕ではない手、つまり左手。お茶とお饅頭があったら、お饅頭を掴む方の手で
懐から取り出した、粉ミルクをさらにぶちまける、そして追い討ちをかけるように空いている利き腕、つまりは右手。
お茶とお饅頭があったら、お饅頭を掴む方の手で、織り込みチラシでバンバン弓絵を叩く。
これぞ、麻里おっぱいのかみ が考案した ぱいおつかいでー流 奥義 粉ミルク殺法。
麻里「わーたーしーはッ、歩ちゃんに用があんのッ!!あんたはお呼びじゃなーい!!」
ふぁさぁ、ふぁさぁ、ふぁさぁ〜、ばんばんばんッ!!
弓枝「ゲホッゲホッ・イっ・・痛ッ・・貴様などに・・イタッ・・・ゴホッゴホッ・・あ・・歩様は会わせんッ!!」
そう叫ぶと弓枝は槍に見立てた、織り込みチラシの長い物を ブンブン 勢いよく回し、粉ミルクの粉塵を吹き飛ばす。
麻里「えぇッ!?う・・・うそッ!??」
自ら考案した ぱいおつかいでー流 奥義 粉ミルク殺法 が破られた事に驚愕する 麻里おっぱいのかみ。
その一瞬を弓枝は逃さなかった。
走る閃光。
麻里おっぱいのかみ の懐から、かわいらしい赤ちゃんの絵が描かれた粉ミルクの缶が弾け飛ぶ。
からんからん・・・・・・・。
無残に床に散らばる、粉ミルク。
粉ミルクを大量にかぶり、若干おばあちゃんみたいな弓枝。
そんな弓枝を見て、笑いを必死に、こらえる 麻里おっぱいのかみ。
相対する2人。

次回「シャラポワ」

一方。その頃、官能小説に夢中になっていた二人はと言うと・・・・・。
ペラ
桜子「・・・・・・・・・」
萌絵「・・・・・・・・・」
5分経過。
桜子「・・・・・・・・・もう次のページ、めくっていい?」
萌絵「・・・・ん・・・もうちょっと。・・・あと3行・・・・・・・うんいいよ、めくって。」
ペラ
2人仲良くまだ、官能小説を読んでいた。

つづく

187 :雪と氷の名無しさん:2006/03/15(水) 23:40:20 ID:qRlQ+6Nt
おっぱいのかみキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!

188 :雪と氷の名無しさん:2006/03/15(水) 23:46:02 ID:SYvtcoRx
まりりんってレフティじゃないの?

189 :雪と氷の名無しさん:2006/03/15(水) 23:48:01 ID:bqooSQh5
ストーンは右手で投げてる

190 :雪と氷の名無しさん:2006/03/15(水) 23:48:33 ID:qJZn31qC
歩様、いつも楽しく読ませてもらってます。


最高です。芥川賞にノミネートしたい

191 :雪と氷の名無しさん:2006/03/15(水) 23:51:26 ID:FBDWJA09
おっぱいのかみ様の人気に嫉妬

192 :雪と氷の名無しさん:2006/03/15(水) 23:55:46 ID:WMJ2dFCb
「おまんこ、おまんこいいのぉーーーーーっ!!!」
歩は赤黒い肉棒に貫かれながら絶叫して身を反り返らせた。
そんな歩のよがり声を耳にしながら、弓枝は男の尻の穴を下を尖らせて舐め続けた。

193 :雪と氷の名無しさん:2006/03/15(水) 23:59:01 ID:s1laGyOX
どっちの手でも結局饅頭www

194 :雪と氷の名無しさん:2006/03/15(水) 23:59:38 ID:qfIjnn02
>>192
よくない

195 :雪と氷の名無しさん:2006/03/16(木) 00:04:13 ID:zpkCUeVq
笑えるエロを頼む

196 :雪と氷の名無しさん:2006/03/16(木) 00:12:19 ID:H6nPIep0
オノデリングスレにあったやつだけど
これはここにも貼らないといかん
http://nanasisan.com/0nanasi/src/up4253.jpg

197 :雪と氷の名無しさん:2006/03/16(木) 00:17:32 ID:OIZAf9CI
>>196補足。以下のシーンです。

107 名前:雪と氷の名無しさん[sage] 投稿日:2006/03/15(水) 22:43:35 ID:O0iZRFvo
デンマーク戦の第10エンドの一投目、ストーンを残せ無いミスショットを
したオノデリングが弓枝たんに「失敗しちゃった」っていって頭を寄せて涙ぐむ姿で
今日も泣いた。。・゚・(ノД`)・゚・。

198 :雪と氷の名無しさん:2006/03/16(木) 00:20:41 ID:kBDz392S
>>197
弓枝「気にしないで!」
歩 「でも負けちゃう・・・・それに・・・弓枝にご褒美もらえない・・・グズン」
弓枝「おいおい!いっしょにお風呂はいったげるから♪」
歩 「グヘヘ・・・」

199 :雪と氷の名無しさん:2006/03/16(木) 00:23:51 ID:OIZAf9CI
ほぼ敗戦が決まってしまったこの場面での、オノデリングを迎える
林さんのこの優しい笑顔。
いったい何なの?あなたは神です。すごすぎるよ、林さん。。。

まぁでも、このスレ的には、>>198なんだろうなぁ

200 :雪と氷の名無しさん:2006/03/16(木) 00:43:40 ID:N9W+e7Wk
某大学で助教授をしている者です。
文化人類学を専攻しています。

小生の専攻分野からしても、なぜ、これだけ多くの人間が
「小野寺と林」という関係に惹かれるのか
大きな興味を持っています。

近く、論文としてこの事象について取り纏めたく思っています。

201 :雪と氷の名無しさん:2006/03/16(木) 01:24:58 ID:FqjXeySj
>>182 待ってました〜。いいですね。
つづきが超気になる。次回も期待してますよ。

202 :雪と氷の名無しさん:2006/03/16(木) 01:40:38 ID:759r6Not
窓辺においた椅子にもたれ 弓枝は夕日みてた
投げやりな別れの気配を 横顔にただよわせ
二人の言葉はあてもなく 過ぎた日々をさまよう
振り向けばドアのすき間から 宵闇が忍びこむ

どんなデリバリーが愛を遠ざけたの 輝きはもどらない 私がいま死んでも



203 : ◆HOwkaSYVuQ :2006/03/16(木) 03:22:14 ID:67i1tOVx
歩は来たるトリノ五輪に向け、心を鬼にしてチームメイトを叱咤激励していた


歩「さくらこっ!今のスウィープ甘すぎるよ!罰として30秒スウィープ20セット!」
歩「もえ!そんなドローじゃカンタンにダブルテイクされるっしょ!コート10周!」
歩「まりりん!テイクは強ければいいってもんじゃないのよ!罰としておやつ抜きね!」
歩「ゆみえ!今のデリバリーは何なの?練習終わったら罰として私の部屋に来なさい!」


204 :雪と氷の名無しさん:2006/03/16(木) 03:43:45 ID:hc7V/dRf
〜前回までのあらすじ〜
もえちゃん、あなたの「萌」も流行語の常連ですよ


青森市内のとある居酒屋チェーン店
弓枝「それでは5人だけの慰労会&祝勝会はじめます、まず乾杯は歩ね」
歩 「エーただいまご紹介にあづかりました、トリノオリンピック日本代表…」
麻里「ながいっ、はやく食べさせろ」
歩 「ゴメンゴメン、では今シーズンもいろいろあったけど最後は優勝ということで、乾杯!」
一同「かんぱーーーい」
弓枝「麻里は呑んじゃだめよ、誰が見てるかわからないから」
麻里「えー、大丈夫だよ」
萌絵「天井にカメラがついてるかもしれないよ」
桜子「それにマスコミじゃなくても2cHKっていう人たちが実況してるかも」
麻里「なにそれ」
桜子「このまえの試合で客席にいたのよスゴイ人たちが、マスコミなんか目じゃないくらいの」
桜子「きょうだったらこんな感じになると思う」

  小野寺ショットダブル
  中生中生左党
  赤葡白鶴黒霧島  

弓枝「とにかく麻里はお酒やめときなさい。そうだよね歩…」
歩 「ふわぁーい無礼講、無礼講 ヒック」
萌絵「先手3三歩成 光速の酔っぱらい」
弓枝「ウォー ウォー みんな相手しちゃだめよ」
歩 「♪スキップスキップ ランランラン ビシッ!! ヒック」


日本一の司令塔・小野寺歩(27)、酒が入ると制御不能な女

バンクーバーまで「あと1428日」

205 :雪と氷の名無しさん:2006/03/16(木) 03:45:41 ID:Lh9MKQuw
>>204
  小野寺ショットダブル
  中生中生左党
  赤葡白鶴黒霧島
  ↑
  ワラタ

206 :雪と氷の名無しさん:2006/03/16(木) 04:21:40 ID:2/9o0KVR
『革命人誕生』
今は2010年の日本選手権直前、バンクーバーでまたしてもメダルを逃したチー
ム青森。しかし林、小野寺が結婚し本橋はストーン5個分の体型となった今で
もチーム青森の人気は日本選手権4連覇を成し遂げたこともあり、かつてと
変わっていなかった。
弓「しかし、日本選手権はまた今年も優勝だね。」
歩「グヘヘそうだね。今年優勝したら5連覇だね。
(優勝したらまたいい事をグヘへ・・・)」
桜「それに長野が解散してからライバルいませんもんね。」
萌「まさか土屋さんが越さんと結婚してスケルトンでバンクーバー出場した
のには驚きましたよね。」
歩「しかも金とっちゃうし(笑)」
麻「よしだー、チョコとコーラーもってこーい!」
桜「園部姉妹もリュージュ二人乗りで銅ですしね。」
弓「長野も解散して正解だよ。カーリングじゃうちらがいる限りオリンピック
さえ出られないんだから。」
麻「よしだー、牛丼大盛とポテトLサイズとアップルパイ、ついでに
シェークも買ってこーい」
その言葉についに吉田は堪忍袋のおがきれた。
吉田はロビンズの4人と一緒にチーム青森のサポートのため青森に進学して
いた。青森の5人と練習するうちに吉田はチームとしては青森に負けるけど
1対1なら絶対に負けないという自信を持っていた。
吉「麻理さん、わたしはあなたのかませ犬じゃないんだー」
歩「ちょっと知那美ちゃん、あと少ししたらうちらのチームに入れてあげる
から今は我慢しなさい。」
吉「いやだー私は青森には入らない。今のチーム青森には非常警報が鳴って
いる。私はロビンズのみんなとオリンピックに行く。」
弓「あっそう。じゃあ勝手にしなさい。でもそのためには私達に勝たなきゃ
いけないわねぇ。確かにあなたは、うちら5人と実力は変わらない。でも残りの
メンバーはどうかしら。明らかに私達とは差があるわね。それでも勝てると
思ってるの!」
林は氷のような冷たい目で吉田を睨んだ。その表情はまさしく試合中のDS林
の顔であった。
吉田は背筋が凍るような恐怖をおぼえたが勇気を振り絞り
吉「林・小野寺の時代は終わった。林・小野寺の後を継ぐのは本橋ではない。
この私だ!これからのカーリング界のど真ん中を突っ走ってやる!」

207 :雪と氷の名無しさん:2006/03/16(木) 05:41:07 ID:SpAKjP4O
小野寺ショットダブル
  中生中生左党
  赤葡白鶴黒霧島
  
         腹痛い!!


208 :雪と氷の名無しさん:2006/03/16(木) 05:55:51 ID:spMEgrT3
>>204
今度うけねらいで使っていい?

209 :雪と氷の名無しさん:2006/03/16(木) 08:42:14 ID:Ywkxv2eh
>>206
長州ですか。

210 :雪と氷の名無しさん:2006/03/16(木) 09:21:34 ID:brCoMeKD
http://www.sponichi.co.jp/hokkaido/news/2005/11/25/images/KFullNormal20051125106_l.jpg

211 :ニュー・フロンティア 1:2006/03/16(木) 10:11:12 ID:7JQjng4b
弓枝「じゃ、消すよ」
歩 「うん」

歩の返事を待って電気を消すと、弓枝は布団に潜り込んだ。

弓枝「今日も忙しかったね」
歩 「うん……」

タオルケットを頭から被ってねているのだろうか、歩の声はくぐもって聞こえ、
その声が弓枝に歩が眠る前に見せた寂しそうな顔を思い出させ、弓枝は少し不安になる。

弓枝が何か声をかけようと歩の方に顔を向けると、歩のか細い声が聞こえてきた。

歩 「……ねぇ、弓枝」
弓枝「なに?」
歩 「…………わたしたち、トリノに行けるかな?」

弓枝の胸に、歩の心細げな声が迫る。

歩 「みんな温かい人ばかりだけど、何にもなくて、一緒にカーリングできる人もいなくて、
   こんなところにいてトリノオリンピックの代表になんてなれるのかな?」

弓枝は何も言えなかった。
弓枝の心の中にも、同じような不安があったからだ。

二人で常呂町から青森に渡って数ヶ月がたつ。
常呂ではオリンピックを目指してカーリングを続けることができず、
カーリングに力を入れている青森で心機一転トリノを目指そうと誓って来たのだが、
現実の青森はカーリングにおいては未開の土地だった。
用具がわずかにあるだけで、今は夏だから使用できないにしても
カーリング施設が作られるはずの青森市スポーツ会館はまだ建設の途中。
二人は公社での雑務を終えた後、市内の体育施設で筋トレをするか、
走り込むことぐらいしかできなかった。
青森の人たち皆温かく、二人をいろいろなところで支えてはくれたが、
今の青森にトリノへの展望を抱かせてくれるものは何もなかった。
トリノどころか、カーリングを続けることすらできないのではないかと、
不安になることもあった。

そんな不安で心が落ち着かないとき、二人はよく仕事やトレーニングの帰りに
建設中のスポーツ会館の工事現場の前に行った。
ここにカーリング施設ができる、冬になればここでカーリングができる。
そのささやか希望だけが、今の二人の心の支えだった。

工事現場に足を運んだ後は、どこかで食事を摂るかちょっとお酒を飲んで別れるのだが、
時にはお互い一人になるのが嫌で、どちらかの部屋に行って眠くなるまで他愛のない話をすることもあった。

今夜もいつものようにテレビを見たりちょっとお酒を飲んで眠るだけのはずだった。
だが、今夜歩の口からこぼれたのは、寂しさを紛らわす軽口ではなく、
歩が今まで決して口にしなかった弱音だった。


212 :ニュー・フロンティア 2:2006/03/16(木) 10:12:22 ID:7JQjng4b
歩 「他のチームなんか、こうしてる間にもどんどん練習してるんだよ。
   それなのにあたしたちは二人だけで基礎的なトレーニングをするだけで……。
   仲間もいないし、こんなんじゃ来年の日本選手権に勝つどころか、
   でることもできないよ……」

歩は途切れがちな声で、いままで必死に抑えてきた思いを吐き出している。
時々しゃくり上げるような音が混じるのは、泣いているからだろうか。

弓枝「歩、二人だけでもトレーニングしていれば、ちゃんと後になって生きるよ。
   それにメンバーだって、会長さんがいい人見つけてくるって言ってるし」
歩 「見つけてくるって言っても、青森じゃほとんどカーリングやったことのない人ばかりなんだよ。
   今から練習するようじゃ、トリノに間に合わないよ。
   あたしたちは、トリノでメダルを取るためにここに来たんだよ」

弓枝は歩のほうに目をやった。暗がりでよく見えなかったが、タオルケットが震えているのが分かった。

弓枝「ね、歩。今日はもう寝よう。歩、疲れてるんだよ。
    ぐっすり眠れば、スッキリするから。ねっ。
    それと、今度のお休みは、また温泉に行こう。
    温泉に入れば、また頑張ろうって気になれるよ」
歩 「もう、頑張れない!!」

歩の魂を切るような叫びに、弓枝は思わず歩の頭に手を伸ばした。
弓枝の手が触れたことで落ち着いたのか、歩の震えは少しずつ治まっていったが、
歩の嗚咽は暗い部屋に流れ続けた。

弓枝は歩のすすり泣く声を聞きながら、まるで幼子をあやすかのように、
歩の頭を優しくなで続けた。

歩 「……常呂に帰りたい」


213 :ニュー・フロンティア 3:2006/03/16(木) 10:13:29 ID:7JQjng4b
どれくらい時間が経っただろう。
歩の嗚咽はいつの間にか治まり、静かな呼吸音だけが聞こえる。
眠ったのかな。そう思った弓枝は歩の頭から手を離した。

歩 「弓枝、まだ起きてる?」
弓枝「歩、まだ寝てなかったの?」
歩 「うん……。ちょっと考え事してた」

歩の言葉に、弓枝は無意識のうちに身構えていた。
何を考えていたんだろう。ひょっとしたら、常呂に帰ると言い出すんじゃないだろうか。
もし歩が常呂に帰ろうと言い出したら、弓枝は止める自信がなかった。
それどころか、自分も一緒に帰ると言ってしまうかもしれない。

歩が身体を動かす気配が伝わってくる。タオルケットから頭を出し、弓枝のほうを見ているようだった。

歩 「ご先祖様のこと考えてたの」
弓枝「ご先祖様?」
歩 「そう」

歩が微かに笑った、ような気がした。

歩 「あたしや弓枝のご先祖様って、ずっと昔に内地から常呂にやってきたんだよね。
   何にもなくて、冬なんかものすごく寒いし海も流氷で閉ざされちゃって……。
   でもそんなところでも頑張って切り開いて、今の常呂を作ってくれたんだよね。
   ものすごく大変だったんだろうなって思ったんだ」
弓枝「そうだね。生まれたときから住んでたあたしたちだって冬はつらいんだから、
   きっと大人になってからところに来た人たちは、もっとつらかったんだろうね。
   家なんかすきま風がいっぱい入って寒くて眠れないこともあったんだろうし」
歩 「そう。でも、逃げ出さずに頑張ったんだよね」

そして歩が弓枝のほうに顔を近づける気配がした。

歩 「ね、弓枝。もうちょっと頑張ってみようよ。
   青森はまだカーリングは未開の土地だけど、あたしたちで頑張って切り開いてみよう。
   年末にはスポーツ会館もできてカーリングができるようになるし。
   誰でもカーリングができるようになれば、たくさんの人がカーリングを楽しんでくれるよ。
   そうすれば、カーリングのうまい人がどんどん出てくるかもしれないし、
   あたしたちみたいに北海道じゃカーリングを続けられない人が青森ならって、
   やって来てくれるかもしれないし」
弓枝「歩……」

弓枝は、弱音を吐いてたのはそっちでしょ、とは言わなかった。
ただ微笑みながら「そうだね、きっとそうなるよ」と優しく答えるだけだった。

相手の顔も見えない暗い部屋の中、二人はただ見つめ合った。
たとえ姿は見えなくても側にいてくれる。
そう思えるだけで充分だった。

弓枝「……歩?」

長い沈黙が続き、弓枝が呼びかけ耳を澄ますと、歩の静かな寝息が聞こえてきた。

(……忙しい子)

弱音を吐いたかと思えば自分で結論を出し、そしてさっきまでの自分を忘れて
弓枝を励ました。

弓枝は暗がりの中で目をこらし歩がちゃんとタオルケットを掛けていることを確認すると、
ゆっくり目を閉じた。

214 :ニュー・フロンティア 4:2006/03/16(木) 10:15:22 ID:7JQjng4b
「弓枝〜、早く起きないと遅刻するよ〜」

耳元で大きな声が聞こえたかと思うと、身体を大きく揺さぶられる。
弓枝が重い瞼をよいしょっと上げると、目の前に歩の晴れ晴れとした笑顔があった。
カーテンも開けられ、眩い朝日が部屋の中を照らしていた。

「ほら、早く起きて起きて。急がないと朝ご飯食べる時間内よ」

そう言って歩は弓枝の前にタオルを差し出した。
弓枝は夕べのことなど忘れたような歩の態度に苦笑を浮かべつつ、
タオルを受け取ると布団から抜け出し時計を見た。

弓枝「うそっ、もうこんな時間!」
歩 「だから早く着替えて、顔洗ってよ。あたしがその間にコーヒー淹れるから」
弓枝「でも、朝ご飯食べてる時間無いよ」
歩 「だ〜め、朝ご飯ちゃんと食べないと身体に悪いんだから。
   その代わり、今朝はジョギングで出勤」
弓枝「食べてすぐ走る方が身体に悪いよ〜」

弓枝は慌てて洗面所に飛び込むと、蛇口をひねって顔を洗い始めた。
冷たい水が頬に心地よく触れる。


215 :雪と氷の名無しさん:2006/03/16(木) 10:51:30 ID:NxZUGjnp
>>204ワロス
最後は
歩「グヘヘ〜」
でオチるように作るとなお吉

216 :実況:2006/03/16(木) 10:53:10 ID:HfwUUJm6
>>183のつづき

試合後、表彰式とインタビューを終えてチーム青森は選手村に戻って来た。

小野寺「みんな〜、私についてきてくれてありがとう!」
本橋「歩ちゃん・・・私、歩ちゃんの指示に何度も反発しちゃった。
ごめんね。」
小野寺「な〜に言ってんの麻里!勝ったんだから気にしなくていいんだよ、そんなこと。」
寺田(麻里、やっぱり気にしてたんだ・・・)
目黒「これで小野寺さんと林さんの夢は叶いましたね!」
林「そうだね〜、みんな本当にありがとう。グスン」
小野寺「弓枝〜」
小野寺が林に抱きついた。

本橋「ま〜た始まったw」
目黒「私達はお邪魔だねw」
寺田「歩ちゃん、弓枝さん!私達でかけてきま〜すwww!」
林「え?どこ行くの?」
小野寺「いいじゃない弓枝〜、二人で楽しもうよ〜。」
林「・・・うん」


第2部へつづく

217 :雪と氷の名無しさん:2006/03/16(木) 11:45:30 ID:H6nPIep0
歩は弓枝のことが大好き
弓枝も歩のことが大好き

218 :雪と氷の名無しさん:2006/03/16(木) 12:10:32 ID:+nGg6lkM
>>216 第2部期待あげ!

219 :雪と氷の名無しさん:2006/03/16(木) 12:12:41 ID:NPbMv6W+
このスレの半分はやさしさでできているな。・゚・(ノД`)・゚・。。

220 :雪と氷の名無しさん:2006/03/16(木) 12:20:58 ID:GMvcG/K6
>>211-214
夜勤明けに泣かさないでくれ〜…もうたまらん…

221 :雪と氷の名無しさん:2006/03/16(木) 12:37:10 ID:5KGXJdIY
>>211->>214
 。・゚・(ノД`)・゚・。ウエエェェン 

222 :雪と氷の名無しさん:2006/03/16(木) 13:17:46 ID:UhcERLgn
前スレ、もう落ちちゃって読めないんですがどうしたらいいんですか?

223 :雪と氷の名無しさん:2006/03/16(木) 13:27:00 ID:HASAulkN
>>222
ほい
ttp://makimo.to/2ch/sports9_wsports/1141/1141621013.html

224 :雪と氷の名無しさん:2006/03/16(木) 13:47:13 ID:UhcERLgn
>>223
マジでありがとうございます!!
やっぱ、ここのスレの住人は優しいわ。・゚・(ノД`)・゚・。

225 :雪と氷の名無しさん:2006/03/16(木) 15:30:23 ID:brCoMeKD
あゆみえは本を書いてくれないかな・・。

林弓枝著  「あゆみ」
小野寺歩著 「ゆみえ」

出版されれば一緒スレの底本になるですよ。
サイン会行くですよ。
本物が出れば2次創作燃えるですよ。
2冊セットの限定版(プチ写真集・あゆみえインタビューDVD付き5250円)とか出すですよ。

226 :雪と氷の名無しさん:2006/03/16(木) 15:40:36 ID:S53PO2KA
一冊で右開き縦書きで”あゆみ”、左開き横書きで”ゆみえ” ちょうど真ん中あたりが写真集になってるようなのがいいな。

227 :雪と氷の名無しさん:2006/03/16(木) 15:44:06 ID:Ywkxv2eh
真ん中は袋とじで…

228 :雪と氷の名無しさん:2006/03/16(木) 16:02:34 ID:Y9B/9cQ0
>>227
GJ!

229 :雪と氷の名無しさん:2006/03/16(木) 16:21:11 ID:tCZaZYa+
寺田桜子著 「まり」
本橋麻里著 「さくらこ」

萌「ちょwww私どうすればww(´・ω・`)カナシス」
スケ越「僕がいるじゃないか!」
萌「スケ越さんww」

230 :雪と氷の名無しさん:2006/03/16(木) 16:24:04 ID:Y9B/9cQ0
かりりんがっかり

231 :雪と氷の名無しさん:2006/03/16(木) 16:27:12 ID:Y9B/9cQ0
さっちゃんは美人だなあ
ttp://bbs.avi.jp/photo.php?kid=303025&wid=4954906

232 :雪と氷の名無しさん:2006/03/16(木) 17:10:59 ID:k//Pg56Q
>>227
折原一みたいだなw

233 :雪と氷の名無しさん:2006/03/16(木) 17:21:05 ID:y8TmuIEB
てことは、トリノの記事かと思わせといてソルトレイクのことだったり、
小野寺ママと林ママについての手記だったりするのか。

234 :実況:2006/03/16(木) 18:09:00 ID:HfwUUJm6
>>216のつづき
第2部
小野寺「やっと二人きりになれたね〜。」
林「う、うん。」
小野寺「心配しないでよ、弓枝の体が目当てじゃないんだから。」
林(あ、そうなんだ。覚悟は出来てたのに・・・。)



刈屋「急いでください!小林さん!」
小林「はぁ、はぁ、待ってくださいよ刈屋さん。
もう若くないんですから。」
刈屋「なに言ってるんですか!オットさんとあんなにアツアツだったくせして。」
小林「いえいえ、あれはその・・・。」
刈屋「ここです、ここです。中には小野寺と林がいますね〜。
あれ?僕のマリリンがいない!」
小林(僕の?)
刈屋「まあ・・・仕方ないですね。実況を始めましょう!」
小林「はい、よろしくお願いします。」


つづく

235 :雪と氷の名無しさん:2006/03/16(木) 18:09:18 ID:ClcmHOeM
トリノ。最終戦に敗れた日の深夜。選手村の宿舎。
電気の点いていない部屋。ベッドの上で膝を抱え、
ジャージのまま、泣いている歩。
シャワーを浴びていた弓枝が着替えも済ませて入ってくる。

弓「…くす」
歩「…いま笑った」
弓「だって、夕方からずうっと泣いてるんだもん」
歩「…悔しいんだよぉ」
弓「…(じっと歩を見つめて、微笑)…楽しかったよ、すごく」
歩「(鼻をグズグズ言わせる)」
弓「今回は…後悔でいっぱいじゃなかった」
歩「…」
弓「ね?」
歩「…マリリンと、萌絵は?」
弓「ぐっすり寝てた(笑)」
歩「…立ち直り早えーよ」
弓「若いふたりには、次がある(笑)」
歩「…」
弓「ん?」
歩「…私たちには?」
弓「…」
歩「次は?」
弓「(微笑)さあ?どうかなぁ」
歩「…結婚する気なんだ」
弓「…(ベッドのそばに立って、しずかに、歩を見下ろす。)」
歩「●●さんと」
弓「…(暗い部屋で、目の奥で青い炎がゆら…と踊る)」

(続く)

236 :雪と氷の名無しさん:2006/03/16(木) 18:15:25 ID:brCoMeKD
>>235
ktkr!
つづきはよはよ

237 :雪と氷の名無しさん:2006/03/16(木) 18:21:56 ID:ClcmHOeM
>>235からの続き

歩「…そうでしょ?」
弓「秋くらいだったかな」
歩「…」
弓「プロポーズされてて…まだ返事してない」
歩「…」
弓「…」
歩「…」
弓「していい?」
歩「(ビクッと肩が震える)」
弓「…いい?」
歩「…なんで?…私に聞くの」
弓「…」
歩「(少し怯えたように見上げる)」
弓「…じゃ、いいんだね」
歩「…」
弓「私ひとりで決めてもいいんだ。そっか」
歩「…」
弓「じゃ、そうするよ」
歩「…メ」
弓「…うん?」
歩「ダメ」

(続く)

238 :雪と氷の名無しさん:2006/03/16(木) 18:40:25 ID:HfwUUJm6
>>234のつづき

刈屋氏と小林氏が実況を始めた頃、目黒は本橋と寺田を見失っていた。
目黒(二人とも、どこ行っちゃったんだろう?)

目黒が5分くらい探すと、小さな公園のベンチに二人を見つけた。
夜であることもあり、周りに人はいない。

目黒(二人ともなにしてるんだろう)


本橋「さっちゃん、いきなり走り出してどうしたの?」
寺田「麻里、あなたに言いたいことがあるの!」
本橋「え?なに?ドキドキ」
寺田「四年前、麻里は私の事を好きだって言ってくれたよね。」
本橋「うん、言ったよ。」
寺田「・・・今は?」
本橋「今も大好き!」
寺田「麻里、変な女だと思われるかもしれないけど、私 麻里のことが好きみたい。」
本橋「え?」(ついに!)
寺田「麻里が萌絵ちゃんと仲良くしてるだけで胸が苦しくて、麻里がコーチと話しているだけでイライラして・・・。」
本橋「さっちゃん・・・。」


目黒「さっちゃん、麻里のことが好きだったんだ・・・。」

その時、目黒の後ろで『ザーッ』となにかで滑るような音が聞こえてきた。

目黒「ま・・・まさか!」


スケ越「ふぅ、着いた着いた。」


つづく

239 :雪と氷の名無しさん:2006/03/16(木) 20:13:47 ID:8zXWmD1l
スケルトンキター

240 :雪と氷の名無しさん:2006/03/16(木) 20:20:10 ID:Iq/CMP0I
この二人絶対一緒に引退してくれなきゃ駄目だよね〜

241 :雪と氷の名無しさん:2006/03/16(木) 20:24:23 ID:OBkPLAOm
スルー&NG登録推奨 ID:Iq/CMP0I



375 :雪と氷の名無しさん :2006/03/16(木) 19:37:48 ID:Iq/CMP0I
小野寺引退だってよ


40 名前:雪と氷の名無しさん :2006/03/16(木) 19:42:29 ID:Iq/CMP0I
市民報告会は小野寺・林は欠席だってよ


20 名前:雪と氷の名無しさん[] 投稿日:2006/03/16(木) 19:48:23 ID:Iq/CMP0I
目黒ってルックスいまいちだからT青森から脱退させられるみたいだよ


392 :雪と氷の名無しさん :2006/03/16(木) 20:01:06 ID:Iq/CMP0I
小野寺はスキップ辞退してほしい。

小野寺がスキップだったから五輪で日本は負け越した。
公務員の身分でスポーツに専念できて寄付でカナダで合宿するくらいなら
せめて決勝トーナメントまでは義務でしょ。

小野寺引退orスキップ辞退がT青森存続の絶対条件だと思います。


395 :雪と氷の名無しさん :2006/03/16(木) 20:03:11 ID:Iq/CMP0I
>>394
違う。
右の二人はカシオペアの人


399 :雪と氷の名無しさん :2006/03/16(木) 20:08:44 ID:Iq/CMP0I
>>397
はぁ?死ねよカスがよー

242 :雪と氷の名無しさん:2006/03/16(木) 20:26:13 ID:Iq/CMP0I
>>241
もっと集めてくれ!

243 :雪と氷の名無しさん:2006/03/16(木) 21:50:36 ID:5p44Rlj5
>>1-1000
ネタならこっちでやってくれ
http://sports9.2ch.net/test/read.cgi/wsports/1142509947/l50

244 :雪と氷の名無しさん:2006/03/16(木) 22:20:17 ID:759r6Not
>>211-214
あんたが書かなきゃ俺は死ぬ。。・゚・(ノД`)・゚・。

245 :雪と氷の名無しさん:2006/03/16(木) 22:42:04 ID:HfwUUJm6
時代は感動系にあるな。
メモしておこう。

246 :雪と氷の名無しさん:2006/03/16(木) 22:47:00 ID:xsS2jDcJ
そのうち最優秀賞とか優秀賞とか決めたくない?感動部門とか笑い部門とか。

247 :雪と氷の名無しさん:2006/03/16(木) 22:51:41 ID:Iq/CMP0I
>>246
いや別に・・・・

248 :雪と氷の名無しさん:2006/03/16(木) 22:53:41 ID:sXIO4m+d
>>237の続きまだですか・・

249 :雪と氷の名無しさん:2006/03/16(木) 22:58:30 ID:3Z5swYBJ
あまり神にプレッシャーかけるのイクナイ。
じっくり文章練ってるんだし・・・

250 :雪と氷の名無しさん:2006/03/16(木) 23:00:59 ID:sXIO4m+d
すみません早く続き読みたくて・・
気長に待ちます〜

251 :雪と氷の名無しさん:2006/03/16(木) 23:16:07 ID:zRdYBDO1
職人の為にもメディアはネタを振りまいてくれないとな。
そういえばここで小栗さんの存在をまだ見てないな。
プレイボーイだとファンキーな人になってたw

252 :雪と氷の名無しさん:2006/03/16(木) 23:16:47 ID:8okr9q6u

歩歩歩歩歩歩歩歩歩
  麻      萌
佳知刈桜弓朋越土園

253 :雪と氷の名無しさん:2006/03/16(木) 23:31:34 ID:m84LPbwu
>>252
なんですか、そのカーラー将棋はwww

254 :雪と氷の名無しさん:2006/03/16(木) 23:34:21 ID:LcmeJSA2
氷上のチェス☆カーリング
http://game9.2ch.net/test/read.cgi/bgame/1140276691/

255 :雪と氷の名無しさん:2006/03/16(木) 23:34:48 ID:Dic372R7
戦国大名 歩様 の大ファンです。
麻里おっぱいのかみ がどんなふうに戦うのかワクテカで待ってます。


256 :雪と氷の名無しさん:2006/03/16(木) 23:47:02 ID:58mXqVlU
歩様とおっぱいのかみの直接対決はどうなるんだろうね。
歩様は戦う気ぜんぜんなさそうだし。

257 :雪と氷の名無しさん:2006/03/17(金) 00:12:27 ID:IGVkzyHk
今日の最高傑作はこれだな

580 :雪と氷の名無しさん :2006/03/16(木) 22:49:19 ID:sXIO4m+d
http://nanasisan.com/0nanasi/src/up4265.jpg

俺何やってんだ・・ホントごめん吊ってくる

258 :雪と氷の名無しさん:2006/03/17(金) 00:32:57 ID:CzabrRft
〜前回までのあらすじ〜
壁に耳あり、障子に目あり、今シーズンはもうおわり


静かなスポーツ会館にストーンの音が響く
課長 「さっちゃん、やってるね」
桜子 「カチョ〜、こんにちわ」
課長 「いまさらだけど優勝おめでとう」
桜子 「ありがとうございます」
課長 「みんな休みなのにひとりで練習かい」
桜子 「わたしのバンクーバーはもう始まってますから」
課長 「それは気合が入ってるな」
桜子 「トリノも全日本も嬉しさはあっても、わたしの場合は悔しさがそれ以上でした」
課長 「うん」
桜子 「いろいろ「今日もお休み」とか「思いで出場」だとか言われちゃってますからね」
課長 「そうか」
桜子 「この前いってもらったようにチャンスが来るのを信じてやってみます」
課長 「うんうん」

桜子 「ところで、カチョ〜は「ソラチコザクラ」って知ってますか」
課長 「それって、さっちゃんと萌絵ちゃんの元いたチームじゃ?」
桜子 「はいジュニア時代のチーム名なんですが、その名前って花の名前からとったんですよ」
課長 「ほーそれは知らなかったな」
桜子 「北海道でも限られた地域にしか咲いてないらしい珍しい花なんです」
課長 「ソラチコザクラか、ソラチはやっぱり空知なのかな」
桜子 「そうですね、でもどんどん数が減っててゼツメツなんとかになってるとか」
課長 「絶滅危惧種ってやつかな」
桜子 「そうですそうです」
課長 「それはちょっと残念な」
桜子 「でね、「空知こざくら」は解散してもうないし「ソラチコザクラ」もそんなだけど」
桜子 「ぜったいに「テラダサクラコ」はね、大きく花を開かせてみせますから」
課長 「うん」
桜子 「まだまだツボミですけど、4年後は満開ですからカチョ〜も見に来てくださいよ」
課長 「もちろん、楽しみにしてるよさっちゃん」
桜子 「はいっ」



バンクーバーまで「あと1427日」

259 :雪と氷の名無しさん:2006/03/17(金) 00:38:44 ID:cxxvDc8W
さっちゃんがんばれ!

260 :雪と氷の名無しさん:2006/03/17(金) 00:39:46 ID:QgtX9njb
>>258
さっちゃんスレもちゃんとチェックしてるのか
ソラチコザクラが即刻取り入れられてて感心した

261 :ある旅行者のノートから:2006/03/17(金) 00:59:02 ID:32wAPqd4
>>211-214のおまけ(みたいなもの)

かねてから念願だった鈍行列車で北海道を回る旅に出たのは、日韓ワールドカップの余韻が収まりかけていたころだった。

その日は日中富良野を見て回り、夕方の列車で帯広に向かう。
列車は学校帰りの高校生がポツポツと乗っているだけで、静かなものだった。
同じ時間帯なのに、帰宅ラッシュの東京の電車からははるかに遠い風景がここにはあった。

日が落ちるにつれて緑の山並みがシルエットに溶けていく様子を眺めていると、
隣のボックスシートからの話し声が聞こえてきた。さりげなく見ると、女子高生が
二人で座っていた。大自然の中を走るローカル列車の窓辺にふさわしい、
素朴でかわいらしい二人だった。

「ねえ、この前の模試で第一志望、どこにした?」
「一応北大。さっちゃんは?」
「あたしも北大。でも、まだ迷ってるから、とりあえず書いた、ってところなんだけど」
「あ、あたしも同じ。でも、ホント、どうしよう。行けるんだったら北大でもいいかなと思うんだけど、
 札幌じゃカーリング続けられないでしょ」
「カーリングはできるでしょ。でも、なんか妹背牛まで行かないといけないから、
 本格的に続けるのはちょっと難しいみたい」
「そこなのよ。せっかくここまでやってきたんだから、やっぱりオリンピック行きたいし」

私はおっ、と思った。素朴な田舎の女子高生の口から「オリンピックに行きたい」という言葉が
聞けるとは思えなかったからだ。もっとも、ここは北海道だからこんな田舎でも
ウィンタースポーツでオリンピックを目指す人がいてもおかしくはないだろう。
それにしても、カーリングか。ソルトレークシティーオリンピックが終わってまだ半年も経っていず、
一応夜更かししながら観戦していたはずだったが、カーリングという競技は名前は知っていても
どんな競技だったかほとんど記憶が無かった。

「そうだよね。なんたってシムソンズに勝ったこともあるんだから、頑張ればオリンピック
 行けるかもしれないよね。でも、どうすればいいかな?
 カーリングが本格的に練習できて、大学がある街なんてあるのかな?」
「いっそのこと、北見に行く? あそこなら常呂町も近いし」
「え〜、北見工大? あたしたち文系だよ」
「やっぱりダメだよね」
「……、あ、そうだ。青森はどう?」
「青森?」
「そう。この前会長さんから聞いたんだけど、青森がカーリングに力を入れるだって。
 本格的な施設を作って、選手も集めようって計画があるらしいよ」
「青森か……。青森なら弘前大とかあるし、勉強するのもよさそうだね」
「ちょっと調べてみようよ。もし本当なら、大学行きながらオリンピック目指せるかもよ」
「そうだね。会長さんに詳しく聞いてみよう」
「うん……。あ、もうすぐ着くよ」

そして列車がホームに止まったところで、彼女たちは席を立った。
私は反対側の車窓を覗くフリをして、彼女たちの顔をさりげなく見る。
果たして彼女たちが念願叶ってカーリングとかいう競技でオリンピック代表になれるのか、
顔を憶えておこうと思ったのだ。

列車は彼女たちを降ろして、再び動き出す。
私は車窓に流れる大自然に目を戻しながら、こんなところで育った子がオリンピックに出たら
面白いだろうな、と思い、さっきまで隣の席にいた彼女たちの面影に向かって
ささやかな声援を送った。

262 :雪と氷の名無しさん:2006/03/17(金) 01:05:30 ID:mTEtQPEP
>>261
サイドストーリーktkr

263 :雪と氷の名無しさん:2006/03/17(金) 01:11:37 ID:EEPmP8re
>>261
おまけとは思えないような濃い内容…
読みいってしまいました。

264 :雪と氷の名無しさん:2006/03/17(金) 01:45:11 ID:BfTcD0ZA
「やっぱ、アユミックス(小野寺選手)だね。叱って欲しい」

こいつ、にわかファンだな。全然わかっていない。




歩が弓枝に叱って欲しいんだよ

265 :雪と氷の名無しさん:2006/03/17(金) 01:49:28 ID:WCG6GMMG
桜子「『歩、一緒に寝よっ』」
歩 「ぐへへw」
麻里「おっ、2へえ。まだまだだね。」
桜子「むぅ…じゃあ次麻里ちゃん」
麻里「『あゆみぃん♪早くしてぇん♪』」
歩 「…」
桜子「はい0へえw麻里ちゃん全然ダメだよ、弓枝ちゃんはそんな言い方しないってw」
麻里「ちぇっ」
萌絵「『歩、…続けて』」
歩 「ぐへへへへへw」
麻里「わっ、5へえ!」
桜子「萌絵ちゃん色っぽ〜い、どこでそんなの覚えたの?」
萌絵「へへ…」
弓枝「ちょっとちょっと、何やってんのよあなたたち、歩で遊ばないの!」
麻里「だって面白いんだもんw」
弓枝「…それにあたし達そんなんじゃないって言ってるでしょう?
もう、歩もぐへぐへ言わないの。
…早くこっちおいで」
歩 「ぐへへへへへへへへへへwwww」
桜子「10へえ…サスガだw」
萌絵「…(ちょっと悔しい」


266 : ◆TvMadoMocc :2006/03/17(金) 01:50:36 ID:ZJbekJ4u
>>265
 ワロタ!

267 : ◆HOwkaSYVuQ :2006/03/17(金) 01:52:01 ID:CEv02ocR
小松未歩「BEAUTIFUL LIFE」 *1999年やじうまワイドテーマソング

♪出逢った日を今思うと 不可思議
 未熟すぎる二人は何でもできると
 愛する気持ちがただ強くしてくれるの
 そのうちそのチカラが 運命へと向かわせる
 間違ったことしたら どうぞ ちゃんと叱ってねあなたから
 この手の届くとこに きっと ずっと いてくれるね
 これから先 何があっても 二人は一つだから

268 :雪と氷の名無しさん:2006/03/17(金) 01:55:07 ID:hYouD9Ld
どなたか久々に歩・弓(またはチーム青森で)の一緒のお布団編〜ねごとの巻〜綴ってもらえませんか?

269 :雪と氷の名無しさん:2006/03/17(金) 01:56:05 ID:2DR39tTL
>>256
少しオノデリングの精神状態が心配だw

270 :雪と氷の名無しさん:2006/03/17(金) 02:03:21 ID:XDypCZpL
カウントダウン神様は完全に脚本家になっている

271 :雪と氷の名無しさん:2006/03/17(金) 02:05:55 ID:EEPmP8re
もう寝なきゃならんのだが…
戦国大名歩様はまだか(´・ω・`)

272 :雪と氷の名無しさん:2006/03/17(金) 02:12:17 ID:CEv02ocR
中学校時代の歩と弓枝
カーリング教室の先生「弓枝、今日はどうやって学校に来たの?」
弓枝「歩と徒歩で」
先生「歩と徒歩?」
弓枝「そうです」

カーリング教室の先生は当時なぜだか妙な考え事をするようになった
とっても別段深刻なものではなく、むしろどうでもいいような内容のお話を
一人でボケて一人でつっこみたくなる、そんな精神状況に陥っていた
(歩と徒歩→歩とと歩→将棋の「歩」の裏は「と」→表裏裏表→弓枝もなかなかやるのう。ニヤリ)

もちろん弓枝は何も考えずにただ正直に答えただけなのだが、目の前で考え事をしながらニヤついている先生が怖くなり、
今でもトラウマになっている
トラウマは自己防御本能が生み出した副産物ともいえるが、
それは同時に弓枝の中のDS精神をも作り出すこととなった
1993年、弓枝14歳の冬の出来事であった

273 :雪と氷の名無しさん:2006/03/17(金) 02:24:49 ID:weaIcZgZ
>>265
大好きだ

274 :雪と氷の名無しさん:2006/03/17(金) 02:25:39 ID:9MK0Q/nL
267
ちょっと聞きたいから入ってるアルバムのタイトル教えて!!

275 : ◆HOwkaSYVuQ :2006/03/17(金) 02:33:32 ID:CEv02ocR
>>274
ttp://www.miho-komatsu.com/menu/discography.html
3rdアルバムなんだけど試聴できるお
試聴部分は2番のサビだけだった

♪わたしが先に目覚め キスのシャワーで起こす毎日なら
 ジグザグにくねる道も 強く生きる 二人のため
 おはようから おやすみ言うまで いろんなあなたで犇(ひしめ)く

276 :雪と氷の名無しさん:2006/03/17(金) 02:37:45 ID:BnImiTag
>>275
スレ違いだからやめてくれ。音楽ネタはよそに行ってくれ

277 :雪と氷の名無しさん:2006/03/17(金) 02:40:27 ID:9MK0Q/nL
275
OK!!ありがと。つか、スレ違いじゃないよね??

278 :雪と氷の名無しさん:2006/03/17(金) 03:06:19 ID:mTEtQPEP
日本選手権の喧騒が静まり、一時のカーリング熱も嘘のようにおさまったころ、
歩は、会社とアパートの途中にある和風創作居酒屋『はなしたい』の
カウンター席一番隅で晩酌していた。隣にいつもいるはずの弓枝の姿は無い。

日本選手権が終わってからこっち、いろいろなメディア媒体をチェックしていて歩は思った。
「あたしは弓枝を頼りすぎている!」
なにもかも弓枝頼りだ・・・・。弓枝は「カーリング以外は」なんて言ってるけど、
試合中にいつも励ましの一言をくれるからなんとか頑張れるのだ。私生活では
言わずもがな・・・・・。弓枝だって一人になりたいときはあるだろうし、
あたしが四六時中一緒にいちゃ、できる人だってできやしない・・・。

だから、選手権後にはじめてとれた長期休暇は弓枝一人で旅行させることにした。
弓枝「え?どうして?歩はいかないの?」
歩「いいからいいから。たまには一人旅してきなって。トリノを目指してからずーっと
一人になったことなんてなかったんだからさ。」
弓枝「・・・・歩はどうすんの?」
歩「あたし?あたしは・・あたしもほら、一人でぶらーっと旅したいなぁ、なんてね。」
弓枝「ふぅん。。。。」
歩「・・・あっ、それに、いい人いたら、一緒に行ってきてもいいしさ。」
弓枝「やだ、なにそれ?」
歩「でへへ・・・・。まぁ、とりあえず行ってきなよ。ね?」
弓枝「歩がそこまで言うなら・・・・行ってこよっかな!」

こうして弓枝は今日の業務を早退して、秋保温泉に旅立っていったのだ。
歩の頬は赤らんでいる。目も座っている。
歩「・・・そこで素直に『行ってこよっかな!』なんてあり?ヒック」
歩の目の前にはお銚子が三本空いている。
歩「『歩と一緒にいきたい温泉がある』って言ってたのすっかりわすれてんじゃん ヒック」
空のお銚子を振ってももう酒は出てこない。
歩「・・・・でへへ・・それじゃいけないんだよ、歩さん!ゥヒック!弓枝は弓枝、
  あたしはあたし。いいんですよ?誰と行ったって。ヒック!」
歩はもつれた足でリュックを背負い、勘定を済ませて店を出た。
客1「おい、いま出てったの、カーリングの小野寺とかいう子じゃないか?」
客2「まさか。いくらなんでもジャージで居酒屋こないだろ。」

279 :雪と氷の名無しさん:2006/03/17(金) 03:07:53 ID:mTEtQPEP
歩「うひ〜・・寒いな。。。。」
この季節、春だなんだと騒いでいるのは本州の下のほうだけだ。青森はまだまだ寒い。
右に左に少しふらつきながら、歩はアパートへ向かって歩く。アパートは3DKで、
歩と弓枝の部屋が一つずつに共同の居間がある。
歩「だいたい秋保はあたしと・・・ヒック」
青いジャージにリュックを背負った歩を月が照らす。
歩「でもまぁ、覚悟はしとかないといけないんだよね。それが今来たって思えばいいか・・・ヒック」
そう自分に言い聞かせて歩は立ち止まった。涙が出そうになるのを下唇を噛んで堪える。
そしてまた歩き出す。
歩「意地でも泣かないぞ・・・泣いたって弓枝はいないんだ。あたしはいつまでも頼ってちゃ、
  弓枝がかわいそうなんだ・・・・」
歩は涙を堪えようとすればするほど早足になった。
独りぼっちのアパートになんて帰りたくないのに、涙を流すまいと思えば思うほど足は進む。
歩「そうだ!どんな宿に泊まったんだろう!」
歩は携帯を取り出した。しかしすぐにポケットにしまう。
歩「こんなんじゃ駄目じゃん!もう!・・・・でもメールくらいくれたっていいと思うよ・・・。
  弓枝ってあれで案外冷たいのかもね・・・」
ちょっと弓枝を悪く思えば、気が紛れるかもと思った。
アパートの階段をトボトボとあがる歩。
歩「ゴミ出し、洗濯、洗物、買い物・・・嫌だなぁ。できっかなぁ・・・。
  あ〜・・それよか、部屋の掃除しなきゃだよ・・・」
・・・ギイーッ・・・
誰もいない部屋に響く、ドアを開ける音。
歩「ただいまーっ!」
歩は思いっきり声を出してみた。


280 :雪と氷の名無しさん:2006/03/17(金) 03:09:26 ID:mTEtQPEP
・・・・・
歩「・・・いるわきゃ〜ない。」
廊下の電気をつけ歩は自分の部屋へ入る。
向かいの弓枝の部屋はもちろん真っ暗だ。
部屋の明かりをつけると、なぜか綺麗に整頓してあった。呆然とする歩。
歩「弓枝が・・弓枝がしていってくれたんだ・・・」
歩は半べそをかきながら、居間に向かう。居間の電気をつける。
洗濯物や、食べかけのお菓子、雑誌、ゲーム類がまとめられている。
歩はその場に座り込んだ。そして、溢れかけていた涙が堰を切ったように流れ出した。
歩「一人じゃだめだよぅ・・・あたしひろひじゃ・・・グヒッ」
歩はカーペットに突っ伏して泣いた。
歩「いつか秋保はあたしと一緒に行くっていってたじゃんよ〜。トリノでメダルとって、
  一番いい宿泊ろうねって約束してたじゃん・・・」

弓枝「だから、行って無いよ。メダル取れなかったから。」
歩「はへ?」
歩が顔をあげると、そこには弓枝が立っていた。歩は声にならず、また泣き始める。
弓枝「ほらほら、遅いんだから静かにして。」
弓枝は歩の横に座り、歩を抱きしめる。されるがままに抱きつく歩。
歩は弓枝の胸の中で泣いている。
歩「・・・ヒック・・馬鹿・・行ってきなって言ったにょに・・・なんっ、なんでいるのよ・・・」
酒と泣きすぎで呂律が回らない歩。
弓枝「でも一緒に行くって約束してたもんね?」
弓枝は歩の髪の毛を優しく撫でる。
歩「してっ・・してなひよぅ・・・そんなのっ・・・グヒン」
弓枝「じゃあ、行っておけばよかったの?」
弓枝はからかうような顔をして、歩の顔を覗き込む。
歩は顔を見られないようにして、返事の変わりに弓枝を抱きしめている手を強める。
歩「ばかぁ・・・もう。。。ばか・・」
弓枝「ふふっ・・・。わたしだって、歩と一緒じゃないと駄目な人だよ。」
歩はそっと顔をあげる。泣き腫らして目が真っ赤だ。じっと弓枝を見つめる。
弓枝も静かに歩を見つめる。二人の瞳にそれぞれの顔が輝く・・・。
歩「じゃあ・・・・・・オッパイ?」
弓枝「・・・・今晩だけね。」
歩「じっ、じかに?」
弓枝「調子にのらないの」
歩「ニャン」

<おわり>

281 :雪と氷の名無しさん:2006/03/17(金) 03:12:41 ID:jB6t9EhD


282 :雪と氷の名無しさん:2006/03/17(金) 03:54:06 ID:xmdqNh6i
涙涙涙涙涙涙・・・・最後 笑

283 :雪と氷の名無しさん:2006/03/17(金) 04:34:57 ID:i31NUgat
とりあえず>>182の続きが気になって眠れない、とだけ言っておく。

284 :雪と氷の名無しさん:2006/03/17(金) 04:48:41 ID:a09IW56v
>>278-280
。・゚・(ノД`)・゚・。
4年後には二人が一緒に一の坊に泊まれてますように(-人-)

285 :雪と氷の名無しさん:2006/03/17(金) 05:22:54 ID:mzKqCTh/
//ameblo.jp/cafemocha/entry-10010011028.html
スケ越さんと、愛子のカーリング参加キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!



286 :雪と氷の名無しさん:2006/03/17(金) 08:03:25 ID:o6h37gzy
>>478
泣いた。

287 :雪と氷の名無しさん:2006/03/17(金) 08:24:00 ID:RzQVdakZ
>>278-280
朝から泣いた〜〜〜GJ!GJ!

288 :雪と氷の名無しさん:2006/03/17(金) 08:30:32 ID:AT/cF6Ez
>>278-280
ヨカタヨ〜
>>286
ほんとだな?

289 :雪と氷の名無しさん:2006/03/17(金) 08:32:54 ID:1oTD9/mD
月収12万と連呼されているけれど
歩と弓枝が一緒なら24万じゃん、まあ余裕じゃね?と考える俺がいた

290 :雪と氷の名無しさん:2006/03/17(金) 08:43:50 ID:qDZNcCM9
>>478が今から楽しみで仕方がない件について

291 :雪と氷の名無しさん:2006/03/17(金) 09:02:53 ID:cddJMN0k
>>278
居酒屋『はしたない』と読んで良からぬ想像した(;*´Д`*)アァーン

292 :雪と氷の名無しさん:2006/03/17(金) 09:36:52 ID:Sc5vRGnK
>>237のつづき

弓「…なんで?」
歩「…え」
弓「なんで、ダメって言うの?」
歩「(ベッドの上、ジャージ姿で膝を抱えたまま、伺うように弓枝を見上げる)」
弓「…どうして?」
歩「…どうしてってさ…」
弓「…歩は、いつもそう」
歩「…え?」
弓「私なら、なんでも許すと思ってるよね」
歩「…弓枝、ちょっと、こわいょ…」
弓「こわくしてるの」
歩「…」
弓「…はっきりさせたくなってきた」
歩「…なに?」
弓「わたしたちのこと」

(続く)

293 :雪と氷の名無しさん:2006/03/17(金) 10:15:04 ID:c2hPMu+R
小野寺さんと林さんが一緒じゃないと駄目な人専用 まとめサイト作りました

http://home.c05.itscom.net/onohaya/index.htm

現在スレ2までの作品を掲載してます
スレ3以降の作品も徐々にうPする予定

294 :雪と氷の名無しさん:2006/03/17(金) 10:17:12 ID:USmA2Lou
>>293
激しくGJです!!!!<(_ _)>

295 :雪と氷の名無しさん:2006/03/17(金) 10:20:43 ID:vhRL6+5u
>>293
うはw  超GJ!!

296 :雪と氷の名無しさん:2006/03/17(金) 10:27:13 ID:mN6bsvH3
>>293
スーパーGJ!!!(TДT)貴殿にあゆみえの御加護がありますように

297 :雪と氷の名無しさん:2006/03/17(金) 10:28:48 ID:pu7X9fKD
桜「荷物の整理、全然出来てないや」
萌「トリノから帰ってきて忙しかったからね」
桜「取材があって選手権があって…」
萌「あ、これもらったの忘れてた」
桜「なにそのボール?」
萌「村主さんにもらったの」
桜「客席に投げてたボール?」
萌「そうそう、すっかり忘れてた」
桜「中に何が入ってるんだろ?」
萌「何だろうね」
桜「ボールの中に小さい村主さんが入ってたりしてね(笑」
萌「小さい村主さんがスピンしてたりして(笑」
桜「いやいや、小さい村主さんがイナバウアーの練習してる(笑」
萌「こわい〜(笑」
桜「ありえね〜(笑」
萌「開けてみよう」ぱかっ

萌「ぎゃあああああああああふぁktyろういyxzc」
桜「いああああああああえfdがkぁおmふぁじぇうあ」


歩「萌絵と桜子が寝込んだって?」
麻「小さいなんとかが…ってブツブツ言ってたよ」
弓「たいぶ疲れてるみたいだね。そうそう、これ村主さんからもらったの忘れてた」
歩「お、ボールだ」
麻「開けてみようよ」
弓「うん」

END


298 :286:2006/03/17(金) 10:34:29 ID:o6h37gzy
何言われてんのかわからなかった(´・∀・`)
寝呆けてた上に感動したからだw
>>478じゃなくて>>278でした。
ジャージで一人居酒屋(*´д`*)

299 :雪と氷の名無しさん:2006/03/17(金) 10:35:01 ID:qDZNcCM9
>>293自分の作品続けて読むと恥ずかしくなってくるwww

300 :雪と氷の名無しさん:2006/03/17(金) 10:35:39 ID:/hsO3OEe
>>293
お疲れさまです。

>>297
開けるな!林さん開けちゃいかーん。

301 :雪と氷の名無しさん:2006/03/17(金) 11:00:24 ID:X4S33oRJ
小野寺と林はカーリングにおけるスタイルが違いそう。
小野寺は敦賀みたく、ストイックな競技者。
林はあくまでも小野寺の付き添い。
林は引退しても、小野寺は競技続けてそう。

302 :雪と氷の名無しさん:2006/03/17(金) 11:02:18 ID:0J6l/MDk
>>293
GJ!(・∀・)b

303 :雪と氷の名無しさん:2006/03/17(金) 11:04:20 ID:o6h37gzy
>>293
GJGJGJGJGJGJ!!!
仕事中にもかかわらず目が離せねぇ(笑)
創作陣、あんたらみんなスゴス。どんな頭ン中してんだwwwwww

ふと思ったんだが、創作陣の中に女性っていないのかな!?
それはそれである意味スゴス&キモス

304 :雪と氷の名無しさん:2006/03/17(金) 12:25:35 ID:mzKqCTh/
後半?というか最近は女性が多いような気がする。なんとなく文体で

しかしまとめサイト、乙だけど、ふつうにHTML編集でうpするの大変だよ?

305 :雪と氷の名無しさん:2006/03/17(金) 13:06:07 ID:cxxvDc8W
林さんの台詞のところ読んでると
脳内に林さんの声が聞こえてくるおれは初期

306 :雪と氷の名無しさん:2006/03/17(金) 13:44:20 ID:FK8mdEfr
>>293
禿GJ
>>297
新たなパターンだなw

307 :雪と氷の名無しさん:2006/03/17(金) 14:07:24 ID:rA3S5pdX
>>293
ウルトラ乙&GJ! 『岡崎主将初登場』と『てれびあ●ひ』をまとめてくれてありがと。
でも>>299さんも書いてるけど、自分の作品ぶっ続けで読むと自分の妄想具合に脱帽www

308 :雪と氷の名無しさん:2006/03/17(金) 14:28:44 ID:QXkPuAnF
>>293
おいおい、余計なことすんなよ!
そんなことしたら・・・









涙が出ちゃうじゃないか・゚・(ノД`)・゚・
マジでGJ!

309 :雪と氷の名無しさん:2006/03/17(金) 14:48:08 ID:nhNbLzp9
>>293GJ!
今読んでて気づいたけど、刈屋小林実況の一話目は書いてる人違うんでないかい?

310 :雪と氷の名無しさん:2006/03/17(金) 15:30:13 ID:FK8mdEfr
>>293を見てたけど、雌豹ってあったなw
カウントダウンの人、0日まで行ったら神だな

311 :雪と氷の名無しさん:2006/03/17(金) 16:12:55 ID:TWWw2UOl
全日本選手権が終りやれやれ一息つこうと思っていた矢先に、歩は風邪をこじらせてしまった。
歩「・・・ん・やばい・・きょうは練習再開初日だっていうのに・・ゲホッ・ゴホッ・・ゼエゼエ」
 「・・みんなに連絡いれなきゃ・・で・でも動けない・」歩は布団から這い出ようとするのだが、身体がいうことをきかない。
 歩は上気した頬に手をあてながら昨日は居酒屋で泥酔し雨降る中、傘もささずにアパートに帰ってそのまま寝てしまったことを思い出した。しだいに歩の意識はまた朦朧としていった・・

 目を覚ますとすぐそばで聞き慣れたやさしい声が聞こえる。
?「・・・うん・・・そういうことだから・・そう・・じゃ萌絵ちゃんよろしくね・・」果たして、声の主は弓枝その人であった。
弓「あ、起きた?」と受話器をおいてぽかんと口を開けている歩のそばに近寄る。
歩「・・弓枝?・・私のこと・・心配してくれて・・来てくれたの?」
弓「そうよ、スキップが風邪で倒れたりしたらほっておけないでしょう」弓枝は歩のおでこにそっとタオルを置いた。
歩「・・そう・・ありがとうね・・わざわざ・・でもアイスの中だけだもんね・・わたしがいないと・・だめなのは・・」
弓「なーにいってんの〜たまにはスキップ小野寺はお休みしててもらってていいの」
歩「・・ふぇぇ・・うれしいよぅ・・弓枝にそういってもらえて・・」と歩は顔をあげて自分の両手で弓枝のうでを掴んだ。
弓「ちょっ、そこおっぱいだってば!はいはい、喜んでもらえて私も嬉しいからも少しゆっくり休んでな・・今日はもう何にもしなくていいから」
歩「・・ぐへへ・・じゃあお言葉に甘えて・・今日はねこになっちゃおうかなぁ〜?だめ?」
弓「えー、歩がねこになっちゃうと更に手間かかっちゃうんだよなあwんーでも可愛い妹が風邪なら仕方ないか。私に出来ることなら何でもいって」お互いどちらか一方でも欠ければ自分という存在を見失う。二人ともよくわかっていた。

歩「・・7度に下がってる・・ふうー大分よくなってきたみたい、弓枝のおかげだよ」
弓「そういってもらえてうれしいかな」少しはにかみながら、弓枝は言った。弓枝は歩のためにお粥を作り、肌をさすような冷たい風が吹く中、薬を買ってきて手厚く看病していたのだった。
歩「なんにも動けなくて・・ほんとひとりだったら・・いまごろ・・・グスン・うえっ・ひくっ・・」急に歩の目から涙が溢れ出した。
弓「(よしよしと歩の顔を優しく撫でながら)なあに、泣いてんのよ、困ったときはお互い様でしょ。それに今日のねこはわがままいわずにおとなしくっていいねこだったよ!」
歩「そう?・・ほんとに?ありがとう・・・えへへ」
弓「うん。あ、そうそうみんなが心配してお見舞いに来てくれたよ。歩、ちょうど薬飲んで寝てたから、みんなそろって来てくれたんだけど起こしちゃわるいって、あんまり長く居てもらえなかったけどね」
歩「そうだったんだ・・・え!・・あ、これみんな持って来てくれたもの!?」枕元には、さまざまなお見舞い品がきちんと置かれていた。
弓「みんないい子たちでしょ・・歩の存在ってこんなにおっきいんだよ・・」
歩「うん、ほんとにみんな私のこと気づかってくれて・・素直に感謝したいよ」そういうと歩の目がまた潤んだ。
弓「そういってもらえてわたしたちみんなうれしいよ!さ、ほらでももう泣かない、泣かない。そうだ、ついでといっちゃあなんだけどお風呂借りていいかな?私も汗かいちゃってさー」
歩「う、うん、い、いいよ・・ど、どぞ使ってよ・・遠慮せず・・」歩はぽっと顔を赤くさせる。
弓「ありがと。じゃお言葉に甘えて借りるね」そういって弓枝は戸を隔てた向こう側のバスルームに入っていった。
歩「ね、ねえ!弓枝!・・そ・・その・・いいい・・一緒に・・はは・はいっても・い、いい・かなって・・?ど、どうよ?」歩はシャワーの音が聞こえる戸越しに声をかけた。
弓「(しばらく沈黙、シャワーの水の音だけが勢いよくきこえる)・・そうね・・せっかくだし、久しぶりに背中洗いっこしよっか!歩、入っておいで」弓枝は優しく歩を促した。
歩「わーい、ニャン、ニャンニャーゴ!」
バスルームの戸に歩と弓枝のシルエットが重なった。END

312 :雪と氷の名無しさん:2006/03/17(金) 16:24:04 ID:K0ly7Uuz

麻里おっぱいのかみ の、ぱいおつかいでー流 奥義 粉ミルク殺法 を 見事打ち破った、弓枝。
粉ミルクを大量に被り、おばあちゃんみたいな弓枝。
そんな弓枝を、見て必死に笑いを堪える 麻里おっぱいのかみ・・・・・。

戦国大名 歩様 第13話 「シャラポワ」

麻里「・・・・ぷぷッ、んふふふ・・・・ふふ」
口に手を当て、笑いを必死に堪える 麻里おっぱいのかみ。
そんな 麻里おっぱいのかみ に 苛立ちを隠せない、弓枝。
手にしている槍に見立てた物を、振り下ろし叫ぶ。
弓枝「何が、おかしいッ!?」
笑いを堪えきれず、大声で笑いながら答える 麻里おっぱいのかみ。
麻里「がッはッはッはッはッ!、だッ・・だって〜、粉ミルク頭から被ってぇ〜・・
    がッはッはッはッ、おばッ・・おばあちゃん、みたいなんだも〜ん。がッはッはッはッはッ!」
山賊みたいな笑い方 麻里おっぱいのかみ。
ぴくり・・・。
弓枝の体が、ある単語に過敏に反応する。
弓枝「・・・・・おばあちゃん・・・・・」
麻里「うんッ、おばあちゃん!か・・・髪の毛だって、こ・・・粉ミルクでッ・・がはッ・・・がッはッはッはッ・・
    し・・白くなってるしぃ〜・・がッはッはッはッはッはッ!」
腹を抱え、時にはカスタネットをリズミカルに叩き、おっぱいを ゆさゆさ えっちに笑う 麻里おっぱいのかみ。
弓枝「・・・れが・・・ちゃんよ・・・・・」
麻里「・・・へ?」
弓枝「だれが、おばあちゃんよッ!!」
そう短く叫ぶと、麻里おっぱいのかみ との距離を一気に縮め、
槍に見立てた織り込みチラシで、勢いよく突っつき始める弓枝。
おっぱいに重点を置き、執拗につっつく。
弓枝に冗談でも「おばあちゃん」や「おばさん」などの単語は口にしてはいけない。
25を超えた辺りから、毎年必ずやって来る誕生日を
サタンの日と勝手に定め、忌み嫌っている弓枝に対し、年齢を連想させる言葉は厳禁だ。
しかし、そんな事知らない 麻里おっぱいのかみ は、弓枝の怒りを買ってしまい、執拗に突っ突かれる。
つんつんつんつんつんつんつんつんつん
麻里「い・・・痛いッ!じ・・・・地味に痛いッ!!・・・って言うか、なんで・・おっぱい ばかりを狙って・・・・い・痛ッ」
体をよじらせ、弓枝の槍(織り込みチラシ)から逃れようとする 麻里おっぱいのかみ。
しかし、弓枝は逃さない。更に、しつこく おっぱい を 集中的につつく。
一旦、手を休め自分の胸を見る。
続いて、麻里おっぱいのかみ の胸を見る。
おっぱい を 突付く腕にも自然と力が入る。
つんつんつんつんつんつん・・・・
すると
麻里「い・・・痛いッ・・いた・・・い・・ぐすッ・・ぐすッ・・・うぇ〜ん。痛いって言ってるのにぃ〜〜〜〜」
さすがの 麻里おっぱいのかみ も、これだけ執拗に おっぱい ばかり攻撃されたら、たまったモンじゃない。
その場にぺたりと座り込み、マジ泣きの 麻里おっぱいのかみ。
麻里「うぇ〜〜〜〜ん、痛い〜・・・グスッ・・・ひっく・・・・ひっく」
胸を、さっすって わんわん泣く 麻里おっぱいのかみ。
そのマジ泣きの姿を見て、少しやりすぎたと反省する弓枝。
弓枝「ちょ・・・何もそんなに泣かなくても・・・ご・・ごめんね?・・・・だ・・大丈夫?」
反省の言葉を口にし、麻里おっぱいのかみ に歩み寄る、弓枝。


313 :雪と氷の名無しさん:2006/03/17(金) 16:24:59 ID:cxxvDc8W
熱あるのに風呂入っちゃだめだぞ歩

314 :雪と氷の名無しさん:2006/03/17(金) 16:25:57 ID:K0ly7Uuz
ぶッーーーー。
振り向き様に、口に含んだ牛乳を勢いよく、ぶちまく 麻里おっぱいのかみ。
弓枝「・・・・・ぷはッ!なッ・・・・・・・・」
弓枝が牛乳にひるんだ隙に足を、払い転ばせる。
どしん
弓枝「いッ・・・!!」
色っぽい声を上げる弓枝。
そんな弓枝に、素早く馬乗りになり、腕を天高く伸ばし、高い位置から牛乳を じょばじょば かける 麻里おっぱいのかみ。
どっかの外国の無茶な、お茶の注ぎ方に似ている。
麻里「ひっく・・・だ・・・騙され・・ひっく・・たなぁ〜。う・・うそ泣きとも分からずにぃ〜・・・ひっく。」
明らかにマジ泣きだったが、ソレを認めず強気な発言。
降り注ぐ、牛乳。
弓枝「わっぷ・・・・げほッ・・・げほッ・・・ちょッ・・・げほげほ」
ドバドバ・・・
牛乳が、気管に入りうまく喋れない弓枝。
牛乳が底を尽いても、攻撃の手を緩めない 麻里おっぱいのかみ。
ポケットから取り出したマーブルチョコを、弓枝の鼻に ぐいぐい 詰めだす。
それでも気の治まらない 麻里おっぱいのかみ は、どこからか取り出したコンビニの あっつあっつのおでん を
弓枝に馬乗りになった状態で、を荒々しく食べ始める。
麻里「・・・ひっく・・・はふはふ・・・ぐすッ・・・はふはふ」
意味が分からない。
弓枝は思った。
牛乳や、マーブルチョコは、まだ攻撃っぽい感じはするけれど、なぜこの状況で おでん を食べるのか・・・・


315 :雪と氷の名無しさん:2006/03/17(金) 16:27:48 ID:K0ly7Uuz

びちゃ
まりおっぱいのかみ が おでん を荒々しく食べるので、汁や具が下の弓枝に、こぼれる。
弓枝「あっつッ!!」
あまりの熱さに、声を荒げる弓枝。
麻里おっぱいのかみ は、これを狙っていたのだ。
自らが、あっつあっつの おでん を荒々しく食べることにより、
馬乗りにされて動けない弓枝に、あっつあっつの汁や具がこぼれ落ちることを。
この攻撃は、自らのお腹も満すと同時に、敵にもダメージを与えると言う一石二鳥の攻撃なのだ!
しかし、この攻撃にも弱点はある。
おでん は、あっつあっつで、なければ意味が無い。よって食べる 麻里おっぱいのかみ もツライのだ。
ぴちゃびちゃ、ぼとぼと。
こぼれまくる、おでん。
弓枝「あっつッ!!熱ッ!チョッ・・・ほんとッ!!熱いッ!!」
体を跳ね上げ、熱がる弓枝。
弓枝が体を跳ね上げたことによって、馬乗りになっていた 麻里おっぱいのかみ もバランスを崩す。
あっつあっつ の おでん の汁が、麻里おっぱいのかみ の手に掛かる。
麻里「あっつッ!!」
予想以上の熱さに 麻里おっぱいのかみ の注意が おでん に向けられる。
弓枝に掛かっていた圧力が、一瞬緩む。
弓枝「こッのぉーーーーーー!!」
掛け声と共に、体全体を巧く使い、麻里おっぱいのかみ を跳ね除ける 弓枝。
跳ね除けられた 麻里おっぱいのかみ は、持っていたおでんの汁に顔を突っ込むように、前のめりに倒れこむ。
ばしゃーーーーん
その、あまりの熱さに声も出ず、悶絶し、畳をゴロゴロ転がり回る 麻里おっぱいのかみ。
そんな、麻里おっぱいのかみ と 距離を取り、身構える弓枝。
弓枝「はあ・・はあ・・・はあ・・・」
麻里「はあ・・はあ・・はあ・・・」
弓枝「はあ・・はあ・・な・・なかなか、やるわね・・・」
麻里「はあ・・はあ・・そ・・そっちこそ・・・・」
互いに距離を保ち、言葉を交わす2人。
麻里「ま・・・まさか、こんな所で・・・、これを外す事になるなんて・・・・」
そう言って、後ろに手を回す 麻里おっぱいのかみ。
身構える弓枝。
ぷち
微かに音が鳴る
すとッ
床にブラジャーが落ちる。
麻里おっぱいのかみ は、ブラジャーの封印から たわわに実った おっぱい の封印を解き放つ。
麻里「全開だぁーーーーーーーーー!!」

つづく

次回 「降臨」

316 :雪と氷の名無しさん:2006/03/17(金) 17:32:33 ID:qYXeASe6
おっぱいのかみ神乙

才能に嫉妬

317 :田舎最高:2006/03/17(金) 17:36:43 ID:IQACmQt5
萌絵「田舎って良いですよね。」
弓枝「そうだね。」

END

318 :雪と氷の名無しさん:2006/03/17(金) 17:47:26 ID:mN6bsvH3
一緒スレ神々乙。w
今頃になってあゆみえの口紅がいつも同色だと気付いた俺を叱ってください。

319 :雪と氷の名無しさん:2006/03/17(金) 17:52:17 ID:z2tScAoJ
>>318
いつもデリングが弓枝のを強奪してるからな

歩「サッ」
弓「こらあゆみ」

320 :雪と氷の名無しさん:2006/03/17(金) 17:55:24 ID:TKc+iGtH
>>315
全開キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!

321 :雪と氷の名無しさん:2006/03/17(金) 18:16:43 ID:vXeDp9J2
http://sports9.2ch.net/test/read.cgi/wsports/1142355456/510

322 :雪と氷の名無しさん:2006/03/17(金) 19:32:30 ID:dGvd1tTD
ちょっと出遅れたが
>>293
ありがとう!!戦国大名歩様のはじめの方もっかい読みたいと思ってたんだよ〜
>>303
います・・・orz

323 :雪と氷の名無しさん:2006/03/17(金) 19:55:10 ID:Sc5vRGnK
>>292のつづき

歩「わたしたちのこと…って」
弓「…なんだろ?わたしたちって」
歩「…」
弓「トリノにこうして来るまではさ」
歩「…」
弓「…暗黙だったよね。わたしたち、お互いの…きもち? 触れないように、触れないようにってしてたね」
歩「…」
弓「…たしかに、冗談にしかならないから。そんなの変だし。女同士…だし」
歩「弓枝」
弓「それに、カーリングがんばんなきゃダメだったから。どうしてもここに来なくちゃいけなかったから」
歩「…」
弓「一生懸命。カーリングのことだけ考えて。何度もくじけそうになったけど」
歩「…弓枝がついて来てくれたから、私、頑張れたよ」
弓「もし、歩がひとりで青森行ったら、許さなかったよ(笑)」
歩「…」
弓「うん…許さなかったなぁ、きっと」
歩「…弓枝、話が、おかしくなってきたよぅ…」
弓「歩が、結婚話とか、もちだすからでしょ」



324 :雪と氷の名無しさん:2006/03/17(金) 20:52:11 ID:Cj5/wifc
なんかもう、いろんなメディアを見てると完全に

「小野寺・林でワンセット」

って取り扱いだな。

325 :雪と氷の名無しさん:2006/03/17(金) 21:03:00 ID:p9i30liZ
ttp://photo3.avi.jp/photo/5/303025/303025-1312129-0-4938439-pc.jpg

歩「いやもうちょっとね、寄せるつもりだったんだけどさ。なーんか今日の氷曲がらないっしょ!」
弓「わかってるんだったら、ちゃんとやってね」
歩「・・・・・(涙)」


326 :雪と氷の名無しさん:2006/03/17(金) 21:13:06 ID:mN6bsvH3
>>325
この試合はサード同士のスーパーショットの応酬だったよなぁ。
林さんとのじゅんさんが龍虎状態の死闘で、
デリングと土屋さんはもう少しがんばりましょう。w

327 :雪と氷の名無しさん:2006/03/17(金) 21:15:38 ID:mN6bsvH3
>>323
2人のデリケートな部分ktkr!

328 :雪と氷の名無しさん:2006/03/17(金) 21:31:27 ID:q+xAu/qb
>>325
本当にデレデレした表情だな

329 :雪と氷の名無しさん:2006/03/17(金) 21:39:33 ID:ZdcG6l9g
オノデレさんですから

330 :雪と氷の名無しさん:2006/03/17(金) 21:56:14 ID:e/rWI9Lk
>>293
思わず全部読みふけってしまったよ。

331 :雪と氷の名無しさん:2006/03/17(金) 21:58:49 ID:81TgCieE
>>323
続きが気になる…

332 :雪と氷の名無しさん:2006/03/17(金) 22:25:54 ID:qDZNcCM9
>>330
本当に全部読んだのか!?

333 :雪と氷の名無しさん:2006/03/17(金) 22:35:46 ID:LwDxuopT
>>293
初めてこのスレに来ました.面白杉!!思わず感涙!!

334 :雪と氷の名無しさん:2006/03/17(金) 22:36:53 ID:8qpbTqEF
>>323の続きがまとめて読みたいよ

335 :雪と氷の名無しさん:2006/03/17(金) 22:44:27 ID:o6h37gzy
>>303
いやいや、全員男だったら、って意味です。
女性陣がいてくれてほっとしてまふ(*´∀`)

336 :雪と氷の名無しさん:2006/03/17(金) 22:50:38 ID:bKdyYZfM
読者に女性陣はいるのかな?

337 :雪と氷の名無しさん:2006/03/17(金) 22:51:11 ID:9MK0Q/nL
オレの妄想の話しのやつ完結させた方がいいですか??

338 :雪と氷の名無しさん:2006/03/17(金) 22:54:57 ID:USGNB3Iz
>>336
ノシ
これまで百合に萌えたことなかったのに…。
このふたりスゴス

339 :雪と氷の名無しさん:2006/03/17(金) 23:13:03 ID:bKdyYZfM
>>338
おおぉ!萌えて〜

340 :雪と氷の名無しさん:2006/03/17(金) 23:13:56 ID:uj9VBwYI
>>336
いますよー
トリノの中継でチーム青森のメンバーにときめいてしまい、
このスレの立つ前から冬スポ板に通ってますww
前は百合萌え板の住人でしたが、今はここしか来てないです…

341 :雪と氷の名無しさん:2006/03/17(金) 23:24:41 ID:P8TBM1w7

この光景。 この一方的な百合萌えの空気。
こんな空気の中で、ふたりには男性と結婚して欲しいなどと言ったら かなわないと思うのは当然。

知恵を貸してください。本当に悩ましい。

342 :雪と氷の名無しさん:2006/03/17(金) 23:27:27 ID:32wAPqd4
>>293
ご苦労様です。

そして、誤字の訂正までしてくださってありがとうございました。
いや、あそこは直したくって仕方なかったんですよ。

343 :雪と氷の名無しさん:2006/03/17(金) 23:29:30 ID:CByG7HyO
>>341
永田乙

女同士の友情っていうモンに懐疑的だっただけに、この2人にはショックを受けました。
ここまで熱く美しい物があったとは。

344 :雪と氷の名無しさん:2006/03/17(金) 23:30:14 ID:F2OIW77L
>>341
二人の気持ちは最大限守ってあげたい

345 :雪と氷の名無しさん:2006/03/17(金) 23:35:53 ID:XDypCZpL
>>293
まとめお疲れ様です。
というか神様です。

346 :雪と氷の名無しさん:2006/03/17(金) 23:41:40 ID:CByG7HyO
皆さんに嬉しいお知らせです。
スケルトン越が現役続行です。
ttp://www.sponichi.co.jp/sports/flash/KFullFlash20060317050.html

347 :雪と氷の名無しさん:2006/03/17(金) 23:44:44 ID:AB8yy0sw
>>346
スケ越さん、頑張れ!!!

348 :雪と氷の名無しさん:2006/03/17(金) 23:46:43 ID:T4jBJ3VW
まだ家族を苦しめるのか

349 :雪と氷の名無しさん:2006/03/17(金) 23:52:23 ID:bKdyYZfM
>>347
ってことはこのスレでも続行ですね。指差しバキュ−−ン

350 :雪と氷の名無しさん:2006/03/18(土) 00:10:15 ID:6Nyi/rA8
---------------------------------------------------------------------
歩 カタカタカタ・・
 「こんなのに書き込みしてるなんて・・・弓枝にはみせられないな〜」

  ピンポ〜ン

弓「ねーいるんでしょ〜。開いてるから入るよー?」
歩 げげげ!?「ちょっwまっtfあ」
弓「鍵また忘れてるし〜。なにしてんの?またパソコン?」
歩「なんか自分の写真とか貼られまくってるからさ〜(焦」
弓「どれ見せてみ?」
歩「わーだめー」
弓「ん〜?何この投稿。なんで私のおっぱいが・・・」
歩「だよね〜。変態だよね。。。」
弓「ちょっwこれこないだのまんまじゃない!」
弓「どういうことかな?あゆみくん!?」
歩「っちがうんだよ〜わたしじゃないよお〜」
歩「たまたま誰かが書いたんじゃない?」
弓 やば〜私も気をつけないと時々書いてるのばれちゃいそう
弓「書いてるしょー!もう返る!」
歩「ちょ待ってよ〜。言うことなんでも聞くから」
弓 相変わらずチョロ〜イ
弓「じゃあ肩もんで」
歩「うう。。。ここ私ん家なのに。グスン。」

・・・
 
---------------------------------------------------------------------

歩「今日の書き込みはとりあえずこんな感じかな〜」
歩「さ〜てお風呂入ろっと」
  振り向くとそこには・・・
弓「開いてたから勝手に入ったけど・・・」
歩「ぎょwっうぇぇー?」
弓「やっぱ今日は桜子んとことまる(怒」
歩「カマーランドむきゃー。やっぱ本物にかぎるっしょー。」
弓「ちょw何わけのわからんこと言って。。そこおっぱい!」


351 :実況:2006/03/18(土) 00:11:57 ID:oPip8Ags
>>238のつづき

公園
目黒「なんで越さんがここに?」
スケ越「いや、試合も終わっちゃって暇だなあと思ってね。
夜のバンクーバーを一滑りしてたんだよ。」
目黒(みんなどういう目で越さんを見てたんだろw)
スケ越「そういえば君達は金メダル取ったんだってね!
おめでとう!」
目黒「あ、ありがとうございます。
越さんも銅メダルおめでとうございます。」
スケ越「ありがとう!まあ僕は今回が最後のオリンピックだったからね!
感慨深いものがあるよ。」
目黒「お疲れさまです。」
スケ越「ところで目黒くんはこんな所で何してるんだい?」
目黒「え、それはその・・・。」
スケ越「あ、あれは本橋くんと寺田くんじゃないか!」
目黒「行っちゃ駄目ですよ!越さん!」
スケ越「え!なんでだい?
ぜひ話しをしたいんだよ!」
目黒「駄目です。一緒に様子を見ていましょう。」
スケ越「そうなの?残念だな〜。」


つづく

352 :雪と氷の名無しさん:2006/03/18(土) 01:18:12 ID:ZJTonyiI
〜前回までのあらすじ〜
サクラ前線北上中


弓枝「きょうは楽しみだね」
歩 「楽しみ楽しみ」
弓枝「高校選手権」
歩 「選手権選手権」
弓枝「なんといっても第1回だからね」
歩 「第1回第1回」
弓枝「ちょっと、あんたさっきから」
歩 「高校生高校生」
弓枝「どうしちゃったのよ歩」
歩 「だって高校生だよ、高校生」
弓枝「あたりまえじゃないの高校選手権なんだから」
歩 「若いっていいよね〜、こ・う・こ・う・せ・い」
弓枝「あんた先週中学生と試合したばっかりじゃない」
歩 「いやあれは常呂の子たちで昔っからみんな知ってたし」
弓枝「岡山にも中学生がいたじゃん」
歩 「わかってないなあ弓枝は」
弓枝「なにが?」
歩 「全国から集まって来るんだよ」
弓枝「そりゃ全国高校選手権だからね、10チームだけど」
歩 「全国からピチピチの男子がいっぱい…」
弓枝「あ、あの歩さん、男女で10チームなんですが」
歩 「坊主頭のかわいい男の子が、「小野寺さんがあこがれです」なんて、あたしゃもう…」
弓枝「い、いや坊主頭はいるかどうか」
歩 「おねえさんがイチから教えてあげようか、なにがわかんないのボク…」
弓枝「ボクって、ちょっと。それに「チーム青森と語る」だから指導するわけじゃないよ」
歩 「あああぁぁ、カーリングやっててよかったーー」
弓枝「歩」
歩 「なに?」
弓枝「ホント学校の先生にならなくてよかったね」



バンクーバーまで「あと1426日」

353 :実況:2006/03/18(土) 01:20:13 ID:oPip8Ags
>>351のつづき

選手村
林「歩、コーヒーでも飲む?」
小野寺「うん!砂糖はたっぷりね。」
林「だ〜め、体に悪いことは許しません。」
小野寺「え〜、弓枝はいつもそうなんだから〜。
試合も終わったんだからいいじゃんよ〜。」
林「私、歩の事心配して言ってるんだよ。
いつまでも元気な歩でいて欲しいから・・・。」
小野寺「ちょw弓枝なんで泣いてんの?」
林「なんか涙もろくなっちゃってさ〜。
最後のオリンピックが本当に終わっちゃったんだな〜と思って。」
小野寺「そうだね〜、わけも分からないまま終わっちゃったソルトレイク。
トリノでは悔しい思いも一杯したよね。
今回は本当に最高だったよね!グスン。」
林「歩〜!」
小野寺「弓枝〜!」

二人は涙を流しながら抱き合った。



刈屋「これは!なんと言ったら良いか・・・。」
小林「え〜、四年前の本橋さんと寺田さんの場合とは全く違います。これは何と言いますか・・・。」
敦賀「甘酸っぱい青春の思いを感じますね。」
刈屋&小林「!?」


つづく

354 :雪と氷の名無しさん:2006/03/18(土) 01:23:16 ID:IvmKPvxb
実況とカウントダウンが続けてキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!

355 :雪と氷の名無しさん:2006/03/18(土) 01:33:06 ID:9cz4Gzku
敦賀キター、今まで出てこなかったのが不思議なくらいだw

356 :雪と氷の名無しさん:2006/03/18(土) 01:35:14 ID:TWyYuns1
これから敦賀クンが深くかかわってきそうな悪寒

357 : ◆HOwkaSYVuQ :2006/03/18(土) 03:11:14 ID:+EPkVIg0
http://www.youtube.com/watch?v=AUpLgmmIar0

中盤というのか終盤というのか、カナダ戦で勝ったあと
歩ガッツポーズ→まりりんと抱擁→4人で抱擁→一旦離れる→(*)→また4人で抱擁


(*)の部分で、歩の手が・・・ハァハァ

358 :雪と氷の名無しさん:2006/03/18(土) 03:40:31 ID:iDO7efmJ
>>297


いまさらながらシュールで好きです…
荒川や安藤じゃなくてどこか後ろ暗い(?)村主を持ってくるトコに
センスを感じます。。。

359 :雪と氷の名無しさん:2006/03/18(土) 04:47:17 ID:+EPkVIg0
Are you mie?
   ↓

360 :雪と氷の名無しさん:2006/03/18(土) 05:12:56 ID:I2BWBT8r
いわゆる「スグリ玉」ですね

361 :雪と氷の名無しさん:2006/03/18(土) 05:26:35 ID:zsteYslX
性懲りも無く、弓枝は歩と温泉に・・・・

弓枝(いっつも私が触られてるから、今度は私が触って驚かしてみよう・・・・)
歩「なぁに、弓枝?人の体じろじろ見て・・・」
弓枝「ん?いや・・なんでもないよ、うん。」
歩「・・・ふぅん。」
弓枝(歩も急に触られて驚いたら、もう人の胸を触るのやめるでしょ!)
なんとなく歩の後ろ側に回り込む弓枝。そのチャンスをうかがう。
歩「なんだか今日の弓枝、挙動不審だね。大丈夫?」
弓枝「えっ!?いや、そんなことないよ?ちょっとお湯が熱くて。」
歩「そんな熱いかなぁ?・・・まぁいいや。あたし、先に体洗うね。」
歩がそう言って立ち上がる。そして弓枝に背中を見せた瞬間、
弓枝も立ち上がり、背後から歩のオッパイを・・・・
弓枝(『きゃーっ!!弓枝、ちょwwwそれオッパイwww』)
しかし歩はまったく驚く様子もないし、叫びもしない。
弓枝「・・・あ、あれ?歩?」
歩はゆっくり振り返る。
歩「・・・・私のは明らかにシャレだけど、弓枝はマジっぽくて、ちょっと怖い・・・・・」
弓枝は自分の顔がカーッと赤くなっていくのを感じた。
弓枝「ちょちょ!!んなわけないでしょ?冗談にきまっ」
歩「弓枝がそういう風にあたしのことを見てたなんて、ちょっとショック。」
弓枝「な、ちょ、ちょっと!勝手なこと、歩・・」
歩「弓枝がそんな風なら、これからの二人のことも考え直さないと・・・・」
弓枝「歩・・・・」
歩は弓枝を見つめる。弓枝も真剣な眼差しで歩を見つめる。
弓枝「・・・歩、お願いだから、私の手を使って自分のおっぱい揉みながらそういうこと言うの止めて。」
歩「グヘヘ」

362 :雪と氷の名無しさん:2006/03/18(土) 06:30:08 ID:qqyJS05H
>>361
ちょwオノデリングwww

363 :雪と氷の名無しさん:2006/03/18(土) 07:16:39 ID:BwZJ7ZMU
>>361
ワロスww

364 :雪と氷の名無しさん:2006/03/18(土) 08:02:29 ID:20bn3pmy
このスレは越さんのおかげで半分成り立っています

365 :実況:2006/03/18(土) 09:07:07 ID:oPip8Ags
>>353のつづき

公園
寺田「麻里、本当に私のことが好き?」
本橋「うん、世界中の誰よりも好きだよ!」
寺田「麻里〜!」
本橋「ちょっとwさっちゃん、そこおっぱいだよ。
あんまり触られると・・・ハァハァ」
(なんで今日のさっちゃんはこんなに積極的なの?)
寺田「麻里、気持ちいい?気持ち良かったら声出していいんだよ。」
本橋「何言ってんのよ、さっちゃん・・・。」


スケ越「なんだか凄いことになってきたね!このまま見ていて大丈夫なのかい?」
目黒「ええ、大丈夫ですよ多分。」(まさかこんな所で一線を越えてしまうはずはないよね)


本橋の淫らな声が響く中、寺田と本橋の後ろに怪しい人影が近付いてきた。


目黒「あれは誰でしょうね?」
スケ越「ん?あれはもしかして!
・・・やっぱりそうだ!ジャンプの原田くんだよ!」
目黒(なんで原田さんがここに?)


原田「やあ!」
本橋&寺田「きゃあ!」
原田「驚かせてしまってすまない。ジャンプの原田雅彦です。」
本橋「なんで原田さんがここに?もう引退したんですよね?」
原田「いやいやそれがさ〜、娘に『カーリングのお姉さん達のサイン貰って来て』って言われちゃったもんでね。
遠路はるばるバンクーバーまでやって来たんだよ!」
寺田「それはそうとなんでスキー板を履いているんですか?」


つづく

366 :雪と氷の名無しさん:2006/03/18(土) 10:29:54 ID:MI8ZZJTF
まとめサイト、本当は絵師さんの作品もあれば…まぁソレはないものねだりなのは分かってますw
だけど、このスレがここまで育ったのは絵師さんのパワーをみんながもらったからだとマジ思う…


367 :雪と氷の名無しさん:2006/03/18(土) 10:50:11 ID:S8aadmj8
オノデリングと弓枝タンがここを発見した時に
ふたりでおなかをかかえて小一時間、笑いまくってほしい

368 :雪と氷の名無しさん:2006/03/18(土) 10:54:08 ID:VnoFPrgm
>>367
歩 「何これ〜面白すぎ(笑)}
弓枝「みんなの想像力、凄いね」
歩 「ほとんど当たってるしね」

369 :雪と氷の名無しさん:2006/03/18(土) 10:57:04 ID:p7jUj7HV
あたってるよ(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

         歩↑   ↑弓枝

370 :雪と氷の名無しさん:2006/03/18(土) 12:18:59 ID:MrAijM/0
弓 「すごーい、こんなことまで書いてある♪」
歩 「あ、さっちゃんとまりりんまで出てるー♪」
弓 「あ、ほんとだ、すごーい♪」
越 「ほんと、すごーい♪」


371 :雪と氷の名無しさん:2006/03/18(土) 13:25:04 ID:jtXwE6g9
日本選手権後 番外編

チーム青森の5人は久々に集まって、飲み明かしていた

弓枝「さて、そろそろ寝ようか。今日は遅いし、みんな泊まっていくでしょ?」
歩 「わーい♪」
麻里「5人で寝るなんて久しぶり」
桜子「ホントだね」
歩 「わたし弓枝のとなりがいい」
麻里「じゃあ、わたしは桜子ちゃんと萌絵ちゃんの間がいい」
弓枝「もーう、みんなわがままなんだから。公平にあみだくじで決めるからね」
4人「はーい」
弓枝「じゃあ、右から順番に1番2番3番4番5番だからね」
弓枝「はい、好きなところに名前書いて」

そして…

弓枝「はい、決まり。右から順にマリリン、私、萌絵ちゃん、桜子ちゃん、歩になったよ」
歩 「あれー?わたし3番だよ?ほら、3番」
弓枝「3番は萌絵ちゃん。これは5って書いてあるの」
歩 「えっー、どう見ても3だよ」
弓枝「いい加減にしなさいよ。あんたは5番。一番左の布団」
歩 「納得いかないブー(口を尖がらせながら)」
弓枝「どう見ても5でしょ」

そのとき、「いや、それは3だよ。歩は3の位置に行きなさい」という声がした。

弓枝「あなたは!?越さん…?じゃない」
萌絵「ボブだ!!!!!」
ボブ「そう、ぼくはボブ、ボブ・デービッドソンさ」
麻里「何の用ですか?」
ボブ「いや、ぼくはただ正しいことを言いに来ただけさ。歩はあみだくじによって
   3番の位置を獲得した。どう見ても3番だ。覆す気はない」
萌絵「なっ、なんだって!!」
歩 「萌絵ちゃん、あきらめなさい。彼の判断は覆らないの、ぐへへ。審判に文句を
   言うのはカーリング精神に反することになる。ぐへへ」
弓枝「なにこの展開?魔法にかかった気分…バンクーバーまで解けないのかしら…」
桜子「弓枝さん、ちょっw それフグリさん」

彼女たちの仲のよさを超えるものは、この世には存在しない…

2007年世界女子カーリング選手権大会 2007年3月17日(土)開幕




372 :雪と氷の名無しさん:2006/03/18(土) 13:35:35 ID:s7XaCmgi
WBC準決勝進出して…



歩「メキシコありがと!!アメリカに勝ってくれて有り難い!!」
弓枝「うん、あたしも歩が隣に居てくれて有り難い」
歩「うん、ありがと!!」
そこで何故か、西武の大エース西口文也登場…
西口文也「王さん分かってない。オレが居たらこんな事にならなかった…」
歩「西口さん、なんでここに…」
西口文也「別にいいじゃん!!」
弓枝「あたしたちの事好きなの??」
西口文也「…そ…それは……」
歩「あたしたち付き合ってるもん!!」
西口文也「は??」
弓枝「うん、付き合ってるよ!!」
西口文也「えっwえぇ〜wwwおまwwww噂本当だったのかよwwwww」
あゆみえ「噂になってんの??w」
西口文也「もう日本中の噂だよ!!」
あゆみえ「…ハズイ……」



TVには録画したニュースの西岡のインタビューが写っていた。






373 :雪と氷の名無しさん:2006/03/18(土) 13:39:57 ID:rbQMBvzs
そこへメキシコの選手が登場する展開なのかあああああああああ

374 :雪と氷の名無しさん:2006/03/18(土) 13:45:16 ID:f6nF5r31
>>372
ttp://www5.ocn.ne.jp/~fumiya/PHOTOs/10humiya5.JPG

375 :雪と氷の名無しさん:2006/03/18(土) 14:00:35 ID:s7XaCmgi
西口しゃん!!

376 :雪と氷の名無しさん:2006/03/18(土) 14:46:31 ID:s7USQX7l
歩、昨日のピンクな夜を思い出す…

歩「グヘヘ……」

そこへ、カーリング教室にきた子供が小野寺さんに…

ガキ「小野寺さん!」

歩 「グヘヘ…(←聞いてない)」

ガキ「学校の宿題聞いていいですか?」

歩 「グヘェ〜(←激しく妄想中・聞いてない)」

ガキ「通貨量が減って物価が下落する現象って何でしたっけ?」

歩 「グ・ヘ・ヘ…」

ガキ「アッ、“デフレ”でしたね。ありがとうございます」

歩「グヘヘ…」

〜妄想は、まだ続いていた

377 :雪と氷の名無しさん:2006/03/18(土) 15:36:39 ID:GxtaF/0v
イチロー「同じ相手に三度負ける事は許されない」
林&歩「うちらは優勝候補のチーム長野に3タテしたよね」
イチロー「うっ!しかし中学生に負けたそうじゃないか笑」
林&歩「まあーかわいい後輩だし、そのチームは3位にもなったし
    でも決勝リーグじゃちゃんとリベンジしましたよ笑」
イチロー「・・・・・・」
林&歩「そういえば三度韓国とやるらしいですね、今度はいくらなんでも勝ってくれますよねー笑」
イチロー「FFFFUCK!!!!! 」
林&歩「???????」                                              

378 :雪と氷の名無しさん:2006/03/18(土) 15:38:48 ID:bmy9mkb9
ICHIROもこの二人には勝てないw

379 :雪と氷の名無しさん:2006/03/18(土) 15:56:42 ID:LlHoBeVF
野球ネタさっぱり(´・ω・`)


380 :雪と氷の名無しさん:2006/03/18(土) 16:01:13 ID:eCeb0fBb
野球知らないけど西岡ネタは面白かった

381 :雪と氷の名無しさん:2006/03/18(土) 16:20:42 ID:i+f8O2pb
小野寺昭と林与一の共演というのがあったら、みんな反応しそうだな。

382 :雪と氷の名無しさん:2006/03/18(土) 16:29:35 ID:bmy9mkb9
少林寺でも反応する俺

383 :雪と氷の名無しさん:2006/03/18(土) 16:34:34 ID:2iaF4XVs
小野寺昭と林隆三の共演の方がありそうだ

384 :雪と氷の名無しさん:2006/03/18(土) 16:53:32 ID:NOOqvlts
ここは区立かーりんぐ小学校の一年生のクラス。
先生「はい、みなさん。今日は漢字の熟語を勉強しましょうね。」
一同「はーい。」
先生が黒板に何個か書いていく。
先生「ここに書いた漢字、読める人いるかな?ちょっと難しいかな?」
しかし子供たちは全員元気よく手を挙げる。
先生「じゃあ、本橋さん。」
麻里「げいいんばしょく」
先生「正解、よくできました!じゃあ、次わかる人。」
萌絵「はい!」
先生「目黒さん、どうぞ。」
萌絵「ひびこれけっせん!」
先生「よくできました!すごいね!じゃ、次わかるひと〜」
桜子「ハイ!」
先生「寺田さん、わかる?」
桜子「え〜っと、かいかよほう!」
先生「はいよくできました!ちゃんと予習してきて偉いね。じゃあ、これはわかる人いる?」
しかし難しすぎたのか、誰も手を挙げない。子供たちは互いに顔を見合わせている。
先生「あれ〜?みんなちゃんと予習してきた?一番簡単だよ?」
先生は少し厳しい口調になった。
しかし答える子供はいない。
先生「じゃあ・・・まだ今日一回も答えてない人に答えてもらおうかな?」
その言葉に、一人の生徒がギクリとした。
先生「じゃあ、林さん!答えてみて。」
弓枝「あ、あの・・・その・・・わかっ、わかりません・・・」
わからないことが恥ずかしいのか、弓枝は下を向いてもじもじしている。
先生「どうしたのかな、林さん?わからない?わからないはずないんだけどなぁ。」
弓枝は下を向いて「だって、だって。。。あれ、熟語じゃ・・・」と言っている。
麻里「小野寺先生!林さんの顔が真っ赤です!」
先生「間違ってもいいからね。恥ずかしいことじゃないよ?それが勉強だからね。」
先生がそう諭すと、弓枝は切り元気よく答えた。
弓枝「おっぱい!」
先生「ぐへへ〜!漢字じゃないから答えは『わかりません』だよ?弓枝はそんなにおっぱいが好きなんだね〜。ぐへへへへへ」
先生が両手を構えて弓枝ににじり寄る。
弓枝「きゃあああああっっっっっ!!!!」


弓枝は目をあけてガバッと起き上がった。
おでこを触ってみる。ひどい寝汗だ。
弓枝「はぁはぁはぁ・・・・・なんだ、夢か・・・・。それにしてもなんて夢・・・・」
ふと横を見ると、歩が心配そうな顔をしている。弓枝「ひいっ!!!」
弓枝は思わずのけぞった。
歩「弓枝、すごいうなされかただったよ?大丈夫?」
そうだ。もう夢の中ではないのだ。
弓枝「う、うん・・・。」
歩「変な夢でも見てたんでしょう?疲れてるんだよ・・・・。
このところ、実技講師とかの仕事で忙しかったし。」
歩は勘が鋭い。そして、優しい。
夢の内容など、歩に言えるわけがない。
弓枝「とりあえずシャワー浴びてくる・・・」
弓枝はそう言って立ち上がり、風呂場へいった。
そして数秒後、弓枝の心地よい叫び声が青森市内に響き渡った。

弓枝「ちょっ、ちょっとなんで、、、何でわたし、真っ裸なのよ〜〜〜!!!」

歩「ぐへへ〜。一緒に入ってこよっ!」

385 :雪と氷の名無しさん:2006/03/18(土) 16:55:51 ID:WByHk4mt
小野寺昭と林寛子も競演の可能性は高い


386 :渚にて…:2006/03/18(土) 17:20:27 ID:MI8ZZJTF
日本選手権も終わって、×ヶ月がたったある日…

歩と弓枝は浜辺に腰を下ろし、黙って海を見ていた…。
何も言わなくても、お互いの考えていることは手にとるように分かった…。

波の音に混じって誰かの足音が近づいてくる…。

「カーリング娘さん、こんにちは。」
「あなたは…フィギュアの…。」
「はい、安藤美姫です。エヘ。」
美姫はふたりの座っている場所からちょっとだけ離れて腰をおろす。
またしばらくの間、3人で波を見つめる…。

「あたし、ネットで凄く嫌われてて…なんでだろうって、いつも思ってました…。」
美姫は寂しそうに笑って、歩と弓枝の顔を見た。
「大人気の”カーリング娘さん”に会ったら、なにか分かるかなって…。」

帰国後のフィーバーを思い出しながら弓枝が言う。
「わたし達も、人気が出て…いい事ばかりじゃないわ…。」

歩は小石を拾って、波間に投げ込み、また膝を抱える…。

3人は、しばし黙って波を見つめる…。

「エヘヘ。でも、美姫はァ、なんかお姉さん達と海を見ていたら少し元気が出たかな…。」
美姫は立ち上がり、大きく伸びをした。
「あたしバンクーバーで、ネットのみんなを見返してやるんだ!みんなが美姫の事を
 萌え〜萌え〜って言うくらい、凄いジャンプを決めるンだぁ、エヘエヘ!」

「そうなると、いいね! いや、きっとそうなるよ!うん!」
歩が美姫に笑いかけた。

「バンクーバーではお姉さん達も金メダルだよ!!エヘエヘ!!」
美姫はふたりにVサインを出した。

美姫 「 エヘエヘw 」
歩   「 ぐへへw」
美姫 「 エヘエヘw 」
歩   「 ぐへへw」
美姫 「 エヘエヘw 」
歩   「 ぐへへw」
美姫 「 エヘエヘ… 」
歩   「 ぐへへ…」

「 あなた達、もうやめなさいよ!w」
弓枝が苦笑しながら言う。

「行こうね!バンクーバー!」


387 :雪と氷の名無しさん:2006/03/18(土) 18:07:18 ID:zsteYslX
>>366
俺も絵師さんのパワーにあやかりますた。

388 :雪と氷の名無しさん:2006/03/18(土) 19:24:51 ID:HHtgDm2y
小野寺&林コンビは
仰木彬&中西太の名将コンビを彷彿させるものがあるな

389 :となりの常呂:2006/03/18(土) 19:46:24 ID:t9sPTTNK
第4回 調教

1人夢の中のマリリンを除いた3人の前には歩によく似た猫が一匹
萌絵「説明してください弓枝先輩」
弓枝「見ての通りですw」
萌・桜「説明になってなーい(怒)」
弓枝「うーん。本人から聞いたことをそのまま話すけど…マリリンは起こす?」
桜子「無理に起こすことないと思います。それに彼女の場合口滑らすことも多いから」
弓枝「…そうね。じゃあ話すよ。彼女が言うにはある『キーワード』を聞くことによって
   妄想がどんどん膨らんでいって耐え切れなくなると猫に変身するらしいの」
萌絵「キーワードって何なんですか?」
弓枝「今のところは『お布団』と『お風呂』だけらしいんだけど…」
桜子「それがNGワードってことですか…歩ちゃん妄想力逞し過ぎます(泣)」
歩「ニャーオ」
弓枝「よしよし。何?お酒なめたいの?しょうがないなぁ」
コップに日本酒をついでやると、猫は幸せそうに日本酒をなめている。
歩「ニャフ」
萌・桜「はぁーー(ため息)」
桜子「…ともかく、どうやったら戻るんですか?歩ちゃんに」
弓枝「本人が満足したらじゃないかな…多分」
萌絵「じゃあ早く満足させてみてください!…ポッ(恥)」
弓枝「手っ取り早い方法はあるけど…しょうがない、やるか。歩!こっちおいで!」
歩「ニャ?」
弓枝「歩。お手!」
歩「ニャン!」
弓枝「ちょwwそこおっぱいww」
歩「グヘヘ」
ボワン
萌・桜「あっ!戻った!」
弓枝「…いつまで触ってんの」
歩「ゴメン」




390 :となりの常呂:2006/03/18(土) 19:48:32 ID:t9sPTTNK
麻里「ぐぉぅーー。すぴぃーー。ダメだよ歩ちゃん、それ私のフトン…ムニャムニャ」
弓枝「びっくりしたぁ。寝言か…!!!」
歩「ニャン」
萌・桜「早っ!!」
弓枝「お手!」
歩「グヘヘ」
桜子「戻った!何かイリュージョンみたいで面白ーい(嬉)私もやってみていいですか?」
萌絵「私もやりたい!」
桜子「お風呂!」
歩「ニャン」
萌絵「お手!」
歩「グヘヘ」
萌絵「お布団!」
歩「ニャン」
桜子「お手!」
歩「グヘヘ…ってオイ!(怒怒怒)遊ぶな!ゼェゼェハァハァ…」
萌・桜「調子に乗りすぎました」
歩「これでも真剣に悩んでるんだからね(泣)」

麻里「ぐぅぉーー。すぴぃーー。私そんなに食べられませんってば…ムニャムニャ」
一同「…(呆)」
チーム青森にとって長かった1日が今終わりを告げようとしていた…
                               つづく

391 :雪と氷の名無しさん:2006/03/18(土) 19:57:44 ID:m6MzG3ES
801 雪と氷の名無しさん sage 2006/03/18(土) 17:07:06 ID:tHbPmXNF
ttp://image.blog.livedoor.jp/chnet2/imgs/9/c/9c9c89cd.jpg


392 :雪と氷の名無しさん:2006/03/18(土) 19:59:51 ID:iL/tButm
>>391
くぁあいいーー
もしかして小野寺さんでつか?

393 :雪と氷の名無しさん:2006/03/18(土) 20:03:17 ID:uduRuk0j
>>391
うは、めんこい!!!

394 :雪と氷の名無しさん:2006/03/18(土) 20:12:04 ID:m6MzG3ES
>>392-393
他のスレに貼られてたのですが、
>>389-390を読んで思わず転載してしまいました

>>391
ぬこかわいいだけでなく801ゲトしていることに今気付いた…


395 :雪と氷の名無しさん:2006/03/18(土) 20:13:14 ID:M+MoDvII
>>392
ちょwwwwアリエナサスwwwwwww

396 :雪と氷の名無しさん:2006/03/18(土) 20:14:18 ID:M+MoDvII
あかん・・・>>391だった。。。oィ2

397 :雪と氷の名無しさん:2006/03/18(土) 20:24:52 ID:s7XaCmgi
西口との話は続く…



西口文也「あっ、そだ!!今日、ウチの小野寺力を連れて来たんだ」
力「ども、西武の新クローザーの小野寺です」
歩「あっ、あたしと同じ苗字で有名な小野寺さん!!期待してますよ!!」
力「はい!!ありがとございます。んで、2人の仲は順調ですか??」
あゆみえ「…やっぱ知ってるんですか…」
力「当たり前です!!まりりんがバラしてましたからwww」
西口文也「おい、それ言うな」
あゆみえ「まりりんのやろ〜(怒)」
西口文也「まりりん普通に掲示板にカキコしてました。あゆみえの二人は付き合ってるよ!!って」
あゆみえ「…ハァ…どうにかして下さいよ…」
西口文也&力「嫌だ〜!!」
あゆみえ「もう、ぷぅ〜」
西口文也&力「そんな事してもそんなのやだ〜」
あゆみえ「え〜」





まだTVには録画したニュースの西岡のインタビューが写っていた。

398 :雪と氷の名無しさん:2006/03/18(土) 20:55:37 ID:gk+XQn7W
まとめサイト作れ

399 :雪と氷の名無しさん:2006/03/18(土) 20:57:21 ID:TgRqClAP
過去ログ嫁

400 :雪と氷の名無しさん:2006/03/18(土) 21:03:25 ID:MI8ZZJTF
>>398
めいれいするな

401 :雪と氷の名無しさん:2006/03/18(土) 21:08:31 ID:ldqdFCiD
ttp://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2006/imags2006/0318_large3.jpg
充電できずご機嫌斜めな二人

402 :雪と氷の名無しさん:2006/03/18(土) 21:14:55 ID:Hs+a4zEo
>>401
萌絵〜!
空気嫁〜!!!w

403 :雪と氷の名無しさん:2006/03/18(土) 21:24:40 ID:pCZaGoDP
小野寺さんちの家庭の事情

歩「すいませーん、お給料の振込口座変えてもらいたいんですけど」
経理「はいはい。書類書いてきた?」
歩「はい」

給与振込口座変更届け
新しい口座   ○○銀行青森支店
口座名義人氏名 ハヤシユミエ

経理「・・・小野寺さん」

404 :雪と氷の名無しさん:2006/03/18(土) 21:39:16 ID:3VtNWj07
正直聞いて良いか?

おまいら

元々娘板にいただろ

405 :雪と氷の名無しさん:2006/03/18(土) 21:50:25 ID:6HOWarPE
いや、つい最近まで海外サッカー板の倉敷保雄スレにいた。

406 :雪と氷の名無しさん:2006/03/18(土) 21:52:49 ID:bLHoUHYg

今ままでどこ板住人だったの?スレにも書いたけど、
うちは国内サッカー板に出没。

407 :雪と氷の名無しさん:2006/03/18(土) 21:55:19 ID:ldqdFCiD
ていうか娘板ってどこ?

408 :雪と氷の名無しさん:2006/03/18(土) 21:56:26 ID:BwZJ7ZMU
バレー板

409 :雪と氷の名無しさん:2006/03/18(土) 22:00:14 ID:5fKe6wxY
>>404
プロ野球板

410 :雪と氷の名無しさん:2006/03/18(土) 22:02:51 ID:hkxWf5f5
>>401
いつもオノデリングの隣に弓枝がいるのに
さては二人ともウワサになっているの気付いたなw

411 :雪と氷の名無しさん:2006/03/18(土) 22:06:41 ID:s7XaCmgi
404
娘板の奴だな

412 :雪と氷の名無しさん:2006/03/18(土) 22:10:03 ID:vUEnRl9Q
私の名前は寺田桜子。青森のみんなは大好きだけれど
いつまでもリザーブに甘んじるわけには行かない。
私の決心は固かった。ついに青森に別れを告げて新しい
チームで戦う。長く険しい道のりは覚悟のこと。何より
実際にプレーできる喜びが大きい。今日はその第一戦。
チームメイトと共に試合会場に向かう。心地よい
バグパイプのメロディー・・・

「1,2,3,4ガンガンズンズングイグイ上昇 〜」
何これ・・・何であの忌々しい歌が流れてるの?ねぇ誰か教えて!
私は振り向きチームメイトに尋ねようとした。
・・・!
「5,6,7,8毎回ビッグキックCheck yeah 」
今井・・・メロ何故あなたがここに!?

「自分から私達のチームに入ってきてそれないんじゃない?
つーか何でアタシがカーリングなんてやんないといけないの、
超たりぃ〜」

413 :雪と氷の名無しさん:2006/03/18(土) 22:11:19 ID:vUEnRl9Q
私から・・・一体何が起きたと言うの?そうだ、私は自ら棘の道を
選んだのだ。でもよりによって今井メロ。お願い、夢なら覚めて。
・・・
・「さっちゃん、さっちゃん!ねぇ大丈夫?」
桜「う〜ん・・・あ、歩さん?」
・「あぁ良かった。どうしたの、ずっとうなされっ放しだったよ」
桜「私・・・私・・・」
・「朝ごはん出来てるけど、汗びっしょりだよ。顔洗ったら食べよっ」
桜「歩さん!!」
部屋は真っ暗で顔は見えなかったが私は必死で歩さんに抱きついた。
桜「ごめんなさい。私・・・私、みんなと一緒じゃなきゃ嫌だ」
・「アハッ、何か悪い夢見たみたいだね。みんな一緒だよ♪」

ニコニコしながら桜子の頭を撫でる彼女であったがその笑顔は
次第に含み笑いに変わっていた。
メ(ククク、歩さん歩さんね。しばらくコイツと遊んでやるか)

414 :雪と氷の名無しさん:2006/03/18(土) 22:19:19 ID:3VtNWj07
>>407
モーニング娘。(羊)
モーニング娘。(狼)

415 :雪と氷の名無しさん:2006/03/18(土) 22:25:58 ID:s7USQX7l
今日は仕事も練習も休み…
林の部屋にて。

テレビゲームに夢中な歩。
……ピコ…ピコ……

弓「歩、お茶。何のゲームしてるの?」

歩「ドラ‥グヘV」

弓「……ドラ“クエ”だよね…」          歩「勇者は“アユミ”
  戦士は“ユミエ”
  僧侶は“ モエ”
  魔法使いは“マリリン”
  武闘家は“サクラコ”…
  でも、さっちゃんは今日もルイーダの酒場でお休みと。」

弓「なんか…リアリティ…あるね…
って、何で戦死したマリリンとモエ生き返らせないの?」

歩「これで弓枝と二人っきりで冒険…グヘヘ」

弓「あんたねぇ…チョット宿屋ばっかり泊まんないでよ。」

歩「二人っきりで宿屋…グヘヘ。もう一泊。グヘヘ」

弓「…歩。ゲームの主旨…間違ってるよ…」

歩「ユミエの装備は“あぶない水着”と…グヘヘ」


こんな勇者アユミが戦士ユミエと二人きりで
ラスボスを倒したのは…

バンクーバーから2年後の初夏。
勇者 アユミLv96
戦士 ユミエLv95

に達していたとさ。

416 :雪と氷の名無しさん:2006/03/18(土) 22:30:18 ID:ldqdFCiD
>>414
わざわざどうも
行ったことないです

417 :雪と氷の名無しさん:2006/03/18(土) 22:30:32 ID:CpQ0F4pD
>>412
ちょwwww
途中まで感動モノかとおもったのにwwww
バグパイプからメロラップのながれ最高です。

418 :雪と氷の名無しさん:2006/03/18(土) 22:35:44 ID:q78hfj+V
>>412-413
こえ━━(゚Д゚;)━━━ッ!!!!!
さっちゃんがこれ見たら、ホントに夢にうなされそうw


419 :雪と氷の名無しさん:2006/03/18(土) 22:40:38 ID:jcIf0xdo
>>401
遂に2人のあいだに亀裂が!

420 :雪と氷の名無しさん:2006/03/18(土) 22:46:08 ID:wqkJyu/w
歩「麻里、勝手なプレーはしないで。」
麻「はい」
歩「スイープは最後まであきらめないで!さっき途中でやめてたでしょ!!」
麻「だってそれはあゆみちゃんが、、、。」
歩「口答えしないで!私たちは勝つためにココにきてるのよ!」
麻「は・ぃ・・」

麻里はスキップの歩に執拗に説教され、返事する声も次第に小さくなっていた。

歩「とにかくジャッジは私に任せて!!」
麻「・・・・」

歩(ああ、これで麻里ちゃんはもう私に気を許してくれないな・・・・)
歩「でもいいの。試合に勝つことが私たちの目的だから・・・グスン。」
弓「こらぁ、あゆみ。説教しといて勝手にダメージ受けてどうするの.。よしよし。」
歩「ぐふぇへ」

そのころ麻里は・・・・
麻「もぐもぐ。すみません!肉まんおかわり!!」

421 :雪と氷の名無しさん:2006/03/18(土) 22:48:15 ID:5M8UKeDj
>>420
ノンフィクションか。

422 :雪と氷の名無しさん:2006/03/18(土) 22:54:34 ID:jeCEGlQH
>>420
まりりんは西武のおかわり君か?w

423 :雪と氷の名無しさん:2006/03/18(土) 23:08:11 ID:wsCxBngc
(笑える人は笑ってください)
・至上最も長いカーリング番組「マイシートを作ろう」

本橋「えー、小野寺さん、今日は思う存分小野寺さんにカーリングをしていただきたいと
  思いまして私どもが極寒の網走までお呼び致した訳なんですが。」
小野寺「おう、そのつもりで昨日はイシダスポーツ行って知り合いの店長に頼んで新しい
  ブラシ作ってもらったんだ。早くカーリングやらせろっつってんだ。」
林「じゃあまずは車に乗って…」

進行役の弓枝、カメラ役のもえ、ストーンの着ぐるみを着た桜子も二人と同行する。
やがて全面凍結しただだっ広い湖に車が止まる。

小「おいおい、なんだここは!」
本「小野寺さん、前々からあなたはチーム専用のシートが欲しいとおっしゃってましたよね。
  新鮮なアイスの上で、ほかの誰にも邪魔されずに安心して、こだわりのショットがしたいと…。
  そこで今回、この湖上に我々チーム青森のMyシートをつくろうじゃないかと!」
小「バカいうな!あたしゃ石田さんにこのブラシ使って今日中に感想教えてくれって言われてんだ!」
本「いや、でもシートがなければカーリングはできませんからねぇ…」
林「さあさあ、アイスメイクの道具は全部そろってます。山中湖からアイスメイクの達人にも
  来て頂いてますので頑張って素晴らしいシートを作りましょう!ではプレイボール!!」
小「・・・」

黙々と達人・小林さんの指示に沿って作業をする小野寺、林、桜子。
数時間後、ハウスとライン敷きが終わり、ぺブル用の水を撒く小野寺。
本「いやぁ、なかなかちゃんとしたシート、出来てきましたねぇ。」
小「このシート出来たらすぐにでもやるぞ。」
小林「いや、このシートがじっくり凍るまではできません。」
小「!・・・」

こうしてアイスメイクに初日を費やしたチーム青森であった。

― 続く ―






424 :雪と氷の名無しさん:2006/03/18(土) 23:15:58 ID:s7XaCmgi
まだまだ話は続いていた…


西口文也「まだまだゲストを読んでるぞ。我がチームのまりりん、おかわり君こと中村剛也です!!」
おかわり君「ども、まりりんこと中村だよ〜」
あゆみえ「お前ちゃうやろ!!」
おかわり君「失敬、失敬。んで、なんか飯ある??」
あゆみえ「お前、人の家上がり込んで飯頼むし、タメ語かよ!!」
おかわり君「ごめんなさい…」
西口文也「中村の頭の中は飯だけなんで気にしないで下さい」
まりりん「えっ、誰か呼んだ??」
おかわり君「あっ、まりり〜ん。ブヒッ」
まりりん「なんなの、このデブ!!」
西&力&あゆみえ「あんたもやん!!」
まりりん「すいませ〜んw」
歩「ん…って気付けばおかわり君焼きそば弁当食ってるしwwwしかも生をそのままwww
おかわり君「(バリバリ)あぁ、これ旨いよ!!」
歩&弓枝&西&力「お前アホやろ!!」
まりりん「あたしも食う〜!!」
歩&弓枝&西&力「お前もアホちゃうか!!」





まだTVには録画したニュースの西岡のインタビューが写っていた。





425 :雪と氷の名無しさん:2006/03/18(土) 23:17:03 ID:XfeOXBFg
>>423
次はストーン作りですね。半角斎先生。

426 :雪と氷の名無しさん:2006/03/18(土) 23:21:42 ID:s7XaCmgi
×読んでるぞ
О呼んでるぞ
見落としてたorz

427 :雪と氷の名無しさん:2006/03/18(土) 23:22:22 ID:MrAijM/0
ttp://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2006/imags2006/0318_large3.jpg

萌絵 「この中に、まりりんが大切にしていたおまんじゅうを
    食べちゃった人がいます。」

メガネ 「あいつやー」


428 :雪と氷の名無しさん:2006/03/18(土) 23:25:16 ID:vbotfPM2
勝手に続き
麻里「なんか文句あるの?」
歩弓桜晋「あ〜ぁ、まりりん怒らせちゃったよ、知ーらね」

429 :雪と氷の名無しさん:2006/03/18(土) 23:30:37 ID:vbotfPM2
って繋がってなかった。読み間違え、スマソ

430 :雪と氷の名無しさん:2006/03/18(土) 23:37:32 ID:F5TDTXrD
>>423
夏野菜大好きなんだよな〜
期待しています。

431 :雪と氷の名無しさん:2006/03/18(土) 23:48:05 ID:Z6ZrKdTC
>>404
ラノベ板

432 :雪と氷の名無しさん:2006/03/18(土) 23:48:47 ID:bLHoUHYg
>>423
「粗大ごみで家を作ろう」かなー
と思ったら、夏野菜だったんですが。もう一度見直すかー。

433 :雪と氷の名無しさん:2006/03/18(土) 23:48:47 ID:CpQ0F4pD
>>427
阿部「かったりーなー。はよ終わらんかなー。」
小野寺「あーあ。弓枝とけんかしちゃった…。」
目黒「〜というわけでカーリングとは…(なんか嫌な空気のとこに挟まれちゃったな〜)」
林「歩、絶対許さない!もー別れる!」
本橋「メガネ、コラ。今ストーン3個分って思っただろ?」
寺田「帰って部屋の掃除しなきゃ。」

という風にもみえる。

434 :雪と氷の名無しさん:2006/03/18(土) 23:57:09 ID:XfeOXBFg
>>427
目黒「寺内選手とは空知こざくらというチームから〜」
阿・小・林・本「あー、また間違えてるよ。」
寺田「萌ちゃん、いつになったら私の名前憶えてくれるのかな・・・」

じゃないか?

435 :まとめサイト:2006/03/19(日) 00:24:44 ID:+zSaV5ur
>>309
たぶんそうだと思うけど実況の作者さんは一話目をヒントにしたんじゃないかと勝手に想像して一緒にしてみました。
>>366
対応しました。抜けてる絵があれば教えてくだされ。

436 :雪と氷の名無しさん:2006/03/19(日) 00:31:25 ID:q4euwDep
〜前回までのあらすじ〜
高校生相手に語っちゃったよ、おい


弓枝「そろそろ出かけますか」
歩 「弓枝、ちゃんとナビ頼むね」
弓枝「何度も行ってるじゃない覚えてないの」
歩 「あたしは前だけを見て過去を振り返らない女」
弓枝「はいはい、それじゃしゅっぱーつ!目的地はカシオペア連邦の二戸」
歩 「了解、カシオペア連邦に向かって全速前進」
弓枝「スピードはきちんと守りなさいよ」
歩 「ラジャー、ウェイトちゅーい」
弓枝「よしよし」


弓枝「そろそろ八戸だからあと少しだよ」
歩 「八戸よーし、ところで八戸は青森県で二戸は岩手県だよね」
弓枝「そうだけど、なに?」
歩 「あたし社会苦手だからよくわかんないんだけど、どーして同じ県にしないの」
弓枝「いや、どーしてって言われても…」
歩 「おかしい、ぜったいおかしい」
弓枝「それは昔の人がそう区切ったからしかたないのよ」
歩 「えっ、でも平成の大合併とかいって常呂町も北見連邦の一員になったじゃない」
弓枝「北見連邦って、あんた」
歩 「とにかくどっちかにまとめても大丈夫なんじゃないの」

弓枝.。o○(参ったなあ、これはまともに相手してる場合じゃないぞ)

弓枝「ほ、ほら、歩も神戸知ってるよね、あれ「戸」がついてるけど関西じゃない」
歩 「神戸?、たしかに「戸」なのに東北じゃないね」
弓枝「そうでしょ、だから別にいっしょの県になくってもいいのよ」
歩 「なるほど、弓枝アッタマいい〜」
弓枝「わたしのことちょっとは見直した?」
歩 「うん、見直した、また好きになった」
弓枝「好きになった???」
歩 「ぐへ…」
弓枝「あゆみっ、前だけ見て運転しなさい!」
歩 「へへぇーぃ」



バンクーバーまで「あと1425日」

437 :雪と氷の名無しさん:2006/03/19(日) 00:38:11 ID:EU5kbkVR
乳を吸う猫
http://blog.livedoor.jp/parumo_zaeega/archives/50171782.html
酒飲み猫
http://blog.livedoor.jp/parumo_zaeega/archives/50168904.html

438 :雪と氷の名無しさん:2006/03/19(日) 00:41:52 ID:ocwW9sdm
>>436
カウントダウン『神戸』出してくれて嬉しいス
>>437
酒飲み猫はクマにして欲しかったな・・・

439 :雪と氷の名無しさん:2006/03/19(日) 00:46:55 ID:8w7uUoWI
>>416

せっかくにちゃんにいるなら全板見てみよう。世界が余りにも広がる。

ちなみに俺はオカルト、実況、神社仏閣

440 :雪と氷の名無しさん:2006/03/19(日) 00:49:59 ID:EU5kbkVR
>>427の画が裾あがってたら・・・・グヘヘ

441 :423:2006/03/19(日) 00:50:25 ID:YRIypm+r
<第二夜>

本「えー、今回も素敵なゲストの方にお越しいただいております。
  炎のスキップ、小野寺歩さんです!」
小「全国の子猫ちゃんたち、待ってたかな?はいどうもご存知小野寺でございます。
  前回はアイスメイクで一日を潰すというね、散々な内容だったけれども…」
林「いやいや小野寺さん、今日は本腰入れてカーリングに取り組んでいただこうと
  思っておりますので。」
小「林君、頼むよ。前回石田さんが感想くれなかったからちょっとトサカにきちゃってるんだよ。」
本「(ワザとらしく)いやぁ、これから小野寺さんのスキップ技が見れるなんてワクワクしますね!」
林「じゃじゃじゃ、早速Myシートに向かいましょう!」

一同ロケ車に・・・
揺られ揺られて湖到着。

小「おーう、いいシートじゃないか!このニューブラシのデビューにはふさわしいなぁ!
  さぁ、準備しようじゃないか。」
本「あれ?」
林「どうしたマリリン?」
本「いや、ストーンが…あれ?入れてきたと思ったのにな?」
林「おいおいマリリン、ストーンはちゃんと確認しろって言っただろ!」
小「え、どうしたの?」
林「いや、本橋くんがストーンを青森に忘れてきたって言うんですよ?参ったなぁ」
本「どうしましょう林さん?」
林「どうします?小野寺さん。やっぱりストーンにもこだわってる小野寺さんとしては
  このニューシートでね、そこら辺に転がってる石なんか使えるわけないですよねぇ?」
本「ブラシにもシートにもこだわる小野寺さんが、ここで妥協されたんでは…。」

小「(こいつらひょっとして…)いや、無いんであらばね、しょうがないんじゃないかい?
  今回はご近所の石屋さんから漬物石か何か借りてきて間に合わせようよ…。」
林「ええっ!小野寺さん、あなたはそんなに志が低かったんですか?」
本「いや、ここまで道具にこだわってきた小野寺さんにね、我々もそんな簡単に諦めて欲しく
  ないんでね・・・いかがでしょう、この際マイストーンを作ってみようじゃありませんか!」
本「(またワザとらしく)いや林さん、それはすばらしいアイディアだなぁ!小野寺さんそうしましょう!」

小「(やっぱり…)バカいうな!そんなに簡単に作れるわけ無いだろ?何言ってんだよ?」
林「いや、そんなこともあろうかと思いまして我々スタッフ、スコットランド行きの航空券を5枚
  手配してまいりました。まさかこんなときに役に立つとは。」
小「思いっきり予定調和じゃないか!あたしゃホントに石田さんに今日中に感想伝えなきゃいけないんだよ!」
本「いや、そうは言ってもストーンが無いんじゃカーリングは出来ないですからね。」
林「じゃじゃじゃ、善は急げでこれから千歳に行きましょう。さあ乗って!」
小「・・・マジで?」

こうしてチーム青森はまだリードが1投も出来ないまま新千歳空港へ向かうのだった。

− 続く −

442 :雪と氷の名無しさん:2006/03/19(日) 01:00:03 ID:D6MBP9ZK
>>435 
絵師さんのは転載より元URL貼った方がよくね?


443 :雪と氷の名無しさん:2006/03/19(日) 01:05:36 ID:lG+gTF0J
おいおい絵師さんのそのままぱくったらあかんだろ 転載の許可とってないんでしょ

リンクも本来は自由だけど、迷惑かかるからリンク許可とったほうがいいよ。


444 :雪と氷の名無しさん:2006/03/19(日) 01:14:38 ID:Q6B+WaWc
>>441
できればパイ喰わねえかもたのむw

445 :423:2006/03/19(日) 01:20:52 ID:YRIypm+r
>>444
案ずるな。もちろん入れます。しばし待たれよ。

446 :雪と氷の名無しさん:2006/03/19(日) 01:30:54 ID:4EelSOxu



   ・・・・・・・・・・・・・歩様待ち・・・・・・・・・・・・・

447 :まとめサイト:2006/03/19(日) 01:31:04 ID:+zSaV5ur
>>442>>443
そうですね。削除しました。

448 :雪と氷の名無しさん:2006/03/19(日) 01:43:32 ID:2i3u34jt
>>439
>神社仏閣
ナカーマ!!

449 :雪と氷の名無しさん:2006/03/19(日) 01:44:39 ID:0gb0Lr9+
>>446
漏れも(´・ω・`)

450 : ◆HOwkaSYVuQ :2006/03/19(日) 01:57:50 ID:90KM7HUd
昨日別スレで書いたんだけど、
http://www.youtube.com/watch?v=AUpLgmmIar0

中盤から終盤にかけての
カナダ戦勝利で歩ガッツポーズ→マリリンと抱擁→4人で抱擁→一旦離れる→(*)→また4人で抱擁

(*)のシーンで、歩がまりりんのおっぱい触ってるよね。ハァハァ

451 :雪と氷の名無しさん:2006/03/19(日) 02:22:22 ID:MGIoiffF
小野寺=大泉
本 橋=ミスター
 林 =藤村D
目 黒=うれしー
寺 田=安田=onちゃん

452 :雪と氷の名無しさん:2006/03/19(日) 02:32:01 ID:4UHoUCB/
ネー
∧ ∧   ∧ ∧ ネー
( ・∀・)(・∀・ )
(∩∩)  (∩∩)
      バンクーバーも頑張るんだもんね〜
 あゆみ   ゆみえ

453 :雪と氷の名無しさん:2006/03/19(日) 02:36:17 ID:b0Lyabmr
>>450
「まりりん」ではなく「弓枝」の!!

454 :雪と氷の名無しさん:2006/03/19(日) 03:03:31 ID:WXdDoLrz
 1999年〜夏、3x℃のとろけそうな日♪
 きょうは日曜、気分一新がてら美容室へとおもむく林。
美容師「‥いかがなさいますか?」
 気恥ずかしさもあってか、か細い声で切り出す林。
弓「あのぉ…『サヨナラバス』のPV‥みたことあります?」
美容師「あの曲ってイイですよねっ!」
弓「よかったぁ」
 ヨコハマとは縁も縁もないこの土地で望外にも
 “ゆず”の話題があっさり通じて喜びに舞いあがる林。
弓「えぇと悠仁の…(コレじゃわかんないかな?)
  メインのほうのボーカルの人のヘアスタイルって感じでわかりますか?」
美容師「ええ、もちろん(笑)」
弓「じゃ、それでお願いします!」
美容師「ハイわかりました。 ‥それにしても
     歌いながらギターも弾けるなんて恰好いいですよね〜」
 内心サンキュー、満面の笑みを浮かべる林。
♪「サヨナラバスよぉ〜 どうかぁ〜
  来ぉな〜いでぇ〜くれないか…

 そして日頃の練習疲れも手伝って、ついウトウト…‥


455 :雪と氷の名無しさん:2006/03/19(日) 03:04:52 ID:WXdDoLrz
♪ …やぁ〜っぱぁりぃ〜君がぁ〜好きなんだぁぁ〜〜」
 鼻歌まじりに、弓枝の下宿先を訪ねる小野寺。
 ウキウキ気分で扉を開けると

弓「失敗した…」
http://www.curling.se/wjcc99/images/stuff/0328028.jpg
歩「ふっー!」
弓「ンフフッw」
歩&弓「ぐへへ…フッ…んふっ…ンふッ‥んフッ‥ンフっ‥ンフ…‥www」
歩「林ぃ〜コラ!! 鼻水出ちゃった…www」
弓「これ“センチメンタル バス”だって…」
http://images.google.co.jp/images?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8&rls=GGLC,GGLC:1970-01,GGLC:ja&q=%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%83%90%E3%82%B9&sa=N&tab=wi
歩「ン‥アハハ…‥www」
弓「炎天下の夢って…w」
歩「アハハ‥PlayBall?」
弓「PlayGame!」
歩「♪せぇ〜ので走り出すぅーw」
http://www.curling.se/wjcc99/images/stuff/0324020.jpg
弓「‥わかりづらいの頼んじゃった」
歩「ヒイッ‥ヒイッ …‥www」


456 :423:2006/03/19(日) 03:05:27 ID:YRIypm+r
<第3夜>
AM7:20
新千歳空港へ向かう車内

小「・・・・・・・・・・・・(ムッとしてる)」
本「えー、小野寺さん、これから我々スコットランドにありますアルサクレッグ島に行ってですね
  チーム青森のMyストーンを作ろうじゃないか、なんて考えているわけなんですが・・・。」
小「・・・・・・あぁ〜朝日が眩しいなぁ!・・・(とカメラ収録中なのにふてぶてしいポーズをとる)」
本・林「・・・・」
小「・・・これから私はね、この日本からはる〜か遠い遠い小さな島でね、どうやって採るか
  知らねえけどでっけえ石を切り出してさぁ、ストーン作るの。そのために今ちょっと寄ったの。
  網走に。グフフ・・・」
林「いや小野寺君、確かに私と萌絵とマリリンでいつものように君には事前に知らせずにだ、
  今回のスコットランド行きを決めちゃったのは強引な力技かもしれないけどさ、石田店長が
  勘繰ってる時点で気付くだろ?少しはさぁ…。まったく君はソルトレイクの時から変わってないなぁ。」 
小「(カチッ!)・・・おい、おーい、おーーい!林君?言ってくれるじゃないかぁ。え?だけどもだ、
  気付くも何もこっちは今日はカーリングやります、って言われただけなんだよ。久々にカーリング
  させてくれるって言うから気合入れて石田さんとこの最新のブラシ手に入れてきたんだよっ。え?」
林「いや小野寺君ね、ブラシブラシって言うけどね、こっちはそんな最新鋭のブラシ用意しろなんて
  一言も言ってないんだ。それを鬼の首取ったようにね、振りかざされちゃ・・・」
小「お?なんだ、この野郎?・・・・」
林「お?やんのか?しゃくれ。」
本「まぁまぁ、お二人とも、旅は長いですから・・・」

車内、しばしの沈黙

小「・・・これでスコットランドから帰ってきたら・・・あたしゃお見舞いしてやるぞぅ!・・・おぅ?どっちが
  いい?常呂か?青森か?ようし、まずは常呂の弓枝のお袋のとこにストーンとブラシ持って行くんだ・・・
  『はい、おかあさん、どうも〜。わかるでしょお〜?おのでらあゆみでございますぅ。
  おい、ダブルテイクアウトやらねえかぁ?』それでお前のお袋にお見舞いするんだ・・・私の
  ウエイトの効いたラストストーンを・・・それが終わったら今度は青森だ・・・市役所行って
  スポーツ振興課の課長を訪ねるんだぁ・・・『課長、どうもお久しぶりでございますぅ・・・ご存知
  おのでらあゆみちゃんが帰ってまいりましたぁ〜。おい、トリプルテイクやらねえか?』ってな。」
林「そしたら課長代理が『あたしがスイープします!!』って言うな(笑)」

PM3:40
成田発スコットランド行き機内
アイスメイクの疲れか、爆睡する5人。小野寺の目が半開き。
林「怖えぇよ〜」

[次回予告]
アルサクレッグ島でチーム青森を待っているものは?
ストーンの秘密とは?衝撃の展開か!?  

457 :雪と氷の名無しさん:2006/03/19(日) 08:52:35 ID:w9PHXhHS
つまらねえ作品ばかりw

褒めあうだけ。 傷の舐めあいかよw
くだらねえ駄文続けるな。

458 :雪と氷の名無しさん:2006/03/19(日) 09:04:33 ID:J2PAVA0j
>>457
じゃー,書いてみな!評価してやるから.

459 :雪と氷の名無しさん:2006/03/19(日) 09:12:54 ID:wB6DAGhd
カーリング精神の無いレスはスルー
2ちゃんで煽りをするようになったら、まじで廃人

460 :雪と氷の名無しさん:2006/03/19(日) 09:56:54 ID:W0tS10HR
>>458
釣られてはダメニャ

461 :雪と氷の名無しさん:2006/03/19(日) 09:59:17 ID:F26XMF+d
 
 
 
 
 
越:「DSって、ダークサイド?」
 
 
 


462 :かえで ◆.sVGZg0ELQ :2006/03/19(日) 10:02:31 ID:/tBKnlOu
こちらに移動させていただいても構いませんか?
http://sports9.2ch.net/test/read.cgi/wsports/1142723841/l50

463 :雪と氷の名無しさん:2006/03/19(日) 10:08:32 ID:F26XMF+d
>>462
一緒スレの意味を分かっているのか?

464 :雪と氷の名無しさん:2006/03/19(日) 10:09:55 ID:W0tS10HR
>>462
向こうでレスあったみたいだな。
これ以上カーリングでスレ乱立も困りもんだし
ここでがんばってくれ。

それと出来ればそっちで貼った作品をコッチに貼り直してくれ。
そして立てたスレを削除依頼すればMr.パーフェクトだ。

465 :かえで ◆.sVGZg0ELQ :2006/03/19(日) 10:10:53 ID:/tBKnlOu
>>463さん
 こちらのスレで書いては?と進められたもので・・・

空気が違うのはよくわかりますw

466 :雪と氷の名無しさん:2006/03/19(日) 10:11:57 ID:OB+rQGg0
>>462
内容からしてここには合わないようだが・・・
まだ廃人スレのほうがマシじゃね??


467 :雪と氷の名無しさん:2006/03/19(日) 10:13:36 ID:i82K2IMf
読んだ感じだと、2ちゃんでやるには長くなりすぎる悪寒


468 :雪と氷の名無しさん:2006/03/19(日) 10:14:54 ID:KNnLoufd
自分でブログを立てることをお勧めする>かえで ◆.sVGZg0ELQ

悪いことは言わん。少なくともこのスレでは無理

469 :雪と氷の名無しさん:2006/03/19(日) 10:16:31 ID:EU5kbkVR
空行が読みづらいかも。あとここの作品のいいとことは会話調だから。

470 :かえで ◆.sVGZg0ELQ :2006/03/19(日) 10:16:35 ID:/tBKnlOu
>>468さん
了解しました〜
放浪してみますw

471 :雪と氷の名無しさん:2006/03/19(日) 11:52:27 ID:UeTkfoI2
>454-455
ワロタヨ

472 :雪と氷の名無しさん:2006/03/19(日) 12:12:28 ID:5SsmTLrL
>>450
小野寺、マリリンのおっぱいに思わずさわってしまったって感じの手の引きかただよね。
マリリンおっぱい大きいから意識しなくてもさわったり、あたったりすることはよくありそう。
だが、弓枝のおっぱいは小野寺が意識してさわりにいかないとダメ。この非日常性を
俺はこのスレに求める。

473 :雪と氷の名無しさん:2006/03/19(日) 13:38:12 ID:EU5kbkVR
961 名前:雪と氷の名無しさん [] 投稿日:2006/03/19(日) 12:50:43 ID:aPNQI0F6
今から岩手のカーリングフェスティバルで、チーム小野寺 vs チーム林が対戦だそうです。from実況板

474 :366:2006/03/19(日) 13:46:33 ID:JadJ4ro2
まとめ人さん、いつも乙です。俺が余計なこと書いたせいで…ゴメンよ〜orz
チーム小野寺 vs チーム林…見たい半分、見たくない半分かな〜?

475 :雪と氷の名無しさん:2006/03/19(日) 14:13:18 ID:pC+WAluP
歩「弓枝と戦うなんてできない!」
弓「歩、たっぷりいじめてあげる」

476 :雪と氷の名無しさん:2006/03/19(日) 14:57:24 ID:tL7PL8gs

 「あら、歩、部屋きれいじゃん」
 「ニャアー」
 「いつも津波のあとみたいだったのにね。
  あっそうか、たまには掃除しなって怒ったからね。
  えらい、えらい」
 「ゴロゴロ、スリスリ」
 「こんにちわ、うるる連れてきましたよ」
 「あらマリちゃん、こんにちわ。
  うるるちゃん初めまして、可愛いねえ」
 「ブギャー!」「フー」
 「こら、喧嘩しない! ああ、ちょうど猫缶あったわ
  うるるちゃんめしあがれ」
 「モグッ」
 「あっ、歩は違、ーーまっ、いいか」
 「ぱくぱく」
 「ああマリリンまで」

477 :雪と氷の名無しさん:2006/03/19(日) 16:35:15 ID:EU5kbkVR
岩手ドリームマッチを終えて

弓枝「歩、あなた私のミスショットのあとカナダ戦の勝利のときのようなガッツポーズとったでしょ!」
歩 「やってないよ〜〜(・・・・ここはを切らねば)
弓枝「あなたがミスをしたからあわせてあげたのになぁ〜」
歩 「そうなの?やさしいぃ〜」
そこにドリームマッチの歩チームが挨拶にやってきた。
チームの面々「今日は楽しかったです。林さんがミスされた時、小野寺さんが「シャケとったぞ〜!」って
ちょっと意味不明でしたが勉強に為りました。失礼します。
歩 「あわわわわ・・・」
弓枝「ピクピク・・・」
歩 「さぁ、帰る用意しなくちゃ!」
弓枝「ちょっとこっちおいで!」
歩 「恐いけど、、、ぐへへ」

478 :雪と氷の名無しさん:2006/03/19(日) 16:40:32 ID:EU5kbkVR
60 名前:名無しさん [] 投稿日:2006/03/19(日) 16:33:55.52 ID:pU5+Rknn
http://www.hinet.bosai.go.jp/
マグニチュード4.5
深さ69.6km

なにもこんな日に地震おきなくても(w

歩 「地震だ〜〜〜!こわいよ!」
弓枝「歩!そこあぶないから。こっちおいで!」
歩 「グヘヘ・・・・(地震に感謝。。。)

479 :雪と氷の名無しさん:2006/03/19(日) 17:26:00 ID:1pOZDRM8
423様の続きが気になる俺は異常('A`)

480 :雪と氷の名無しさん:2006/03/19(日) 18:17:13 ID:8JR81ZGn
今日は岩手行ってるんだね
予算の関係で歩と弓枝は同じ部屋に泊まるのかな。

ワクワク

481 :雪と氷の名無しさん:2006/03/19(日) 18:26:09 ID:1pOZDRM8
予算の関係なら地獄の日帰りだよ(´・ω・`)

482 :雪と氷の名無しさん:2006/03/19(日) 18:37:38 ID:m/lpkM+L
今日はWBCをずっと見ていた二人…


歩「やったぁ!!やったよ!!弓枝ぇ!!」
弓枝「歩!!良かったねぇ!!」
二人抱き合いながら号泣。
歩「弓枝ぇ、あたしカナダ戦で勝った時より嬉しい!!」
弓枝「あたしもよ!!あのカナダ戦以上の嬉しさだよね!!今日は…祝勝会だぁ!!」
歩「よっしゃあ!!呑も呑も!!」
二人杯を交し、酔いも深くなって…
弓枝「ぶぇ〜。今日、愛してくれるかねぇ〜!!ガハハ!!」
歩「グヘヘ、待ってました弓枝!!」
そこへ騒ぎをかぎつけたまりりん登場。
まりりん「何してるブヒッ??」
歩「呑んでんの〜。まりりんも呑む〜??」
まりりん「つまみはあるブヒッ??」
弓枝「お前は結局つまみ狙いかよ!!」
歩「グヘヘ〜」
そして呑みまくり、まりりんは寝てしまった。
歩「グヘヘ、グヘ〜、グヘッ」
弓枝「うぃ〜、歩、愛してぇ〜!!」
歩「グッヘヘ〜!!」



パソコンには西岡のアイコラが写っていた。






483 :雪と氷の名無しさん:2006/03/19(日) 19:17:54 ID:lG+gTF0J
    _________ 
  ( ̄   .ハ歩ハ   ハ弓ハ  \ ソコ
   \  [(,,・∀・)] [(´ー`*)]  \ サワッチャダメ
   (⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒ヽ
   \ ############\
     \ ############\
      \ ############\
       \ ############\


484 :雪と氷の名無しさん:2006/03/19(日) 19:27:30 ID:QOB7lKjn
枕枕
弓歩
布団 

485 :雪と氷の名無しさん:2006/03/19(日) 19:41:30 ID:c+k8e+93
二戸での試合後・・・・・
歩『さ〜終わった、終わった。少しゆっくり出来るねぇ〜』
弓『あ〜疲れた〜・・フゥ』
萌『お疲れ様です。後片付けはやっておきますので、二人はゆっくりして下さいね。』
桜『任せて下さいね!(笑)私の得意分野ですから!(笑)』
麻『やったー!今日の晩御飯はすき焼きだってよー!それも前沢牛!・・・』
弓『あっ、まりりん!よだれ!よだれ!片付け終わってからだよ。』
弓『あっ、歩!まだ箸もってこなくていいよ!・・・』
麻『ちぇっ!(´〜`)』
歩『にゃー!にゃー!っ』弓・萌・桜『・・・・・』続く

486 :雪と氷の名無しさん:2006/03/19(日) 19:47:23 ID:yN10frnd
このふたりの温泉風景となると林さんは普通に湯けむり美人なイメージなんだけど
小野寺の場合はどうしてもおちょこととっくりがセットでついてくるイメージを拭い去れない

487 :雪と氷の名無しさん:2006/03/19(日) 20:01:18 ID:BOhpxCdY
641 名前:雪と氷の名無しさん[sage] 投稿日:2006/03/19(日) 18:41:23 ID:1wEjoBqI
チーム小野寺とチーム林で対決中の図。
会場暗すぎてシャッタースピード早くできなかった・・・・

ttp://www.imgup.org/iup178995.jpg

663 名前:雪と氷の名無しさん[sage] 投稿日:2006/03/19(日) 19:32:06 ID:1wEjoBqI
ttp://www.imgup.org/iup179011.jpg

楽しそうだぁ。なんかこっちまで幸せな気分。

488 :雪と氷の名無しさん:2006/03/19(日) 20:09:05 ID:QOB7lKjn
青森ジャージとオリンピックジャージ・・・
やっぱりカネないんだ

489 :雪と氷の名無しさん:2006/03/19(日) 20:10:50 ID:oscVQ4dq
>>488
青森ジャージとオリンピックジャージ、
5着ずつくらい持っているのかもよ

490 :雪と氷の名無しさん:2006/03/19(日) 20:12:22 ID:NB26nNxN
>>488

>青森ジャージとオリンピックジャージ
その方がファンが喜ぶでしょ

491 :雪と氷の名無しさん:2006/03/19(日) 20:19:33 ID:ocwW9sdm
うは。弓枝さんの爆笑かわいい

492 :雪と氷の名無しさん:2006/03/19(日) 20:20:44 ID:QOB7lKjn
石が青い

493 :雪と氷の名無しさん:2006/03/19(日) 20:22:38 ID:RyVQmy1k
>>488
野球やサッカー選手のイベント参加衣装もユニフォームなわけで、
さらにジャージっていうから貧乏くさいわけで、
この場合ユニフォームと解釈・・・できない何かがあるなぁ、やっぱり。

494 :雪と氷の名無しさん:2006/03/19(日) 20:23:19 ID:x7W/qWQF
ttp://www.tokyocurling.com/photo/DSC000982.JPG
いい写真だ

495 :雪と氷の名無しさん:2006/03/19(日) 20:27:10 ID:ZYlbkSWC
>>487
この写真のオノデリングを見て
ちょっと上原多香子入っているとオモタ。
わしだけか?

496 :雪と氷の名無しさん:2006/03/19(日) 20:27:15 ID:x7W/qWQF
ttp://www.tokyocurling.com/DSC00150.JPG
これ、どっちがどっちの母ですか?

左から、林さん、小野寺さん、目黒さん、かな?

497 :雪と氷の名無しさん:2006/03/19(日) 21:03:48 ID:mvaZywiO
>>487
そうなんだよな。
この写真を見ただけで、こんなにも爽やかなな気持ちにさせてくれるから…

俺は二人が大好きなんだ!

498 :雪と氷の名無しさん:2006/03/19(日) 21:10:01 ID:tL7PL8gs

桜「小野寺さあん林さあん出発しますよう」
歩「ニャア」
桜「ぎゃっ!また猫ですかあ、早く元に戻してください」
弓「それがねえ、戻らなくなっちゃってーーいくら
   胸触らせてもーー私もう飽きられたのかしら、グスン」
桜「(そんな問題じゃねえだろ)そんなことありませんよう
   きっと繰返しすぎて刺激に鈍くなったんです」
弓「こんな丸い手じゃストーン投げられないしーー」
桜「(そんな問題じゃねえだろ)練習試合の時間迫って
   ます、そうだ!ここは人海戦術でいきましょう」
萌「猫の手も借りたいと申します」
桜「萌ちゃん、わけのわからないこと言ってないで、あなた
   も協力してね。
   マリちゃあん、ちょっと食べるの休んでこっち来てえ。
   林さんも、いつまでも落ち込んでないで、こっち来て
   くださあい」
桜「はあい、みんな猫前にして横一列に並んでね、胸をはだけて
   足上げて、腰をくねっていちにのさん」


499 :雪と氷の名無しさん:2006/03/19(日) 21:15:37 ID:JadJ4ro2
>>487
「明日も生きよう」という気がわいてきたぜw… ありがとう…

500 :雪と氷の名無しさん:2006/03/19(日) 21:16:45 ID:JadJ4ro2
ついでに500ゲト…明日も頑張ろう…

501 :雪と氷の名無しさん:2006/03/19(日) 22:46:57 ID:lM/FZxky
>>456 の続きが楽しみだ

502 :雪と氷の名無しさん:2006/03/19(日) 22:48:30 ID:ocwW9sdm
小野寺さんちの家庭の事情その2 お小遣い編

弓「はい、今月のお小遣いね」
歩「わーい♪・・・って、やっぱり月一万はツライよぉ」
弓「我慢しなさい。お弁当も作ってあげてるでしょ」
歩「そうだけどぉ」
弓「どこ削ればいいかわかってるでしょ?」
歩「・・・呑み代」
弓「必要なものがあるときはちゃんと出すから、ね?お金ためなきゃ。がんばろう?」
歩「・・・うん(涙)」

503 :雪と氷の名無しさん:2006/03/19(日) 23:25:54 ID:yerPwY1a
>>487

保存された方がいらしたら再アプお願いします。(;´Д`)どうか何卒。

504 :雪と氷の名無しさん:2006/03/19(日) 23:43:33 ID:8BWGjYA9
おれからもよろしくお願いします。

505 :雪と氷の名無しさん:2006/03/19(日) 23:46:19 ID:yW5204eG
>>503
静止画ですよ?

506 :雪と氷の名無しさん:2006/03/19(日) 23:49:46 ID:yerPwY1a
>>505
お願いします。(;´人`)すみません。

507 :雪と氷の名無しさん:2006/03/19(日) 23:57:55 ID:yW5204eG
>>506
ttp://www.imgup.org/
179179 onodera
179178 onodera

もらいものなのですぐに削除するんで早めにお願いします

508 :雪と氷の名無しさん:2006/03/19(日) 23:58:39 ID:zPhJx8Y9
ttp://blog.livedoor.jp/juki0913/archives/2006-02.html#20060222

部屋に帰ったら大好きなお菓子が無くなってたんだからまりりんあせったろうなぁw

必死になって捜している姿が目に浮かぶw

509 :雪と氷の名無しさん:2006/03/20(月) 00:00:07 ID:oscVQ4dq
>>508
このエピソードについてはまりりんが絡んでいるとこがツボだね

510 :雪と氷の名無しさん:2006/03/20(月) 00:05:01 ID:1pOZDRM8
>>508は初めて見た。ネタじゃねーのか? と思いながら読んでいたんだが、マジ話?( ´ー`)

511 :雪と氷の名無しさん:2006/03/20(月) 00:06:37 ID:Yxj8vUJS
一緒に写真撮ってるんだしホントじゃない?

512 :雪と氷の名無しさん:2006/03/20(月) 01:02:44 ID:XLQmEBIk
>>507
本当にすみません。
間に合いませんでした。
貴殿の優しみとお心遣いを心から感謝します。
ありがとうございました。

513 :雪と氷の名無しさん:2006/03/20(月) 01:09:55 ID:RiU16AFC
>>512
FB knightokyo にうpしました

514 :雪と氷の名無しさん:2006/03/20(月) 01:15:11 ID:ooomzkw0
>>512
間に合いませんでしたか!ごめんなさい!
>>513
乙です

515 :雪と氷の名無しさん:2006/03/20(月) 01:17:08 ID:pl+P0u7V
そろそろカウントダウン?
歩様も続きが気になる

516 :雪と氷の名無しさん:2006/03/20(月) 01:22:49 ID:XLQmEBIk
>>513
本当に感謝します。
驚きました。
この2枚、一緒画像としては究極の部類ではないですか!
これはもうなんというか本当にありがとうございました。

現地二戸でこの2枚を撮られた神、優しみ溢れる507神513神全ての皆様にあゆみえのご加護かありますように。

517 :雪と氷の名無しさん:2006/03/20(月) 01:35:00 ID:XLQmEBIk
>>514
とんでもないです。
私こそ皆様にご迷惑をお掛けして申し訳ないです。
本当にありがとうございました。
感謝とともに私も可能な限り補完に回ります。w
一緒スレの誰もが待ち望んでいた笑顔の2ショット写真、そんな気がしました。
リラックスした笑顔、二人とも少女そのもので驚きです。
真摯に生きた時が成したのでしょうか・・充実しているからでしょうか・・。
最早神々しいっす。w

518 : ◆HOwkaSYVuQ :2006/03/20(月) 01:35:22 ID:MhJJ4xJf
蝦夷地にカーラーを売る商人あり。曰く
「これはアユミ、ミスも多いが神ショットも連発する究極の最終兵器。
 彼女を使えば日本でも最強のチームが出来上がるよ」
また曰く
「これはユミエ、常に安定した冷静なショットを打つ名サード。
 彼女を使えば世界に通用するチームが出来上がるよ」
子曰く
「では二人が同じチームで組めばいかに?」
アユミ曰く
「ニャンニャン♪」
ユミエ曰く
「ちょwww それおっぱ(ry 」

519 :雪と氷の名無しさん:2006/03/20(月) 01:59:36 ID:IrKmDcTr
〜前回までのあらすじ〜
カーリングって、やっぱり楽しいもんなんだ


歩 「もしもし、麻里」
麻里「歩ちゃんこんばんわ、岩手はどうでした?」
歩 「楽しかったよ〜」
麻里「あたしも行きたかったなあ」
歩 「弓枝のあんな笑った顔なんて久しぶりに見ちゃったよ」
麻里「ホントふたりだけでずるいですよ」

歩 「ところでさ、こんど常呂で報告会あるじゃない」
麻里「えっと23日ですよね」
歩 「そうそう、それで麻里も一緒に帰るんでしょ」
麻里「えっ」
歩 「どうせ21日はこっちで報告会やるんだから同じ行動でいいじゃない」
麻里「で、でも…」
歩 「なによ、ダメなの」
麻里「ふたりの邪魔するわけにもいかないし…」
歩 「いまさらなに言ってんのよ、いつも一緒に遠征とかしてるのに」
麻里「チームでの移動はまた別ですよ、ほかのみんなもいるから」
歩 「余計な気なんてつかわなくていいよ、麻里らしくもない」
麻里「ふたりの関係は凄いって噂になってますよ」
歩 「そんなバカなこと誰が言ってんのよ」
麻里「いや、ネッ… (アブない、歩ちゃんにネットは禁句だった)」
歩 「なに?聞こえない」
麻里「あっ、ねっ、ねぶた会でいまその噂で持ちきりなんですよ」
歩 「ねぶた会だか何だかしらないけどそんなのは信じなくていいから」
麻里「は、はい」
歩 「わかったわね、22日に3人で一緒に帰る」
麻里「はいっ、本橋麻里ご一緒させて頂きます」
歩 「よし、わかればよろしい」
歩 「じゃあ、22日の朝イチで青森駅待ち合わせで」
麻里「はい青森駅朝イチで、えっ?駅?」

歩 「それから、集合までに青春18きっぷを各自忘れずに買っておくように」
麻里「18きっぷ???」
歩 「なにごとも節約節約」


バンクーバーまで「あと1424日」

520 :雪と氷の名無しさん:2006/03/20(月) 02:09:46 ID:tZqcH8Y4




 ・・・・・・・・・・・・・歩様待ち・・・・・・・・・・・・・






521 :ミニゲーム・ビッグゲーム 1:2006/03/20(月) 02:20:42 ID:ZL9ip+l6
   〜〜 東奥日報より 〜〜
キャプテンは時には、悪役にもなった。05年9月のカナダ合宿。チームの1人が精神的疲労から調子を落とした。
小野寺は厳しく言った。「私たちは、勝つためにここにいるのよ」。嫌われてもいいと思った。


歩 「萌絵ちゃん、何やってるのよ!! もっと気合い入れてやらないとダメでしょ!!」

歩の声がアイスに響き、一瞬辺りが静まりかえる。周りの視線がうなだれる萌絵と、
萌絵をキッと睨みつける歩に集まっていた。

歩 「分かってるの?! あたしたちは、オリンピックで勝つためにここで頑張ってるのよ!
   萌絵ちゃんがそんな調子じゃ他のみんなにも影響が出るでしょ!
   このままじゃ、オリンピックで勝つどころか、代表にもなれないよ!
   もっとしっかりしてよ!」

慌てて弓枝たちが駆け寄るが、歩の叱責は止まらない。ふだん安全運転をしてきた人が、
高速道路でアクセルを思い切り踏み込んだらブレーキのタイミングが分からなくなるように、
先走ってしまった自分の気持ちをコントロールできずにいるようだった。
萌絵は見ると、じっと歯を食いしばって歩の言葉に耐えている。自分の調子が悪いことを自覚しているだけに、
反論も弁解もできない、いや、反論や弁解をする気力すらないように見えた。
そしてそんな二人の側で、弓枝たちは声をかけるタイミングを失い、心配そうに
二人を見ていた。

歩 「もうちょっと気合い入れて──」
弓枝「歩!!」

やっと弓枝が止めると、歩が蒼白な顔で振りかえる。うつろな目の端には涙が浮かび、
これではどっちが怒られているんだか分からない。

弓枝「ちょっと休憩しよう。十五分休んで、それからさっきの実践練習をもう一回、ね」

そう桜子と麻里に告げると、弓枝は歩の背中に手を回してアイスから連れ出し、
近くのベンチに腰掛ける。振り向くと、萌絵は桜子と麻里に挟まれてロビーの方に向かっていた。
弓枝がポットから温かい紅茶を淹れて歩に差し出すと、歩は黙って受け取りそのまま飲み始める。
弓枝はそんな歩を見ながら、どんな言葉をかけようかと思案していた。

仲がいいというのも、こんな時は困るな。
弓枝はそんなことを思う。

歩は、萌絵がここ数日長く続いたカナダでの合宿で精神的に調子を落としていて、
本人もそのことで苦しみなんとか調子を戻そうと頑張っていることを知っているのに、
役目上叱らなければならない。
チームのためとはいえ、やり慣れないことを必死になってやっている歩は
傍から見て痛々しかった。
一方萌絵たちも、歩が叱り役に向いてないのに、チームのために必死に叱り役に徹している姿を見て、
自分たちも何とかしないといけないと分かっているのに、どうしても調子を戻すことができない。
お互いが相手の気持ちの裏まで知り尽くしているのに、それに対してうまく応えることができず、
そのことでお互い傷ついていた。

もう少しお互いの気持ちが離れていれば、陰口を言い合って発散させることもできるのに、
相手のことを気遣ってそれもできない。できるのは、ただこうやって寄り添ってあげること
だけだった。


522 :ミニゲーム・ビッグゲーム 2:2006/03/20(月) 02:22:05 ID:ZL9ip+l6

弓枝が無言で俯いている歩をじっと見ていると、学校を終えたらしい子供たちが近づいてきた。
カーリングでオリンピックを目指している日本人が合宿していることが知れ渡り、
地元の人たちがよく見学や応援に来てくれる。そんな中で親しくなった子供たちだった。

「Hi !! Yumie, ayumi !!」

子供たちは弓枝たちに挨拶すると、水平に重ねた両手をすりあわせる。
麻里がこの子たちに教えた「日本の挨拶」だった。

「Were you ..something..?」
「No. It is nothing. 」

心配そうに聞いてくる子たちに弓枝が明るく答えるが、彼らはそれでも心配そうな顔のままだ。
ロビーで萌絵たちを見て、何かあったと思ったのだろう。

そうこうしてる間に十五分がたち、みんなが集まってくる。だが、みんなの表情は沈んでいて、
これから練習を再開してもさっきと変わらないことは明らかだった。
歩が何も言わないので、弓枝がこれからの練習について言おうとしたとき、
さっきの歩の叱責から何も言わず見ていたフジ・ミキコーチが口を開いた。

フジ「コレカラ、ミニゲーム、スルネ」
五人「ミニゲーム?」

突然の提案に戸惑う五人をよそに、フジ・ミキは続ける。

フジ「2チーム二ワカレテ、4エンドのゲームでアソブ。OK?」
弓枝「え……、でも、2チームに分かれると、人数が足りないんですけど……」

時々練習の手伝いを地元の人たちに頼むこともあったが、午後のこんな時間にはまだいない。
そんな疑問をぶつける弓枝に、フジ・ミキは笑いながらカーリング上の一郭を指さした。

フジ「ダイジョウブネ。アノコタチガ、チームニハイッテクレルネ」

指さした先には、心配そうに弓枝たちを遠巻きに見ている子供たちがいた。

  〜〜 続く 〜〜

523 :雪と氷の名無しさん:2006/03/20(月) 08:46:37 ID:bPPONd5p
>>513
knightokyo、PWなしってことまでわかったんですが、
何も入れないと「PWを入力してください」と出ます。
PWなしの場合、どうすればいいのでしょう?
スレ違いっぽいですが流れだということで教えていただければ。
ぜひ見たい…。

524 :雪と氷の名無しさん:2006/03/20(月) 09:49:55 ID:NZZi7JxX
>>521-522
イイ感じ!
続き期待してますね〜

525 :雪と氷の名無しさん:2006/03/20(月) 10:07:48 ID:V+9vGCgI
>>323のつづき

弓「…さっきの質問、こたえて」
歩「…」
弓「どうして私、結婚しちゃいけないの?」
歩「…」
弓「…」
歩「…」
弓「…ね?」
歩「そ…わ…じゃん…」
弓「なに?」
歩「…弓枝、そんなのわかってんじゃん…」
弓「…」
歩「…ずるいよ、わかってんじゃん!」
弓「歩。わたしね」
歩「…」
弓「…●●さんに、抱かれたよ、一度」
歩「…(蒼白)」
弓「…(闇の中で目が青く光っている)」

つづく。

526 :雪と氷の名無しさん:2006/03/20(月) 10:36:45 ID:aV1IOFjf
ttp://www.iwate-np.co.jp/news/y2006/m03/d20/PhotoNews.html

527 :雪と氷の名無しさん:2006/03/20(月) 10:50:56 ID:gHVR/RdE
>>525
俺の頭の中では最後の会話のときに、
東京ラブストーリーのあの曲が流れますた。CMにも使われた奴。
はやく続き書いて楽にしておくんなまし。

528 :雪と氷の名無しさん:2006/03/20(月) 12:47:21 ID:8e8r+wI3
何これ

529 :雪と氷の名無しさん:2006/03/20(月) 13:04:10 ID:rQuMNImM
歩様。まだかな…

530 :雪と氷の名無しさん:2006/03/20(月) 13:34:24 ID:IF/vJk8C
wwwwwwwwちょっwwwwwwおまwwwwwww抱かれたよ、てww

…。

妄想は作者の自由であるべきだし、他人が作品にゴチャゴチャ言うのも俺は
嫌いなんだけど、ちょっとこの展開でマジブルー(not戦隊)きちゃった俺は
頭沸いてるのかな??空気嫁図のマジ書きゴメン…orz

531 :雪と氷の名無しさん:2006/03/20(月) 13:44:57 ID:a8YUiQbr
>>527
伊武「キャンペーンだよ小野寺君」

532 :雪と氷の名無しさん:2006/03/20(月) 14:08:10 ID:gHVR/RdE
変則的だけど読んでやって下さい。許しておくんなまし。・゚・(ノД`)・゚・。


【プロローグ】
ひょんなことから小野寺歩・林弓枝の両人と知り合ってしまった。
時期外れの夏休み、同じ二人同士ということも手伝ったのかもしれない。
四人でホテル近くの小料理屋でテーブルを囲んでいるのだ・・・・。

【第1話】
あのオリンピックでは俺も感動した口だった。試合をDLし、テレビ番組に
登場したといっては録画していた。今振り返ると度を越していたと思う。
しかし、現実に目の前にあの憧れだった林さんがいる・・・・。
小野寺さんは春をちょっとすぎた頃に結婚することを発表していた。
そのときのネットのファンたちの落胆振りはものすごいものがあった。
俺はその落胆に同情しつつも、林さんでなかったことに安堵したものだった。
俺の友達はスポーツに関してはうるさい。しかも観戦ではなく、やるほうだ。
スポーツは見るものじゃない、と言ってはばからない。そしてカーリングなんて
スポーツじゃない、とも言っていた・・・・。

 俺は、四人で食事中、同僚の○○が余計なこと(カーリングを馬鹿にしたり)を
言いやしないかと冷や冷やしていたが、いっぽうで俺の中にも何か下心のような
ものが蠢いていたことも事実だった。
(もしかしたら林さんと友達になって、それ以上もありえるかもしれない・・・・・)
俺は「一緒に食事ができた」という、千載一遇の奇跡に感謝するだけではなく、
こんな妄想まで膨らませていた。・・・・林さんの天真爛漫な笑顔の前では、
自分の薄汚さに反吐が出る気がした。
ちょうどいいかげんにアルコールも回ってきて、それまでは遠慮がちに聞くだけだった
カーリングの話やオリンピックの舞台裏の話が会話に上がった。

533 :雪と氷の名無しさん:2006/03/20(月) 14:09:40 ID:gHVR/RdE
【第2話】
○○「へえ。やっぱり若い子たちとの間には距離感があったんですね?」
歩「まっ、しょうがないよね。うちらも必要以上には詮索しなかったし。」
弓枝「試合で勝つことが一番だったしね・・・・。その上での絆って言うか。」
俺「オノデリ、いや、小野寺さんも『勝つために来た』って言ってましたもんね。
  その意味じゃ、ホンとの意味での「チームメイト」に徹してたんですね。」
弓枝「そうそう!本当にそんな感じだよ。みんな良い大人だしね。」
林さんは俺の言葉にものすごく頷いてくれた(ように見えた)。林さんという女性は、
本当に人の目を真直ぐ見て話す人だ。俺は浮き足立つ心を抑えようと必死だった。

同僚の言葉をうまく捉えて話をつなげ、林さんの同意を得た・・・・
ひょっとしたら俺にはそんな計算が働いていたのかもしれない。このときの俺は
信じられないくらい冴えていたか、あるいはギラギラし過ぎていた・・・・。
○○「でも、カーリングブームっていうよりは、チーム青森のブーム、みたいな
    感じになっちゃいましたよね?」
カーリングブームに中途半端な関心しかない同僚の発言に、今は心から感謝した。
これをうまく誘導できれば、俺の印象は上がるだろう・・・・。まさに下衆の発想だ。
弓枝「そうなんですよね・・・・。私たちにしてみたら、チームよりも競技がメジャーになって、
   広まって欲しいっていうのはあるんですけどね・・・・。」
俺「でも弓・・いや、林さん、チーム青森があれだけの頑張りがなければ、競技が
  広まるきっかけすらなかったんですよ?」
俺は真剣な表情を作って言った。少なくとも嘘ではなかった。
本当にそう思っていたということが恥ずかしさを帳消しにした。
歩「わたしもそう思う。きっかけだよ。私たちに出来ることなんてたかが知れてる。
  出来ることをやって、その結果少しでも裾野が広がれば、」
俺「日本のスポーツって、メディアで取り上げられてなんぼ、っていうところがありますからね。」
歩「そうそう。だからそういう意味では、逆に利用してもらいたいくらい」
小野寺さんはそう言って笑った。小野寺さんの言葉をうまく借りて良いことを言えた・・・・。
二人は仲が良いことは周知だ。小野寺さんの印象を上げておけば、林さんの中の
イメージも上がるに違いない・・・・。

534 :雪と氷の名無しさん:2006/03/20(月) 14:10:42 ID:gHVR/RdE
【第3話】
俺たちはかなり打ち解け、軽口を言い合ったりするようになっていた。
小野寺さんに肩をはたかれもした。
そんな中で、同僚の気を許しすぎたが故に出たある一言が俺を縮み上がらせた。
「でもカーリングって、スポーツって言うにはちょっと抵抗ありますよね。
  石投げて、ゴシゴシ氷擦って・・・・・」
小野寺さんの目が少しキッとなった。しかし俺には小野寺さんよりも林さんの眉毛が
ピクッと動いたほうが印象深かった。俺は二人が何かを口に出す前に、
酒の力も借りて、カーリングなるものがどんな競技であって、いかにスポーツの
醍醐味を備えているかを○○に語った。静かに、饒舌すぎず、居丈高にならず、
ただ諄々とカーリングの面白さを語った。あの一瞬は、カマーランド小林を越えたという
自負すら芽生えた。いや、○○に語ったというよりは他の二人に、さらにいえば、
林さんに向かって俺は語っていたのだと思う。

○○と示し合わせたわけでも無いのに、どうしてこう、俺に絶妙なアシストがくるのだろうか。
俺は語りながら夢見心地だった。カーリングに理解がある、よく知っていてくれている、
俺の性格よりも少なくともこの部分を印象付けることが出来たことは大きい・・・・。
俺は四杯目のジントニックを飲みながら、この世の天国を味わっていた。しかしここからが
真骨頂だ。このまま俺の独演会で終わらせては座が白けてしまうし、○○も面白く無いだろう。
悪役に終わらせるのも悪い気がしたのも事実だ。やはり最後は、面白かった、楽しかったという印象で
終わりたいものだ。
俺「・・・・偉そうに言う俺も、やったことはないんだけどね。カーリングのリンクが近くにないからw」
俺が思い切りおどけてそう言うと、三人は笑った。
歩「じゃあ、今度ぜひ青森にきてください。やってみたら、もっと面白いって感じると思うよ」
弓枝「そうだね〜。一度やってもらいたい、本当に。青森に来て下さいね、××(俺)さん。絶対に。」
俺「でも、興味半分で行ったらご迷惑なんじゃ。。。。?なぁ?」
○○「いやぁ、俺はやってみたいけどね。そこまで面白いっていうなら!」
俺「おいおい(苦笑」
俺は○○に両手を合わせて感謝した。心の中で。
歩「ううん、迷惑なんかじゃないって。興味半分からはじめるのがいいんだし。」
弓枝「そうそう。××さんはルールも詳しそうだから、すぐにチーム作れそうだし、
   そしたらうちらと試合できるかもしれない。」
俺は拳を突き上げた。心の中で。○○の旅費を肩代わりしてやりたいくらいだ。半分くらい。
俺は、社交辞令に終わらせることなく、すばやく互いのメアドを交換し合った。
いま振り返ってみたら、このときが俺の絶頂だったのかもしれない。
いや、「人生の」絶頂だったのかもしれない。

535 :雪と氷の名無しさん:2006/03/20(月) 14:12:13 ID:gHVR/RdE
【エピローグ】
活動的な女性というものは、二つのタイプに分類することが出来るという。
一つは、自分のやっていることに造詣が深く、興味を持っている男性に惹かれるタイプ。
もう一つは、時に無理解で、何の興味も無い男性のほうが、その女性の心理に
大きな印象を残し、男性への興味がかきたてられるタイプ。
林さんの場合はまさに後者だった。
反発する心があればあるほど、和解の後の融和の度合いも深まる・・・・。
もともとスポーツが得意な○○は、林さんの指導のお陰もあって、
見る見るうちに上達していった。このことも林さんの心をくすぐったのかもしれない。
○○がダブルテイクアウトを決めたり、ドローショットを決めたりしている頃、
俺はまだデリバリーの姿勢で阿部コーチにリンクを引っ張ってもらっていた。
小野寺さんは主婦業もあるので、実技講師にはあまりでてきていない。
ある晴れた春の日。会社の昼休みに屋上で、俺は○○から打ち明けられた。
○○「秋にでも弓枝ちゃんと結婚しようと思ってる。プロポーズもした。」
俺「弓枝ちゃんはなんて?」
○○「『はい』って言ってくれたよ。・・・・弓枝ちゃんとよく、あのときあの居酒屋で、
   お前が話を振ってくれて本当に感謝いしなきゃな、って話してる。ありがとな。」

<おわり>

536 :雪と氷の名無しさん:2006/03/20(月) 14:47:19 ID:NZZi7JxX
>>532-535
出来としてはいいと思う。
別スレにも書いたんだが、結局こういう人って、オリンピックに出てたことも
知らなかった人とか、知ってても気にとめてなかった人と結婚するんだよな。
今度は百合萌えなのをお願い。

537 :雪と氷の名無しさん:2006/03/20(月) 14:56:46 ID:nwZTct5k
>>535
どーんと落ち込んだ(´・ω・)
落ちの短さが逆に泣けてくる。

>>536
たまには暗いのもいいけど、明るくライト+ふんわりエロがいいよね(*´∀`)人(´∀`*)

538 :雪と氷の名無しさん:2006/03/20(月) 15:04:35 ID:V+9vGCgI
>>525のつづき

歩「…(唇をグッと噛んでいる。だが、こらえられず涙がポロポロこぼれる)」
弓「…泣いちゃうんだ」
歩「…ひどいよ(ヒック、ヒックとしゃくりあげる)」
弓「…」
歩「…ひど…いょ、そん…な(ヒック、ヒック)こと…いう…(しゃくりあげて言葉にならない)」
弓「…(泣く歩をただじっと見下ろす。だが、唇は微かに震えている。)」
歩「…」
弓「…わかってんじゃん…って言われても、わからない」
歩「…(手の甲で、赤子のように頬をぬぐう。顔は涙でぐしゃぐしゃ)」
弓「わからないよ、歩」
歩「えっ…えっ…(泣く)」
弓「泣いて逃げないでよ」
歩「…(弓枝を涙でぐしゃぐしゃの顔で、下から睨みあげる)」
弓「逃げないで」
歩「…っ」
弓「歩」
歩「弓枝のいじわるっ!…どこか行っちゃえ!」
弓「…」
歩「…すきだから!…好きだからに決まってるでしょっ!」
弓「…(必死で整えていた表情が少し崩れる)」
歩「弓枝が好きだからに決まってるっ!」

つづく。

539 :雪と氷の名無しさん:2006/03/20(月) 15:12:03 ID:nwZTct5k
全身が身悶えする展開の悪寒

540 :雪と氷の名無しさん:2006/03/20(月) 15:23:19 ID:fyakcuR9
>>538
ゴクリ

541 :雪と氷の名無しさん:2006/03/20(月) 15:49:11 ID:FKV7JK0b
原作:柴門ふみ みたいな作品も読んでみたい

542 :雪と氷の名無しさん:2006/03/20(月) 16:02:39 ID:YplM03iU
>>532-535
すげえ…これ元に小説作れそう

543 :雪と氷の名無しさん:2006/03/20(月) 16:32:34 ID:+JfHKRUU

胸の谷間を強調するために、わざとワンサイズ小さい、窮屈なブラジャーを脱ぎ捨て、
たわわ に実った、神が作りし、この世の奇跡 おっぱい を開放した 麻里おっぱいのかみ。
麻里「全開だぁーーーーーーーー!!」

戦国大名 歩様 第14話 「降臨」

ぶんぶん。
威勢良く、刀に見立てた織り込みチラシを振り回し、弓枝に斬りかかる 麻里おっぱいのかみ。
さッさささッ
ソレを軽快なステップで、難なくかわす 弓枝。
麻里「うおりゃぁーーーーーー」
ぶんぶん。
左右に大きく振る刀は、弓枝を捕らえる事無く、宙を空しく彷徨う。
弓枝「・・・・・・・・・・・・・?」
麻里おっぱいのかみ の攻撃を、軽やかに避けながら、弓枝は思う。
弓枝(全開と言ったわりには、遅い。麻里おっぱいのかみ の攻撃は遅すぎる。
    そもそも、あのブラジャーを、なぜ取ったのか、ソレさえ今は疑問に感じる。
    仮にあのブラジャーに、おもりが仕込んであって、ソレを外すことにより、スピードが飛躍的に上がる、とかならまだ分かる)
ぶんぶん。
麻里おっぱいのかみ の刀が空を切る。
弓枝(しかし、今の 麻里おっいのかみ は明らかに、大きすぎるおっぱいに、振り回され
    スピードダウンしているようにさえ、見受けられる。分かりやすく、チャーシューメンのリズムで例えるならば・・・・・
    まず、 チャー のリズムで 麻里おっぱいのかみ が刀を振る、
    続いて シュー のリズムで間が空き
    メンのリズムで おっぱい が遅れてやってくる・・・・。
    つまり、 麻里おっぱいのかみ が壱の太刀を放った後、続けて弐の太刀を放っても、
    大きすぎる おっぱい が、その一連の動きのジャマをして、スピードダウンに繋がり、
    がむしゃらに ゆさゆさ 斬りかかろうが、この私を捕らえる事など、出来やしない。
    ・・・・・・・・・それとも私は、侮られているのか?)
さッさささッ
麻里おっぱいのかみ の放つ攻撃をかわしながら、そんな事を思う弓枝。
と、その時。

544 :雪と氷の名無しさん:2006/03/20(月) 16:33:44 ID:+JfHKRUU
弓枝の目に、ある驚愕の事実が飛び込んでくる。
後ろに跳び、麻里おっぱいのかみ と距離をとる弓枝。
その事実に顔面蒼白の弓枝。
震える声を搾り出すように、呟く。
弓枝「ち・・・・乳首が おっき している・・・・・・。(つまり起っている)」
愕然とする弓枝。唇は渇き、手が震える。
弓枝「しゃ・・・・・シャラポワじゃあるまいし・・・・・・乳首が おっき して
    そんな堂々としているなんて・・・・・・・・」
弓枝の眼前には、乳首が おっき している事など、全く気に止める様子も無く、むしろ堂々と胸を張り
口元には、うっすら笑みを浮かべている 麻里おっぱいのかみ がいる。
弓枝「くッ・・・そ・・・そう言う事かッ!!読めたぞ 麻里おっぱいのかみッ!!
    貴様がブラジャーを外した、その意味がッ!!」
自らの武器、槍に見立てた物を、振り下ろし弓枝が叫ぶ。
弓枝「しゃ・・・シャラポワみたいに、乳首を おっき させ、私の注意を おっき している乳首に向けさせようと
    その様な魂胆かッ!!麻里おっぱいのかみ本橋ッ!!」
薄く笑みを浮かべ 麻里おっぱいのかみ。
麻里「ふふふ・・それもあるけど・・・本当の目的は、これ。」
そう言うと、自らの頭上を指差す、麻里おっぱいのかみ。
弓枝「・・・・・・・・・・・・・・??」
差された先を見て、目を細める弓枝。
弓枝「・・・・な・・・なに?・・・な・・・なんなのあれ・・・・・・」
麻里おっぱいのかみ の頭上に何かが見える。
薄くぼやけてはいるが、確かに何かがソコにいる。
弓枝「!?お・・・・おッぱい!!??」
そう、確かに、麻里おっぱいのかみ の頭上には、おっぱいに手と足がくっついた キャラクターのような物がみえる。
おつ神さまだ。
おつ神さまとは、幼少の頃から 本橋家で神として敬われている おっぱいの神様だ。
麻里「私がブラジャーを取ったのは、おつ神さまの力をこの身に宿すためッ!!」
弓枝「お・・・・・おつ神様」
麻里「その身で感じるがいいッ!!おつ神さまを、この身に宿した私の真の力をッ!!」
ダンッ
おつ神さまをその身に宿した 麻里おっぱいのかみの刃が弓枝を襲う・・・・・・

つづく。

545 :雪と氷の名無しさん:2006/03/20(月) 16:35:39 ID:PZ7/OCaX
歩様キター!

546 :雪と氷の名無しさん:2006/03/20(月) 16:40:56 ID:fyakcuR9
戦国大名歩様ktkr!!!
歩様を作画:叶精作で読むのが俺の夢。

547 :423:2006/03/20(月) 16:44:00 ID:QMC8qR7v
<お待たせ第4夜>

AM7:45
ロンドン・ヒースロー空港エントランス

林「さあ、小野寺さん、ロンドン着きました。この隣国がスコットランドでございます。」
小「おう、そんなこたぁわかってんだ。早く石切り場に連れてけ。」
本「で、林さん、ここからその島までどれくらいかかるんですか?」
林「このガイドブックだとここから飛行機でまずスコットランドのグラスゴーまで飛びます。
  これが2時間。それからレンタカーを借りまして3時間ほどで最寄の港、とあります。
  そこから船で一時間ほどだそうです。」
小「おいおい、今日中に着くのか?」
本「林さん、早いうちに宿決めておかないと、ドイツ合宿のときみたいに路上でキャンプ
  する羽目になっちゃいますから・・・」
小「なんだ?泊まるのか?今日中にケリ着けるんじゃないのか、おい?」
本「まあ小野寺さん、こういうときにこそイギリスの旅情を味わいましょうよ…。」
小「出た、マリリンの『いいじゃないか主義』!こちとら親に海外行く、なんて言ってないんだよ!
  ロケの前の日に電話したときも「明日は網走取材だから帰りに常呂寄るね」って言ってんだ。
  そしたら母ちゃんも「わかった、歩の好きなホタテの刺身用意しとくね」なぁんて
  嬉しい事いわれて上機嫌で行ってみたら何であたしゃロンドン行きの飛行機乗ってるんだ?」
林「あ、飛行機の乗り継ぎ、時間無いですからね、早く行きましょう!」
小「スルーかい!」

PM4:50
スコットランドの港町のホテル
重大事実発覚

本「我々スコットランドに入りまして、こうしてホテルに居るということは・・・」
小「今日は無理と。」
林「そういうことになります・・・。」
小「よし、そうと決まれば近くの小じゃれたバーにでも繰り込んでだ、本場のスコッチを堪能して、
  えっと、あれ、名物のフィッシュアンドチップスとやらに舌鼓でも打とうじゃないか!」
林「いや、あの、それはまったく構わないんですが…」
本「どうしました?」
林「あのねぇ、こちらに着いてから現地の人に色々と聞いてみたんですよ。そしたらね、
  ・・・・ちょっとねぇ・・・申し上げにくいんですけど・・・」
小「なんだ?言ってみろ?」


548 :423:2006/03/20(月) 16:45:38 ID:QMC8qR7v
<続き>

林「あのねぇ、こちらに着いてから現地の人に色々と聞いてみたんですよ。そしたらね、
  ・・・・ちょっとねぇ・・・申し上げにくいんですけど・・・」
小「なんだ?言ってみろ?」

林「今ストーンの採掘やってないって言うんですよ・・・。」

小・本「!!!」

林「なんでもね、あのストーンの採掘って20年に一度だそうなんですよ。これは国の決まり事らしくて。
  じゃあ、次はいつ?って聞いたら2002年にもう採っちゃったそうなんで、2022年と・・・。」
本「え、じゃあ採ろうにも採れないってわけですか?」
林「あ、島にはね、行けるそうなんですよ。ただ上陸するだけで何も持って来れないですけどね。」
小「・・・おーい、林君。そういうことは君がちゃんと下調べしておくことじゃないか?何やってんだ!」
林「いや、日本出る前に色々と調べたんだけどねぇ、その情報は見つかんなくてね・・・。」
小「だから君はいつまでもサードだっつってんだ!この旅の意味が無いじゃないかぁ!
  萌絵、君もだぞ?ヌボーっと突っ立ってビデオばっかり撮って無いで、こういう時にリードとして、
  切り込み隊長として『ヴィシッ!』っと決めてくれないとダメじゃないかぁ!あとそこの気ぐるみ着た
  補欠!おやつばっか用意してないで何かしろ!だからお前は補欠なんだよ・・・」
本「いや、小野寺さんね、そう言わずにほかに解決できる道を探してみて・・・」
小「マリリン、君だってそうだ。なんだ、この旅の最中、きみはずーっとなんか食ってるだろ?
  挙句の果てにはさっきの昼飯で、自分だけオカワリしてる始末だ。こっちは網走から
  モチベーション下がって食い物もろくに喉通らないって言うのに・・・おいっ、早速空港行け!
  帰るぞ、帰る!」
林「あ、ですけど2002年に採取した石はストーン加工会社に山ほどあるそうですので。
  明日はそこの工場でストーン作りさせてもらえるそうでーす。」

小「・・・早くそれ言えっつってんだ・・・」

PM8:25
町内のバー
小野寺さん、スコッチ堪能中
小「いやぁ、旨いスコッチと弓枝のおっぱいがあればあたしゃ幸せだなぁ!ガハハ!(爆酔)」
林「ちょ、そこ、やめ・・・!」
本・目・寺「・・・・」

PM11:50
ホテル寝室
小「今日はスコットランドで一泊!!」

[次回予告]
ストーン工場での口泡飛ばしまくりの大舌戦!
マイストーン完成なるか!? 網走で待ってる小林さん!
歩はホタテの刺身にありつけるのか?
Coming soon・・・



549 :雪と氷の名無しさん:2006/03/20(月) 17:22:48 ID:wvHLSEUs
>>548
たとえ冗談でも「補欠」(・A ・)イクナイ


550 :雪と氷の名無しさん:2006/03/20(月) 17:25:19 ID:gus5oNjM
歩様と夏野菜連続ktkr!!!!!

551 :雪と氷の名無しさん:2006/03/20(月) 17:43:26 ID:ptcEnNqV
おつ神さまwww
あんた天才だ・・・

552 :雪と氷の名無しさん:2006/03/20(月) 18:47:50 ID:3Wmt0iLn
>>548
元ネタ知ってる漏れは笑いが止まらん

553 :雪と氷の名無しさん:2006/03/20(月) 20:14:38 ID:V+9vGCgI
538のつづき

弓「…あ・ゆ・みっ!てばっ!」
歩「…ぬぁ…あう?(弓枝に体をゆすられ、目を覚ます)」
弓「…(なぜか真っ赤。周りにはニタニタ笑う麻里と桜子。じっと見つめる萌絵。)」
歩「…あ、あれ?」
麻「小野寺さん、寝てちゃダメ、夜はまだまだこれからですよー」
桜「起きて起きて。もっと飲まなきゃ、負けの悔しさはまだ晴れないぞー!」
萌「…いま、寝言で弓枝が好き!とかなんとか叫んでいましたが…」
歩「…はう?」
弓「…(真っ赤)」
麻「やはりおふたりにはなにかあるのですか?(棒読み)」
桜「きゃーーっははははっ(腹をかかえて笑う)」
萌「なにかあるのですか?(棒読み)」
桜「ひーっ、やめてやめて、萌絵までっ…きゃははっはは…」
歩「…わたし?…寝言?」
弓「(小声)…バカ」
歩「夢…夢かぁ…」
弓「…ほら、起きて一度、顔洗ってきたら?」
歩「う、ん…(起き上がる)」
桜「麻里ー、酒がないー酒がないぞー、萌絵ー酒だー」
麻「はっ!本橋一等兵、酒を調達にひとっ走り行ってくるであります!」
萌「気をつけてー。さっきのイタリアのお兄ちゃんがいるよ、ナンパしてくるよー」
麻「気をつけるであります!」(ドタドタ…ガシャーーン…)
桜・萌「あーあ…」
弓「くすくす」
歩「しかし…」
弓「ん?」
歩「んにゃ…(まじまじと弓枝の顔を見つめる)」
弓「どしたの?」
歩「なんでもない…」(抱かれたよ、…かよぉ…心臓止まるかと思った…)
歩「…夢でよかったぁ…あはは…とほほ…」
弓「…?…変な歩だ(笑)」

やっぱり、早く、告白できるように頑張ろう。
そう思った歩の、トリノだった。
トリノ五輪、閉幕。

554 :雪と氷の名無しさん:2006/03/20(月) 20:16:29 ID:V+9vGCgI
シリアスエンドと夢オチエンドがあったんだけど、
微妙なスレの空気だったので、夢オチエンド選択ということで。
それではアデュー。

555 :雪と氷の名無しさん:2006/03/20(月) 20:30:18 ID:l/o/R+yR
>>554
…嗚呼…さっきからのマジブルー(not戦隊)のすべてが恥ずかしい…。
自分でも作品アップしてるのに、この体たらく…ごめんなさい。回線きって吊ってきます…orz
俺は表現の自由の敵だぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ…orz

556 :雪と氷の名無しさん:2006/03/20(月) 21:07:21 ID:8p6dvnaY
歩様。ktkr!
おつ神って…好きだ〜(´∀`)

557 :雪と氷の名無しさん:2006/03/20(月) 21:19:06 ID:gHVR/RdE
>>536
他スレであなたのレスを読みまして、いただきますた。

558 :雪と氷の名無しさん:2006/03/20(月) 21:20:08 ID:gHVR/RdE
>>542
ありがとうございました。

559 :雪と氷の名無しさん:2006/03/20(月) 21:20:15 ID:KOLR5ZpD
小野寺という姓は岩手南部の一関周辺に多いと思ったら、やっぱり、じいちゃんがそうだったのか。

林という姓は岐阜から滋賀にかけて多いが、さて、その系統なのかな?


560 :雪と氷の名無しさん:2006/03/20(月) 21:21:52 ID:gHVR/RdE
>>554
遅いかもしれませんが、シリアスエンドもお願いします。
最後は・・・と信じておりますのでw

ってか普通にみなさんの作品は、読み物として面白いです。

561 :雪と氷の名無しさん:2006/03/20(月) 21:25:51 ID:TzRyquQT
>>559

常呂町は岐阜県からの開拓団が入ったみたいだよ。


562 :雪と氷の名無しさん:2006/03/20(月) 21:34:27 ID:KofbpvfV
常呂は岐阜と高知から入植してる

563 :雪と氷の名無しさん:2006/03/20(月) 21:36:45 ID:kyteNjMz
>>554
弓「…●●さんに、抱かれたよ、一度」
この一行で、心臓バクバクした。
シリアスもみてみたいけど、こわいなぁ〜。

564 :雪と氷の名無しさん:2006/03/20(月) 21:38:53 ID:bjEqwudE
>>548
君は実に馬鹿な作品を書くな。
が、俺は大好きだ。続き期待してる。( ´ー`)

565 :雪と氷の名無しさん:2006/03/20(月) 21:44:06 ID:kMeHjs56
>>554
本当にありそうな話で最高でした
弓枝が小野寺に言わせる辺りで背筋がゾクゾクしましたw

どちらかと言えばシリアスの方も読んで打ちのめされたかったです・・


566 :雪と氷の名無しさん:2006/03/20(月) 21:48:56 ID:Ry63Qzn1
♪涙も傷も 宝物になる
 キミだけに歌を ラララ 歌って行こう

 ねぇ いつかキミは 君の夢を 忘れてしまうのかな
 その時は瞳そらさずに キミと 向き合えるのかな
 ねぇ こんな私は キミのために 何ができるのかな
 言葉にならない思いだけ 強く 手を握ろう
 強く 手を握ろう

ぎゅっ


弓「ちょ、そこおっぱいww

567 :雪と氷の名無しさん:2006/03/20(月) 21:58:31 ID:TVkbgOnI
IDかわったけど536です
>>557そうだったんですか。乙です。
文章とか組立てうまいですよね。他にも書いておられる方かな?
次回作も期待してますね〜。

568 :雪と氷の名無しさん:2006/03/20(月) 22:06:13 ID:iJejbJ74
>>554
自分もシリアスエンドが読みたいです…!!

569 :雪と氷の名無しさん:2006/03/20(月) 22:16:00 ID:gHVR/RdE
>>567
どうもです!黒幕・マリリン、黒幕・萌絵とかですね。
・・・・実は>>384もそうなんですが、見事にエアポケットw・・・(´・ω・`)

570 :雪と氷の名無しさん:2006/03/20(月) 23:20:40 ID:B9N/YttA
>566
この曲、なんつう曲だったっけ?

571 :雪と氷の名無しさん:2006/03/20(月) 23:42:46 ID:Ry63Qzn1
平井堅「思いがかさなるその前に…」です。
前半の歌詞は林→小野寺、
後半は小野寺→林ぽい気がしましたもんで。

572 :雪と氷の名無しさん:2006/03/20(月) 23:59:32 ID:B9N/YttA
>571
乙&サンクス
ああ、平井堅だったか…

つか、
触られ過ぎでそろそろ林さんのおっぱいが陥没する悪寒w

573 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 00:19:26 ID:+Kxjs48m
>>572
乳首じゃなくて乳房が陥没するんかい?

574 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 00:24:03 ID:3NBmO+fo
>>572
ワンカップ大きくなってるかもw

575 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 00:25:38 ID:00oZvkOP
>>554

   ∩___∩         |
   | ノ\     ヽ        |
  /  ●゛  ● |        |
  | ∪  ( _●_) ミ       j
 彡、   |∪|   |        J
/     ∩ノ ⊃  ヽ
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

576 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 00:32:13 ID:+IjkeZSu
「う…グスッ…」
「ちょっとどうしたの!パソコン見ながら泣いたりして…まさか、またなんかひどいことでも…」
「ううん……そうじゃなくて……グス」
「じゃあいったいなに?」
「あのね……もし……もし、陥没しても……グスッ……わたしのおっぱいに対する気持ちはずっと変わらないから……」
「……真剣な顔で涙ぐみながらキモイこと言わないでくれる?」
「ぐへへ……」
「でもマジで陥没したら困るから。もうそういうのやめようね」
「大丈夫、むしろ大きくなってるから。毎日触ってる私が言うんだから間違いないって!」
「……」
「だから安心して、おっぱいのことはわたしにまかせて!」
「……まかせたくない」

577 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 00:34:02 ID:9qe4Q0yh
陥没しても おっぱいのかみ がおっきさせてくれるさ
ぼいんぼいん、ばいんばいん

578 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 00:35:58 ID:e72rhzHj
やはり夜は阿呆が多いな

579 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 00:38:11 ID:3NBmO+fo
>>578
覗きに来る君もね

580 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 00:39:04 ID:e72rhzHj
雑魚の食いつきが早いなw

581 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 00:41:19 ID:UtGHby4x
>>554
マジさよなら。

582 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 00:50:00 ID:RFmg34WE
>>554さん
女ですけど、シリアスエンドのほう読んでみたいです。
期待している人すごく多いと思うので、ぜひお願いします!

583 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 00:57:20 ID:UtGHby4x
どれだけ自演が混じってるんだろうね。

584 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 00:58:28 ID:wAfFnw+o
朝、目が覚めると神に祈る。今日も一日動けるようにと。鈍い痛みが体を襲う。いつ頃からだろう、昨日の疲れが今日取れない。
医者が言うには、体はとうに期限切れらしい。
今年で42歳。そんな男がつい先頃、現役続行宣言をしてきた。

トリノ五輪の終了後、カナダの若造が俺にこう言った。
「アラカワに女神は微笑んだ。でもあんたにゃ女神は見向きもしなかった。勝利の神は、ビを好む。老いた親父に興味はないのさ」
情けない話だが、その時俺は何も言えなかった。老いさらばえた戦士が、若く力強い戦士に取って代わられるのは世の常。
3月の頭、とうとう引退を決心した。俺はいわゆる後進の育成ってヤツに回ろうと思ったんだ。2度の五輪の経験も、そいつに役立てることができるだろうってな。
その日の晩、女房にその旨を告げた。少し笑って「お疲れさま」。一言だった。

ずっと一緒に戦ってきた相棒に最後の別れを告げ、一磨きしてやろうと思い立った。
相棒も俺に負けないくらいに傷だらけになっていた。
今までご苦労さん、そんな思いで磨き上げる。
ふと思った、死んじゃいねぇ。確かにコイツはボロボロになり、すっかり老けこんじまっている。けれどもさびついてはいない、死んでなんかいやしない。
顔を上げると、備え付けの鏡が眼に入る。鏡の俺と眼が合った。鏡の中の俺の瞳は、まさしく死者のそれだった。
血の通わないはずのスケルトンが、俺の手の中で熱くなる。
「まだやれる」そう言っているようだった。「本当に死んだわけじゃないんだろ?」確かにコイツはそう言った。
ふいに涙が零れ落ちる。生きている。まだ俺は生きている。顔を上げる、今度はオッサン面した少年と眼が合った。

バンクーバー五輪。誰よりも早くゴールして、誰よりも高い所で手を挙げる。
神が俺の手を掲げてくれないならそれでいい。自分で手を挙げられないほど老いぼれちゃいないからな。


おかしいか?40過ぎたオッサンが。
おかしいなら笑えばいい。笑って笑って笑い疲れて、みんな笑うのを止めたとき、
テッペンで笑っているのはこの俺だ。



『スケルトン―越和宏物語―』
主演 渡辺謙

『シムソンズ2』も同時上映


585 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 01:06:23 ID:3U4q/RC3
なんかみっともないのがいるな

586 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 01:10:11 ID:AVq4+ug7
>>583
いやなら読まなきゃいいだけジャン

587 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 01:44:53 ID:XVzatUFn
カウントダウン神が見当たらないorz

588 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 01:45:27 ID:Wld+wlDX
〜前回までのあらすじ〜
青春、青春、青春バンクーバーきっぷ


青森での報告会も無事に終え
弓枝「じゃあ空知チームとはちょっとお別れだね」
萌絵「そうですね」
弓枝「萌絵ちゃん大学休学したりで大変だったけど、4月からはまた勉強もがんばって」
萌絵「はい」
弓枝「学生のときは考えなかったけど今になってもっと勉強してればよかったってこと多いよ」
萌絵「弓枝さんでもそうですか」
弓枝「あのころはカーリング命だったもん、まあ今もそうだけど」
萌絵「いつも弓枝さんや歩さんみてると、学生の私なんてまだ恵まれてますから勉強がんばります」
弓枝「よしガンバレ〜」



萌絵「さてと、鉄は熱いうちに打てっていうから今日からやるぞ」
萌絵「暑さ寒さも彼岸まで、喉元過ぎれば熱さ忘れるカーリングブーム」
萌絵「そういえばきょうはお彼岸らしいけど彼岸ってなんだっけ」
萌絵「こういうときはスグに辞書ひかなくっちゃ、これこれ「珍明快国語辞典」と」


  ひ-がん【彼岸】(名)
  春分または秋分の日を中日として、その前後三日をあわせた七日間
  例:「僻みっぽくて嫌われ者のあいつは彼岸でも独り」

萌絵「うんうん、みんなよりテレビに映らないからってグチっててもしかたない」


  ひ-きょう【秘境】(名)
  人がまだあまり行ったことがなく、ほとんど知られていない土地・場所
  例:「どんころってどんな常呂ですか、かなりの秘境とききましたが…」

萌絵「あぁー失礼だなあ、でも今回のわたしの活躍でちょっとは有名になったぞ」


  ひとり-かーりんぐ【独りカーリング】(名)
  相手がないのに自分だけで気負い込むこと
  例:「オリンピック前半の小野寺は独りカーリングをとってましたね」

萌絵「さすが歩さん、ここでも人気者だわ」



バンクーバーまで「あと1423日」

589 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 01:53:16 ID:MMN0HeQS
>>584
見てえ!!
若い頃の高倉健にやって欲しい

590 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 02:00:36 ID:B17UPAv1
>>588
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!
やっと安心して寝れる
彼岸で思い出したが明日は早起きしてお墓参りに行く予定だった(-人-) ナムナムナム

591 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 02:17:44 ID:XVzatUFn
>>588
なんというタイミングwww
本当に毎日お疲れ様ですよ
もう3週間近いですもんね

592 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 03:04:57 ID:0J11sEdA
カナダ戦第9エンドラストストーンのとき、
ハウスに入ったストーンをスウィープしてくれって意味で、
オノデリングが「ゆみえーっ!!!」って叫ぶんだよ。
俺、このシーンが好きなんだよな。

カナダ戦は弓枝たんの「ナイススウィープ!」って声も聞けるし、
その他にもオノデリングに「ナイスショット!」って声をかけて
オノデリング「グヘヘ(顔のみ)」っていうシーンもある。
オノデリングが個人的にカナダ戦を印象深いと言ってるのには、
弓枝たんに何回も誉められた、ってこともあるのかもしれない・・・・。

593 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 03:07:32 ID:CshbJJWd
歩と弓枝は好き好きどうしなんだね

594 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 03:27:33 ID:JVCGZzHT
季節を忘れるくらい いろんなことあるけど
二人でただ歩いてる この感じがいとしい
頼りにしてる だけど時には
夢の荷物 放り投げて 泣いてもいいよ
付き合うから かっこつけないで

涙の数だけ 強くなろうよ
風に揺れている 花のように
自分をそのまま 信じていてね
あしたは来るよ どんな時も

歩「こんなところで私たちの足跡にピリオドうてないよね、弓枝?」
弓枝「もちろん。引退っていうことばは未来にお預けだよ」
岡本真夜「TOMORROW」から歌詞抜粋

595 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 03:46:25 ID:Voqq6pw/
オノデリングと弓枝タンは…

お揃いの指輪をしている。
それを見てこのスレの内容が強ち嘘じゃないと確信。

596 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 04:27:26 ID:mlCTnjaW
岩手にて

みなさんぐへへへ・・・
カーリングぜひやってみてぐへへへへへ・・・
くださでへへへへ・・・


またか!何故そこで笑うのだ!?




597 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 04:29:39 ID:B17UPAv1
>>594
夜更けに突然会いたいって云ってくるオノデリング…
林さんに「何があったの?」って聞かれてグヘヘとジョークにするオノデリング…
二人でビルの上の月を見つめている姿…
容易に想像できすぎます…女性同士の友情は美しい…


598 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 05:43:11 ID:0J11sEdA
歩「あたし、弓枝に『ナイスショッ』て言われたくてカーリングやって来たようなもんなんだよ?」
弓枝「・・・・・・・」
しかし弓枝は厳しい氷上を崩さない。深夜の喫茶『しゃべりたい』に重い空気が流れる。
歩「それなのにどうしてチーム青森離れるなんて言うの?他のチームに行くんだったら、
  引退してもらったほうがまだマシだよ・・・・」
歩は何も喋らない弓枝に苛立つように、語気を強めて言った。
寺田「先輩ちゃん・・・だけどそれは林先輩に対してわがままだと・・・・」
桜子が歩をとりなすように言うが、歩は泣き始めてしまった。
弓枝「・・・・・」
泣き出す歩を見ても、弓枝は黙ったままだった。
歩「敵として戦うなんて考えられないよ!みんなもそうでしょう?」
萌絵や桜子、麻里の顔を見る歩。
一同「・・・・・」
歩・弓枝の双方に気兼ねしてか、三人は押し黙ってしまう。歩にはその態度が
とてもよそよそしく、冷たいものに感じられた。歩は気持ちの高ぶりを抑えきれず、叫ぶ。
歩「いやだ、いやだぁ!だったらあたしはやめる!チーム移籍じゃなくて、やめる!!」
そのとき、弓枝が静かに、ゆっくりと口を開いた。
弓枝「・・・・歩、わたしは止めないよ。歩が引退するって言うならね・・・。
   これからの時代はチーム青森は若手三人が中心になってやっていかなきゃ
   駄目なんだよ・・・。時代は動いてるんだよ。。。。」
弓枝は歩の目を見ない。歩は呆然として弓枝を見ている。萌絵は厳しい表情で
弓枝を見つめる。桜子はどうしていいかわからず、顔を下に向け爪をいじっている。
麻里は空になった流氷ソーダのグラスに残った氷をストローで突いている。
テーブルに、氷の「カシャッ・・カシャッ・・」という音が響く・・・。


599 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 05:46:17 ID:0J11sEdA
歩にはなかなか言い返す言葉が見つからない。弓枝はいっつもまとまったしっかりした
意見をガツンとぶつけてくる。歩はそれをときに完全に受け入れ、時に強行突破してきた。
歩「そんなのウソだよ!仲良くやっていけばいいじゃん!ベテランになればなるほど
  カーラーは磨かれるんだよ?」
歩の言葉に弓枝は溜息を一つついた。
弓枝「・・・残念だな・・私の真意をわかってもらえなくて・・・・。歩なら、他のチームに
  移籍を決断した私の気持ちをわかってくれるって思っていたのに。」
歩「わ、わかるわけないよ、そんなの・・・・・。今までどおり仲良くやっていけばいいじゃん・・・。
  勝つためだけにカーリングをやってるわけじゃないんだよ?」
弓枝の言葉に動揺した歩。しかし歩の最後の言葉で弓枝は歩をキッと睨んだ。
弓枝「勝つためでしょう?私達は故郷の人たちみたいに趣味でやってきたわけじゃない。
   さっちゃんは私たちの後をついで公社に就職しながら競技を続ける予定だし、
   目黒さんは大学院に進んで勉強しながら続けて、麻里ちゃんは英会話の教師になって、
   対戦チームの情報収集もやってくれてる・・・・。歩、仲良しごっこじゃ
   オリンピックには出られないよ?今までは、「オリンピックでは勝てないよ」だったけど、
   これからは日本代表の座だって取るのは難しくなってくる。
   そんなときに、私が他のチームに移籍して、チーム青森と切磋琢磨すれば、
   きっとこの三人の能力はあがると思うんだ。正直、私は出られなくたって良い。
   もう充分得がたいものをもらったもの。だけど、チーム青森は出て欲しい。
   この子たちは何よりも大事な仲間だもん。私はそのためにだったら憎まれてもいいし、
   嫌われてもいいって思ってる・・・・。」
弓枝は三人を見渡した。三人はまっすぐ弓枝を見つめている。桜子は目に涙をためている。
歩はハッとした。今の弓枝の言葉はかつて私がチームメイトに言った言葉・・・・・。
弓枝「私だって歩と離れるのは嫌だよ。戦いたくないよ。だけど、歩ならきっと『弓枝と一緒に行く』って
   言ってくれると思ってたんだよ?私からは一緒に来てなんていえないよ・・・。勇気がないよ・・・・。」
弓枝は喋りながらぽろぽろと涙をこぼした。その涙が、場の雰囲気を溶かした。
歩も含めた四人が、弓枝の真意を共有した瞬間だった。
歩「じゃあ、じゃあ、あたしも弓枝と一緒のチームにいくねっ!!」
歩が弓枝に甘える。
弓枝「そうだよ。いつまでも一緒だよ。」
歩「ぐへへ・・・・常呂に帰ってチーム作る?」
桜子「だけど、二人と実力の合った人は見つかりますか?」
萌絵「しかも三人もですよ・・・・?今からじゃとても・・・・」
五人を再び沈黙の空気が包み込む。しかしそれを破ったのは麻里だった。
麻里「・・・・じゃあ、あたしたちが常呂に行けばよくない?ちょうど三人だし。どうよ?」
歩は思わず吹き出してしまった。
歩「ちょちょwwマリリンwwwwあんた・・・それものすごい良いアイデア!!!それ決まり!」
桜子「ほんとだぁ。どうして今まで気づかなかったんだろう?」
萌絵「なんか一気に解決しちゃったね!」
弓枝「・・・・・・・・・・・・・・。」

600 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 06:00:42 ID:B17UPAv1
>>598-599
しんみりして…ラストに噴いて、眠気が吹き飛びました
林さんは賢い、そしてマリリンはそれ以上に賢いw

601 :一言:2006/03/21(火) 07:21:44 ID:6ol+IIaf
おもしろい。

602 :てか、:2006/03/21(火) 07:23:48 ID:6ol+IIaf
過去最高におもろいです。

603 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 07:27:14 ID:yUPgJMEw
そろそろ妄想スレはやめないか?

この手のスレのせいで、カーリングファンがみんなキモヲタと思われるのは心外だ。

604 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 08:06:02 ID:VktZXuEe
キモいのを妄想スレにだけ集めて、他がまともになってくれればいいんだけど。

605 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 08:13:35 ID:pc86auMR
>>603
過去ログ読み直して半日考えてからもう一回出直してこい。

606 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 08:36:09 ID:yUPgJMEw
やっぱり妄想スレはやめないか?

この手のスレのせいで、カーリングファンがみんなキモヲタと思われるのは心外だ。

607 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 08:39:30 ID:o4rO04D0
>>606
このスレで力むおまいが一番キモい

608 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 09:18:07 ID:yUPgJMEw
そうだね、だからこそ妄想スレはやめないか?

この手のスレのせいで、カーリングファンがみんなキモヲタと思われるのは心外だ。

609 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 09:24:18 ID:PFIzVEsU
>>608
安心しる、キモオタはお前の他は何人もいないから

610 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 09:39:32 ID:Mgop4M2+
あぼ〜ん

611 ::2006/03/21(火) 10:00:20 ID:88i5A7lB
2ちゃんねるってキモオタの「スクツ」だったんでつね。

612 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 10:03:45 ID:bqnktI9p
>>595
なるべく目立たないようにと違う指にしてるところが、なんかいいよね。

613 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 11:16:26 ID:gt4vg6od
>>598-599
チーム北海道ktkr!!!w
北海道おめ青森カワイソス

614 :懲りずに423:2006/03/21(火) 11:25:48 ID:rBwZ+nwv
<元ネタわからん人大変スマソ!もう少し続くよ第5夜>

AM7:00
アルサクレッグ島行きの船乗り場

林「おはようございます、小野寺さん。」
小「はい、おはようございます。」
本「おや、小野寺さん、今朝はご機嫌がよろしい様で…」
小「いやね、昨日一晩考えてね、何で私はこんなとこにいるんだろうと。
  だから思わず日記に「母さん、私は今スコットランドにいます…」って
  書き始めたわけ。ただ、そうは言っても我々はチーム青森だ。一蓮托生の
  仲間だ。こういう時こそリーダーである私がしっかりせにゃならんと。そう思うと
  昨日は憤慨の勢いに任せてみんなに酷い罵倒をしたんじゃないかな?と
  反省してるんだね。特にね、今まで一言もしゃべってない萌絵と桜子には
  厳しく当たってしまってね、申し訳無いと…いや、それよりも今は
  みんなの存在がありがたいなぁ。」
林「そうですか。いつだか二人で四国のお遍路さんした時も小野寺さん、
  朝日に向かってそんな事おっしゃってましたよね。良い心構えじゃないですか。
  じゃじゃじゃ、早速本日の予定ですが、この後ここから船に乗って取り敢えず、
  我々一路アルサクレッグ島へ参ります。ただし、午前中にはストーン工場に
  着かないとストーン作りが間に合いません。ですので、ここから島まで
  今回特別にジェット船をチャーターいたしました!」
小「え?ジェット船?おいおい、えらい奮発っぷりだなぁ。」
林「これに乗れば通常1時間のところ、40分で島に着きます。」
小「いや、凄いVIP待遇だなぁ。ケビン・コスナーみたい…。」
本「あ、でもね、こういう船ってダメな人はダメなんだよ。このカメラ撮ってる
  萌絵ちゃんなんかすぐ酔っちゃうんだよ…。」
小「知らないよ、そんなの。酔うやつは酔ってろ。さぁ、まってろアルサクレッグ!」
林・本「(舌の根も乾かないうちに…)」

(船内アナウンス「This ship is〜」)
小「おいマリリン、英語得意なところで何て言ってるか教えてくれ。」
本「えーとね、『当船は本日、先日の大嵐の影響で多少揺れるかもしれません
  がご了承下さい』みたいな感じかな。」
小「『揺れるかもしれません』だって!おう、どんどん揺れろ!ギャハハハ!」

AM7:40
出発して約30分
小野寺さんに異変が…

615 :WBCも気になる423:2006/03/21(火) 11:35:40 ID:rBwZ+nwv
<続き>
小「・・・・・頑張って行こぅ・・・」
林「小野寺さん、乗る前の力強さが無くなってきたんじゃ…」
小「・・・一寸話し掛けないでくれるか?しかしえらい揺れっぷりだ…」

口を金魚のようにパクパクさせる小野寺。
本「小野寺さん、あと少しですからね…」
林「何とか乗り切ってくださいね。」
小「・・・揺れとんなぁ・・・(パクパク)」

おもむろに備え付けの紙袋を口の前に持っていく小野寺。
小「(パクパク)・・・・・・!!」

船が今日一番に大きく揺れた次の瞬間、
トリノでカナダを破るスーパーショットを連発し、帰国後の日本選手権
でもチーム青森を優勝に導いた名スキップ・小野寺歩が…
小「$¢£%#&*@∞♂☆♀℃¥∝∬≒‰!」

― ここで荒川静香の美しい金メダルの演技画像でお楽しみ下さい ―
ttp://www.shizuka-arakawa.com/gallery/index.html

到着後、タップリ詰まった紙袋を小脇に抱え、無言で船から立ち去る小野寺。
他の四人「あと少しだったのに…」

小「・・・ゴメン…(TдT)」
林「あなたはやっぱり最強スキップにはなれないね…」

616 :松坂がんばれ423:2006/03/21(火) 11:39:33 ID:rBwZ+nwv
<まだ続く>

PM12:20
スコットランドのストーン加工工場

本「さあ、あの人が出すもん出してスッキリしたところでいよいよ…」
林「はい、ようやくストーン作りでございます!」
本「では登場していただきましょう、‘たまにはミスもするさ’疑惑のスキップ、
  小野寺さんです!」
小「いやぁ〜、先ほどはね、皆さんに醜態を晒してしまったようだけれども、
  今から私はこの工場の全面協力でね、最高のストーンを日本に持ち帰ろうと…」
工場長「Welcome my factory!This factory is〜〜〜・・・・・・」
小「??ウィー、アー、オールウイメン!!」
本「まま、小野寺さん、工場長も歓迎してるようですしね。」
小「…まあね、私もすっかり機嫌を良くしたんでね、我々今日はNo.1職人集団
  『オノデリング・ファミリー』として頑張る所存でございます。やはりストーンを
  磨くというのは己を磨くことに合い通じてまいります。」
林「その通りです!きちんと磨かれてない心のガサついた人間はね、ちょっと
  ブラシの使い心地がわからない程度でギャーギャー騒ぎ立てますから…」
小「そうそう・・・って、君は何だ?やんのか?・・・そうだ、君は「林」だから今日は
  『ミス・ブッシュ』でやれ。おい、ブッシュ、早く石持って来い!」
林「・・・ここでおまえのストーン、そのニューブラシで磨いてやろうか!ついでに
  あたしのオリジナル花柄デザインまで彫ってやろうか!」
小「・・・そしたらあんたの母ちゃんスウィーピングしてやる!もう顔のぺブルが
  なくなるまでテッカテッカにしてやる!」
林「・・・そしたらこのストーン、おまえの家の低反発枕とこっそり交換してやる!」
小「・・・そしたらあんたの家の洗面台の歯ブラシ全部捨ててこのブラシ置いといてやる!」

舌戦は続く…。

PM7:35
本「えー、いまやっと2個目が削り終わりました…。」
林「いや、実に作業効率の悪い『オノデリング・ファミリー』ですなぁ…。」
小「・・・・うるさいっ!」

[次回予告]
いよいよ最終夜か?感動のフィナーレはニューシートで!
小野寺の技が冴える!ことごとく破壊するマリリンショット!
そして実況には「あの人」も!?
乞うご期待…


617 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 11:43:08 ID:j6oHAJkC
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!

元ネタとやらは知らんが、少なくとも俺にはすげー楽しい。
完結したら、後学のため、その元ネタとやらを教えてくれ(;´Д`)

618 :そんなあなたに423:2006/03/21(火) 11:48:32 ID:rBwZ+nwv
>>617
つttp://www.htb.co.jp/suidou/

619 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 11:50:04 ID:0SGCgVn2
歩「あ〜今日も練習疲れたね〜」
弓「久々にきちんとした練習したからね〜」
歩「私んち寄ってってよ。親からおやつ一杯送られてきて一人じゃ食べきれなくて」
弓「ホント?行く行く〜。じゃあ今夜泊まらせてよ」
歩「いいよ〜…ぐへへw…ちょっとちらかってるけど我慢してね」
弓「いつもの事でしょ。何を今さら」

ガチャ

弓「ホントに散らかってるね………って誰か居るよ!誰?彼氏?」
歩「彼氏なんているわけないじゃん。私は弓枝一筋だよ……ってあんた誰!?」
?「ん?」

620 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 13:13:39 ID:/5JgfiaS
流れる季節の真ん中で ふと日の長さを感じます
せわしなく過ぎる日々の中に 私とあなたで夢を描く

3月の風に想いをのせて 桜のつぼみは春へと続きます

溢れ出す光の粒が 少しずつ朝を暖めます
大きなあくびをした後に 少し照れてるあなたの横で

新たな世界の入口に立ち 気付いたことは1人じゃないってこと

瞳を閉じれば あなたが まぶたのうらに いることで
どれほど強くなれたでしょう あなたにとって私も そうでありたい


レミオロメン「3月9日」より。
この曲を聴くと小野寺さんと林さんを思い出します…

621 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 13:31:21 ID:3yaFK87b
>>599
オチは5人並んで
帆立の殻剥きになりそうで怖い

622 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 14:34:17 ID:Gfj4Pr+0
>>423
夏野菜以外も色々入ってきましたねw
楽しみにしています。

623 : ◆HOwkaSYVuQ :2006/03/21(火) 14:41:08 ID:5iAuG20K
>>621
歩「ふぅ、20個むいたよ」
萌絵「意外と難しいね。まだ7個」
桜子「わたしも7個」
弓枝「ちょっとちょっとみんな、どこにそんなに殻剥いたホタテがあるのよ!?」
まりりん「ぶふぅ〜っ」

624 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 14:43:59 ID:GtvFdDN9
>>623
warota

625 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 15:25:05 ID:YGoqKURG
歩と弓枝の指輪おそろとか言ってる人いるけど、
妄想が過ぎてそう見えてんじゃないの?


626 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 15:34:27 ID:EpJnQexR
>>625
つ心眼

627 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 15:42:09 ID:6bzVJQYr
「繋ぎ目にアイヌ文字が掘ってある。光と影を…。擦り減ってて良く読めないなぁ」

「光と影を結び 時告ぐる 高き帆立の日に向かいし眼に 我を収めよ。
昔から私の家に伝わってる言葉です。お役にたちますか?」

「立ちます立ちます!。謎解けたぜ」


628 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 15:43:45 ID:9qe4Q0yh
紀宮さまですか

629 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 17:31:23 ID:gt4vg6od
駄目専アーカイブスの神が更新なされた!(゚Д゚)クワッ
http://home.c05.itscom.net/onohaya/index.htm

630 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 17:35:27 ID:Gk78ditX
WBCの優勝を見届けた二人…


歩「きゃー!!やったぁ〜!!日本優勝!!!!!!!!」
弓枝「やったよぉ!!オデリンじゃなくてオノデリング!!!!!!!!」
歩「あれ??オノデリングって初めてだね!!」
弓枝「エヘヘ!!さぁ、今日は二人でビール掛けしよ!!」
歩「うん!!」
二人はビール掛けをした。
あゆみえ「イエーイ!!」
歩「きゃー!!みゃーご!!」
弓枝「ちょっwwwそこwwwオッパイwwwww」
そして呑みまくり掛けまくり…
歩「みゃーご…疲れたぁ…」
弓枝「今日はベットでいちゃいちゃしないの??」
歩「しようよ!!みゃーご」
二人はベットに勢い良く飛込んだ






TVにはニュースの録画した西岡の記者会見が写っていた。




631 :もうスグ報告会始まる:2006/03/21(火) 18:02:34 ID:DQUu2Y7G
>弓枝「今日はベットでいちゃいちゃしないの??」

この発言にドキッとしたおれは末期

632 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 18:25:18 ID:KyChoRGN
>>631
それが脳内デフォになってる俺はどうしたらいい?

633 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 18:27:39 ID:Gk78ditX
末期症状フォー\(´∇`;)/!!!!!!

634 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 18:32:30 ID:CshbJJWd
俺は野球好きでWBCも見てたけど
優勝しても、俺の脳内は歩と弓枝が大半を支配してる。
本気でやばい。

635 :631:2006/03/21(火) 18:54:27 ID:DQUu2Y7G
>>632
弓枝様からこんなお誘いがくるとは思ってなかったものでw

逝ってきます

636 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 20:01:40 ID:4T8ZVCpZ
風は優しかった。弓枝の前髪を撫でるようにそっとくすぐった。
ゆっくりと歩くにはちょうど良い日和だった。暑くもなく、寒すぎもしない。
しかし照りつける日差しの強さは既に夏を感じさせるものだった。
(影が濃いなあ)
弓枝は足元に目を落とした。その黒々とした色はアイスのそれとは対極のものだ。
少し前を歩く歩が振り返った。
そして、笑った。
「日、長くなったよね」
いまさらのような歩の言葉に、弓枝は少し可笑しくなる。
「もうすぐ夏至だしね」
日が長くなった、などというのは、普通春先に良く使われるというのに。
弓枝が微笑んだのを見て、歩も嬉しそうに笑った。

ちょっと歩こうか、と誘ったのは歩のほうだった。嘱託の仕事が定時に終わり、
さあ帰ろう、というときだった。飲みに行こうか、とか、お茶でも飲もうか、
というのなら良くあることだった。でも、ただ歩こうと言われたことは、
今までにもあまりなかった。
「どこに行く?」
「うーん、どこにしよう?」
言い出した張本人のくせに、歩の返事は適当だった。
弓枝は苦笑した。
本当に手がかかるんだから。でもそこが放っておけない。
いつもそばにいて、見ていたい。見逃したくない。弓枝は歩の笑い方が好きだった。
歩が笑う瞬間には常に側にいたかった。
歩は「なんかのどかだねー」などと言いながら、大きく息を吸い込むしぐさをした。
弓枝は思わず目を細めた。歩は完全にリラックスしていた。それが弓枝には微笑ましく、
同時に心のどこかに植物の小さな棘が刺さったような痛みを伴う寂しさも覚えた。
まるですべてが遠い過去になってしまったみたいだったから。
どこに行こうか、ととぼけたくせに、歩はゆっくりと、しかし立ち止まらずに歩き続ける。
彼女がどういう道筋を巡ろうとしているのか、弓枝には分かった。
歩自身が意図しているかどうかは図りかねたが。
一年前、弓枝たちにとってこの道は歩く道ではなかった。
体力をつけるために、走らなければならない道だった。
「あ、なんか咲いてる」
歩が道端に咲く青紫の花を見つけて、声を上げた。
「弓枝、これなんていう花?」
「知らないよ」
「そっかー」
一年前は、花になんて気づかなかった。走っていると苦しくて汗が流れた。
苦しいときは呪文のように心の中で唱えた。トリノ、トリノ、トリノ……。
また風が弓枝の髪をくすぐっていった。
「少し休もうか」
歩は右手に見えてきた公園を指差した。子供たちの遊ぶ声がした。
彼らは彼らの世界に夢中で、二人のことには気づかない。
(それでいいのかもしれない)
帰国したときのような熱狂は、怪我が治癒してゆくように、ゆっくりと冷めていった。
自分たちをきっかけにしてカーリングを始めた、という類の手紙も、
今はもうあまり届かなくなった。
歩と二人でベンチに座った。遠くに海が見えた。
緑を濃くした木々の陰にひっそりとあるベンチに座るとき、
歩は少しためらったふうだった。そっと手でベンチの上にあった葉を退けた。
ジャージ姿の彼女だったら、きっとそんなふうにはしなかったに違いないと、
弓枝は思った。
風が吹いている。優しい風だ。

637 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 20:03:08 ID:4T8ZVCpZ
続き

座ってからどれくらい経ったのだろう。歩はなにも言わない。
そっと横を眺めると、彼女は目をつぶっていた。
触れそうなほど近い肩に、歩の体温を感じた。
前にもこういうふうに目をつぶる歩の横顔を見たことがあった。
デンマーク戦、失投をした歩が弓枝の隣に来てそっと呟いた。
――失敗しちゃった。
歩は目を閉じた、涙を隠すように。
あのとき自分はなんと言って慰めたのか、弓枝は覚えてはいない。
ただ、歩に笑いかけた後、上を見上げた。空を見たいと思った。
でも望んだものは、天井に阻まれてしまっていた。
今ならそれが見える。まだ十分に明るい空は澄み切って青い。
もうずっと遠いことのようにも思えるし、つい昨日のことのようにも感じる。
歩は何を考えているんだろう? 弓枝はふとそう思った。
何を聞いているんだろう?
そのとき、歩の指先が小さく動いた。
慎重に狙いを定めてデリバリーするときのような指先の動き。
歩は少し微笑んでいるようにも見えた。

ふいに声が聞こえた。弓枝の記憶の中からそれは唐突に湧き上がってきた。

――イエス、イエス、イエス!
――ウォー、ウォー!!

弓枝も目をつぶった。弓枝には見えた。そして、聞こえた。
――ここを狙って。
歩がブラシの先で示すポイント。
刻々と変わる氷上、その輝き。
――見えるよ。狙える。
自分が指すブラシの先を注視する歩の眼差し。歩は自分しか見ていなくて、
自分も歩しか見ていない。あの真剣で凛々しい瞳を、
自分が誰よりも知っていることを、弓枝は泣きそうなほど誇らしく思った。

――イエス、イエス、イエス!!!

満面の笑みで、本当に飛び上がりそうなほどの嬉しさを爆発させて、
歩がアイスの上を駆けて来る。嬉しくて抱き合う。
歩が涙を堪えていたとき、嬉しさで飛び跳ねていたとき、
いつも一番そばにいたのは弓枝だった。
あのときは、ただ悔しくて嬉しくて、それだけだった。
とにかく夢中で、いつかこんなときが来るなんて考えもしなかった。
こういうふうに、過ぎ去ってしまったもう戻らないものを、
振り返るように思い出すなんて。

638 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 20:04:08 ID:4T8ZVCpZ
続き

ふいに歩がくすっと笑った。
「弓枝、どうしたの?」
「どうしたのって、どうして?」
歩はつま先で足元の小石をちょっと蹴った。唇に笑みを絶やさぬまま、
「なにか、聞いているみたいだったから」
歩の強い目が弓枝をいたずらっぽく覗き込む。
「ね、何が聞こえてた? 教えてよ」
弓枝も微笑む。答えるまでは許さない、という感じだ。
(本当に手がかかる)
風は柔らかい。
二人の髪を撫でて通り過ぎていく。
「……大事な人の声だよ」弓枝は答えた。「誰かは、内緒ね」
「そっか」
それを聞くと、歩は勢いをつけてベンチから立ち上がった。 
「じゃあ、同じだね。私も一番大事な人の声が聞こえてた」
そして、少しの間をおいて、歩はこう続けた。

「私も、弓枝の声を聞いてた」

おわり

639 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 20:22:52 ID:Kus42bPw
いいかげん、ねちこいセックスさせろやw

中学生の部活か、ここは

640 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 20:26:13 ID:CshbJJWd
普通に考えて、639の方が中学生だろ(笑)

641 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 20:29:26 ID:Kus42bPw
>>640
おっ、24時間貼りついてるヲタのお出ましかw
さ、罵倒しあおうぜw
まず、お前を産んだ母親がいかに糞かということから語り合いたいw




642 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 20:29:52 ID:v3nvHpri
>>639
そうです。
ここは二度と戻ることのない
中学生の多感さを思い起こせる場所です。

643 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 20:30:12 ID:xM8F/Fxu
>>636-638
。・゚・(つд`)・゚・。

644 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 20:30:30 ID:hvj4vwPY
お前ら二人とも結婚引退発表したんだけど?

645 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 20:31:45 ID:/RL4NLPX
939 :350272008038342:2006/03/21(火) 20:21:47.29 O
林さんは北海道に帰るとのこと
小野寺さんは、もう少し時間を下さい

本人コメント…

942 :350272008038342:2006/03/21(火) 20:23:08.25 O
そして、小野寺さん、北海道で結婚する(待ってる人が既にいる)との発表

646 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 20:37:11 ID:Kus42bPw
まぁ、小野寺の婚約とふたりのコンビ解消も決まったことだし、

おまえらの妄想祭りも、そろそろ幕引きでいいだろ。

林と小野寺を恨むなよ。

彼女らは、普通の人間、そして男性を愛する普通の女性だったってだけのことだ。

647 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 20:41:55 ID:DPasDJt4
やっとキモい妄想スレも終わりですね

648 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 20:42:50 ID:degW2d/r
>>636-638
情景の描写が丁寧でそれでいて堅苦しくなく一気に読まされたって感じです
>ふいに声が聞こえた。
の辺りからオリンピックのシーンが目の前に浮かんで、あの感動が蘇ってきました
「お互いが大事であることの確認、しかし永遠にとは断言しない」
のような切なく危うい感じが良かったです

649 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 21:03:47 ID:rrBKrB+L
【カーリング】チーム青森の主将・小野寺歩選手(27)、幼なじみと結婚へ・今後もチームでの活動は続ける
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1142942446/


ってことだ。

650 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 21:05:09 ID:ZY8fOcxj
>>649
これはきっと偽装結婚だ

651 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 21:06:50 ID:6pxbZ6Go
>>650
祝福してやれ。な?

652 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 21:07:28 ID:9qe4Q0yh
>>650
……(´;ω;`)ブワッ

653 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 21:12:32 ID:6pxbZ6Go
物語を書き綴っていた人間が、みな、息を潜めているのがヒシヒシ伝わってくるな。
まあ、しかたないか。元気出せよ、おまえら。

654 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 21:13:27 ID:Q/7+gdnI
>>636-638
今駆け巡っているマジか釣りか分らない情報との相乗効果で・・・

机に突っ伏して泣きますた(つд`)・゚・。

655 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 21:14:34 ID:mYZq1vCR
ワシは普通におめでとうって言えるぞ!
最初はスレタイと同じような気持ちだったが、今じゃチーム青森が好きだ。
コーチとしてでもチーム青森に残ってくれる以上、なにも文句は言わない。

656 : ◆HOwkaSYVuQ :2006/03/21(火) 21:16:44 ID:5iAuG20K
歩「○○さんに抱かれたよ」 (つд`)・゚・。

657 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 21:19:53 ID:JVCGZzHT
おっぱいのかみやカウントダウンの作者さんはどうしてるかな?(つд`)・゚・。
個人的には続けてほしいけど・・

658 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 21:20:36 ID:XL/YizWx
このスレもついに終了か

659 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 21:25:22 ID:Q/7+gdnI
・・・でも、小野寺さん本当におめでとう!
結婚してもオノデリングとだけは呼ばせてほしいけど・・・
だめですか??

660 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 21:27:45 ID:0J11sEdA
>>659
                   ∧∧∩
                   ( ゚∀゚ )/
             ハ_ハ   ⊂   ノ    ハ_ハ
           ('(゚∀゚ ∩   (つ ノ   ∩ ゚∀゚)')
       ハ_ハ   ヽ  〈    (ノ    〉  /     ハ_ハ
     ('(゚∀゚∩   ヽヽ_)        (_ノ ノ    .∩ ゚∀゚)')
     O,_  〈                      〉  ,_O
       `ヽ_)        スーパー       (_/ ´
   ハ_ハ              オメデリング!                ハ_ハ
⊂(゚∀゚⊂⌒`⊃                       ⊂´⌒⊃゚∀゚)⊃
 

661 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 21:37:33 ID:6pxbZ6Go
316 名前: ◆HOwkaSYVuQ [sage] 投稿日: 2006/03/21(火) 21:07:44 ID:5iAuG20K
歩と弓枝は幼馴染だよな!


662 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 21:37:56 ID:8dkDixku


さて、ゆっくり思い出でも語りますか・・・・・




663 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 21:41:28 ID:eVVxxCh/
そのあとみんなで死のうぜ・・・・・

664 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 21:41:39 ID:IOv9UBYA
>>657
実況シリーズは続けます。
他の作者の方々にも是非続けて欲しい。

665 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 21:44:57 ID:m0mAPP1C
歩の結婚話はカモフラージュだよ。
だって日本じゃ同性結婚出来ないし!内緒だけど、偽装だからね・・・
もちろんこれからも弓枝と一緒にいる為ね。
歩猫は弓のおっぱいないと眠れないんだから。
歩『歩はね、男のおちんちんよりも弓のおっぱい好きだもん♪グヘヘ!ウキャッ(゜▽゜)』
弓『もちろんだわ!歩は誰にも渡さないわ!フフッ!』

666 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 21:45:46 ID:6pxbZ6Go
http://namihei.zone.ne.jp/upup/up/54313.jpg


さ、これでも見て気持ちを落ち着けな。

667 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 21:47:44 ID:W1s9IKfA
 ∧||∧
(  ⌒ ヽ
 ∪  ノ
  ∪∪


668 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 21:54:26 ID:/lxU3lN1
>>665
泣きながら打ってるおまえのこと思うとこっちまでもらい泣きする。・゚・(つд`)・゚・。

669 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 22:05:12 ID:JVCGZzHT
>>664
おお、力強いお言葉サンクス!!これからも変わらず期待しております\(´∇`)/

670 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 22:07:30 ID:W1s9IKfA
二人引退なら日本のカーリング普及はトリノ五輪カーリング予選初日レベルまで後戻りするのは確実。
カーリング協会だの現役選手だの、関係者がどんなに2chに工作レス付けても、もうこれで無理だ。
アイルトン・セナが事故死した後の数年間、F1GPのTV中継視聴率がどれほど急落したことか。
チームが最下位なのに日本人ツアー客がシアトルマリナーズの試合を見に行くのはイチローがいるからこそ。

671 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 22:08:49 ID:m0mAPP1C
今頃まりりんはオノデリングの結婚式に出る料理のメニューが気になって気になってしょうがない。
量、質、味!どれが優先なんだろうね?因みに五人それぞれの優先順位は?

672 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 22:09:23 ID:CtGqO0Au
>>671
ほたて ほたて ほたて

673 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 22:10:14 ID:sSEiQJGW
やっぱ会費制でやるんだろうな

674 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 22:14:31 ID:m0mAPP1C
結婚式も寄付活動するのかな?

675 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 22:14:44 ID:C0t20BoO
>>671
バナナとホタテとリンゴしかでません

676 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 22:20:12 ID:4p/6AgLQ
こういうときこそ、このスレが存続が必要

677 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 22:34:46 ID:q1uUvOCk
なんか投下してこの空気を埋めよう、ってことで。
現実絡めずに。弓枝視点でよろ。

もう世界は目指さない。それが二人の共通した結論だった。
章「カーリングで食べてけるわけじゃないんだからさ。地域チームとしてやってけばいいよ」
美香「ずっと4人一緒ではいられないよ。それはわかってるでしょ?」
二人のほうが現実を見ている。
それはわかっているけど。

「歩ちゃん・・・青森ホントに行くんだ?」
「ん・・・行くけど?」
今日は歩ちゃんと二人で子供のためのカーリング教室だった。ブラシを抱える歩ちゃんは、生返事だけで私のことを振り返ろうともしない。
青森は元々は章ちゃんが誘われた話。でも章ちゃんが断ると、4人のうち誰でもいいから一人、と言われて。決断したのは歩ちゃんだった。
ちょっとびっくりして・・・焦った。
確かに歩ちゃんはみんなの意見が割れても、トリノを目指す!って言い続けていたけど。
「それじゃシムソンズ解散だよ?」
「どっちみち・・・このままじゃ解散だし」
歩ちゃんは一人で用具を抱えて倉庫に向かって歩き出した。重そうにしてるけど、どうしても手は出せなかった。
歩ちゃんと二人が対立したとき、私はどうしていいのかわからなくて。おろおろして。そんな私の気持ちを察してくれたのか、3人とも私の決断を促すようなことはいっさい言わなかった。
だから、私の意志は誰にも伝わってはいない。伝えていない。
「そんなことないよ。このままここで・・・」
「もう学生じゃないんだよ?北見とかで就職して?仕事終わってから練習するって?試合はどうするの?遠征は?・・・それじゃ勝てないよ」
薄暗い倉庫のすみっこに、ひとつずつブラシを立てていく歩ちゃん。
全部を立ててしまっても、そのままゴミでも払っているのかやっぱり私の方は見ない。

678 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 22:35:13 ID:Ua7Oe8fe
中学の頃の懐かしい感じを、思い出させてくれた、小野寺さん。
心の底から ご結婚おめでとうございます。
・・・・・・いや、・・・やっぱり、半分位から・・・・・。
・・・さ・・・3分の1位から・・・・・・。
面識の無い人の結婚報告を目にして、こんなに驚いたのは初めてです。
これで、林さんも結婚とか言うニュースが、飛び込んできたら・・・・あははっ・・・・・・・・・はぁ。

679 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 22:36:08 ID:q1uUvOCk
「・・・勝つことだけが大切なの?」
違う。そんなこと言ってる立場じゃない。そんなことを言いたいんじゃない。
じゃあ・・・何が言いたい?
「弓枝ちゃんさ。27になった自分想像してみてよ?テレビでさ、知らない誰か・・・こないだの空知の子とかが活躍してさ、ソルトレイクでは・・・とかって私たちの映像流れて、自分はどっか適当にOLとかで、誰かにあれ君だろとか言われてさ・・・。私はそんなの嫌だよ!」
珍しく声を荒げる歩ちゃんに、なんか焦って。
わかんない。何に焦ってるのか。
「でも・・・でも青森に行っても勝てないかもしれないよ?ホールも今からなんでしょ?コーチだっていないし、だいたいメンバーは?いまさら新しいメンバー4人も探すの大変だよ?」
「探すのは3人でいいから」
「え」
「一緒に来て」
その言葉を。
本当は・・・待っていなかったわけではないけれど。
「でも、でもさ、歩ちゃん・・・」
ゆっくりと振り返った歩ちゃんは、少しためらうように視線を泳がせて。
そして、やっとで二人の視線を絡める。
「弓枝ちゃん・・・悔しくないの?」
呼吸が、止まった。
視線は、離せなかった。
遠く、はしゃぐ子供の声が聞こえた。
ほこりっぽい倉庫に光が幾筋も差し込み、ゆらいでいる。
・・・誰も。
私を責めなかった。
絶対にミスしちゃいけないときの。
ミスショット。
すべての流れを決めた、ミスショット。
悪夢のような一瞬が、唇を噛み締めた歩ちゃんに重なる。
『弓枝ちゃんのせいじゃないよ。私だっていっぱいミスしたし。章ちゃんだって美香だって絶対にミスしないってことはないんだから』
歩ちゃん、違うよ。
どうしても成功しないといけないときに。
『成功率99%でも1%が重要なときだったらだめなの?だったら常に100%しかないし。そんなのありえないよ』
あのとき、歩ちゃんはそう言って笑った。

680 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 22:37:41 ID:q1uUvOCk
今だって責めてはいない。むしろいたわるような優しさで。
こんなこと言ってごめんって声が、全身から聞こえてきた。
・・・悔しいよ。
悔しくて、悔しくて。
その優しさの前では、素直に感情を吐き出してしまいそうで。
喉の奥が、じんと痛んだ。
「弓枝ちゃんの中でさ。終わってないモノ、あるでしょ?」
歩ちゃん頬がきゅっとゆがみ、差し込む細い光に輝いた。
・・・それは、私の、心の痛み。
私のために、流した滴。
「でも・・・一人だけだって」
「二人で行けるようにお願いしてみる。だから・・・行こう?」
差し出された小さな手のひらに、この手を重ねることの重大さを。
わかっていて歩ちゃんはそんな涙を流すのだろうか。
『弓枝ちゃんの、過去も、痛みも、未来も。すべて私が背負うから』
聞こえた声は、うそじゃない。
「絶対、大事にするから」
・・・それなんか違う。
ここぞって時にズレたこと言うんだもんなー。
ずるいよ。
気が抜けて思わず手をとってしまったじゃないか。
歩ちゃんの口元が、にゅーってゆるんだ。
「良かったぁ」
ほっとしたって、顔。
・・・わかった。
あの悪夢の仕返しをする。
ミスしちゃいけないときに絶対ミスしない。
いつでも100%の成功率。
そこを、目指す。
重ねた手のひらから伝わる体温の。
その熱さに応えるために。

681 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 22:45:18 ID:hNU1Nfmw
小野寺結婚→出産→離婚→小野寺、林の2人で子育て
みたいな計画のスタートかもしれんね。

682 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 22:46:26 ID:mauO2n5Y
ここほど泣けるスレタイもないな…

683 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 22:50:17 ID:IHZelYWz
やっぱりこのツーショットが見れなくなる?のが一番ツライ

684 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 22:53:50 ID:CshbJJWd
正直、このスレの住民が一番ダメージ大きいです(´;ω;`)

685 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 22:57:52 ID:FlmDpa++
>>673
出席者も楽でいいよ。

686 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 22:58:47 ID:NJafZghs
萌えた・・
萌えつきた・・
真っ白にな・・・

687 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 23:04:54 ID:W1s9IKfA
もうここに来ることもないだろう。
おまいら今までありがとう。   楽しかった。
俺はトリノ以前にいた板に戻るわ。

688 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 23:06:04 ID:GtvFdDN9
>>684
ぅん、二人とも好きだから。

689 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 23:10:06 ID:oOhkMu79
88 名前: 雪と氷の名無しさん [ ] 投稿日: 2006/03/21(火) 23:06:49 ID:CdKh6OPt
今日報告会に行って来ました。
きちんとしたレポートします。
最初の後援会長の挨拶で二人の引退が発表されました。
二人とも北海道に帰るそうです。最後の挨拶で林さんは引退宣言しました。
今後は指導者になるかもしれない。そんな事言ってました。
小野寺さんはとりあえず結婚してから今後の事を考えたい・・・含みを残しました
けど常識的に青森での現役活動はありえません。
正式にチーム青森での現役続行を表明したのは目黒さんと寺田さんだけです。
マリリンはバンクーバーを目指すとだけ言いました(目黒、林さんと違ってチーム
青森で)とは言ってません。
そして最後に小野寺さん、林さんは会場に来た全員と泣きながら丁寧に握手しました。
二人とも一人、一人に「ありがとうございました。」と頭を下げながら・・・



690 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 23:26:50 ID:ezxaEjAH
>>673
最近はどうかしらないが北海道は会費制が主流

691 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 23:28:39 ID:sSEiQJGW
チーム青森がドラマだよね。こんな脚本は神様にしか書けないよ。

692 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 23:29:12 ID:AKakcHLT
こういう日ではありますが、来たれ、おつ神さま。

693 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 23:30:40 ID:Q9OL/sL7
心からおめでとう&お疲れさまと言いたい。

だが、
http://home.c05.itscom.net/onohaya/shimusons.htm
のような未来を期待する俺もいる。(つд`)・゚・。

694 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 23:34:44 ID:WVKWYTcO
絵師様生きているかな

695 : ◆HOwkaSYVuQ :2006/03/21(火) 23:39:28 ID:5iAuG20K
歩は4年間住んできた部屋ともお別れになった
「だいぶ散らかしちゃったけど、これが最後の掃除ね」
そういって一つ一つを片付けては、思い出に浸っていた。
「これは、常呂から持ってきたカップ。あ、これはカナダで買ったキーホルダーだ」
あまりはかどってるとは言いがたいが、歩は幸せを噛み締めながら片付けていた
「ドサッ」
何かが棚から落ちたようだ。拾ってみると、5人で一緒にとった写真だった。







ダメだ、涙で画面が見えなくて書けない ・゚・(つд`)・゚・。

696 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 23:49:55 ID:WH5U8/EE
>>695
。・゚・(つД`)・゚・。

697 :雪と氷の名無しさん:2006/03/21(火) 23:58:14 ID:yo3f0Re8
この状況で歩様きたら神

698 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 00:00:27 ID:5+byfi7f
戦国大名 歩様 の中の人、創作意欲失くしちゃったかな(´・ω・`)ショボーン
しかし、影響力でかいな
俺も半端なく、寂しいよ…

699 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 00:01:09 ID:UDRk75fs
>>697
こういう状況だからこそああいう話を読みたいな。・゚・(つД`)・゚・。

700 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 00:05:13 ID:JVCGZzHT
「グヘヘ」
「wwちょwwwwそれちんちんwww」

とかになるんだろうなあ
なるんだろうなあ


701 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 00:09:26 ID:d/fXJwnB
歩を仰向けにさせ、膝を胸の方へ押すようにして脚を拡げる。
 秘肉の裂け目から、濡れきった花びらが、ほんの少し顔を出している。
(やっと、常田君とひとつになれる)
 常田の逞しいものが入ってくることを期待して、歩は子宮の奥まで熱くなった。
 しかし秘肉に分け入ってきたのは常田の中指だった。
 ヌプッ
 粘度が高い愛液が独特の音を立てる。
「あんっ」
 入ってきたのは期待したものではなかったが、それでも甘い声が漏れてしまう。
 指が二本に増え、ゆっくりと動かされる。
「あっ、ああんっ! いいっ‥‥もっと‥‥もっと、ちょうだい!」
 思わず、懇願してしまった自分を、はしたないと思いながらも、押し寄せる快感に抵抗ができない。
 歩は、自ら腰を動かしていた。
 クチュッ、クチュッ
 蜜壺からの音が部屋に響く。
 常田の尖って硬い舌先が歩のクリトリスをとらえた。
「あっ、いいっ、ああっ!」
 蜜壺とクリトリスを同時に攻められると、下腹部から腰までがドロドロに溶けてしまうように感じる。
「ああ‥‥常田君‥‥もう‥‥もうだめ‥‥」
 否応なく二度目の波が押し寄せてきたのを感じ、歩は絶え絶えに言った。


702 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 00:11:41 ID:d/fXJwnB
蜜壺から分泌される愛液が次第にサラサラになり、全体の感触が変わってきたのと同時に、子宮口が指にあたるくらい降りてきた。そこで、常田は指と舌の動きを早めた。
「ああ〜〜っ!」
 長く叫んで、歩の身体が硬直する。背中をのけぞらせ、足の指先までピンと伸ばしながら、腰をガクガクと痙攣させている。
 それでも、常田は愛撫を続ける。
「いやっ! そんなにしたら‥‥また‥‥くぅっ!」
 シーツを握りしめ、腰をよじるようにして歩が悶える。
 あっという間に三度目の波がやってきたのだ。
 余韻で、ビクン、ビクンと痙攣している歩の身体から離れ、その肢体を見下ろした常田は、意を決したようにペニスを握り蜜壺へあてがった。
 グイッと力を入れて一気にインサートする。
「ああっ!」
 休む暇もなく攻撃され、ひときわ高い悲鳴を上げる歩。
「太っちゃったから見ないで」と言っていたウエストをキュッと凹ませながら、のけぞる歩の身体が汗で濡れ光っている。
 常田は杭打ち機のように力強く腰を打ち付ける。
「あっ! あんっ! あんっ!」
 歩の喘ぎ声にシンクロして豊かなバストが揺れ、シーツを握りしめる指に一層力がこもる。


703 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 00:13:16 ID:AKOz+Py5
最低の奴が来やがった・・・
死ね

704 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 00:13:29 ID:d/fXJwnB
その姿を見ていると、愛しさがつのり、常田は覆いかぶさるように身体を合わせた。
 歩の腕がからみつくように背中へまわる。
 指先に力が入り、背中の肉に長い爪が食い込む。その痛みさえ、今の常田にとっては快感だった。密着した肌から伝わる弾力と体温が官能を高める。
 常田は、さらに腰の動きを激しくして唇を奪う。
「うっ! ムグゥ!」
 舌を絡めながら悶える歩。やがて、腰をバウンドさせるように突き上げた。
 ペニスの先端に硬い肉があたる。まるで、子宮口が常田のペニスを飲み込もうとしているようだ。
「おおっ!」
 歩のオルガスムスを知った常田は雄叫びをあげながら奔流を放った。
「ああーっ!!」
 ほとばしるものを熱湯のように感じた歩は、もう何も考えることができず、ただ叫んでいた。


705 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 00:15:42 ID:vUCouvkE
もう何も考えることができず、ただ叫んでいた。

このSSを貼り付けているバカが死ぬ事を祈って。

706 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 00:16:52 ID:U3AORiXQ
>>701-704
なんか表現に加齢臭が漂ってる
蜜壺とか子宮口とか今時厨房でも言わねーよ
とりあえず脳髄直撃するエロ語選びから出直してこい


707 :ミニゲーム・ビッグゲーム 3:2006/03/22(水) 00:19:18 ID:Er5sQmz8
>>521-522の続き

フジ「So,サクラコ, モエ, Mike and DaveでOne team。
   アユミ, ユミエ, Jammy, Mary AnnでOne team。
   マケタホウガ、dinnerノジュンビネ」

戸惑う五人をよそに、フジ・ミキはチーム分けを進めていく。
意図が分からないまま指示されたチームで固まると、弓枝たちは打ち合わせを始めた。

弓枝「ええと……、じゃ、歩がスキップでわたしがサードでいいよね。で、セカンドは──」
フジ「No、No!!」
弓枝「え?」
フジ「アユミハ、リード。ユミエハ、セカンドネ」そして萌絵たちの方に向き直ると、
   「モエハ、スキップ。サクラコハ、セカンド。OK?」
四人「えーーーっ!!」

そして即席チームどうしのミニゲームが始まった。
ゲームは1エンド目からハウスに石が集まるジャムゲームの様相を呈していた。

ゲームは歩たちが後攻で始まった。
歩の二投はセンターガードを置き、それに隠れる形でほぼハウスの中心にストーンを置くことができ、
一方の萌絵チームのリードは、一投はスルー、そしてもう一投はホグラインに届かないミスショットだった。

歩(よしっ!!)

歩は大人げないと思いつつも、相手のミスに心の中でガッツポーズを取る。
この調子でいけば、このエンドで大量点が取れるかもしれない。4エンドの短期決戦では、
早めのリードが勝負を決めると、歩は読んでいた。

が、歩の楽観はすぐにしぼんだ。
歩チームのセカンド、ジェイミーの一投は、歩のガードを弾いてしまい、
二投目はハウスのNo.1ストーンとなった桜子の石にヒットアンドステイを狙ったのに、
桜子の石をちょっとずらすだけで自分の石が出てしまった。
この後、弓枝が必死にフォローするが、スキップのメリアンが的確なミスをし、
第一エンドは萌絵たちが2点スチールして終わった。

歩 (何やってんのよ……)

歩は必死に平静を装いながら、心の中で毒つく。コーチが気まぐれで始めた遊びだから熱くなる必要はない、
そう思いながらも、さっきの萌絵とのやり取りのもやもやも晴れない中でチームメイトにこんなミスをされては、
どうしても気分が悪くなる。
子供たちは歩の心中も知らず、笑いながらハウスに残ったストーンを片付けていた。
大人げない、大人げない。
歩は呪文のように呟くと、子供たちのところに向かっていった。

708 :ミニゲーム・ビッグゲーム 4:2006/03/22(水) 00:20:23 ID:Er5sQmz8
一方、萌絵も焦りが顔に出ないように必死に抑えているところだった。
スチールできたとはいえ、これも相手がミスしてくれたおかげであって、
リードのミスを桜子が、サードのミスを萌絵が必死にフォローしてなんとか得た2点だった。

萌絵(マイクとデイブがもう少しうまくやってくれないと……)

1エンド目は相手のミスで点が取れた。だけど、この幸運が続くとは限らない。次は自分たちが
ミスから失点する可能性は低くはない。

そして萌絵の心配は的中した。2エンドは、萌絵の二投目がスウィーピング不足でミスショットとなったうえに、
メリアンのラストストーンがハウスの中央に運良く収まり、歩たちが3点を得て終わった。

「Ayumi, did you look? I did it!(歩、見てた? やったよ!)」

小躍りしながらやってくるメリアンが叫んでいる。その喜びように、歩も笑顔を返していた。
メリアンの指先からラストストーンが離れたとき、ウェイトが乗りすぎていることが歩には分かった。
(スルーしちゃう)
が、ゴミが落ちていたのか、ストーンは途中でラインを変えハウスの中心に収まってくれた。

「メリアン、グレイト!!」

歩ははねるように胸に飛び込んできたメリアンを抱き留めながら、ぎこちない英語で祝福する。
そしてメリアンの頭を撫でながら、腕の中ではじける笑顔をじっと見ていた。

(こんな時、あたしならどんな顔するのかな?)

たぶん、ちょっとばつの悪そうな顔になってるんだろう、と思い、メリアンが少し羨ましくなっていた。

「Ayumi, next are your turns.(歩、次は君の番だよ)」

ジェイミーに言われ、歩は慌ててストーンに手を伸ばした。


ゲームはそれからも野球で言うところの乱打戦となっていった。
ただ、歩や萌絵たちにさっきのようなぎこちなさはない。
一投の成功に両チームで喜び合い、一投の失敗で両チーム肩を落としながらも笑いあった。
カーリングを始めたばかりの頃に戻った四人がそこにいた。

そんなゲームの中で歩は
(リードがうまく投げても、スキップがちゃんと決めないとダメだし、スキップが安定しないとみんな安心してゲームできないんだな)
と思い、
その横で萌絵は、
(リードがうまく投げないと後の人が苦労するし、リードが安定してないとスキップはゲームプランを組み立てられないんだな)
と思った。

それは、長いことカーリングをやっていて充分分かっていたはずなのに、見失い、今改めて気付いたことだった。

709 :ミニゲーム・ビッグゲーム 5:2006/03/22(水) 00:21:27 ID:Er5sQmz8
萌絵がラストのドローを決め、ミニゲームは結局7対7の引き分けに終わった。

フジ「キョウハ、コレデオワルネ。アシタ、マタアソブ。OK?」

近くでじっと歩たちを見守っていたフジ・ミキは、最後に全員の表情を確認して満足そうに頷くと、それだけ言って立ち去った。

歩 「楽しかったね」
萌絵「こんなに笑ったの、カナダに来て初めてかも」

二人の言葉に、みんな同意するように何度も頷き、そして笑いあった。


弓枝「……で、今日の晩ご飯は、誰が作る? 当番は、さっちゃんとまりりんだけど……」
桜子「ね、みんなを呼んで、日本食パーティーなんてどう?」
萌絵「あ、それいいかも。手巻き寿司なんかいいんじゃない。あ、でも海苔とかわさびがないか」
弓枝「吉川さんか田坂さんに聞いたら、売ってるところ教えてくれるんじゃないかな」
歩 「じゃ、決まりだね」

そんなことを言って盛り上がる四人の横で、一人だけ不満げな顔をした麻里がいた。

麻里「みんな楽しかったみたいだけど、あたしはなんにもやってないんだよ。
   だから、今日の晩ご飯の当番は四人でやってよね。あたしは、もうすこし遊んで行くから。
   アシュリー、ジャッキー、一緒にあそぼ〜〜〜〜〜!!」

そう言って走り出す麻里の襟を、後ろから萌絵がむんずと掴む。

四人「あんたも、や、る、の!!」

710 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 00:54:57 ID:QU3reQbV
〜前回までのあらすじ〜
ひき-ぎわ【引き際】(名) 新たなステップへ進むこと


弓枝「常呂だよ」
歩 「常呂だね」
弓枝「ところできのうは大変だったね」
歩 「ついに言っちゃったってところだ」
弓枝「うん、さすがにちょっとつらかったな」
歩 「まさかこんな状況になるなんて思ってもみなかったから」
弓枝「この1ヶ月かなり心が揺れたけどしかたないよね」
歩 「でも、ドッキリの仕返し大成功だ」
弓枝「そんなことテレビで言ったら後ろから刺されるよ」
歩 「そうだね、あれだけみんな応援してくれてるからバチがあたる」
弓枝「こんな幸せ者いないよ」
歩 「そうだそうだ」
弓枝「あそこ行ってみようか」
歩 「あそこって、あそこ?」
弓枝「そう、あそこ」


弓枝「ほら、歩やりなさいよ」
歩 「なんか恥ずかしいな〜」
弓枝「なにいまさら照れてんのよ、早くっ」
歩 「よしっ、じゃあ小野寺歩いかせていただきます」


歩 「あたしは日本で一番しあわせだ〜」
弓枝「わたしのほうがもっとしあわせになってやる〜」
歩 「ちょっと弓枝っ」
弓枝「あーきもちいい〜」
二人「アハハハハ」
歩 「またあの船のおじいちゃんに聞かれちゃった」
弓枝「ほんとだね」



バンクーバーまで「あと1422日」

711 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 00:56:39 ID:Sc4NmURB
>>710
乙です。・゚・(ノД`)・゚・。
あなたにも幸あれ!

712 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 00:58:48 ID:UBUFhvpE
>>710
なんか寂しさが和らいで、心が温かくなった。
ありがとう。

713 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 01:01:22 ID:UDRk75fs
>>710
カウントダウン神…ありがとう

714 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 01:17:50 ID:JdYL/q7D
大好きだったドラマの最終回を、寂し過ぎて見たくないのにそれでも見ずにはいられない時のような
他に女や男ができたからじゃなく行き違いの積み重ねで別れることになった女を、最後に見送る時のような
そんなヒリヒリする気持ちをひさしぶりに感じている俺がいる

715 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 01:20:33 ID:qhSrf0eP
歩 「とうとう発表しちゃったね。」
弓枝「せっかくカーリングがメジャーになったのに。みんながっかりしてるかも。」
歩 「でも、私たちの次の世代も育ってきてるし、後は後進に任せて。」
弓枝「歩、落ち着いたらさ、また一緒のチームでやろう。
   私たちのお母さんみたいにさ、年取ってもずっと一緒にね。」
歩 「そして、2030年のオリンピックに出場する、私たちの娘の応援に一緒に。」
弓枝「あら、歩ちゃん、気が早い。」
歩 「弓枝、きっとだよ。約束。」

716 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 01:21:33 ID:RWKmGBNP
>>710
ありがとう
毎日あなたの作品を楽しみにしてました


717 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 01:25:02 ID:vCgk8Nov
>>710
超乙!!。・゚・(ノД`)・゚・。

718 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 01:29:00 ID:2CyFjrf7
>>710
これで安心して寝れる
明日も明後日もその次も…

719 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 01:33:09 ID:pfCdqOnx
>歩 「でも、ドッキリの仕返し大成功だ」
うん、これ言ってそう絶対言ってるってw


720 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 01:37:31 ID:/8h10+qh




・・・・・・・・・・・・・・・・歩様待ち・・・・・・・・・・・・・・・・・





この言葉もなんか意味深になっちゃったね。・゚・(ノД`)・゚・。
でもホントに作者の方、期待して待ってます
そして本物の歩様のカムバックも待ちます!

721 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 01:42:09 ID:ImKGhKbh
>>710
>〜前回までのあらすじ〜
>ひき-ぎわ【引き際】(名) 新たなステップへ進むこと

このタイミング凄すぎ
まるで知ってたかのように昨日辞書ネタを持ってきた感じすらある

722 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 01:44:43 ID:7/FMQCRH
カウントダウンの人はなんとなく関係者っぽいと思ってた

723 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 02:00:28 ID:4glu0zyo

ダンッ
麻里おっぱいのかみ IN おつ神さま の刃が弓枝に襲い掛かる・・・・・。

戦国大名 歩様 最終話 「さようなら 歩様」

弓枝「くッ・・・・よッ・・・避けきれないッ!!」
おつ神さまを、その身に宿した 麻里おっぱいのかみ の ノーブラとは思えない程の、素早い踏み込みに
弓枝は反応することが出来ず、自らの間合いに 麻里おっぱいのかみ の進入を許してしまう。
麻里「覚悟ぉーーーーーーー!!」
びゅお
振り上げられる、織り込みチラシ。
動きに合わせて、揺れる おっぱい。
弓枝「ッ!・・・・・避けきれないッ!!」
その時。
すー・・・・
奥の ふすま が、静かに開く。
歩様「弓枝ー弓枝〜、お腹すいたー何か作ってー」
おなか を、さすりさすり 出て来たのは 歩様。 戦国大名 歩様。
弓枝「あっ・・・・歩様!!な・・・なんで出てくるんですかッ!?」
困惑気味に弓枝が叫ぶ。
歩様「え?だってお腹が空いたから、弓枝に何か作ってもらおうと思ってー・・・
   ・・ってあれ?麻里ちゃん、来てたんだー?」
麻里おっぱいのかみ の姿を見つけ声をかける 歩様。
麻里「あ!歩ちゃんッ!!」
弓枝を ぼいん と押しのけ ぱいんぱいん 歩様に近寄り、声高らかに 麻里おっぱいのかみ。
麻里「私といざッ尋常〜にッ、勝〜負ッ!私が勝ったら、歩ちゃんの領地私が貰っちゃうんだから!」
これを聞き、いつもの緊張感のない声で歩様。
歩「え・・いいよ、あげる。勝負とかしなくても、私の領地全部、麻里ちゃんにあげる」
麻里「・・・・・・え?い・・今なんて?」
突然の歩様の言葉に耳を、そして結婚と言うニュースを疑う 麻里おっぱいのかみ。
歩「私もうすぐ、実家がある北海道に弓枝と帰るんだー。だからいいよー領地とか全部あげる」
麻里「・・・・えッ?ええッ!?」
思いがけない 歩様 の申し出に、混乱気味の 麻里おっぱいのかみ。
歩様 に手を握られ 左右にゆさゆさ、ご飯を作るよう、ねだられる 弓枝。
今、現在も2人仲良く 官能小説 を読みふけっている 萌絵将軍と桜子。
そして今日もどこかで ボッキング越。

おわり

今まで駄文にお付き合い頂き、ありがとうございました。
小野寺さんの結婚と言う、おめでたいニュースに、
テンション下がりまくりで、こんな最後になってしまい申し訳ありません。
今まで感想くれた方々、ありがとうございました。
カウントダウンの方、他の作者の方、これからもがんばって下さい。
また何か思いついたら、書きたいと思います。
それでは。

724 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 02:03:00 ID:g+Zuy1ia
歩様・・・

725 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 02:03:59 ID:HVy//XmN
>>723
乙でした!
笑いと感動をありがとう!

726 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 02:04:23 ID:UDRk75fs
現実とシンクロしてるな…歩様(涙)

作者さん今までありがとう。

727 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 02:08:32 ID:sFKUmQup
>>723
毎回、楽しみにしてました。
本当に寂しいです。
これまでありがとう。

728 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 02:15:01 ID:7/FMQCRH
歩様…大好きでした
ありがとう

729 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 02:16:09 ID:2fM9FV6G
>>723
それでも書いてくれたあなたに感謝

730 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 02:20:05 ID:Er5sQmz8
>>723
お疲れ様でした。そして今までありがとうございました。
歩様に触発されて自分も駄文を書き連ねてきたので(作風は全く違いますが)、
これが最後となるのが、とても残念です。

あなたの小ネタの豊富さにはいつも感心し、嫉妬してました。

731 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 02:23:53 ID:UisXuqAE
歩様の神・・そしておつ神様よ、安心めされい!

オノデリングの結婚は偽装・・・!!!
松平健のように同性を愛している自分を偽装するための結婚!!
身の回りの人々のための偽装!!!
そんなのこちら側では基本的なタクティクスですよ?おつ神様。
というかそれ以外に根本から事実を隠蔽する方法はありません。
今まで自分を守ってくれていた弓枝を今度は自分が守るために歩は偽装結婚。
そして二人はともに故郷に帰るのでした。


そして・・・故郷の人々には決して知られてはならない二人の逢瀬が始まる・・・。

732 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 02:29:20 ID:10NgYAB1
>>723
お疲れ様&ありがとう
歩様最終回すげーさびしいっす!
マジ楽しみに待ってました。
もし気分が戻ったら「帰ってきた歩様」書いてください。
ほんと乙です!

733 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 02:29:52 ID:i3KRKkWJ
相棒の寿退職につき合って辞めるとは……
林の小野寺への愛は深い

734 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 02:34:34 ID:yjGwK+4+
              ,,.-‐----、
            /  /;;;;;;;;;;;;ヽ
           /   |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
           l    |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i
           |, ―――― 、;;;;;;;;;;|
           ||スケ   コシ |;;;;;;;;;l             「小野寺クン、結婚おめでとう!」
           l` ―――― ';;;;;;;;il,             「結婚式には駆けつけるよ、もちろんソリで!」
           ヽ   |;;;;;;;;;;;;;;;;;;.;;;;;ヽ          
            ヽ  |;;;;;;;;;;;;;;;;/i;;;;;;;;ヽ、
              \ ;;;;;;;;;;//;;;;;;;;;i;;;;;;ヽ、_
         /)    ヽ;;;;;/;;l;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`‐-、
    _   / :/      |;;;; /;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  ヽ、
   ノヾ `‐-" l    , -‐"i  /;;;ノ;;;;;;;/;;;;;;,-‐;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙ヽ,
   ノヽ      |  /  .ヽ!;;:/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;li
   l      ,  :l / ,    ;/       ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
   (      ヽノ .i i;    ;l     ,,    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
   ヽ、      \l/_,-‐ 、:;|     :;\,,-‐;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
    ヽ、i      \i;;;;;:));|    ;;;;;;;;;/  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;‐、;;;;;;;;;;/
      \      \´);;|    ;;;;;;;/  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;i



 がれ切ってゴメンな・・・みんな元気だせよ・・・・・。・゚・(ノД`)・゚・。うぅぅぅぅぅぅうぅう・・・・・・・・


735 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 02:41:05 ID:EDKzU3q7
>>723
いよッ!千両役者 歩様に弓枝様!!
そしてあんたも千両作者!!その心意気や、好し!
いままでありがとう!

736 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 02:47:35 ID:EdjfWPVF
歩 「さあ、今度こそ私達の最後の試合だね」
弓枝「悔いのないようにがんばりましょう」
萌絵「これで最後なんですね」
麻里「さあ気合い入れていくわよー」
桜子「おふたりともまだ若々しいのに引退はもったいないですね」
歩 「えへ、若々しいだってグヘヘ」
弓枝「もういいかげん歳だからね」

  −−− ばーちゃん、がんばれー −−−








               2060年日本カーリングマスターズ選手権決勝!!




すまん、これで最後にする。

737 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 03:10:49 ID:7/FMQCRH
そーして
そして
そしてだな
二人は伝説になった



まぶしくてもう何も見えない……

738 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 03:22:32 ID:fuRgye7P
>>737
銀のロマンティック‥ わはは

だな

739 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 03:29:47 ID:7/FMQCRH
>>738
そうです

740 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 03:32:08 ID:4glu0zyo
戦国大名 歩様 第2部 第一話 「新たな城主 こんにちは」

歩様が、今まで苦楽を共にしてきた弓枝と共に、青森ねぶた城を去り、早3ヶ月。
リンゴの赤を基調とした、かわいらしいお城 青森ねぶた城 のてっぺん。
その天守閣で 新城主 麻里おっぱいのかみ は、大いに悩んでいた。
麻里「う〜〜〜〜ん。どうしようかな〜・・・」
おっぱいを挟み込むように、腕を組み、胡坐をかいて、何やら考えている、ご様子 麻里おっぱいのかみ本橋。
そんな 麻里おっぱいのかみ の姿を 物陰から物欲しそうに、指をくわえ 心配そうに見つめる、家では すッ裸 桜子。
桜子(麻里様があんなに真剣に・・・・・がんばって下さい。今や、あなた様は、青森リンゴ山一体を治める、大大名。
    麻里様の元には、沢山の民が・・・・・ああ、そうか、今まさに、その民の事を考えているのですね・・・・・
    ご立派になられて・・・・・・・)
麻里おっぱいのかみ の、お胸以外の成長を目の当たりにし、桜子の頬に一筋の涙が伝う。
すっ・・・・
桜子の後ろから、ひょっとこ が大きく描かれた手ぬぐいが、差し出される。
萌絵将軍だ。
萌絵将軍は 歩様 に、北海道に一緒に行かない?と誘われたが、乗り物酔いが酷い為、城に残ることを選択した。
今は、麻里おっぱいのかみ の配下だ。
萌絵将軍から差し出された、その 手ぬぐい を静かに受け取り、おもしろおかしく 涙を拭う桜子。
しかし、そんな桜子の思いとは裏腹に、麻里おっぱいのかみ は、
お昼ご飯に ピザ を食べようか、それとも お寿司 を食べようか、そんな事を、真剣に悩んでいたのであった・・・。

つづく

えー・・多くの方から感想を頂き、何やらテンションが上がったので、書いてみました。

741 : ◆HOwkaSYVuQ :2006/03/22(水) 03:33:37 ID:wE1gRWlf
>>740
イイヨイイヨー

742 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 03:36:41 ID:ntG81Psf
>>740
頑張れ〜!!

743 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 03:37:45 ID:10NgYAB1
>>740
おかえりなさい歩様!w
うれしいっす!

つーかピザと寿司両方食うんでしょどーせw

744 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 03:47:28 ID:wI/b1sCG
萌 「歩さん、おめでとうございます!」

歩 「萌絵ちゃん、ありがとう! 式には呼ぶからね!」


桜 「ううう、うれしいけど、さみしいです・・・・ありがとうございました。」

歩 「ほら、さっちゃん泣かないの。いつも笑顔でしょ」


麻 「あ、あ、あああ、歩さん!」

歩 「まりりん・・・」

麻 「ひ、披露宴は何が出るんですか? 和食?洋食?中華? あ、でっかい海老の
   尻尾のグラタンがいいなー。あ、あとあと、ケーキカットのケーキは全部本物に
   してくださいねー、全部持って帰りますからー。 引き出物も流行のカタログで
   選ぶの楽だけど、もちろん食べ物系ですよー。」


745 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 03:49:24 ID:PGvCsZbn
このスレのまりりんの体重は既にストーン4個分になっていると思うのは気のせい?

746 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 03:53:58 ID:r0JTLplP
本物も4個分に近づきつつあるようですね。
人間は冬眠しないから秋にあんなに食べなくていいのに・・・・

747 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 03:55:03 ID:fIRU9UBx
>>745
×まりりん
○マリリン

間違えるな童貞キモヲタめ
死ねバカ
( ゚д゚)、、ペッ! ペッ!
http://www.nhk.or.jp/human-blog/04/171.html

748 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 03:57:34 ID:kpjfMA/h
本物の人は「ストーン約3個分」と言って欲しいとのこと
ちなみにお菓子をネタにされるのは
うれしいらしい

749 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 04:35:55 ID:kDuMPogX
小野寺の歩ちゃんは
寿司は食いたしガリは無し
弓枝がトイレに連れ込んで
ポンと蹴りゃニャンと鳴く
ポンでニャンと鳴くよ〜いよい

750 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 05:01:54 ID:zrURA8G2
>>748
マジですか?

751 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 05:14:07 ID:8cpT1y7t
みんなごめんよ(^ω^)

752 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 07:07:34 ID:g+Zuy1ia
>>740
帰ってきたー
ありがとう。

753 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 07:14:14 ID:Tp7jYWKY
ぽまいらおはよう
ニュース見て目の前がフッと暗くなった
でもこのスレ見たら会社行く気になれたよ
ほまいらありがとう

754 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 07:54:42 ID:js8SQm79
>>740 歩様。続編キタ!
この喜びはまりりんのおっぱいよりでかいぞ!
ありがとう!(´∀`)ありがとう!
歩様。さいこー!

755 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 09:02:46 ID:frhYsuuj
しかし、、、辞めるのも一緒

この絆は不滅だな

このスレはずっと続けましょう

756 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 10:00:22 ID:wI/b1sCG
問題の幼馴染が女性だなんて言えないもんね

757 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 11:14:20 ID:FSEJflU3
オノデリング結婚・林さん休養の報せを聞いて、
「一緒スレ神々のネタが増えた!!!!ktkr!!」
と思った俺は林さん並に冷静。

758 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 11:17:41 ID:TAkCQhnu
>>757
DSktkr

759 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 11:50:38 ID:uNiElnqh
>>693
何度見てもええ話や(つД`)

760 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 12:46:05 ID:Qmr7/mvO
歩様続編キテタ〜〜〜!(ものすごく嬉しい!!!)
当分3人中心になるんだろうけど、今後の新キャラ(新メンバー)が入った話にも
期待しとります。(我ながら気が早いw)

761 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 13:05:08 ID:/8h10+qh
>>740
EよEよ!

762 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 15:21:27 ID:PGvCsZbn
北海道に舞台を移し、歩、旦那そして弓枝のバトルスターーート

763 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 15:45:24 ID:zrURA8G2
絵師さんの一言に勇気を貰った。

764 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 16:45:07 ID:PGvCsZbn
さてと動画と画像のRENAMEして整理するかな

765 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 17:53:31 ID:ro7/Lwiu
>>763
絵師さんのURLキボンヌ

766 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 18:02:05 ID:0wr1uTco
>>693
初めて読んで泣いた

767 :岡崎主将ファイナル…:2006/03/22(水) 18:14:36 ID:EUT3qrGz
練習コースの横に、暖を取るための火を焚いたドラム缶がある。
岡崎は少し前から、赤く燃える炎を見つめながらぼんやりと立っていた。
(楽しいお酒だったなぁ…。)
岡崎はあの夜のことを思い出すと、自然と顔がほころぶのを感じる…。
インチキ占い師を肴にして、歩・弓枝との3人で楽しく居酒屋で飲んだ夜…。
競技者としての悩み、私生活との折り合い、…そんな事も、ほんのちょっぴりの涙も交じえて話したっけ…。
(私のしたアドバイスは、彼女達の決断に影響を与えたのだろうか?)

違う…。歩と弓枝のふたりの決断は、ふたりの意思に従って決めたこと…。

岡崎は焚き火の中に、エナメルのボンテージスーツと黒革のマスクを投げ入れた。
黒い衣装を舐めるように炎が絡みつき、そして激しい光を上げて燃え尽きていく…。
炎の光と、黒い煙を見つめながら岡崎はつぶやく…。

「私の数週間のドキドキも、これで、おしまい(微笑)…。」

岡崎は、ちょっと目をつぶった…。


「岡崎さん、」
顔見知りの記者が声を掛ける。
「焚き火を見つめて目を閉じて…って、それって新しいメンタルトレーニングか何かですか?」

「ふふふ(微笑)、…内緒…(微笑)。」

そう答える岡崎選手は、いつもの朋ちゃんスマイルに戻っていた。
それが少し寂しげだったことには、しかし誰も気がつかなかった…。
(完)


私のつたないシリーズを、飛ばさず読んでいた何人かの皆様w、ご愛読ありがとうございました。ノシ


768 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 18:15:05 ID:dUNcZtpy
>>766
>>693
俺は改めて読んで泣いた…

769 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 18:16:57 ID:LMh2zqDm
>>765
ttp://www.hechimadoh.net/positive/torino_clap/tomorrow.htm

770 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 18:24:57 ID:dUNcZtpy
>>767さん今までthx!!
でも創作意欲がまた湧いたら現役復帰で。
ゆっくり休養して下さい…って誰かに言ってるみたいですがw

771 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 19:07:11 ID:uNiElnqh
>>769
ええ話や(つД`)
テキストはo_family.htmしか保存してなかった。
他のページのリンクリストとかないですかね?

772 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 19:50:39 ID:2vm3SLND
>>769
絵師さん、ありがとう。
心が震えました。

773 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 20:15:54 ID:uUINMQYq
>>769
人気取り狙いやがって


















泣かせるんじゃねえ お前より俺のほうが上だ 

774 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 21:29:03 ID:LyRoi782
>>771
juuden,,umai,weider,bento,quick,sweets…これらはhtm
break,arigatorino…これらがhtml
他にも有った筈だが、ブラウザの履歴にこれだけしか残っていなかったよorz

一番好きだったのは「ゆかいなオノデラさん一家」だったかな。
まりりん・もえちゃん・さっちゃんの三姉妹の笑顔のイラスト見ていると、
何故か年甲斐もなく涙が出てくる。

あゆみえ、海の向こうからこの子達をしっかり見守ってあげてね。

775 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 21:35:16 ID:0tArRBjm
絵師さんはこのスレの住民にコメントくれてるよね。
要望があれば復活もあるとか。
みんなで要望しよう!

776 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 21:43:17 ID:TAkCQhnu
>>774
補完
saltlake.html
claps.htm
shake.jpg
dream.jpg
skipviceskip.jpg
ariga_torino.jpg
ariga_torino2.jpg
ketsuron.jpg

ttp://www.hechimadoh.net/positive/team_aomori.jpg

777 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 21:45:59 ID:TAkCQhnu
訂正
ariga_torino.png
ariga_torino2.png

778 :765:2006/03/22(水) 21:57:03 ID:ro7/Lwiu
目の周りが熱い。
TBSのドラマのせいじゃない。

絵師さんの文章スゴス

779 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 21:59:52 ID:iM99Orsn

      ノノハヽ       ウォー!ウォー!
      从*´∀`)つ
    ≡ (  づ ノ                          ━┓       ━┓
       とノ-J ε             −−−=≡ ((;;;;; ゚ ;;))☆−=≡( ̄ ̄)

小野寺・林 選手

http://nanasisan.com/0nanasi/src/up4253.jpg

780 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 22:04:09 ID:xLFgQtzc
>>779
オレをこれ以上泣かせないでくれ。

781 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 22:09:03 ID:JRD7b+/g
今日、千歳→札幌に移動中の彼女達・
高速のSAに立ち寄ったらしいが、反対側上り車線SAで同時刻に知らずにウンコしてた漏れは
完全な負け組!!!!!

ヽ(`Д´)ノウワァァァン

782 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 22:10:35 ID:U3AORiXQ
>>779
このショットはこたえるな・・
もう二度と見れないのかと思うと辛くなる

783 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 22:14:15 ID:KJ3qXZPF
>>781
一瞬「ウンコ漏らしてた」に見えた

784 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 22:18:57 ID:JRD7b+/g
>>783

ある意味、漏らした・・・

785 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 22:22:56 ID:lc1qB4LH
藁わせるなウンコマンwwwwwww

786 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 22:27:14 ID:hXnnIwvF
ヽ( ・∀・)ノ ウンコー

787 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 22:28:56 ID:U3AORiXQ
>>779
小野寺の婚約引退、林の引退を知って今見返してみると、右下の顔が
4年間の苦労と、五輪でカーリングしていることの嬉しさの両方を見ている感じがする

確かここラストストーン待ちでほぼ負けが確定していたんだと思うんだけど
小野寺の「失敗しちゃった」に対して、「気にしないで、もう勝ち負けよりも大切なモノが見えたから」
とか言ってそうでほんと切なくなる

788 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 22:43:05 ID:uNiElnqh
>>774-777
ありがとう、見れましたー お手間かけて申し訳ないです。・゚・(ノД`)・゚・。

salt_liner.htm
o_family.htm

789 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 22:46:41 ID:f/ECNPeO
今でも僕らは 夢を見ているよ
託されたそのストーンを乗せて
荒れたこの海原を 痛みと戦って今日も行く
約束が嘘にならないように
そしていつか
僕らの船を降りた 違う世界に居る君に
完成したパズルを 届けよう






790 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 22:58:12 ID:dI6OuPfo
>>778
絵師さんは小説も書ける人なんだよ
数年前はオリジナルの百合小説を公開してた
すごく好きだったから通ってたよ
しかしまさか、こんなところで再会できるとは…www

791 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 23:14:10 ID:WkOjpd54
>>769
やっぱ、擦れたいどおりだよ。
彼女たちが一緒だから、俺たちはインスパイヤされたんだよね。
絵師さん。ありがとう。
小野寺さんと林さん。ありがとう。


792 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 23:29:22 ID:mhU/BS4X
         ___
         |    |
         | オ |
         | ノ |
         | デ |
         | リ |
         | ス |
         | ト |
      ,,,.   | さ  | ,'"';,
    、''゙゙;、).  | ん  | 、''゙゙;、),、
     ゙''!リ'' i二二二二!゙''l!リ'''゙
     ‖  `i二二二!´ ‖
     昌 |: ̄ ̄ ̄ ̄:| 昌
    | ̄:|_|;;;l"二二゙゙l;;|_| ̄:|        
    |  :|::::::| |;;;;;;;;;;| |::::|  :|   
    |  :|::::::|┌─┐|::::|  :|       
 ./゙゙└‐┴ ┴l,,,,,,,,,,l┴┴‐┘゙゙゙゙\   
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|    
  ̄|三|三三|三三三三|三三|三| ̄
   |  |:::  |: :    : : |::   |  |
   |  |:::  |: :    : : |::   |  |
  /_|:::  |: :     : :.|::  :| ヽ
 _|___|;;;;;;;;;;|,;,;,,,,,,,,,,,,,,,;,;,|;;;;;;;;;;|___|

793 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 23:32:52 ID:n5y33SNh
>>792
その墓碑銘で葬られれば本望
墓誌には「二人が一緒じゃないと駄目な人だった」と記してもらえればなお良い

794 :雪と氷の名無しさん:2006/03/22(水) 23:33:42 ID:GNh39bCb
>>777
ariga_torino3.png
も存在。(サイズが違うだけだけどね)

795 :雪と氷の名無しさん:2006/03/23(木) 00:41:43 ID:a16KZtDp
オノデリングが結婚することになって、胸にポッカリと穴が空いてしまった弓枝は、
傷心を抱えたまま故郷へと帰っていった・・・

この続きをゼヒどなたか書いてくだされ。

796 :雪と氷の名無しさん:2006/03/23(木) 01:05:25 ID:VGPbpMB+
今しばらく妄想に浸っていたい人は格へgo!

797 :雪と氷の名無しさん:2006/03/23(木) 01:33:32 ID:PZrptRY5
〜前回までのあらすじ〜
しあわせ〜ってなんだっけ、なんだっけ


4年に一度のオリンピックが閉幕したのち、幕開くドラマもある
ふたりはむかし行きつけだった割烹「おちあいたい」へと訪れた(左近)
萌絵「あー食べにくいもの頼んじゃった」
桜子「ぶふっ、こらーもえ〜 鼻水でちゃった」
萌絵「インタビューなのにカニ食べてたら無言になっちゃうよね」
桜子「やっぱり割烹はよくないね」
萌絵「歩さんたちみたいに行きつけのカフェなんてないから」
桜子「ほかのアイデア考えないと、って作るのはテレビの人たちか」
萌絵「それにまだ4年も先の話だし」
桜子「はい、「超人」予行演習はおしまいおしまい」


萌絵「チーム青森、これからどうなるのかな」
桜子「わたしたちにもわからないね」
萌絵「こんどは自分達がひっぱっていきますなんて答えちゃったけど」
桜子「やっぱり歩ちゃんと弓枝さんの存在は大きかった」
萌絵「大きかったね」
桜子「でも後戻りできないからね」
萌絵「こんどは南富良野を売り出さないと」
桜子「自然がいっぱい、夏はカヌーにラフティング」
萌絵「冬は犬ぞりに山スキー、もちろんカーリングもできます」
桜子「あっなんか実家の宣伝になっちゃってるよ」
萌絵「おっと」
桜子「のるべり」
萌絵「めぐろもえ」
桜子「それズルい」
萌絵「これからはチーム目黒リターンズで」
桜子「いやいや青森おおざくら」
麻里「そこですかさず、スーパーマリリンズハイパースペシャル」
桜子「おい」
萌絵「こら」
三人「やっぱりチーム青森はチーム青森だ」


バンクーバーまで「あと1421日」

798 :雪と氷の名無しさん:2006/03/23(木) 01:36:31 ID:SDzZsE7L
>>797
今夜も読めてうれしいです

799 :雪と氷の名無しさん:2006/03/23(木) 01:38:31 ID:sfEImc9D
>>797
いつもありがとう。
読むと前向きになれそうです。

800 :雪と氷の名無しさん:2006/03/23(木) 01:38:36 ID:k89iozIa
カウントダウンを読まないと眠れない体になった

801 :雪と氷の名無しさん:2006/03/23(木) 01:39:31 ID:BzvQzMxD
>>797
和みました。

802 :雪と氷の名無しさん:2006/03/23(木) 02:01:16 ID:T3+m5s9D
>>797
泣けた・゚・(ノД`)・゚・。

803 :雪と氷の名無しさん:2006/03/23(木) 02:01:52 ID:xpBNoA50
>>797
ほんと、和んだ。一日、ギスギスしてた心に。
ありがとうございます

804 :雪と氷の名無しさん:2006/03/23(木) 02:04:09 ID:BYMs1JT1
>>797
マリリンずっと...

805 :雪と氷の名無しさん:2006/03/23(木) 02:09:09 ID:68AwuRqJ
>>797
カニワロス

806 :雪と氷の名無しさん:2006/03/23(木) 03:42:46 ID:r/CWQjds
>>797
尽きないネタに感動

807 :雪と氷の名無しさん:2006/03/23(木) 04:37:21 ID:Vq/w6HQx
>>797
いつも楽しみにしてます

808 :実況:2006/03/23(木) 10:18:14 ID:7eScI7go
>>365のつづき

公園
原田「もう1度飛ぶためだよ。」
寺田「えっ?どこで飛ぶんですか?
ジャンプ台は選手しか使えないと思いますけど。」
原田「あれだよ、あれ。」

原田の指さす方向には、滑り台があった。

本橋「何言ってるんですか!?あんな所から飛べるわけないじゃないですか!」
原田「僕は今日のために、日本の滑り台で練習を積んできたんだ。
滑り台の中腹で力いっぱい踏み切れば、大ジャンプ出来るんだ!」

目黒(大ジャンプって言っても・・・すぐ落ちちゃうと思うけどな。)
スケ越「原田く〜ん!」
目黒「ちょっwなんで泣いてるんですか!」
スケ越「だって原田くんは、今日のために練習してきたんだよ!」
目黒「・・・はあ」


つづく

809 :雪と氷の名無しさん:2006/03/23(木) 11:22:24 ID:WHq5114d
>>757
確かに創作意欲を刺激されてるw

810 :雪と氷の名無しさん:2006/03/23(木) 11:32:25 ID:WHq5114d
昨日のHTBとSTVを見ていて気付いた・・というか、
それ以前からそういう傾向はあったんだが・・・

麻里りんってすごく林さんになついていないか?
この二人は実はすごく相性がいいんじゃないか?

811 :雪と氷の名無しさん:2006/03/23(木) 11:36:13 ID:BzvQzMxD
さっちゃんにもなついてるぞ

812 :雪と氷の名無しさん:2006/03/23(木) 12:36:12 ID:WHq5114d
ID:iOghg94Xの敦賀x林さんの考察ワラタというか鋭い
見直したが確かに林さんの表情に含みがある
つーかジャージSってiOghg94Xは女か?
つーかあのジャージは女用だな

35 :雪と氷の名無しさん [sage] :2006/03/23(木) 02:34:44 ID:HqG+FN3v
なんでこの人が独り身なのか。
やっぱりカーリングを優先して今に至るんだろう。
一度は結婚寸前まで…というのもあっただろうし…と勝手な妄想。

42 :雪と氷の名無しさん [sage] :2006/03/23(木) 02:53:51 ID:iOghg94X
>>35
小野寺さんは知っているよ。
林さんの「ごめんなさい」の数を。
幼馴染の敦賀さんも林さんについてはあえて深く語らないようにしていたように見えた。
というか、
どう見ても林さんは「魔性の女」タイプだろ・・。(;´Д`)
保育園以来どれほどの屍を築いてきたのか敦賀さんを小一時間問い詰めたい。
というか、 敦賀さん、あなた学生の頃に林さんと付き合ってたでしょ?
俺には分かる。
あの時の林さんの顔で俺には分かった。
なんであんなにドギマギした顔をあの林さんがしたのか。
あの時の林さんは頭の中で
「マコ・・言っちゃダメ・・言っちゃダメだよ 絶対ダメ・・」
を繰り返していたハズだ。
そしてマコちゃんの林さん評が終わった時の林さんの安堵の表情。
俺には分かる。
敦賀さん、ここ絶対見ているよな?
敦賀さんよぉ・・あんた絶対に弓枝様と相互に初恋の相手だろ?
しかも二人ともお互いが初めての男女交際の相手だろ。
俺には分かる。
俺には分かった。
ああっ いいなぁっ もうっ
ムキーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッ
あんた、奥さんを大切にしないといかんよ。
やけぼっくいとかダメだぞ。ъ( ゚ー^)

一緒スレの神様達、この方向でも一つ執筆を・・・。
敦賀さんと林さんのファンです。
ジャージ買いました。

66 :雪と氷の名無しさん [sage] :2006/03/23(木) 03:17:29 ID:iOghg94X
>>61
敦賀さんの件は本気で疑ってるよ。
お下げの頃の林さんと学生服の敦賀さん。
嗚呼、初恋は美しき哉。

ジャージは上Sの白、下M買いました。
18日の昼間に注文したのですがまだ石田さんから連絡が来ません。
チョト コマタヨ

813 :雪と氷の名無しさん:2006/03/23(木) 12:42:22 ID:lUJprMfm
>>810

麻 「弓枝さ〜〜〜〜ん♪」

弓 「・・・・・まりりん、暑い・・・・」



814 :雪と氷の名無しさん:2006/03/23(木) 14:38:35 ID:jQS/vXDh
よくまあここまで俺たちきたもんだなと
少し笑いながらおまえ 煙草ふかしてる
何もないところから たよりなく始まって
数えきれない喜怒哀楽をともにすれば

時の流れは妙におかしなもので 血よりも濃いものを作ることがあるね

荒野を走れ どこまでも 冗談を飛ばしながらも
歌えるだけ歌おう 見るもの全部
なかなかないよ どの瞬間も

涙腺のよく似たやつが集まるもんだなと
明け方に酔いながらふと思いついても
これは一生の何分の一なのかなんて
よくできた腕時計で計るもんじゃない

約束なんかはしちゃいないよ 希望だけ立ち上ぼる だからそれに向かって

荒野を走れ 傷ついても 心臓破りの丘を越えよう
飛べるだけ飛ぼう 地面蹴りつけて 
心開ける人よ行こう

人間なんて誰だって とてもふつうで 出会いはどれだって特別だろう

だれかがまってる どこかでまっている
死ぬならひとりだ 生きるなら ひとりじゃない

だれかがまってる どこかでまっている
死ぬならひとりだ 生きるなら

荒野を走れ どこまでも 冗談を飛ばしながらも
歌えるだけ歌おう 見るもの全部
なかなかないよ どの瞬間も
荒野を走れ 傷ついても 心臓破りの丘を越えよう
飛べるだけ飛ぼう 地面蹴りつけて
心開ける人よ行こう


なんか俺の中でこの2人と一番重なった歌詞
カーリングという日本では不毛な荒野を駆け抜けた2人に幸あれ


815 :雪と氷の名無しさん:2006/03/23(木) 14:41:10 ID:BzvQzMxD
RUN好きだけど男くさいイメージだな。

816 :雪と氷の名無しさん:2006/03/23(木) 14:50:00 ID:7eScI7go
RUN大好きです。

817 :オノデリング家にて:2006/03/23(木) 15:12:46 ID:lMwxKqtH
歩  「ねぇねぇはじまるよ!『奇跡の超能力 百合ゲラー』!」
旦那 「 ほんとにお前、こーゆーの好きだなw。」

画面では、百合ゲラーがカメラに手をかざしている。
百合ゲラー 「 皆サンモ、念ヲ、送ッテ、クダサーイ! 」

歩 「 うわー、やってみようやってみよう!」
旦那 (あまりの歩の無邪気っぷりに苦笑)

歩は手をテレビに向ける…ビシッ!

歩  「  う〜ん、えいっ!(ぐへへ)」









ひとり寂しくテレビを見ていた弓枝「 ちょッ!…そこ、おっぱい!」

(おわり)


818 :雪と氷の名無しさん:2006/03/23(木) 15:18:46 ID:QRc2hFlF
ああ、ここは和むな

また涙が出てきたよ

819 :雪と氷の名無しさん:2006/03/23(木) 16:07:57 ID:l5xYQvfJ
ついにエスパー歩の誕生ですかw 休養中の弓枝さんのおっぱいは休む暇無しw

820 :雪と氷の名無しさん:2006/03/23(木) 16:14:24 ID:qVs5jO48
>>817
ワロタwすばらしい

あ。笑ってるのに何故か目頭が熱いよ…水まで出てきた…
'`,、(´・∀;`)'`,、

821 :雪と氷の名無しさん:2006/03/23(木) 16:46:26 ID:DAGOP87U
おととい出た小谷美紗子の新曲が余りにも気分にマッチしていたから書き殴る。
今は反省していない。死刑にしてくれ。



Can you hear me singing, can you hear me singing,ただ君だけに
聴いて欲しい 聴こえて欲しい その為だけに
時代のはじっこで叫ぶ 本当に君を好きでした

こんな夜は薄っぺらなどんなラブソングでも
聴くたびに思い出す空 剥がれて落ちる
行かないで 行かないでよ 記憶の向こうへ
知りすぎず 美しさだけ 私は覚えている

LA LA LA
you gave me, gave me love
さよなら消せないうた
I remember who you are

822 :雪と氷の名無しさん:2006/03/23(木) 18:17:20 ID:NDtQVYEn
>>808
萌絵の呆れ顔を想像してワロタw

823 :雪と氷の名無しさん:2006/03/23(木) 19:08:03 ID:sh/OB6BT
歩の結婚式当日、弓枝がなかなか現れず、
遅れて現れた弓枝が歩を奪い去る話を誰か書いてください。

824 :雪と氷の名無しさん:2006/03/23(木) 19:11:27 ID:zvOolSsI
>>823
ハハデリングともやってたってことか!

825 :雪と氷の名無しさん:2006/03/23(木) 19:16:16 ID:l5xYQvfJ
あるトークショーにてw

司会者「それではお二人に今一番大事なものをお渡ししているボードに書いてもらいましょう」

歩「え〜とう〜んと・・・難しいなぁ」
弓枝「サラサラ♪」

司会者「それでは書き終わったようですのでまずは林さんから」

弓枝「こんな感じです」
1.母
2.カーリング
3.仲間

司会者「お母様思いの林さんらしいですね。それでは小野寺さんどうぞ!」

歩「デヘはい!」
1.内緒
2.カーリング
3.仲間

司会者「1は内緒ですか?あっ!旦那さんですね。なるほど恥ずかしいですもんね」

歩「えへへ」
といいながらチラチラ横の弓枝を見る歩。

弓枝「どうしたの・・・まさかあんた・・・」

歩「グヘヘ・・・・旦那は4番だよ〜〜1番は・・・ここ」

弓枝「あっ、それおっぱい。今のTVにぃ カットカット!」

放送中止

826 :雪と氷の名無しさん:2006/03/23(木) 19:31:53 ID:x1qY8u6b
>>825
(;´Д`)ハァハァ

827 :雪と氷の名無しさん:2006/03/23(木) 19:45:31 ID:lUJprMfm
1.ごはん
2.おかず
3.おやつ



828 :雪と氷の名無しさん:2006/03/23(木) 19:49:33 ID:BzvQzMxD
>>827
匿名カーラーさん乙

829 :雪と氷の名無しさん:2006/03/23(木) 20:27:07 ID:JsWJVN97
>>797
>>桜子「いやいや青森おおざくら」

ttp://lovechiba.hp.infoseek.co.jp/oosakura.htm
スレ違いスマソ

830 :雪と氷の名無しさん:2006/03/23(木) 20:29:23 ID:zvOolSsI
1.寿司
2.ピザ
3.歌舞伎揚げ
4.ばかうけ

831 :雪と氷の名無しさん:2006/03/23(木) 20:53:18 ID:/hQ1YNDh
1.ごはん
2.おかず
3.おかわり

832 :雪と氷の名無しさん:2006/03/23(木) 21:34:13 ID:Zv8dE7UM
1カーリング
2桜子
3父上


833 :雪と氷の名無しさん:2006/03/23(木) 21:40:45 ID:IE+cvIZe
>>825
これであゆみえ放送中止は3回目か?wwww

834 :雪と氷の名無しさん:2006/03/23(木) 22:06:36 ID:l5xYQvfJ
いっしょに住むことになった歩と旦那
当然いっしょのベッド寝ることになるのだが・・・・・









歩「弓枝とやり方ちがーーーーーーーーーーーーう!ウワァァァァァァヽ(`Д´)ノァァァァァァン!」
旦那「涙」

835 :雪と氷の名無しさん:2006/03/23(木) 22:08:25 ID:AnZIpT1T
>>834
マテ
小野寺×林じゃないのか?

836 :雪と氷の名無しさん:2006/03/23(木) 22:18:35 ID:BzvQzMxD
>>835
その上で旦那を受け入れていく方向だろう

837 :雪と氷の名無しさん:2006/03/23(木) 22:20:01 ID:zvOolSsI
>>835
ファイッ

838 :雪と氷の名無しさん:2006/03/23(木) 22:21:18 ID:qVs5jO48
>>835
カプ論争は荒れの元だからなしということで
ここはオノハヤ派とあゆみえ派がマターリ共存しているということでイイじゃないか

839 :雪と氷の名無しさん:2006/03/23(木) 22:21:41 ID:BzvQzMxD
>>837
ファイッじゃねえよw

840 :雪と氷の名無しさん:2006/03/23(木) 22:22:27 ID:AnZIpT1T
求む!絵師様降臨!!
・・・してくれそうな話聞いたけどどうなんだろう??

ついでに>>680補完を失礼


何年も何年も経って、私と歩ちゃんはまたここで子供にカーリングを教えていたりする。
リンクの掃除を済ませてシューズを履き替える。ふっと息を吐いたと同時。
かしゃん
遠く聞こえた音に顔を上げると出口付近、絶妙なバランスで両腕いっぱいにブラシを抱えた歩ちゃんが腕からずり落ちた一本を悲しそうに見つめている。
ぷっ
思わず吹き出してから駆け寄ると、更に悲しげな目。
「今笑った」
くくくっ
「そんなことないよー」
「って笑いながら言われても・・・」
「はいはい」
結局床に落ちてしまった一本を拾い上げ、相棒の腕からちょうど半分こになるようにブラシを奪い取る。
「ありがとね」
にーって笑う歩ちゃん。

並んで歩く廊下は昼間でも少し薄暗い。
・・・ああ・・・いつか。
今と同じくらいのブラシを一人で抱えた歩ちゃんに。
私は。
半分渡して
って言いたかったんだ・・・。
全てを抱えて
私の分まで抱えて前だけ向いて進む相棒に
ちょっとだけ、振り返って欲しかった。
「どうかした?」
「ん?」
「弓枝ちゃん、なんかニヤニヤしてる」
「そんなことないって」
ニヤニヤ・・・してたのか、私。

倉庫はいつまで経っても変わらずで、すみっこに立てたブラシは真新しいものもあの頃からあるんじゃないかってくらい年季の入ったものも混ざりあってて。
そこに、二人で抱えてきたブラシをきちんと並べて立てていく。
「・・・あの時さ」
「うん?」
「歩ちゃんに『悔しくないの?』って言われたでしょ?」
唐突だったかなって、言ってから思った。でも歩ちゃんの答えは。
「・・・言ったかな?」
あ、なんだ。同じこと考えてたんだ。その上でとぼけるしぃ。
「あれさ・・・嬉しかった」
「はぁ?」
「後で考えると、だけどね・・・」
嬉しかった。
歩ちゃんは、ふーんってつぶやいただけだったけど、口の端っこは笑っていた。

「さて、終わりと」
鍵を閉めて振り返ると、走り出したくてうずうずしてる子犬みたいな歩ちゃん。
「行こう!みんな待ってるよ」
差し出された手をためらわずに握る。
あの頃と変わらず熱い手のひら(元から体温高いのか?)。その熱に、体がふっと軽くなった。走り出したい気持ちが伝染して来て。
「よし!歩っ、走れー!」
つないだ手をそのままに、薄暗い廊下を走り出す。
ずっと明るい、光のある方へ。

841 :雪と氷の名無しさん:2006/03/23(木) 22:25:22 ID:l5xYQvfJ
834のつづき

自分では役不足と感じた旦那はあえなく撃沈し、いつのまにか眠っていた。
夜中にトイレに起きた旦那は自分がベッドの端に追いやられていることに気付く。
旦那「寝相悪いなぁアハハ」
ベッドに戻ってきた旦那は歩を起こすことなくベッドの端で眠ることにした。
旦那「・・・・ん?」
隣で寝ている歩の様子が変だ。小さな声で話し声も聞こえる。
旦那「寝言か?」
覗き込んでみると歩の向こう側の布団がやけに膨らんでいる。
旦那「????」
暗さに慣れてきて目を凝らすとそこには誰かもう一人寝ているではないか。
布団をめくって電気を付けようと思ったとき
歩「ゆみえ〜〜〜」
旦那「うそ!」














翌朝、旦那は歩から信じられないこと聞かされる。
弓枝も常呂からこっちに出てきたが住む所がまだ決まってないので決まるまで居候すると・・・・

842 :雪と氷の名無しさん:2006/03/23(木) 22:31:42 ID:KutMlIH7

旦那「すみません、林さん。いつもいつも、、。」(お茶をだす)
林「いいえ、もう慣れてますから、、、。」(ずずずっと茶をすする)
旦那「林さんもたまには一人でゆっくり休みたいでしょ。」
林「そうですね、、でも旦那さんも。」
旦那「ははは、今まで一人だったから気楽なもんでしたよ。」
林「ははは、それで歩は、、?」
旦那「もう真ん中の布団ではしゃいでます。」

となりの部屋では3つの布団の真ん中に歩が扇子の模様のパジャマを着て
にゃーにゃー言いながら右へ左へ転げまわっていた。

843 :雪と氷の名無しさん:2006/03/23(木) 22:33:20 ID:KutMlIH7
今カキコしてびっくり!!
同じ考えの人がいるとわ

844 :雪と氷の名無しさん:2006/03/23(木) 22:37:22 ID:Zv8dE7UM
>841-842
これ、別人が書いてたのかw


845 :雪と氷の名無しさん:2006/03/23(木) 22:39:19 ID:/hQ1YNDh
つづきかとおもたぞw

846 :雪と氷の名無しさん:2006/03/23(木) 22:39:19 ID:l5xYQvfJ
同じこと考えてるのねw

847 :雪と氷の名無しさん:2006/03/23(木) 22:39:31 ID:oudgEO+S
俺も続きだと思ってたw

848 :雪と氷の名無しさん:2006/03/23(木) 22:40:17 ID:qVs5jO48
フツーにつながってるように見えますが…こんなの聞いたこと無い
スゴス

849 :雪と氷の名無しさん:2006/03/23(木) 22:41:30 ID:l5xYQvfJ
>>848
それだけこの二人に対しての思い込みがみんな同じなんよw

850 :雪と氷の名無しさん:2006/03/23(木) 22:43:23 ID:mw8nvMEO
×)役不足
○)役者不足

変な日本語使うな ( ゚Д゚)、ペッ

851 :雪と氷の名無しさん:2006/03/23(木) 22:45:24 ID:L65hT/Zv
>>841-842
奇跡の連作スゴスw

852 :雪と氷の名無しさん:2006/03/23(木) 22:46:28 ID:oudgEO+S
役者不足って
力不足だろとマジレス


853 :雪と氷の名無しさん:2006/03/23(木) 22:47:49 ID:L65hT/Zv
>>850
間違った指摘バロスwwwwwwww

854 :雪と氷の名無しさん:2006/03/23(木) 22:48:25 ID:7FgOeos2
いまさらながらWeb東奥で青森市民報告会の様子みてきたよ…
林さんの最後の挨拶辺りから涙で画面が見れなくなっちまった…
涙で咽びながら心からの感謝の辞を述べていたあゆみえの二人…




…本当に……ありがd…
・゚・(ノД`)・゚・

855 :雪と氷の名無しさん:2006/03/23(木) 22:48:26 ID:l5xYQvfJ
ここの作者さんみんなすごいです。私は次の話しの枝が分かれすぎでおかしくなりそうです。

856 :雪と氷の名無しさん:2006/03/23(木) 22:58:02 ID:KutMlIH7
>>841
842だが、ちなみに俺のは続きはない。
ぜひ続編を望む。

857 :雪と氷の名無しさん:2006/03/23(木) 22:59:29 ID:Z5mdK0dl
>>841-842
ID見るまで気づかなかったw
イチローじゃないけどホントふざけた野郎共だ。

858 :雪と氷の名無しさん:2006/03/23(木) 23:02:13 ID:l5xYQvfJ
>>856
では出来るだけがんばります

859 :雪と氷の名無しさん:2006/03/23(木) 23:07:42 ID:JsWJVN97
>>841-842
全米が震撼した

860 :雪と氷の名無しさん:2006/03/23(木) 23:10:30 ID:U40Utm4V
>>841-842
すげー

結婚でこのスレも終了かと思って心配したけど
新たな属性が増えただけのようで安心したよ

861 :雪と氷の名無しさん:2006/03/23(木) 23:24:35 ID:IE+cvIZe
>>860
なんて野郎だと思ったが>>757は正しかったんだな
俺は一緒スレの神々にクリエーターの性を見た思いだ

カーリング関連スレの中でここが一番好き

862 :雪と氷の名無しさん:2006/03/23(木) 23:41:57 ID:l5xYQvfJ
今晩はもう一個

>>841の続き

『職探しするぞ!(働かざる者食うべからず)』

歩の旦那は朝早く起きて既に仕事に向かった。

歩と弓枝はまだベッドで寝ていた。

弓枝「う〜〜ん。ここは?そうか昨日の夜中に歩のとこについたんだった。」

ベッドから出た弓枝は居間そソファに座りこれからのことを考えていた。

弓枝「カーリングはまだやる気になれないなぁ・・・でも仕事は見つけなきゃなぁ」

弓枝には預金があまりなかった。歩も同じなのだが一応主婦なので旦那がなんとかする。
何ヶ月もお世話になるつもりはないのだがせめて食費の足しに幾らかは収めないと気まずい。

弓枝「町に出てアルバイト探すかな」

そこに髪は乱れヨダレ袖で拭きながら歩が起きてきた。

弓枝「おはよう!歩」

歩「おはよぐっへ」

あいかわらず朝は弱いみたいだ。

弓枝「あたしちょっと外出するね」

歩「あたしもいぐぅ!」

弓枝「じゃー支度しなさいよ。髪も顔もグシャグシャだよw」

863 :雪と氷の名無しさん:2006/03/23(木) 23:42:59 ID:l5xYQvfJ
歩は洗面所へ滑るように走っていく。

弓枝は持参した缶コーヒーを飲みながら改めて部屋を見回した。
(青森の時のアパートを同じだぁ・・・・片付けができてないよ・・・
 歩の準備はまだまだかかりそうだからちょっと片付けるかな)

弓枝は青森時代にいつも歩の部屋を掃除していたのであまり苦になることなく
手際よく片付けていく。

弓枝「あれ?」
クローゼットの荷物が気になり覗くと中に大きな荷物が横たわっている。
マジックで”歩の宝物”って描いてある。

弓枝「なんだろ?」

包みを開けるとそこには青森時代に移ったとき一緒に買った二人のブラシであった。

弓枝「痛んで捨てたはずなのに歩が持ってたんだ」
意外な発見とうれしさで涙が出てきた。

歩「用意できたよ!あれ?かたづいてる〜弓枝やってくれたの?」

弓枝は涙がばれないように笑いながら

弓枝「はいはい。させていただきましたよ。さぁ、いこっか!」

歩「うん!」

(この時、二人は自分達が一般人とは違うことをまだ自覚できていない)


つづく



ぜんぜんまだ職探しまでいってないっしょw また明日

864 :雪と氷の名無しさん:2006/03/24(金) 00:08:15 ID:RhpkxPg5
俺も職探ししないと・・・
なかなか正社員は厳しいな・・・

865 :雪と氷の名無しさん:2006/03/24(金) 01:01:03 ID:iPGBdTNk
〜前回までのあらすじ〜
チームあおもり Ver.2.01


歩 「もう戻んなきゃいけないのか」
麻里「あっというまですね2日なんて」
弓枝「戻ったら今度は引越しの準備しないと」
歩 「そうだった」
弓枝「ひと息つくのはもう少し先だね」
麻里「歩ちゃんはまたすぐにいろいろと準備あるし」
歩 「あぁ考えたくない、ゆっくり休みたい」
弓枝「こらこら」
麻里「わたしが変わってあげましょうか、お嫁さんもいいな」
歩 「それはまた話がちがう」
弓枝「ところで麻里は春休みどうすんの」
麻里「また一段落したら常呂に帰ってゆっくりします」
歩 「幼なじみは大切にしましょう」
麻里「久しぶりに仲間と思いっきり遊びますよ」
弓枝「おうちのほうは麻里目当てにお客さん増えるんじゃない」
歩 「よっ!看板娘のマリリン」
麻里「よかったらおふたりも店に遊びにきてくださいよ」
弓枝「そうだなそのうち行ってみようか」
歩 「もちろんお世話になった先輩にごちそうしてくれるのかな」
麻里「それはもう、わたしの考えた新メニューでおもてなしですよ」
歩 「新メニューって?」
麻里「BBQ肋骨!!」
二人「なにそれ?」
麻里「世界一になるためのメニューです」


バンクーバーまで「あと1421日」

866 :雪と氷の名無しさん:2006/03/24(金) 01:04:58 ID:U469Ybi8
>>865
SWEネタ北〜〜〜〜〜〜〜〜!
カウントダウン神…今日もお疲れ様です。


867 :雪と氷の名無しさん:2006/03/24(金) 01:27:07 ID:JexSQGpP
妄想は無限だな〜皆偉い

868 :雪と氷の名無しさん:2006/03/24(金) 01:44:28 ID:VoG3ahGy
オノデリングは、4月からふつーの主婦になるんだから
爽やかにエンディングを飾るのをきぼん
ふつーの人になった2人をいくらネタとはいえ
2chでだらだらやるのはちょっとどうかと思うな

869 :雪と氷の名無しさん:2006/03/24(金) 02:15:21 ID:hWVPA8uD
まだオノデリンに逢えない旦那がこのスレ読んでたら笑える



870 :雪と氷の名無しさん:2006/03/24(金) 02:22:33 ID:f6er7v/a
カウントダウン神、また時事ネタをww
てらすごす

871 :雪と氷の名無しさん:2006/03/24(金) 03:26:47 ID:xK3Pfvi5
>>865
今夜も安心して寝れます
BBQ肋骨(・∀・)イイ!!

872 :雪と氷の名無しさん:2006/03/24(金) 03:31:31 ID:aaBV1e1L
歩様待ってます!

873 :もう一つのお話 前編:2006/03/24(金) 04:21:12 ID:iJ57uvJT
弓枝「なぁに?・・・なにそんなに怒ってるの・・・・」
歩「弓枝が馬鹿な約束するからでしょ・・・・」
歩が拗ねて背中を見せている。弓枝は苦笑い。
弓枝「しかたない。・・ねっ?トリノを目指すときに決めた約束でしょ?」
弓枝は歩の猫背を突っつく。

もしもオリンピックでメダルを取れなかったら、歩は両親のすすめる見合い話を受けること。

それが、青森でトリノを目指すにあたって、弓枝が歩に出した条件だった。
弓枝「歩はアイス降りたら普通の人以下だし、男っ気もぜんっぜんないから、
   下手したらずーっとストーン追っかけ続けるっしょ?」
歩「まこちゃんは『もてる』って言ってたもんね・・・・」
歩は口を尖らせる。
弓枝「もてるけど、歩自体が興味ないでしょう?休みの日だって、私が温泉に誘わないと
   ず〜っとゲームやってるじゃん」
弓枝は歩の背中をわざと揺らす。歩は体をくねらせて弓枝の手をほどく。
歩「だからって、どうして弓枝が段取りつけなきゃいけないのよっ!勝手に荷造りして、
勝手に引越しの準備進めて、勝手に見合いの日取り決めて・・・・」
弓枝「・・・・しょうがないでしょ・・歩・・・帰ってきてからのテレビの取材でさ・・・生放送とかで
   勝手に『バンクーバーを目指します』って言い出すから・・・。約束が、」
歩「だって!」
歩は語気を強める。
歩「だって目指したいと思ったんだもん。しょうがないじゃん。ウソ言ったわけじゃないもん!」
歩が拗ねると手に負えない。子供だ。ストーンに惹かれる一人の少女だ。
だからこそ、歩の母親は弓枝に言ったのだ。
「弓枝ちゃん。あの子に、カーリング以外の人生も教えてあげてね」

弓枝「じゃあさぁ・・・・私との約束はどうなる?歩と私の約束。」
弓枝は静かに、諭すように歩に問いかける。
歩「・・・・」
弓枝「区切りをつけないと駄目。その区切りがあるから、私たち、あれだけやれたんだよ・・・?
   メダルは取れなかったけど、いっぱい感動してくれた人ができたんだよ?」
歩はグシュッを鼻をすする。弓枝は歩の背中を見つめて喋る。
弓枝「・・・だけど、目標のメダルが取れなかったことも事実。だから、約束・・・・・」
弓枝は、喋りながら自分のまぶたが熱くなってくるのに気づいた。でも、今は泣けない。
歩のために・・泣いたら駄目だ。大好きな歩のためにも泣いちゃ駄目なんだ。
歩「い・や・で・す。見合いなんてしない。結婚なんてしない。ずーっとストーン追いかける。」
歩は涙声で駄々をこねる。
弓枝「あゆみっ!私との約束守らないんだったら、もう知らないよっ!?私たちの約束って、
   そんな軽いものだったの?ふーん。そうか、そうなんだぁ。へぇ・・知らなかったなぁ」
弓枝が強い口調から鼻声になった。もちろん弓枝はわざとやったわけではない。
歩が慌てて振り返る。歩の鼻の頭が赤い。涙がぼろぼろ流れている。
弓枝「歩はそんな風に私との約束を思ってたんだ・・・」
歩のためにわざと追い討ちをかける弓枝。
歩「・・・泣かないで・・・泣かないでよ、弓枝・・・・。そんな、・・そんなの私まで、もっと・・・」
歩はワッと声をあげて泣いた。弓枝は歩を抱き寄せた。弓枝は泣かない。いや泣いている。
でも涙を流さないように、必死にそらを見てる。静かに鼻をすする。
歩「いくよ、わたし。する。お見合いして、結婚する。だからそんな風に言わないでよ・・・・」
弓枝は必死になってフフッと笑った。そして優しく歩の頭を撫でる。何回も撫でる。
弓枝「えらいえらい。・・・相手の人、いい人だって、お母様が言ってたから、安心していっといで。」
歩「離れたくないのに?ずーっと一緒にいたいのに?」
歩の言葉に弓枝は思わず目を閉じる。私も言いたい。「そうだね、ずーっと一緒にいれたらいいね。」

弓枝「だぁめ。一緒にいる人は他にいるの。結婚したら、会ってあげる。それまで会わない。」
弓枝は優しく、そして厳しく歩に言った。歩は弓枝の肩から顔をあげる。泣きじゃくる歩。
歩「弓枝・・・・ゆみえ・・・・」
弓枝「駄目だって。・・ほら、飛行機の時間が迫ってるよ・・・・・」
弓枝の瞳に映るうるんだ歩。歩の瞳に映るうるんだ弓枝。目を閉じる歩。
歩「・・・・弓枝・・呪文、かけて・・・そしたら行くから・・・・」
弓枝はそっと唇を重ねた。弓枝の頬をつたう一筋の涙。しかしその涙を、歩は知らない。

874 :もう一つのお話 後編:2006/03/24(金) 04:25:28 ID:iJ57uvJT
がらんとした部屋。当然だ。二人で住んでいた部屋に、今は一人。
歩を送り出し、夕陽が差し込む部屋で弓枝はぼんやりしている。

弓枝「一人になっちゃった。」

心の中の空虚感に耐え切れず、弓枝は声に出してみた。
弓枝「ひとりになっちゃった・・・・」
堰を切ったように溢れだす涙。わからない。何が悲しいのか。
悲しいことがわからないのではなく、悲しいことがありすぎて、
何が原因の涙なのかわからないのだ。フローリングに突っ伏して泣く弓枝。

弓枝「・・・・そうだね。いけないね・・泣いてちゃ・・・。慣れなきゃね。・・・・一人にも慣れなきゃね、お父さん。」
弓枝はいつの間にか口をついて出たお父さんという言葉にハッとした。
弓枝「そうだね・・・・そうだよね・・・。お父さんがいなくなったことにも慣れたもんね。」

とめどなく溢れる涙。自分でもどうしようもない。流れてきてしまうのだ。
弓枝「・・・・慣れるわけなんてない・・慣れるわけなんてないよ・・・いっつもこうだよ・・・
神様はいっつもこうだ・・・そのときそのときの、一番弱いところを突いてくるんだ・・・神様はいっつも・・・」
弓枝は再び突っ伏した。そのとき、トタン、と音がした。顔を上げる弓枝。
そして何かに気づいたように、弓枝は壁際に行く。そこには、一枚の色紙が落ちていた。
弓枝「・・持たすの忘れてたんだ・・・・」


歩「こんなのどう?」
弓枝「なになに?『いつでも一緒!』・・なにこれ?」
歩「カーリングはチームワークが大事でしょ?だから、『いつでも一緒』って
思うことが、大事だと思って!」
弓枝は思わず吹きだした。
弓枝「あゆみぃ・・いくら習字が得意だからって、色紙にこんなの書いて貼るの、変だよ!
ぜんぜん目標になってないじゃん!『めざせトリノ!』とかにしなよ〜!」
歩「いいの!あたしだけが休みのときに、この部屋に一人でいるの寂しいから、この色紙があればいつでも弓枝と一緒!」
弓枝「・・・そういうこと・・・」
弓枝は脱力した。


弓枝は色紙を拾い上げた。色紙の文字をじっと見つめる。頬を伝った涙がポタッと一滴、色紙に零れ落ちた。
弓枝「ありがと、歩・・・・。一人じゃないね、わたし・・・」


♪小さな頃から♪
小さな頃から 叱られた夜は いつも 聞こえてきてた あの小さなじゅもん
静かに流れる 時にいつの日か あたしは 眠れる森に 連れ去られてた

すりきれた言葉達の かけらさえも もうどこかへ 消えたわ
壊れそうなのは 夢だけじゃないの 窓から差し込む光 もう行かなくちゃ・・・

かわいた風に ゆきづまっても こわくはないわ 1人じゃない


875 :雪と氷の名無しさん:2006/03/24(金) 04:29:37 ID:HmXA66pq
>>874
超感動!。・゚・(ノД`)・゚・。


876 :雪と氷の名無しさん:2006/03/24(金) 08:11:42 ID:fLyQp4sX
BBQ肋骨=スペアリブ・・・世界一になるには必要不可欠

カウントダウンさんはチーム長野も応援してくれてるみたいだね

877 :雪と氷の名無しさん:2006/03/24(金) 09:20:09 ID:DpHYbp03
父ネタは卑怯 えろぐろとか本当に本人が読めなそうなの禁止

878 :雪と氷の名無しさん:2006/03/24(金) 10:12:11 ID:NwT311j4
>>873-874
なんかもうプロの域に達してるような・・
そこいらの三流作家より全然良い
特に>>873のラスト2行と、>>874の「声に出してみた」で心が震えた

879 :雪と氷の名無しさん:2006/03/24(金) 11:04:57 ID:GJ7dy75b
歩と弓枝が離れ離れになるのが
凄く悲しい(´・ω・`)

880 :雪と氷の名無しさん:2006/03/24(金) 12:10:40 ID:+KxXvDGv
>>873-874
傷心がてらシムソンズ見に行って、ヘビーローテーションで「BLUE TEARS」と「小さな頃から」を聞いてたんだが、
これ読んでトドメさされた・・・たまらん(´;ω;`)

涙と呪文がキーワードになってるんだな・・・。

>>878
同意。百合属性はないと思ってたのに、
>>873のラスト二行にやられた。違和感なし。むしろ奇麗だ・・・・。
俺、このスレのせいで片足突っ込んじまったかもしれん。

881 :雪と氷の名無しさん:2006/03/24(金) 15:33:01 ID:D7Lp5fiY
俺は傷心でシムソンズ見に行ったら
さらに落ち込むだろう。

882 :雪と氷の名無しさん:2006/03/24(金) 15:44:21 ID:u9DdqmUy
22日以降シムソンズのサントラ聴くのが辛いのでHearts On Fireばかり聴いています

883 :雪と氷の名無しさん:2006/03/24(金) 15:46:25 ID:ywGpux8F
             _,;;- ー ー-:;;,,_
.        ,;-'''":::::::::::::::::::::::::"''-、
.      ,/":::::::::::::_,,,.,,..,.:"''ー;:_::::´\
.     /:::::::::::;:'''"""      .`;:::::::::ヽ
    /:::::::r''"          '、::::::::::::::i
.    i::::::r''             \::::::::::l
    l:::::;'               "i:::::::|
    |::''  ''´''''''==    ,;;;;;::::=-、. i:::::::i
.  r-|::i.    ,,,..._      _...,,,   . "::::l
  i ; i::l   ー'. .0 `..   . .'".0 ':-   i:::i-、
  l i::i     ´    ::... ` ''    i:::|'::i
.  i "|       ,    :::..      /::〕:j
   '-,,,.l..      ;.:;;,  ,:;. ::      |i. /
.     i       "''        i-''"
     i    ,_;;::::::::.::::;;.、     ./ 
      '、.    ''-、::':::':::'''     /   ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.      ;,、            ,;´  < まだメソメソイジイジやっているの?いい加減目覚めなさい。
      /、':,,_        _,.-''ト、    \__________
      /::::`;、"'' ー;:: - :'''"  ノ::i
      i::::::::::::''-、,,_     ._,ノ::::ヽ,
     i::::::::::::::::::::::::''--::::;-''::::::::::::::i
 _,,:::-'''"::::::::::::::::::::::::::::::::○:i::::::::::::::::i
 ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::O:::i:::::::::::::::::`-、_
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::O::::i:::::::::::::::::::::::::'''--:;;,,__
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::~


884 :雪と氷の名無しさん:2006/03/24(金) 16:22:19 ID:zxuB4q1R
とにかく、ここの奴らは気持ち悪いな。昼間っから何言ってんだか。お前らモテない臭プンプンですよ。だから、ホッケーファンやスケートファンから馬鹿にされるんだよ。早く気付けよ、お前らかなり気持ち悪いよ。

885 :雪と氷の名無しさん:2006/03/24(金) 18:09:19 ID:dRzTpNbd
今出てるジュディマリのベスト
(シムソンズのサントラでもいいかな)
買うことにしました。

886 :雪と氷の名無しさん:2006/03/24(金) 18:14:09 ID:eIXYgS6r

    ;.⌒⌒ヽ
   彳ノ从ノ)) ∩ おっぱい!おっぱい!
   ノノ..゚ー゚ノリ 彡
   / 歩ヽ⊂彡


887 :雪と氷の名無しさん:2006/03/24(金) 18:32:28 ID:eIXYgS6r

        .⌒⌒ヽ 
   〃∩  !リリ"リ))〉
   ⊂⌒ ノリ^ヮ^ノリ.  はいはいわろすわろす
     `ヽ_っ⌒/⌒c
        ⌒ ⌒



888 :雪と氷の名無しさん:2006/03/24(金) 19:33:48 ID:HLz8asd6
世間は色々荒れているようですが・・・
力強く生きていきたい

889 :雪と氷の名無しさん:2006/03/24(金) 19:40:08 ID:6JO2cRxA
このスレを覗くのが毎日の楽しみ

890 :雪と氷の名無しさん:2006/03/24(金) 20:35:57 ID:/f3NgMR1
神降臨まだぁ?



891 :雪と氷の名無しさん:2006/03/24(金) 20:38:08 ID:U469Ybi8
歩様 第2部第2話まだ〜〜〜〜(wktkしながら待)

892 :雪と氷の名無しさん:2006/03/24(金) 20:52:57 ID:wyB72hMa
今日は帰宅中の車の中で、
サントラの14曲目を20回以上リピートで
延々と聴き続けました。

893 :雪と氷の名無しさん:2006/03/24(金) 21:27:04 ID:pbva0sE2
>>863のつづき
『今度こそ職探しするぞ!』

町に繰り出した歩と弓枝はまるで仲のいい姉妹ようだ。
そして歩はウィンドショッピングに没頭している。
弓枝「あのさぁ〜私を仕事探しに町に出てきたんだけど・・・」
歩「ゴメンゴメン、久しぶりだからデヘヘ」
弓枝「疲れてきたなぁ。ちょっと休まない?」
歩「休憩する?キョロキョロこのへんにあるかなぁ?」
弓枝「目の前に喫茶店あるでしょ!何探してるの!」
歩「デヘヘ・・・」
二人は喫茶店に入る。
女性店員「いらっしゃいませ。オーダーお決まりでしょうか?」
歩「う〜〜んと・・・流氷ソーダ!」
女性店員「え、すみません。置いてないんですが(なにそれ?)」
弓枝「あるわけないっしょw 私はホットコーヒー」
歩「じゃーあたしはカフェオレ」
弓枝「またビロォ〜〜ンってなるかもよw」
歩「グヘヘヘヘヘヘヘ」
注文した物が来るまで二人は他愛のない事でおしゃべりに華を咲かせていた。
弓枝「なんだかさっきから視線感じない?」
歩「そう?あたしは弓枝しか見えてないよ〜デヘヘ」
弓枝「冗談言ってないで!ほら!」
歩「キョロキョロ (^_^;)ほんとだ・・・」
すると斜め前の席の大学生っぽい男性が近づいてくる。
大学生「あの〜オノデリじゃなくて小野寺選手と林選手ですか?」
歩・弓枝「は、はい!そうですけど・・・」
大学生「俺ずっとファンだったんです。サインしてもらえませんでしょうか?」
弓枝「いいですよ。サラサラ・・・」
歩「・・・・・・」
弓枝「どうしたの?」
歩「O笠原ってサインしたことないよ〜><」
弓枝「あはは。そうだよね。旧姓のままでいいんじゃない?」
歩「そっかぁそうだよね。サラサラ・・・」
大学生「ありがとうございます。大事にします」
歩「ビックリした。声なんて掛けられないと思ってたのに」
弓枝「少しの間だけだよ。すぐに気づいてもらえなくなるってw」
しかし、二人の回りが急に騒がしくなってきた。サインをしている二人を見て
チーム青森の二人とばれてしまったのだ。まずいと思い席を立とうとしたが既に
手帳やノートを持った他の客や外の通行人までもが店内に押し寄せていた。
喫茶店がサイン会場になってしまっている。二人はしかたなく全ての人に
サインや握手することにした。それは喫茶店の閉店まで続いた。
弓枝「今日もバイト見つからないって言うか、探せなかった・・・」
歩「なるようになるって」
弓枝「・・・・・(明日は変装しないと)」

つづく

かわいそうな弓枝チャン職は見つかるのか?(探しにいけるのか?)
土日は旦那がいるので休みます。

894 :雪と氷の名無しさん:2006/03/24(金) 21:30:58 ID:uxQWbghs
最後の1行(´д`;;;ハァハァ・・・

895 :雪と氷の名無しさん:2006/03/24(金) 21:56:22 ID:swThwjRK
ちょwww主婦かよwww

896 :雪と氷の名無しさん:2006/03/24(金) 22:23:56 ID:r3Uusk8Q
女性でしたか・・・・びっくり

897 :雪と氷の名無しさん:2006/03/24(金) 22:44:06 ID:TXZrCZMy
>>893
人妻居んのかよw

898 :雪と氷の名無しさん:2006/03/24(金) 22:53:11 ID:GJ7dy75b
人妻の百合萌えキター

899 :雪と氷の名無しさん:2006/03/24(金) 22:58:06 ID:NwT311j4
>>893
きたこれ
弓枝はどんなバイトを見つけるのか!
人妻だけにドロドロした百合になるのか!

900 :雪と氷の名無しさん:2006/03/24(金) 23:00:53 ID:lFrxZRw1
主婦に驚く人が多いのに驚いた

901 :続 もう一つのお話 前編:2006/03/24(金) 23:58:36 ID:iJ57uvJT
ピンポーン。チャイムが鳴った。
弓枝「誰だろ?」
弓枝はいぶかしげに玄関に向かう。覗き穴から覗くと、弓枝は驚く。急いで鍵を外す。
弓枝「ちょちょ、、まりりん、、どうしたの?」
ドアの外には、麻里が風呂敷を首から抱えて立っていた。
麻里「来ちゃいました」
弓枝「来ちゃいました、って・・そんな泥棒みたいな格好・・・・」
弓枝は麻里の姿に思わず吹きだしてしまった。 
弓枝「ま、まぁ、とりあえず入って。」
麻里「はぁい。お邪魔します。」
弓枝は麻里を家に上げた。歩の一件は、前から話しておいた。
弓枝「歩はさっき出たんだ・・・。」
麻里「だからかぁ。弓枝さん、目が真っ赤ですよ。」
麻里がヒヒッと笑う。
弓枝「えっ、うそ?泣いてないよ、わたし!」
動揺する弓枝。
麻里「それから、色違いの口紅が唇についてますよ・・・」
弓枝「ひゃっ!!うそっ!?ほんとっ?」
慌てて唇を拭う弓枝。それを見て麻里が冷静に
麻里「冗談ですよ。心当たりでも?」
と言った。弓枝は唇を拭いながら、麻里を叩いた。
弓枝「・・・んなのあるわけないでしょ?おかしいと思った・・・」
麻里「ふうぅん。で、私の部屋はどこですか?歩さんが使ってた部屋でいいんですよね?あっ、ここかな?」
麻里は勝手にずかずか部屋に入って行く。
弓枝「ちょ、ちょ・・まりりん!『私の部屋』ってなによ!?なんの話?」
弓枝が慌てて麻里のあとに続く。
麻里「あれぇ?歩さんから聞いてません?」
弓枝「な、なにを?」
麻里「弓枝さんは「超」のつく寂しがり屋だから、歩さんが出てったら、麻里が一緒に住んであげて、って。」
弓枝「そ、そんな話いつの間に・・・あいつ・・・」
そうなのだ。つまり、全てを承知で歩は駄々をこねていたのだ。駄々をこねてそれが通ったらもうけもの・・・・・。
弓枝はフフッと笑った。
弓枝「歩らしい・・・。」駄々をこねてた歩が頭の中で「ぐへへ」と笑った。
麻里「・・・そういうことですので、よろしくお願いします!」
弓枝「え?あ、ああ・・うん。まぁ、ね・・・。あっ、でもまりりん、
引っ越してくるのはいいとして、その荷物だけじゃ足りないでしょう?後の荷物はどうするの?」
麻里「あ、これですか?」
麻里は首から風呂敷を下ろす。そして広げる。
麻里「引越しの荷物じゃないです。おやつ買ってきたんです。食べます?」
広げられた風呂敷の上には、バナナ、水羊羹、小枝、カントリーマアム、ベルギーワッフル、ポッキーなどが乗っている。
弓枝「・・・・別に今、大事なものじゃないでしょう・・・・」
麻里「大事ですよお!」
麻里はさっそくバナナを食べようとする。
弓枝「食べなくていいから!それよりも大事なものあるでしょう!?洋服とか、寝巻きとか、」
麻里「あっ、アンパンだ!アンパン忘れた!」
弓枝「違うでしょ?そうじゃなくて、下着とか、タオルとか、」
麻里「弓枝さんも食べますか?ポッキー。」モムモム
弓枝「き、聞いてない・・・・」
弓枝は多難な前途を思いやった。

902 :続 もう一つのお話 中編:2006/03/25(土) 00:00:15 ID:iJ57uvJT
とりあえず最低限の荷物を一緒に運び、なんとか同居の様相をなしたその日の夜・・・。
 弓枝が風呂から上がりリビングに来ると、半裸の麻里が布団を敷いていた。
弓枝「ちょ、ちょ。。まりりん、なにしてんの?なんでこんなところに布団敷いてんの?しかも二人分・・・。」
麻里「わたし、一人じゃ眠れないんです。だから弓枝さん、一緒に寝て下さい。」
弓枝「そんな・・・・」
ぺこりと頭をさげる麻里。弓枝が「うん」と言うまで頭はあげない気だ。
弓枝「ふぅ・・しかない。じゃあ、しばらくの間だけだよ?」
麻里「やったぁ!!ありがとうございます!!ラッキー!!!」
麻里は半裸で弓枝に抱きつく。
弓枝「ちょ、こ、こらっ!」
麻里「じゃあ、お風呂いただきますねっ!!」
そのとき、天井裏でネズミが走るような音がした。二人は天井を見上げる。
弓枝「おかしいな?ネズミなんて初めて・・・」
「にゃおん」
麻里「猫みたいですよ?可愛いかも!!飼えるかもしれませんね!!」
弓枝「だめだめっ!!!ここはペット禁止なんだから!!」
麻里「お風呂行ってきまぁす!!」
弓枝「・・・・・。・・・?そう言えば、あの子、いつもは誰と寝てるのよ?」

萌絵「ねぇ・・・林先輩のところに行こうか?」
桜子「・・・・やっぱり?やっぱり萌絵もそう思ってた?」
萌絵「うん。だって・・やっぱり落ち込んでると思うんだ。」
桜子「そうだね。。大の親友同士だもんね・・・・」
萌絵「じゃあ・・行こっか?急に行ったら、きっと喜んでくれると思う!」
桜子「うんっ!!」
二人は和風創作居酒屋『はなしたい』を出て、弓枝のアパートへ向かった。
萌絵「あっ!!私、ちょっと買い物して行くから、さっちゃん先に行ってて!!」
桜子「うん、わかった!!できるだけ急いでね!」

903 :続 もう一つのお話 後編:2006/03/25(土) 00:01:32 ID:YOLZmEc2
麻里がお風呂へ入っている間、弓枝は布団に入りながら、ボーっとテレビを見ていた。
歩の最後のプレゼントが、なんとも歩らしい・・・・。本当にあの子は突飛な子だ。
・・・そして、最後まで私に気を使う。気を使っている私に、気を使う・・・・。どうか幸せにね・・・。
天井からする物音もさほど気にならなくなっていた。弓枝はいつの間にか眠っていた。
・・・・ガサゴソ・・ガサゴソ・・・・
弓枝「・・ん?」
弓枝は何かが触れる感触で目を覚ました。寝転んだまま目をあけると、
麻里が布団に入るところだった・・・・・弓枝の布団に。
弓枝「ちょ、ちょwwwまりりん?なにしてんの?あっち!あっちでしょ、まりりんのお布団!」
麻里「寂しくって、寝てられないんです。」
弓枝「えっ!?だからって、ちょ、まりりん、幾つよ?ねっ、ちょっと・・・」
麻里は弓枝の返事も聞かず、弓枝に体を密着させる。
弓枝「へっ!?ちょ、麻里、寝巻きは?寝巻き着なさい!なんで全裸!」
余りにも感触が生々しかったので、布団を捲り上げる弓枝。生まれたまんまの姿の麻里。
麻里「弓枝ちゃんは脱がなくてもいいですよ?」
麻里が不思議そうな顔をする。
弓枝「そういう問題じゃない!!せめて下着でもつけなさい!」
天井裏では、二人の声の大きさに驚いたのか、さきほどの猫が動く音がする。
麻里「洗濯しちゃいました!!」
麻里はものすごい笑顔だ。
弓枝「洗濯しちゃいました、って・・・・ちょ、とりあえず、何か着るものはないの?」
麻里「う〜ん・・・もう面倒くさいから、寝ちゃいましょうよ!」
弓枝「そういうわけにはいかないでしょう?」
麻里の感覚に弓枝は頭がクラクラしそうだった。天井裏では猫がうるさい。
弓枝「あ〜、もう!ニャンコうるさいよ!!」
にゃおんん!
弓枝「はぁ〜・・・もう、、どうして私の周りには手のかかる・・・・」
弓枝は半ば呆れ果てて布団から起き上がり、麻里が着られるようなものを探しにいった。
麻里は布団の上に座ってテレビを見ている。
弓枝「そうじゃないでしょっ!!まりりんも来て!」
麻里「えっ?いきなりお誘いですかっ!?」
麻里は歓声をあげる。目がキラキラしている。
弓枝「そうじゃないっ!それに、いきなりも何もかいから!!」
麻里が弓枝を無視して抱きしめる。
弓枝「ちょちょ、まりりん、人の話を、」
そのとき、二人の真上から信じられないような音がした。
ドタンバタンッ!!!
何かが落ちてきた。
弓枝「もう、なに?なんなのっ!!」
ほこりの中から現れたのは、なんと・・・歩だった。涙顔。
弓枝「・・・・あ、あんた・・・ちょ、な、なにして」
歩「私がいなくなって、その日のうちにこのざまかい!」
歩が全裸の麻里を指さす。麻里はサッと弓枝の後ろに身を隠す。しかし隠れてない。
弓枝「このざまって・・・歩がまりりんに来るように言ったんでしょう!!」
歩「そうなんだ、そうなんだ!弓枝は豊満な体が好きだったんだ!!」
歩は泣きながら絶叫。
弓枝「そういう問題じゃない!それよりもどうして歩が天井裏にいるの!!
  ちょちょ、、脱がないでよ!!どうしてそこで脱ぐのよ!!」
歩「心配だからこうして覗いてたらやっぱり・・・・」
麻里「弓枝ちゃんも脱いじゃいましょう!!」
麻里が弓枝の寝巻きを脱がしに掛かる。
弓枝「ちょ、まりりん、やめなさい・・・」
弓枝は必死に抵抗する。そこへ、「弓枝せんぱ〜い!!!!来ちゃいましたぁ!!!
一人で寂しいでしょう!!飲みましょ・・・!?」
桜子が現れた。目の前には全裸の麻里とじゃれあう弓枝、そのかたわらに、全裸の歩・・・・。四人は固まる。
桜子「いやぁ〜!!!!先輩たち、不潔すぎます〜!!!!」
桜子は泣き叫んで部屋を出て行ってしまった。
弓枝「ちょ、さっちゃん、、違うのよ、桜子、おいっ!!ちょっとぉおお!!」
弓枝は手を伸ばしながら叫ぶも、桜子には届かない。麻里に羽交い絞めにされて身動きも取れない。

904 :続 もう一つのお話 エピローグ:2006/03/25(土) 00:02:35 ID:YOLZmEc2
桜子が泣きながら弓枝のアパートを駆け出て来る。と、そこで萌絵と遭遇する。
萌絵「いったいどうしたの、さっちゃん?」
桜子は目に一杯涙を溜めている。
桜子「・・・もう、みんな知らない!!!」
桜子は走って行ってしまった。それを見送る萌絵。萌絵は一人呟く。

萌絵「とりあえず、今のところは計画通りね・・・」

905 :雪と氷の名無しさん:2006/03/25(土) 00:12:35 ID:HnDMjoyj
Σ( ̄□ ̄;)!!

Σ( ̄□ ̄;)!!

Σ( ̄□ ̄;)!!

906 :雪と氷の名無しさん:2006/03/25(土) 00:13:30 ID:8u38JuL1
陰謀シリーズ復活?

907 :雪と氷の名無しさん:2006/03/25(土) 00:27:07 ID:5jLo7AlI
萌恐るべし・・www

908 :雪と氷の名無しさん:2006/03/25(土) 00:35:55 ID:NJZR+lYC
ここは本当に夢と暖かさと祈りがあるね。
創作活動は無限だと言った恩師の言葉がフラッシュバックした。w

909 :雪と氷の名無しさん:2006/03/25(土) 00:43:07 ID:eEAbNYMe
萌絵・・恐ろしい子・・・・

910 :雪と氷の名無しさん:2006/03/25(土) 00:47:17 ID:XfRDcYWt
さすがポーカーフェイス萌絵だな

911 :雪と氷の名無しさん:2006/03/25(土) 00:57:40 ID:dbEVB1ND
萌絵っち・・流石だ
氷上の微笑の後継者に認定します

912 :雪と氷の名無しさん:2006/03/25(土) 01:03:36 ID:IbcS3nyI
〜前回までのあらすじ〜
アンナ強いチームをめざしたい


萌絵「おもしろかったねえ」
桜子「子供たちみんな思ったより上手いし」
萌絵「あのなかから未来のチーム青森が出るといいな」
桜子「わたしたちでよければまたお手伝いしたいね」
萌絵「うんうん、でもまだまだ教え方が甘かったかな」
桜子「歩ちゃんや弓枝さんのようにはなかなか」
萌絵「もう少し勉強していつか青森以外にも行ってみたいね」
桜子「萌絵ちゃんはどこ行ってみたい?」
萌絵「そうだな、北海道とか長野より行ったことないとこがいい」
桜子「こないだ試合した岡山とかよさそうだね」
萌絵「わたしは島根もいいな」
桜子「島根って岡山の上?鳥取の右だっけ」
萌絵「知ってて言ってるでしょ」
桜子「ごめん、ちょっと言ってみたかった」
萌絵「島根の浜田てとこにあるみたいなんだけど」
桜子「たしか歩ちゃんが一回行ってなかったっけ」
萌絵「行ったみたい、でねそこの近くに江の川っていう川があるんだ」
桜子「ごうのかわ?」
萌絵「そう、そこでカヌーもできるみたいなんでついでになんて…」
桜子「萌絵ちゃんはいいなあ、いろんな特技があって」
萌絵「さっちゃんもあるじゃない特技」
桜子「えっあたし趣味がドライブくらいだから」
萌絵「ほらあれ」
桜子「なに?」
萌絵「とぼけたらだめだよ桜子画伯」
桜子「もしかして、これのこと?」


         ヘ
        / /
      ヘ_>
    //●●) \
   /―(...人.ノ―-ヽ
   |.   C     |
   |―− _ノ`―-|
   |         /
   \____/


バンクーバーまで「あと1420日」

913 :雪と氷の名無しさん:2006/03/25(土) 01:04:44 ID:pPT3nDfD
>>912
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!

914 :雪と氷の名無しさん:2006/03/25(土) 01:05:46 ID:khTMSG44
>>912
微笑ましい。

915 :雪と氷の名無しさん:2006/03/25(土) 01:05:50 ID:8u38JuL1
>>912
今夜もこれで安心して眠れます
ネタの多彩さにマジ感心

916 :雪と氷の名無しさん:2006/03/25(土) 01:14:16 ID:5jLo7AlI
>>912
この2人もいいコンビだよねぇ
これからも楽しみにしてます

917 :雪と氷の名無しさん:2006/03/25(土) 01:22:41 ID:hAYMdhm0
>>912
イイヨイイヨ

918 :雪と氷の名無しさん:2006/03/25(土) 01:30:54 ID:7tbGK4My
>>912
カウントダウン神…毎回楽しみにしております。お疲れ様です。

>>916
小野寺さんと林さんが一緒じゃないと駄目な人専用から
目黒さんと寺田さんが一緒じゃないと駄目な人専用スレができても不思議じゃないなw

919 :雪と氷の名無しさん:2006/03/25(土) 02:22:20 ID:oWkxQNXl
うんうん、イヨイヨー

920 :雪と氷の名無しさん:2006/03/25(土) 02:31:27 ID:zdBn8HzC
更衣室にて―

桜子「はぁ・・・」
萌絵「なんかあったの?」
桜子「べつに大したことじゃないんだけどね」
萌絵「ね、なんなの?」
桜子「ないの、ハンカチが。でもいいの、かなり古いやつだからさ」
萌絵「…でもさ、すごく気に入ってなかったっけ?」
桜子「実はそう…。けどもしかしたら最初から持って来てなかったのかもしれないし」
萌絵「確かにそれはあるかも。でも毎日持って来てたよね?やっぱり誰かが盗ったのかもよ」
桜子「でも鍵はちゃーんとかかってたし。窓から入ろうにもここは3階だしさ」
萌絵「分からないよ〜?飛んできてたりしてw」
桜子「あはw萌絵ちゃんなんでそんな面白いこと思い浮かぶのよw」
萌絵「えへwでももしそうならすごいけどねwま、そんなことできる人なんかいやしないけどねw」



さぁ有能な一緒スレの諸君!犯人は一体誰だか分かるかな??


921 :雪と氷の名無しさん:2006/03/25(土) 02:34:48 ID:6SmjqKIB


922 :オノデリング家にて:2006/03/25(土) 02:44:26 ID:CrVC8Oan
旦那 「 今夜はなんだい? 」
歩  (ニコニコして)「 ハンバーグだよー! 」
旦那 「 いいねー、楽しみにしてるよ。」
歩  「 まかせといて!おいしいの作るからねー!」

歩は威勢よく腕まくりをして、ハンバーグの材料をボールに入れ、手でこねはじめる。

歩 「 それっ、コネコネ〜コネコネ〜 (ぐへへ)」









ひとり寂しく夕飯を食べていた弓枝 「 ちょッ!…そこ、おっぱい! 」

(おわり)



どうみても二番煎じです
本当にありがとうございました


あ、一応エスパー篇を書いた者です…。
でも、こんな平和な話を書いてないと、最悪な今の状況が我慢できません…

923 :雪と氷の名無しさん:2006/03/25(土) 02:47:39 ID:ViH6Opmf
犯人は誰なんすか?

924 :雪と氷の名無しさん:2006/03/25(土) 02:49:50 ID:UqVJjC98
歩「このブラジャー弓枝のだな・・・グヘヘ、つけてみよう・・」
弓「しんじられなーい!何やってんの歩・・・」
歩「がまんできませんでした・・・グスッ」
弓「犯罪だよ!これは!・あたしの小さいのわかってるクセに・・・」
歩「人間として間違ってました・・・ゴメン!弓枝」

925 :雪と氷の名無しさん:2006/03/25(土) 02:52:03 ID:iXPtDxXQ
>>920



926 :雪と氷の名無しさん:2006/03/25(土) 02:52:53 ID:3ii2xeQc
原田

927 :雪と氷の名無しさん:2006/03/25(土) 02:55:47 ID:oO4FPCXp
>>925
萌絵たん?w

512 :雪と氷の名無しさん :2006/03/25(土) 00:26:14 ID:iXPtDxXQ

皆さん、本当に応援有難う!。小野寺さん、林さんがチームから抜けてしまうのは
本当に残念だけど、私達、残った三人と、新メンバーで、チーム青森を、どんどん
盛り上げて行こうと思ってます。
皆さんのあたたかい応援、本当に有難う御座いました。

                     moe meguro


928 :雪と氷の名無しさん:2006/03/25(土) 03:02:02 ID:iXPtDxXQ
>>927

あぁ・・・。ちょっと前まではな・・・。

929 :雪と氷の名無しさん:2006/03/25(土) 03:51:03 ID:pxsuOo+T
>>920
ふなき〜〜〜の原田さん

930 :雪と氷の名無しさん:2006/03/25(土) 04:03:28 ID:fPCXbX47
>>920

 ん
  に
   ん
    ハ
     す
      け
       る
        と
         ん
          で
           す

931 :雪と氷の名無しさん:2006/03/25(土) 04:05:33 ID:5bHTxEfl
>>930
ナナメか。縦ばっか探してた。

932 :雪と氷の名無しさん:2006/03/25(土) 04:13:38 ID:iC2FBJou
テラスゴス

933 :雪と氷の名無しさん:2006/03/25(土) 04:14:14 ID:KINWx1et
一発で当ててる>>921

934 :雪と氷の名無しさん:2006/03/25(土) 04:32:08 ID:pxsuOo+T
スケ越はいつから空も攻めれるようになったん?w
原田直伝かな?

935 :雪と氷の名無しさん:2006/03/25(土) 04:33:33 ID:Qxi38Ycx
久しぶりにSFアニメが見たくなって「超時空要塞マクロス・愛おぼえてますか」見てたら
ゼントラーディ軍のドボルザー?が「〜そして再び文化を取り戻すのだ!」って訴えかける良いシーンがあった。
なにかこのシーンはおれがカーリング見始めて、なんか感動してオナニーとかしなくなっていった時の心境とかぶるものがあった。

立て続けに「トップを狙え」を見た。(単にスタジオぬえのメカが好きだからなんだが)
最終章で主役二人がバスターマシンで戦って浦島効果で二人だけで2万年後(2000年後?)の地球に帰っていく場面、
なんか小野寺さんと林さんを見ているようだった。思わず泣いた。

これってオタ寄りのアニメかと思ってたけどけっこう渋い作品だな。

936 :雪と氷の名無しさん:2006/03/25(土) 05:12:55 ID:zdBn8HzC
更衣室、桜子の携帯電話が鳴り響く―
桜子「はい…もしもし、もしもし。…もしもーし。ちぇっ、またいたずらだ」
萌絵「んあ?『また』って?」
桜子「二、三日前からちょくちょくかかってくるの。それがね、全部無言なんだよぉ、ホ
  ント迷惑。」
萌絵「はぁ…変に有名になっちゃったもんね、私達。」
桜子「又かかってきたらどうしよう、怖いなぁ」
萌絵「又かかってきたら私が出てガツンと言ってあげるから、ね?」
桜子「こんな時はいっつも萌絵ちゃんに頼ってる気がする。でもショックだなぁ」
萌絵「ショックだよね…応援してくれるのはありがたいんだけどさ。」
桜子「…うん、こういう人は一部の人だもんね。」
萌絵「ワルい人ばっかじゃないよ、元気出していこう(ガッツポーズ)!」
桜子「カッコイイwこれからもついていきますよ、萌絵キャプテン」
萌絵「ラストおかしいよw別にキャプテンじゃないしww」
桜子「あれ、そうだっけw小野寺さん達が抜けた今、キャプテンは萌絵ちゃんってことでw」
  
桜子「―またかかってきた!」
萌絵「あたしが出る!貸して!」
桜子「うん、お願い萌絵ちゃん」
萌絵「馬鹿!こんなことしてどうしようっていうんですか!
  なんなの?何が目的?ちょっと、答えてくださいよ!!ねえってば!」
桜子「いいぞ萌絵ちゃん!」
萌絵「くっ!切られちゃったよ…ごめん」
桜子「なに謝ってるのよ、充分だって」
萌絵「はじめから最後まで一言も喋んないって、悪趣味だわホント」
桜子「でも誰なんだろう。これだけ言われてまだかけてきたら相当な精神力の持ち主だわ」

萌絵の応戦空しく、この後もかかってきた電話。さて、犯人は誰だろう??


937 :雪と氷の名無しさん:2006/03/25(土) 05:27:42 ID:1ghM0U8D
犯人はまたまた越

938 :雪と氷の名無しさん:2006/03/25(土) 05:32:15 ID:xhfEJMaK
ではなくイナバウアー

939 :雪と氷の名無しさん:2006/03/25(土) 05:34:28 ID:xhfEJMaK
荒川が抜けてたw

940 :雪と氷の名無しさん:2006/03/25(土) 05:51:00 ID:1ghM0U8D
うわーほんとだーーーー!!!

941 :雪と氷の名無しさん:2006/03/25(土) 06:03:28 ID:PVeXNYx2
静香の無言電話なら歓迎だ。

942 :雪と氷の名無しさん:2006/03/25(土) 08:17:44 ID:8u38JuL1
あらかーさんから無言電話?美姫がさっちゃんのことを誉めでもしたのだろうか?

943 :雪と氷の名無しさん:2006/03/25(土) 09:49:19 ID:b9RWGEex
>>903
>麻里はサッと弓枝の後ろに身を隠す。しかし隠れてない。
ここおもしろすぎww

944 :雪と氷の名無しさん:2006/03/25(土) 10:26:31 ID:emETa8+w
萌絵「ショックだよね…応援してくれるのはありがたいんだけどさ。」
桜子「こんな時はいっつも萌絵ちゃんに頼ってる気がする。でもショックだなぁ」

この文を最後に持ってくれば完璧だったね。

945 :雪と氷の名無しさん:2006/03/25(土) 11:39:07 ID:pPT3nDfD
ここ数日、この板のスレで長文を見たら
縦か斜めに読んでからじゃないと、気になって仕方ないw

946 :雪と氷の名無しさん:2006/03/25(土) 12:28:29 ID:UqVJjC98
次スレのタイトルは今まで通り「小野寺さん」で行くの?

947 :雪と氷の名無しさん:2006/03/25(土) 12:31:11 ID:HnDMjoyj
歩さんと弓枝さんが一緒じゃないと駄目な人専用4

でいいんじゃないか?

948 :雪と氷の名無しさん:2006/03/25(土) 12:34:55 ID:7tbGK4My
二人とも4月からとりあえず選手でなくなるんだから続けるなら継承みたいな形で、
目黒さんと寺田さんが〜
に変更するのもありかと…

949 :雪と氷の名無しさん:2006/03/25(土) 13:19:32 ID:5bHTxEfl
このスレ大好きだよ。ここでまだ夢を見ていたい。

もしかしたら…、って考えちゃうんだ。
このスレがずっと続いていたら。もしかして。

 寄り添って真剣な眼差しで氷上を見つめる二人。
 泣いて悔しがったり、勝利に歓喜して抱き合って。
 同じアイスの上で世界と戦う五人に、また逢うことができて。
 そしてその時きっと自分たちは、今と同じように。
 彼女たちと同じ時代に生きていられる奇跡に心から感謝する。
 この場所でみんなで感動を語り合いながら。

そんな日がいつか来るんじゃないかって思える。
ここに来ると希望は捨てられない。信じていられる。
だから、もしタイトル変わったりしてもさ。
このスレが続く限り、あきらめないことにしたよ。

950 :雪と氷の名無しさん:2006/03/25(土) 13:38:10 ID:h/67AWLy
>>949 泣かせるなヨ・・・
ちょいとお兄さん、これテンプレにしておくれ!

ところでコレには縦とか斜めとかないよね?
最近なんだか疑い深くなってるんだがww

951 :雪と氷の名無しさん:2006/03/25(土) 13:44:28 ID:l21oT3ST
>>949


 し
  ス

   っ
    け
     る
      と
       ん          

952 :雪と氷の名無しさん:2006/03/25(土) 13:49:36 ID:nWFimQZP
>>651
クソワロタ
しかし泣かせて笑わせる、これこそがこのスレのクオリティ!!

953 :雪と氷の名無しさん:2006/03/25(土) 14:10:15 ID:C/j2cjBx
どうしても目黒さんと寺田さんスレにしたい人がいるようだが
お願いだ、ここはまだ歩さんと弓枝さんで頼む…

954 :雪と氷の名無しさん:2006/03/25(土) 14:20:28 ID:nWFimQZP
>>953
大丈夫だよ。みんな折り込んできたし。

955 :雪と氷の名無しさん:2006/03/25(土) 14:28:43 ID:fPCXbX47
カウントダウン神の作品にも縦読みが含まれていることを私以外の人間は誰も気づいていないであろう

956 :雪と氷の名無しさん:2006/03/25(土) 14:32:52 ID:9O13h4wc
>>947でいいのかい?
もしよければ立てに行って来るけど・・・
しかしパート3の重複スレ、しぶとく残ってるんだな
これは落とせばいいかな?

957 :雪と氷の名無しさん:2006/03/25(土) 14:51:05 ID:5bHTxEfl
>>956
お願いします。>>947に賛成です。

>>950-952
ごめん。>>949はなにも隠れてない。
まとめサイトで神々の作品を読み返してたら、
なんだか熱くなってしまったようだ。
本気で思ったまま書いた。
ちょっと恥ずかしい。キモイな自分w

958 :雪と氷の名無しさん:2006/03/25(土) 14:52:14 ID:7tbGK4My
>>953
わしのことを言っているのか?
誤解があるようだから言っておくが、
わし的にこのスレの雰囲気、笑いあり涙あり、
あとあゆみえに対しての皆の想いを感じることができるから
とっても好きだったりする。
だからできることならこのままPart4を迎えて欲しいと思っている。
だが、4月から選手でなくなってしまう2人の名前で通すのはどうなんだろ…と思ったわけだ。
でもよく考えてみるとある意味思い出スレみたいに考えれば
このままでもいいか。

959 :雪と氷の名無しさん:2006/03/25(土) 14:54:29 ID:UqVJjC98
でも、選手やめるなんてまだ一言も言ってないよね。歩と弓枝。

960 :雪と氷の名無しさん:2006/03/25(土) 14:55:27 ID:eEAbNYMe
まだあゆみえで行こうよ。青森が完全に新体制になったら考えるとして

961 :雪と氷の名無しさん:2006/03/25(土) 15:00:29 ID:9O13h4wc
ちょっと早いかもだがたてますた

小野寺さんと林さんが一緒じゃないと駄目な人専用4
http://sports9.2ch.net/test/read.cgi/wsports/1143266368/

962 :雪と氷の名無しさん:2006/03/25(土) 15:00:52 ID:RuwYbGl4
新スレのトップにアーカイブス神のサイトをリンクしてください。
お願いします。

963 :雪と氷の名無しさん:2006/03/25(土) 15:01:30 ID:9O13h4wc
うわっ、ごめん!!!
また小野寺林にしちゃったorz

吊ってくる・・・

964 :雪と氷の名無しさん:2006/03/25(土) 15:03:53 ID:RuwYbGl4
>>963
OTTさんです。(´ー`)まだ小野寺さんだから無問題。

965 :雪と氷の名無しさん:2006/03/25(土) 15:07:58 ID:9O13h4wc
>>964
ありがとう(;´д⊂ヽ

まじで変な汗でてきちゃった・・・
でも、ほんとにすみません
せっかく、何人かで相談して決めたのに・・・

966 :雪と氷の名無しさん:2006/03/25(土) 15:09:36 ID:TWzwZgp7
うーん
今このタイミングで立てるか
荒らしの標的にされるぞ
ちょっと空気嫁

967 :雪と氷の名無しさん:2006/03/25(土) 15:12:57 ID:RuwYbGl4
mTEtQPEPさんとiJ57uvJTさんって同じ作家さんですか?ヽ(´ー`)ノ大ファンです。

968 :雪と氷の名無しさん:2006/03/25(土) 15:16:32 ID:7im9nOup
歩さんと弓枝さんじゃなんかしっくりこないな
だから小野寺林で全然いいっしょ
結婚後もそれでいいくらい


969 :雪と氷の名無しさん:2006/03/25(土) 15:23:38 ID:fPCXbX47
>>966
う ん
 こ
 らし 
 ょっと


970 :雪と氷の名無しさん :2006/03/25(土) 15:27:23 ID:6QZLwGp6
>>880 >>881
衝心でシムソンズを見に行って落ち込んだのには同情します。
俺も環境にはいまいち恵まれてないけど、あの映画を見て、サントラ聞くと
却って開き直って、莫迦になれる勇気がわきます。ある意味、最強の精神安
定剤って感じかな、今は。

971 :雪と氷の名無しさん:2006/03/25(土) 15:31:07 ID:UqVJjC98
妄想世界だから小野寺のままでも良いと思うよ。


972 :雪と氷の名無しさん:2006/03/25(土) 15:31:16 ID:jr3j6uwK
オノハヤコンビは永遠です

973 :雪と氷の名無しさん:2006/03/25(土) 15:57:14 ID:5bHTxEfl
小野寺さんと林さんのことを考えながら夜勤に行ってきまつ
二人の塩湖からの4年を思えば苦情処理もがんばれる

974 :雪と氷の名無しさん:2006/03/25(土) 16:03:23 ID:YOLZmEc2
>>973
 (((;;;:: ;: ;;          ;; ;:;::)) ::)
   ( ::: (;;   ∧_,∧   );:;;;)) )::: :; :))
    ((:: :;;  (´・ω・)っ旦;;;; ; :))
     ((;;;  (っ ,r どどどどど・・・・・
          i_ノ┘

 ((;;;;゜;;:::(;;:  ∧__,∧ '';:;;;):;:::))゜))  ::)))
 (((; ;;:: ;:::;;⊂(´・ω・`)  ;:;;;,,))...)))))) ::::)
  ((;;;:;;;:,,,." ヽ旦⊂ ) ;:;;))):...,),)):;:::::))))
   ("((;:;;;  (⌒) |どどどどど・・・・・
         三 `J

         .∧__,,∧   ;。・
       ⊂(´・ω・`)⊃旦
    ☆   ノ   丿 キキーッ
      ヽ .ノ  (⌒) 彡
       と_丿=.⌒

         .∧__,,∧ゼェゼェ
        (´・ω・;)
         ( o旦o )))
         `u―u´
        イッテラッシャイ


975 :雪と氷の名無しさん:2006/03/25(土) 16:35:03 ID:h/67AWLy
>>973 行ってらっさい
しかし>>949の書き込みなどをみると、あなたはなかなか ろまんちすと ですな
お仕事頑張ってね

976 :雪と氷の名無しさん:2006/03/25(土) 16:59:18 ID:nFKh/KYl
このスレは久しぶりに来たけど、なんかホットする。

977 :雪と氷の名無しさん:2006/03/25(土) 18:45:23 ID:YOLZmEc2
>>967
よく気がついたねwちょっとビックリ!

978 :雪と氷の名無しさん:2006/03/25(土) 19:10:46 ID:KVLsJAnk
歩「ただいま〜。」
弓「おかえり〜。ご飯とお風呂どっちにする?それとも・・・」
歩「あれ斉は?てかなんでwゆみえー?」
弓「てかみんなきてるよ?」
斉「おかえりー」
麻「何買って来たんすか〜?」
桜「まりちゃん食い気ばっかw」
萌「しょうがない(笑」
歩「みんななんしてんのー?」
弓麻桜萌越「新婚気分を味わおうかとw。」
歩「みんなー(じゃま。弓枝だけでよかったのに。ていうか弓枝だけがいいのに)」
麻「あのー口に出ましたよ?」
斉「がーn」
歩「ぐへへ
弓「ちょっそこおっぱいw」

萌桜「じゃあ私たちも」




979 :雪と氷の名無しさん:2006/03/25(土) 19:20:19 ID:sSQTm8S6
>>978
スケ越さんもデフォなのかよ!

980 :雪と氷の名無しさん:2006/03/25(土) 19:23:11 ID:JAG+LtfQ
あまりに溶け込んでいて>>979見るまで気付かなかった…orz


981 :雪と氷の名無しさん:2006/03/25(土) 21:10:50 ID:UxHmghH4
あー百合萌えになりそうで自分が心配だから男でも呼ぼうかな。。。

982 :雪と氷の名無しさん:2006/03/25(土) 21:27:42 ID:tOyoFf/S
ソルトレイクの動画を見てたけど林さんは素質があると思った

983 :雪と氷の名無しさん:2006/03/25(土) 21:31:12 ID:mXrAJmOx
弓枝は一人で花火大会に来ていた。歩が誘いに来たが「旦那と行け」と追い返した。歩が別の人と見てると思うと悲しくなった。「この花火も私の思いと共に散るのかな」と思うとさらに悲しくなった 「ドン。」最後の花火が綺麗に咲き、儚く散った。今度は視界がぼやけてきた…

984 :雪と氷の名無しさん:2006/03/25(土) 21:39:10 ID:l21oT3ST
>>982
ソルトレイクの時の林は、小野寺を手のひらで転がすタイプに見えないよね。
どちらかというと、マスコット的な感じなんだけど、ああいうショタ臭いキャラって
百合萌えのお姉さんタイプから人気あるんじゃないのかな
スレ違いだけど当時の加藤・小仲・小野寺→林みたいな展開も見てみたい・・


うはwwwwwwwww夢が広がりんぐwwwwwwwwwwwww

985 :雪と氷の名無しさん:2006/03/25(土) 22:38:03 ID:3cyavYSe
歩と弓枝。時には激しく口論となる。

歩「○☆◆×!」
弓「☆◎▼$×!!」

萌「さっちゃん。おはよ…アレ…何があったの…?」
桜「何か、試合内容でチョットね…作戦的な事とか…」
麻「パク。モムモム…」
萌「まぁ、二人とも、それだけカーリングに対しては真剣だって事だから…」
桜「たしかに、そうだけど…」


弓「なにが猫バスよ。あんたは“妖怪ネコ娘”ってトコでしょ!」

歩「キィー!ウルサイ!あんたのおっぱいなんて“一反木綿”じゃない!」


萌「…は……話が…脱線してるね…大人気ナイ…」
桜「…そうだね…もう、カーリングの話には…戻らないみたいだね…」

萌「私、止めてくるね」

桜「あっ、気を付けてね」

萌「二人とも、もうやめて下さい。練習始めましょうよ!
そ・れ・に・ネコ娘も一反木綿もカワイイじゃないですか」

歩・弓「あぁ?引っ込んでろ!ヌ リ カ ベ!」



萌「。゚(ノд`)゚・。ヒドイ…」

麻「モムモム…ゴクゴク」

986 :雪と氷の名無しさん:2006/03/25(土) 22:45:37 ID:pPT3nDfD
>>985
萌絵たんテラカワイソス

987 :雪と氷の名無しさん:2006/03/25(土) 23:04:20 ID:VRizqBaT
>>961
ありがとうございます。スレタイ変わったらちょっと辛かったかも…

988 :雪と氷の名無しさん:2006/03/25(土) 23:16:47 ID:iizMoIcZ
>>985
その「一反木綿」に日頃お世話になってるのにねぇ・・・・w

989 :雪と氷の名無しさん:2006/03/25(土) 23:30:51 ID:rGXzDB3+
ここはホッとするよ、本当に(;´Д`)

990 :雪と氷の名無しさん:2006/03/26(日) 00:26:58 ID:3mtffUBX
NHK観たか?おまえら。
小野寺のメールを見たか?

キモい妄想を書き綴って、勝手に過熱して、妄想書いてる自分らはそれで気分いいだろう。
満足してるだろう。

でも、小野寺がどれだけ、そういう状況を不安に思ってるか、わかっただろう?

もうキモい妄想はやめろや。
お前らができることは、黙ることなんだよ。

妄想は、マジで、チラシの裏にひとりで書いとけ。

991 :雪と氷の名無しさん:2006/03/26(日) 00:29:25 ID:RNIWniMc
>>990
ご苦労さん。全カーリングスレにも回ってきてねw

992 :雪と氷の名無しさん:2006/03/26(日) 00:29:49 ID:djj6e/Xa
>>990 カエレ

993 :雪と氷の名無しさん:2006/03/26(日) 00:31:31 ID:AZ4OFNmY
>>990

人生もう少し楽しく生きろ

994 :雪と氷の名無しさん:2006/03/26(日) 00:33:03 ID:1egdPo+E
きざしの件で、このスレにまた荒らしまがいのヤツがきそうだが、みんな、徹底スルーでな。
荒らしは、かまってもらうことが最高に嬉しいので、スルーが吉です。
レス返すと、さらに暴れだします。NG登録も早めに。

995 :雪と氷の名無しさん:2006/03/26(日) 00:33:49 ID:RNIWniMc
>>990は回り疲れた模様w

996 :雪と氷の名無しさん:2006/03/26(日) 00:34:34 ID:3mtffUBX
妄想ストーリー書き綴ってるやつらは、まあ、殺人犯と同じようなもんだな。

997 :雪と氷の名無しさん:2006/03/26(日) 00:35:02 ID:/TbLFM/a
ただ検索避けされてる板への引っ越しとかは検討しも良かったかも
今回はもう次スレ立ってるけども

998 :雪と氷の名無しさん:2006/03/26(日) 00:38:44 ID:7lBdwPMw
998なら奇跡起こる

999 :雪と氷の名無しさん:2006/03/26(日) 00:39:34 ID:FbkkFOcK
999なら、もう一つ、奇跡が起こる。

1000 :雪と氷の名無しさん:2006/03/26(日) 00:39:37 ID:AZ4OFNmY
萌え出づる

桜のもとに

集まりて

彼方(かなた)の蒼穹(そら)に

歩みだす春

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

406 KB
>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)